ライブ配信アプリ「ふわっちLIVE」は稼げるの?稼ぎ方と稼ぐポイントを徹底解説

ライブ配信アプリの「ふわっちLIVE」はおすすめの稼ぎやすいライブ配信アプリです!

日本で知名度のあるライブ配信アプリと言えばイチナナやポコチャですが、ふわっちLIVEも多くのユーザーが利用していて、今後も成長する可能性が高いです。

本当に稼げるのか、具体的にどのくらい稼ぐことができるのか等を見ていきましょう。


ふわっちLIVEで稼ぐポイントを抑えよう!

ふわっちLIVEで稼ぐためには稼ぐノウハウ等は勉強しておいた方がいいです。

他のライブ配信アプリにも言えることですが、稼ぐためには時間と労力が必要な部分もありますので、あらかじめ知識を抑えておくかそうでないかでは差が出やすいです。

ふわっちLIVEの仕組み・特色を理解する

ふわっちLIVEの仕組み・特色を理解して、まずは「ふわっちLIVEはどのような勝負をすべき環境なのか」を把握する必要があります。

特色

  • ランキングが豊富
  • イベントが多い
  • 日本人ユーザーも増えてきている
  • 年齢層は幅広い

【2020年最新】今流行りの人気おすすめライブ配信アプリを完全比較

仕組みは他のライブ配信アプリと変わらず、主に「雑談・音楽・料理・ダンス」等のジャンルに分かれてライバーがライブ配信を行っています。

それを見てリスナーが「ファン」となり投げ銭等を投げるシステムです。

ふわっちLIVEのギフトについて

ふわっちLIVEで稼ぐために最も大切なのは「投げ銭(ギフトアイテム)」です。

リスナーが課金してギフトプレゼントを購入し、購入したギフトプレゼントをライバーに応援ポイントと同じ要領でプレゼントすることで、ふわっちLIVEのランキング上位に入賞することができます。

ふわっちLIVEはランキング機能が充実しているおかげで多くのリスナーが常にランキングをチェックしているので、投げ銭獲得で有名になれば、それだけチャンスが広がるのだと考えましょう!

また、投げ銭はライバーの収益にも直結します。

ふわっちの還元率

ライブ配信アプリでは、リスナーから受け取ったギフト(投げ銭)がそのまま収益に反映されるシステムが多く、ふわっちLIVEも例外ではありません。

ただし、「還元率」が各アプリごとに違い、リスナーが購入した投げ銭分の料金がそのままライバーに入るシステムではなく、一部が差し引かれた状態で収入となります。

ふわっちLIVEの場合の還元率は「50%」で、例えば540円のギフトを1つ貰った場合だと、半分の270円が自分の収入です。

実際にどのくらい稼げるのか

イチナナやポコチャでは有名ライバーになると年収1千万円も夢ではありません。

ふわっちLIVEでは「マンスリーランキング」で1位になれば20万ポイント(実質20万円)を獲得でき、なおかつデイリーランキング分のポイントとリスナーからの投げ銭も換算できるので、トップライバーでおおよそ月収500万円以上稼ぐことができます。

月収500万円でも年収にすると6000万円ですので、大抵の人よりも稼ぐことができると考えてください。

ただし、これはトップライバーに限った話で、月収1万円未満のライバーが約60%・月収20万円から30万円(サラリーマン程度)のライバーが約15%と、中間層になってようやくふわっちLIVE一本で食べていける収入となっています。

一度でもランキング上位になることができれば知名度がアップする上ランキングボーナスも獲得できるので、これ以上稼ぐことができるチャンスも増えます。

芸能人でもない普通の人がここまで稼ぐまでに行うべき努力も半端ではありませんが、どこかでヒットすれば一気に収入を高くできるライブ配信アプリだと考えて構いません。

ライブ配信初心者がはじめても稼げるのか

ふわっちLIVEの特色のひとつですが、「イチナナやポコチャよりは日本人ユーザーが少ない」というものがあります。

決してライブ配信アプリ全体で見て人が少ないわけではありませんが、人が少ないということはそれだけ「ライバルも少ない」ことを意味しています。

そのため、初心者がライブ配信をはじめた場合に配信が埋もれてしまいやすいイチナナやポコチャよりは、初心者でも稼ぐチャンスはあるとみて構いません。

ただし、ライブ配信に関する知識を持っていない初心者が最初から稼ぐことができるわけではありません。

例えば、「ライブ配信が面白い」「声が綺麗」「顔が美形」等、様々なリスナーウケする要素があってはじめてライブ配信が盛り上がり、人気が徐々に出ていきます。

初心者の人はどのように盛り上げるかがまだわかっていないケースが多く、声や顔が綺麗でないと最初から波に乗るのは難しいです。

イチナナやポコチャよりは有名ライバー数も少ないのですが、有名ライバーにも綺麗でかわいい・かっこいい人はたくさんいるので、どうしてもその人たちの配信にリスナー全体が流れてしまいがちです。最初から稼ごうと考えるよりも「継続してライブ配信をして稼ぐ」スタンスが一番大切です!

ふわっちLIVEで実際に稼ぐ方法!

ふわっちLIVEで稼ぐためには知識だけでは不十分です。

「実際に稼ぐためのノウハウ(技術・スキル)」も大切で、知識と実際の配信を照らし合わせながら稼ぐのがライブ配信アプリで稼ぐセオリーとなります。

各種ランキング上位入賞を目指す

ふわっちLIVEの最大の特色として「ランキングが充実している」というものがあり、このランキング上位に入ることで「ランキングボーナス」まで受け取ることができます!

ボーナス対象のランキングは全部で5つあります。

ボーナス対象ランキング

  • デイリーランキング(1日の盛り上がりポイント)
  • リスワンランキング(リスナーを1日で何人集めたか)
  • ウィークリーランキング(1週間の盛り上がりポイント)
  • マンスリーランキング(1カ月の盛り上がりポイント)
  • イベントランキング

このうち、「イベントランキング」は各イベントごとに入賞した場合のボーナスポイント額は変わってきます。ただし、ふわっちの傾向としてはトップに立つことができれば臨時収入レベルで大きなポイントが貰えるようになっています。

イベントの場合はイベント入賞だけでなく「イベントに参加して応援された場合のギフト等」も収益の対象となってくるので、稼げるチャンスであることは変わりません。

「ウィークリーランキング」もはっきりとした入賞ポイントが明かされていません。「メンズ」「レディース」「ビギナー」に部門が分かれているので、入賞しやすい分獲得ポイントも他のランキングより少ない傾向があります。

「デイリーランキング」と「マンスリーランキング」に関しては入賞時のポイントが固定化されていて、獲得できるポイントは下記を参考にしてください。

デイリーランキング順位獲得ポイント
1位3000ポイント
2位2000ポイント
3位1000ポイント
4~10位500ポイント
11から30位100ポイント
31から50位50ポイント
マンスリーランキング順位獲得ポイント
1位200000ポイント
2位100000ポイント
3位50000ポイント
4から10位30000ポイント
11から15位5000ポイント
16から20位3000ポイント
21から30位2000ポイント
31から40位1000ポイント
41から50位500ポイント

「リスワンランキング」は、シンプルに「1日にリスナーを一番獲得できたユーザー」が10000ポイント貰えるというランキングです。

ただし、曜日によってどのライバーが対象となるかが変わっていて、下記を参考にしてください。

月曜日男性ライバーのみ
水曜日女性ライバーのみ
木曜日ビギナーライバーのみ
他曜日全員対象

はじめたばかりの人は「ビギナーライバーのみのランキング」となる木曜日がおすすめですが、ライバルも多いのでこれも一筋縄にはいきません。

リスナー・投げ銭獲得のための戦略を取る

ふわっちLIVEで最も大切なのは「リスナー」と「投げ銭」です。

リスナーが投げ銭を投げ、その投げ銭が自分の収益に直結し、リスナーが盛り上げれば盛り上げるほどランキング上位に入賞できるからです。そのため、多くのリスナー・投げ銭を獲得できるようにライブ配信を工夫しなければいけません。

例えば、下記のような工夫を自分のライブ配信に施してみましょう。

ライブ配信の工夫

  • 毎日配信をする
  • 他のSNSと合わせて活用する
  • 内容を工夫する

毎日配信をすることで決まった時間に人が来やすくなり、Twitterやインスタ等のSNSを利用して外部からフォロワーを増やしてリスナーにすることもできます。

内容の工夫は「面白いと思われる内容」のことで、自分の特技(歌やダンス)等があればそれが足枷となります。

他のライブ配信アプリの攻略に近いものがあるので、下記を参考に戦略を考えてください。

ハクナライブは稼げるの?実際に試して実感した稼ぎ方や稼げる金額を徹底解説

【2020年最新】BIGO LIVE(ビゴライブ)で稼ぐための使い方を徹底解説

ライブ配信アプリ「Pococha(ポコチャ)」の詳細と稼ぐための方法

ふわっちLIVEの特色に合ったライブ配信を行う

ふわっちLIVEの特色に合わせた「ふわっちで通用する戦略」を見つけるのは大切です。

ふわっちLIVEの場合は「まだまだ発展途上」「他のライブ配信アプリより男性も活躍できる」「年齢層は幅広い」等の特色があります。

これらはふわっちLIVE独特の特色なので、これらに合わせてライブ配信をしてみてください。

例えば、年齢層が幅広いという特色がありますが、ライブ配信アプリは「若い人が使うアプリ」だと思われがちで、多くのライバーは若者向けにターゲットを絞ってライブ配信を行っています。

ふわっちLIVEの場合は20代後半から40代にかけても人が多いので、ターゲットにされない傾向にある彼らを取り込むライブ配信を行うのもひとつの戦略です。ただし、「同年代と話したい」等とライブ配信画面で宣伝するのはおすすめできず、この場合だと自分と近い年代以外の人が配信に入りづらくなってしまうからです。

ランキング(ウィークリーランキング)が男女で分かれている関係上男性ユーザーも活躍しやすく男性リスナーも多いので、男性向け配信にして女性でも話に入っていけるような配信等もおすすめです。

イベントを活用する

ふわっちLIVEでは1週間単位で様々なイベントが開催されますが、このイベントを活用してライブ配信を盛り上げることができます。

例えば、スポーツユニフォーム(ふわっちLIVE限定品)を獲得できる「スポーツ選手権イベント」や、NICEボタン(配信に関するいいねボタンのようなもの)を押された数を競う「N1グランプリ」等のイベントがあります。

これらのイベントに参加することでリスナーも「応援したい!」といった気持ちになり、ライブ配信全体の盛り上がりに繋がります。

また、ふわっちLIVEにはイベントランキングによって換金可能のポイントを入手できるので、ふわっちLIVEユーザー全体がランキングに関する意識が高く、特色のひとつにもなっています。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

 

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第2位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第4位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

【2020年夏版】今流行りの人気ライブ配信アプリ決定版!特徴・違いを比較解説!

 

-ライブ配信
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.