有料のライブ配信はどのアプリで出来る?メリット・デメリットなどを徹底解説!

最近では、ライブ配信を行えるサービスが増えており、利用しているユーザーもかなり増えてきています。ライブ配信といえば、無料で誰でも気軽に見れるというものが定番のようになっていますが、中には有料で配信を行うサービスもあります。

今回は有料のライブ配信はどのアプリで利用できるのか、メリット・デメリットなどを徹底解説します




有料のライブ配信アプリ

ライブ配信を行えるアプリは多数あり、現在では「ライブ配信をしたい!」という人でなくても、インスタなどのライブ配信機能で気軽に行えるようになりました。

しかし、ライブ配信を行う人が増えたことで、逆にサーバーが重くて配信ができなくなった、リスナーのコメントが読めない、なかなかやりたいことができないなど問題も出てきます

そういった問題が出てきた際に、有料でのライブ配信が行えるアプリを利用すると、問題を解決することが可能です。もちろんすでにどこかで生配信をしている人なくても、有料配信を利用して人気を集める事はできます!

有料ライブ配信の種類

有料ライブ配信サービスの中にもいくつか種類があります。

種類

  • ポイント制
  • 会員制
  • チケット制

主に3つの形態で有料ライブ配信はおこなわれます。チケット制のライブ配信サービスは、主にアーティストなどに利用されるサービスが多く、一般での利用を断っているところが多くあるので気を付けましょう。

メリット

有料のライブ配信サービスを利用するメリットは複数あります。

メリット

  • ライブ配信でよりお金を稼げる
  • アンチがつきにくい
  • 配信の入場者数が限られる
  • 配信が重くなりにくい
  • 配信内容が漏れにくい
  • 見バレしにくい

メリットとしては上記のようなものが当てられ、ある程度人気を集めている人がお忍びで配信を行ったり、配信でお金を稼いでみたいけど身バレが怖い人なども多く利用しています。

デメリット

有料で配信を行う際は当然デメリットもあるので気を付けましょう。

デメリット

  • リスナーが増えにくい
  • 年齢制限(主に18歳以上)がある
  • 配信にプレッシャーがかかる

有料での配信は最初にリスナーがほとんど増える事はありません。気軽に見に行くということがあまりできないので、非常に難しいです。

また、毎回お金を払って見に来ている人を考えると、配信の内容にプレッシャーがかかってしまうことが多くあります。ご注意ください。

有料配信の推奨放送内容

有料配信では特に無料配信と規定が変わることはありませんが、推奨される内容はいくつかあります。

推奨放送内容

  • 通常内容(他で配信しており人気がある人は特に)
  • お忍び配信
  • 身バレ防止配信
  • 新ネタ配信
  • レッスン系

少し想像しにくい配信もあるかと思いますが、上記のような配信をしている人が多いです。

やはり元々ある程度名の知られている人が多く配信を行っており、そういった人が特別な企画を行う際に便利で利用されることがあります。

イチナナライブで有名配信者になるには?イチナナに特化した方法を徹底解説

有料配信ができるのライブ配信アプリ一覧

有料配信自体がそこまでメジャーでは無いため、利用できるアプリもあまり多くはありません。

ツイキャスニコニコ生放送
形態チケット制会員制/都度課金
料金300∼30,000/回任意(配信者)
支払い方法
  • クレジットカード
  • ネット銀行
  • ペイジー
  • コンビニ払い
  • Amazon Pay
  • クレジットカード
  • Paypal
  • キャリア決済

ここでは紹介していませんが、中には企業や法人だけに有料配信システムを利用させている場合もあるので、注意して利用してください。

ツイキャス

ツイキャスはTwitterと連動したライブ配信サービスで、普段は無料で配信を行えますが、プレミア配信という有料配信を行うことも可能です。チケット制を採用しており、自分の好きな値段に設定することができます。

ツイキャス 出品者情報から、出品者情報や銀行口座登録などの審査を受けます。この審査に通ると、プレミア配信を利用を出来るようになり、有料での配信が可能です。

ポイント

  • ZOOM画面をそのまま映せる
  • 超高画質配信可能
  • ゲーム実況にも対応した低遅延配信
  • エンコードの必要なし
  • コラボ配信が7人まで可能
  • チケット購入者とメッセージのやり取り可能
  • メール機能でお礼メッセージを全員に送れる

ツイキャスの有料配信は誰でも利用可能なので、継続的に有料配信を行うわけではなく、イベントや企画で有料配信をしたいという人におすすめです。

注意ポイント

  • 日本国内在住者のみ
  • マイナンバーまたは法人番号が必要
  • 15歳未満の利用不可、未成年は親もしくは法定代理人の許可が必要

上記のような注意事項もあるので、気を付けて配信を行ってください。

ツイキャス・ライブ
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

ニコニコ生放送

「生放送といえばニコニコ!」と考える人がいるほど、ニコニコ生放送は非常に人気のあるコンテンツです。プレミアム会員放送を利用すると、有料放送をすることが可能となります。

ポイント

  • 動画の読み込みがサクサク
  • 低画質モードを回避可能
  • 有料配信利用者数がダントツで多い
  • プレミアム会員特典多数
  • あらゆる生配信の問題に対応
  • そのまま動画投稿も可能

ニコニコ生放送は会員制の有料配信なので、継続的に有料配信を行いたいという人に向いています。競合も多いので、最初は無料で配信を始めて、ある程度リスナーがついてきたらプレミアム会員配信に切り替える人がほとんどです。

また、ニコ生には「有料チャンネル会員」という制度もあり、チャンネルそのものに月額を払う制度もあります。さらに「都度課金」という1回の配信に課金する制度もあるので、有料配信の使い分けをすることも可能です。

有名になるとニコ生公式の放送などにも呼ばれ、特別企画に参加できたり、他の配信者と共同でテレビ番組のような配信に呼ばれることもあるようです。

注意ポイント

自分がプレミアム会員になる必要がある

1つだけ注意点があり、プレミアム会員放送を行うためには、自分もプレミアム会員になる必要があるのでご注意ください。

ニコニコ生放送
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第2位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第4位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

【2020】ライブ配信アプリを全て比較してみた!オススメのライブ配信アプリはどれ!?

 

-ライブ配信
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.