【2020年最新】BIGO LIVE(ビゴライブ)で稼ぐための使い方を徹底解説

ライブ配信アプリで徐々に日本人からの人気を集めている「BIGO LIVE」は使い方もシンプルです。

イチナナやポコチャと同じくらいの使いやすさを誇っていて、なおかつライバルはまだまだ多くないので比較的勝負しやすいライブ配信アプリだと知られていました。

効率良く稼ぐためには、BIGO LIVEの使い方をマスターしておくのはもはや必須です!


BIGO LIVEの使い方を徹底解説

BIGO LIVEで稼ぎたいライブ配信をしたいと思っているのなら、BIGO LIVEの使い方を把握しておくことはなによりも大切です。

幸い難しいシステム等は存在しないので、従来の使い方からイベント参加までスムーズに使いこなすことができるはずです。

まずはアカウントを作成

BIGO LIVEでアカウントを作成する必要がありますが、電話番号登録だけでなく「Facebook」「Google」「Twitter」それぞれでBIGO LIVEとの連携が可能となっています。

どの連携方法も簡単で、TwitterとFacebookの場合はアプリが開かれて連携させ、Googleを選択すれば連携関係無しにそのままプロフィール作成画面に映ることができます。

最終的にBIGO LIVEで儲けたお金を受け取りたいのであれば電話番号登録が必須になってきますが、後から簡単に登録できるので、まずは簡単な各種連携でアカウントを作成することをおすすめします。

プロフィールを作成

BIGO LIVEではアカウント登録が終わったらすぐさまユーザーネームや簡単な個人情報を登録します。

最初に登録するのはユーザーネーム等の簡単な情報だけですが、ここで大切なのは「写真」です。多くのトップライバーたちは自分の顔写真を加工もしくはそのまま登録していました。

ライブ配信アプリでは「ライバーのルックス」が特に重要と言われていて、かわいいライバーは自分の顔をアイコンにしておくことで客寄せ効果を得ています。

後からBIGO LIVEの設定で自分のプロフィールを記載することもできるので、プロフィールと顔アイコンを合わせてフレンドリーなライバーを演出するのが、正しいBIGO LIVEで稼ぐコツとなります。

配信をチェックする

BIGO LIVEで稼ぎたい人も、ただ単にリスナーとしてライブ配信を視聴したい人も、一度は他の人の配信をチェックすることをおすすめします。

上記画像はBIGO LIVEのホーム画面で、この画面には「特に人気の配信や盛り上がっている配信」が表示されます。

モザイクをかけている部分をタップしたら、そのアイコン主のライブ配信ページが開かれます。

上記のホーム画面ではまだまだ発展途上のライブ配信者や自分が好きなライバーのライブ配信が表示されない可能性があるので、多くの人は「検索機能」を活用しています。

ホーム画面からオレンジ枠の虫眼鏡のようなアイコンをタップしてください。

上記画像が出てきますが、右上にある虫眼鏡アイコンをタップして検索ワードを入力すれば、スムーズに検索できます。

BIGO LIVEの配信視聴機能について

BIGO LIVEの配信ページが上記画像となります。

これはPK配信といって「ライバーとライバーがコラボで配信してギフトの数等を競うイベント」が開催されている最中ですが、従来のライブ配信と変わらず様々な機能を活用することができます。

ライブ配信を楽しく視聴したいのであれば、ライブ配信視聴方法・使い方も再度おさらいしておきましょう。

コメント

ライブ配信画面左下のアイコンが「コメントアイコン」です。

自由にコメントできますが、入ったばかりなら「初見です」「こんにちは」、ライバーが何かを話しているときにはその話題に乗っかるコメントが好まれています。

シェア

ライブ配信画面真ん中の2つのアイコンがシェア画面です。

赤枠左側のアイコンはスクリーンショットアイコンで、スクショを撮影できると同時に、そのスクショをSNSでシェアできます。右側が「シェアアイコン」で、様々なSNSを選択してシェアを行えます。

ギフト

ライブ配信画面の右側にあるプレゼントボックスのアイコンが「ギフトアイコン」です。

ライバーにプレゼントすることで、ライブ配信が盛り上がった証として換金可能アイテムに代替えされ、ライバーの収益になる仕組みです。

ダイヤボックス

ライブ配信をしばらく視聴していると、画面右下に「ダイヤボックスアイコン」が表示されます。

これは配信視聴に伴ってもらえるダイヤを受け取ることができるアイコンで、30ダイヤ貯めれば解凍して手持ちのダイヤとなります。

60秒配信を視聴して23ダイヤを獲得でき、この解凍されたダイヤを獲得したい場合は、このページのライバーをフォローしなければいけません。

ダイヤは各種ギフトやイベントアイテムと交換できるアイテムなので、リスナーとしてBIGO LIVEを使いたいのであれば必ずストックを残しておきましょう。

自分も配信する方法!

BIGO LIVEでライブ配信を視聴して、どのようなライブ配信が人気が出やすいのか勉強した後に、実際にライバーとして活動することをおすすめします。

自分もライブ配信を行いたい場合は、ホーム画面の真ん中のスクリーンアイコンをタップしてください。

ライブ配信をはじめる前の編集画面が開かれます。

赤枠の「配信スタート」を押せば配信は開始されますが、その前に配信タイトルとタグをあらかじめつけておいて、どのようなライブ配信かをリスナーたちに伝えておきましょう。

また、現在のBIGO LIVEでは下記のライブ配信を行うことができます。

できるライブ配信

  • マルチ配信
  • 通常配信
  • ラジオ配信
  • ゲーム配信

通常配信について

 

通常配信はイチナナやポコチャと同様、顔を出しながらライブ配信を行うライブ配信です。

BIGO LIVEの中で最も多くのライバーが利用しているライブ配信で、顔出し効果があることから、ライバーのルックスがよかったらそれだけ人気が出やすいシステムとなっています。

もちろん音声も入るおかげでトーク力に自信がある人でも勝負することができますし、リスナーが多くいてくれるだけで盛り上がっている雰囲気を出して客寄せを行うことも可能です。

BIGO LIVEで確実に稼ぎたいのであれば、だけルックスに自信がなかったとしても、化粧や加工を行って通常配信(顔出し配信

)で勝負することをおすすめしています。

ラジオ配信(音声配信)について

ラジオ配信はライブ配信に画像をつけて、その画像を背景に音声だけでライブ配信を行います。

通常配信と比べて人気が出にくい傾向がありますが、これは顔出しした方が客寄せ効果が高いのが理由だと考えてください。

とはいえ、ラジオ配信(音声配信)でも勝負しているライバーも多く、その人たちは「声の綺麗さ」や「トーク力の高さ」で勝負をしています。

トーク力の高さはライブ配信アプリで何度か配信を行わないとなかなか身に付かないので、初心者向きの配信とまでは言い切れません。どうしても顔出ししたくないという人は一考の余地ありです。

その他の配信

マルチ配信は他のユーザーとコラボして配信するライブ配信ですが、コラボするライブ配信がいない場合は、マルチ配信を行うことはできません(後から誘うことはできます)。

PKイベントに参加しているユーザーが多く、「どちらのライブ配信が盛り上がっているか」が競われていることが多いです。

ゲーム配信はPC画面をBIGO LIVEに映して配信を行うことが可能ですが、PCから「BIGO LIVE Connector」をインストールした上でマイクやカメラを用意しないと配信できません。

マルチ配信で協力してライブ配信を盛り上げているユーザーは多いのですが、BIGO LIVEはゲーム配信が少ない傾向にあります。ただし、万国共通でゲームを知っている人とコミュニケーションが取れる部分では、ゲーム配信は特に優秀です。

インスタのような「投稿」機能もついている

BIGO LIVEにはインスタのような「投稿機能」も用意されています。

これは写真や動画を投稿してフォロワーに見てもらおうといった機能で、例えば、ライブ配信できない日にたまたま旅行へ行っていて、旅行先の写真をアップする等の使い方があります。

投稿機能を使いたい場合は、プロフィールから「私の投稿」を選択してください。

もし、過去に自分がなんらかの写真を投稿していた場合は、この画像に投稿が表示され、投稿のコメントやいいねを閲覧できます。

何も投稿していない場合は何も表示されません。

画面上の薄い水色のバーを選択すれば、投稿編集画面が開かれます。

写真を選択した上で編集すれば投稿が完了します。

DMのようなメッセージも完備

BIGO LIVEにはメッセージ機能があります。

例えば、自分の好きなライバーにメッセージを送ったり、よくライブ配信に来てくれるリスナーやギフトをくれたリスナーにお礼を言うための機能で、TwitterのDMのようにコミュニケーションを取ることが可能です。

マイページ画面から「メッセージ」を選択してください。

ユーザーからのメッセージはもちろん、たまに運営からメッセージが来ることがあります。

頻繁にチェックしておけば、リスナー(ライバー)との仲をさらに深めることが可能となります。

BIGO LIVEで課金する方法

BIGO LIVEで課金をすれば、ライバーにプレゼントするギフト等を購入することができます。

ライブ配信画面の「ギフト」から購入したいギフトを選択すれば課金可能ですが、マイページの「ウォレット」からも課金可能です。

コインやダイヤ・ビーンの数を把握することもできるので、こちらから課金した方がやや効率がいいと考えて構いません。

リスナーが課金するアイテムは「ダイヤ」です。

ダイヤはログインボーナスやライブ配信視聴でも入手できますが、一度に大量のダイヤを獲得したい場合は、課金するのが一番手っ取り早いです。

オレンジ枠を選択すれば、該当する数のダイヤを課金して入手可能です。

また、ダイヤだけでなくビーンやコインの数を確認したい場合は、赤枠の「ビーン」「ダイヤ」を切り替えてください。

BIGO LIVEで儲ける方法!

BIGO LIVEの使い方をマスターしたら、いよいよ「どうやって稼げばいいか」を考えるときです。

ライブ配信アプリは気軽に誰でも稼ぐことが可能ですが、稼ぐ方法は自分たちで工夫しない限り、思うように利益を出すことができません。

使い方で学んだ知識を活かして、どのようにすれば効率よく稼ぐことができるかを考えてください。

「ビーンズ」がカギ

BIGO LIVEで稼ぐためになんとしても獲得しておきたいのは「ビーンズ」です。

このビーンズはリスナーからのギフトから一部がライバーに与えられることになりますが、その後換金して収入にすることができます。

ビーンズの仕組みや換金方法は下記の記事を参考にしてください。

BIGO LIVE(ビゴライブ)のビーンズとは?監査方法やギフトの値段を徹底解説

収益の仕組み

BIGO LIVEの収益の仕組みは「リスナーからギフトを貰えばそれが収入になる」というものです。

もちろんギフトの一部はBIGO LIVEに持っていかれますが、実際にBIGO LIVEを活用してBIGO LIVE1本で生計を立てているライバーがたくさんいます。

BIGO LIVEの収益の仕組みや時給換算した場合はどのくらいなのかの情報は、下記を参考にしてください。

ビゴライブで配信をしたら時給はどのくらい?時給換算した場合の収入を調査してみた!

BIGO LIVEとその他ライブ配信アプリの徹底比較!

BIGO LIVEとその他のライブ配信アプリでどのような違いがあるかも、BIGO LIVEを使う上で知っておきたい知識です。

違いを明確にわかった上で利益を出すためのライブ配信を行うことができれば、確実に自分の収益は増えていきます。

他のライブ配信と併用して勝負する場合も、「イベントがあるときはBIGO LIVEを使う」等、ある程度の戦略を練りつつライブ配信を行うことが可能です。

ライブ配信アプリとの比較表

イチナナやポコチャとBIGO LIVEの何を比較するかというと、「ユーザー数」「どの程度稼ぐことができるか」「どのような特色がそれぞれあるか」等です。

下記の記事で各ライブ配信アプリの比較がなされているので、チェックしてください。

【2020】ライブ配信アプリを全て比較してみた!オススメのライブ配信はどれ!?

この比較表から、BIGO LIVEはイチナナやポコチャを差し置いてでもメインのライブ配信アプリにすべきなのかを確認することをおすすめします。

その他のBIGO LIVEの特色

BIGO LIVEには比較表では考察できないくらいの特色があるので、ライブ配信アプリの中でも奥が深いと考えて構いません。

これらの特色を見て「BIGO LIVEは自分が稼ぐにぴったりなアプリか」を考えることも大切です。

特に、「イベントが多い」という特色はBIGO LIVEのマルチ配信を活用したイベントが開催されているので、他のライブ配信アプリにはない特色となっています!

他のライブ配信よりイベントが豊富

BIGO LIVEでは、ライバーのライブ配信を通じてイベントに参加することが可能です。

イベントに参加するのはライバーとなりますが、ライブ配信を盛り上げるにはリスナーの存在が必要不可欠ですので、間接的にリスナーもイベントに参加できるものと同じです。

例えば、下記のイベントが定期的に開催されています。

開催されているイベント

  • PK予想
  • カウントダウンイベント
  • 魔法ギフトプレゼントイベント
  • VIPイベント
  • 宝箱ゾーン

このうち最も注目されているイベントは「PK予想」です。

配信者がPK予測モードをオンにして、ルーム内の視聴者が「クリスタルボール」というダイヤ消費アイテムを購入して、PKの勝敗を予想するというイベントです。

このクリスタルボールが賭けの対象となり、予測が外れてしまった場合は賭けたクリスタルボールが予想が当たったユーザーの元へ配られてしまいます。

一見リスナー向けのイベントのように思えますが、元は「マルチ配信を行っているライバーのどちらの配信が盛り上がるか」を競うイベントですので、このイベントを利用して自分の配信を認知してもらうことができるでしょう。

BIGO LIVEではイチナナやポコチャと負けないくらい頻繁にイベントが発生しています。

「ハロウィンイベント」や「クリスマスイベント」等の季節限定のイベントはイチナナやポコチャの方が優れている印象ですが、競い合うイベントやリスナーの課金イベントはBIGO LIVEの方が活発です。

応援しがいのあるイベントが盛りだくさんですので、リスナー視点でもイベント開催が楽しみになっているはずです。

「名声メダル」は他のライブ配信にない競いポイント

BIGO LIVEには「名声メダル」というシステムがあります。

この名声メダルは6段階のメダルが配布され、イベント参加中の盛り上がりに応じて名声メダルのレベルがどんどん上がっていく仕様となっています。

例えば、BIGO LIVEのライバー総合TOP100のユーザーは「特別仕様のプロフィール称号」等を入手できます。

この特別仕様のプロフィールこそ「BIGO LIVEライバーの憧れるべき存在」であり、一種のステータスとなっています。

BIGO LIVEでトップライバーになれば生活が安定するだけでなく、トップライバーとしての評価の証であるプロフィールを入手して、それだけでリスナーを集めることが可能です。

一度有名になればどこまでも稼ぐことができると考えて構いません。

ファミリー・ファン制度完備

BIGO LIVEにもファミリー制度・ファン制度が存在します。

ファミリーに入ることで自分が推しているライバーや他のファンともっとコミュニケーションを取ることが可能で、ここでうまくファンをより一層自分のファンになってもらうことに可能です。

ファン制度は「自分のギフトを与えてくれた人を招待するファングループ」のことで、ファミリーよりもさらに敷居が低くライバーとコミュニケーションを取ることができます。

まだまだ発展途上のアプリ

BIGO LIVEも多くの日本人ユーザーを抱えていますが、ライブ配信アプリとしての知名度はイチナナやポコチャの方が上です。

主に海外ユーザーが活用しているBIGO LIVEですが、その分まだ日本人には浸透していないのだと判断して構いません。

そのため、全体的なリスナー数も有名なライブ配信アプリよりも劣る可能性があるのですが、その分「ライバルである他のライバーも少ない」と判断できます。

BIGO LIVEでもトップライバーは確立されていますが、まだまだ新規ユーザーにもつけ入る隙があるチャンスあるライブ配信アプリです!

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 ライノミ

ライノミは現在飲み屋で働いている方限定で、ライブ配信を行えるアプリ

アイテムやイベントなどの様々な演出で、疑似的にオンライン飲み会を体験することができます。

配信時間や場所の制限がないので、メイク終わりや待機中、接客中など気軽に配信可能。

勿論、多くのライブ配信アプリと同様に、視聴者から応援のプレゼントを貰い、一部を報酬として得ることができます。

ライノミの配信で気になったライバーがいれば、お店に遊びに行けるのも特徴です。初めてのお店に行く前に、働いている人の雰囲気を掴むなんて使い方も出来ます。

配信の申込はLINEで簡単、無料で行えます。専門担当者が配信のサポートもしてくれます。

おすすめポイント

  • 現在飲み屋で働いている方限定の配信アプリ
  • ライバーとして人気が出れば、直接の集客に繋がる
  • 隙間時間にスマホ1つで配信できる
  • 視聴者からのプレゼントアイテムの一部が報酬になる
  • 有名になれる可能性が用意されている
  • 行きたかった店の雰囲気が分かる
  • 気に入ったライバーのお店に遊びに行ける

第4位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる

第5位 tiktok

TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。3タップで完了します。

基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。

視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます

また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

TikTokのおすすめ点

  • 登録が簡単
  • 完全無料
  • 手軽に動画を見ることが出来る
  • 投稿のハードルが低い
  • 流行が分かる

【2020】ライブ配信アプリを全て比較してみた!オススメのライブ配信アプリはどれ!?

 

-ライブ配信
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.