イチナナの「ラッキー袋」って何?詳細や取るコツ、トラブルを徹底解説!

イチナナを利用している人は、「ラッキー袋」というものを見たことがある人は多いのではないでしょうか。ある程度リスナーのいる配信では、このラッキー袋というものを目にする機会が増えます。

今回はイチナナの「ラッキー袋」について詳細を徹底解説します




イチナナの「ラッキー袋」

イチナナには「ラッキー袋」という機能があり、ギフトの一部ではありますが、配信者だけではなくリスナーも得をするギフトとなっています。

これを利用すると、受け取ったリスナーはラッキー袋の大きさに合わせたコインを山分けすることが可能です。

ラッキー袋の入手は早い者勝ちなので、是非受け取れるように頑張ってみましょう。

ラッキー袋の種類

ラッキー袋には5つの種類があります。

袋の種類コイン
ラッキー袋(神)888888
ラッキー袋(大)88888
ラッキー袋(中)8888
ラッキー袋(小)888
マイラッキー袋任意

以前までは「マイラッキー袋」というものがなく、決まったコインでの購入・配布でしたが、現在では1000コイン以上の任意コイン数を選択して配布可能となりました

さらに、マイラッキー袋では出現と共にコメントを入力することも可能です。

また、以前まではラッキー袋ごとにカウントダウンの時間が異なりましたが、現在は全て1分(60秒)の待機時間となっているようです。

ラッキー袋がある配信

ポイント

  • 配信のアイキャッチにラッキー袋マーク
  • 配信の最中に上に他の配信でラッキー袋が配布されたことが告知

上記のいずれかでラッキー袋がある配信を知ることができます。ラッキー袋狙いで配信を見漁っている時はこのどちらかを確認するようにしましょう。

リスナーが増えやすくなる

ラッキー袋を利用しているとリスナーが増えやすくなります。

他の配信に告知が出たり、アイキャッチにラッキー袋アイコンが出るので、初見さんなどが寄ってきやすくなります

もし自分の推しているライバーがいる場合は、配信の際にラッキー袋を利用してあげましょう。

配信が盛り上がる

ラッキー袋を利用すると、配信がより盛り上がります。

ポイント

  • 人が集まりやすい
  • 画面がにぎやかになる
  • コメントが増える
  • ラッキー袋で得たコインでさらにギフト提供

このように、ラッキー袋には配信が盛り上がるポイントが詰まっており、ライバーもリスナーも有益なシステムが出来上がっています。

2500以上で周りに告知

ラッキー袋を利用すると他の配信や配信のアイキャッチに告知が出ますが、全てのラッキー袋で表示されるわけではないので注意が必要です。

ラッキー袋の「2500」以上で告知されるため、ラッキー袋(小)や、マイラッキー袋の小さいコインでは告知されることはありません。そのため、告知をしたいのであれば、マイラッキー袋で2500以上にするか、マイラッキー袋(中)以上を利用してください

あえて周りに告知したくないという場合は。少ないポイントで利用するようにしましょう。

ラッキー袋のポイント

 

ラッキー袋で得たポイントは、そのまま「無償ベイビーコイン」として利用することが可能です。

ベイビーコインでは、主にライバーにギフトを送ることが可能となります。そのため、ラッキー袋でベイビーコインを貯めて、自分の推しているライバーにギフトを送るといったことが可能です。

ラッキー袋の山分け人数と割合

ラッキー袋はコインを山分けするシステムですが、この山分けする人数は現在わかっていません。

順番割合
1番約10%
2番約6∼7%
3番約5%

割合はラッキー袋の大きさによって異なるようですが、早押しでコインを得た順番に割合が違います。

1番最初にボタンを押した人は、ラッキー袋のポイント数の約1割を入手することが可能なようです。これは実際に何回かのラッキー袋を見ての検証結果なので、正確な数値ではありません。

小さい袋だと入手できる割合がやや大きい傾向にありました。

ラッキー袋の使い方

ラッキー袋は配信中にギフトと同じように利用可能です。

配信画面に入ったら、下にある左から3番目の「$」アイコンをタップ。

ラッキー袋が表示されるので、いずれかを選んで利用してください。ポイントが足りない場合は、ベイビーコインの購入画面に写ります。

ギフトと同じように利用できますが、場所は違うので注意しましょう。

受け取り方

ラッキー袋の受け取りは早いもの勝ちなので、必ず手に入るわけではありません。ご注意ください。

配信の左上にラッキー袋のアイコンとカウントダウンが表示されます。このカウントが「0」になるとラッキー袋投下の合図です。

画面真ん中誰がラッキー袋を利用したのかなどが表示されるので、「今すぐゲット!」をタップすればラッキー袋争奪戦に参加できます。

受け取れた場合はポイントが、受け取れなかった場合は「次回はお早めに」というメッセージが表示されて完了です。

無事に入手できるように頑張りましょう。

非表示に出来る?

ラッキー袋は大きく表示されてしまうので、興味が無く、配信に集中したいという人にとっては邪魔になってしまいます。

しかし、残念ながら現在ではラッキー袋のエフェクトを非表示に出来る機能は無いようです。

イチナナの「事務所」について!事務所に所属するメリットやおすすめ事務所を徹底解説

ラッキー袋を取るためのコツ

ラッキー袋を取る際はいくつかコツがあります。

必ず取れるというわけではありませんが、何もしないよりは取れる確率が上がるので試してみましょう。

ボタンの位置を覚える

カウントダウンからの早押しなので、ボタンの位置を間違えていると絶対に取れません。

「今すぐゲット!」のボタンは、画面の中央よりやや下に表示されます。この位置を絶対に忘れないようにして、ボタンが表示される前からすぐに押せるよう、スタンバイしておくのが良いです。

人が少ない配信に入る

人が少ない配信に入室することで、ライバルの数が減ります。

ただし、人が少ない配信ではそれだけラッキー袋を利用する人も少ないので、探すのがやや大変です。ヘビーリスナーがいそうな配信を見極めましょう。

夜中の配信はねらい目

夜中の配信では人気配信者でもリスナーが少なめなのでねらい目です。

夜中に配信を見ていると、早い時間に配信を見れない人や、お酒を飲んで見ている人が多いため、ギフトやラッキー袋もそれなりに利用されています。そういった配信に出会えると、ラッキー袋を取れる確率が上がります。

カウントが0に近づいたら連打

早い者勝ちなため、なるべく早くボタンを押さなくてはなりません。ボタンが表示されるタイミングを完璧にわかっている、なおかつタイミングよく押せるという人は別ですが、そうでない人はボタン出現場所を連打しておきましょう

稀にコメント欄のリスナーをタップしてしまい、別ページに飛んでしまうので注意が必要です。

コメント非表示

イチナナライブでは、ライブ配信中にコメントなどを非表示にすることができます。

配信を右スワイプでコメント非表示。

左スワイプで元に戻す。

このコメント非表示を利用すると、ボタンを押す際に間違えてコメント欄のリスナーを推して、そのページに飛んでしまう心配がなくなるのでお勧めです。

ラッキー袋チェッカー

ラッキー袋チェッカーというAndroid限定のアプリもあるようです。

このアプリではラッキー袋を利用している配信をすぐにチェックすることができます。しかし、非公式アプリなので全面的なおすすめはしません。

注意ポイント

  • ライバルが多い
  • 全てが表示されるわけではない
  • 開いたらすでに配布後だった

上記のようなあまりよくない面もあるようです。実際に探せるのであれば、自分で見つけるのが一番良いでしょう。

多く配っているライバーをフォロー

ラッキー袋を配っているリスナーが毎回同じような人、ということも多くあります。

この場合、そのリスナーは誰を推しているのかを見極めてなるべく張り付くようにしたり、配信者の中にはギフトではなくラッキー袋を多めにしてほしいという人もいるので、そういったライバーをフォローしておくのが良いでしょう。

ラッキー袋を配っている回数が多ければ、それだけ入手できる確率も高くなります。

イチナナの新機能「VS機能」とは?使い方や詳細・メリットを徹底解説

ラッキー袋によるトラブル

ラッキー袋は基本的にライバーもリスナーもメリットがありますが、場合によってはトラブルを引き起こす原因にもなっているようです。

配信によっては時間単位やイベントでラッキー袋の配布を禁止しています。機能停止はできないのでリスナーの配慮となりますが、禁止している配信でラッキー袋を配布してしまうとトラブルになってしまいます

特に新人ライバーイベント中などはラッキー袋が禁止されていることもあるので気をつけましょう。

Poke表示

これはリスナーではなくライバーの注意点となります。

ライバーはリスナーが遊びに来た際、「Poke」という挨拶のようなものをコメント代わりに送ることができます。しかし、このPokeというものは全画面に表示されてしまうので、ラッキー袋と被ってしまうとリスナーはラッキー袋のゲットボタンを押すことができません

大きなトラブルになることは早々ありませんが、ライバーは配慮としてカウントが近づいた際に気を付けておきましょう。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 ライノミ

ライノミは現在飲み屋で働いている方限定で、ライブ配信を行えるアプリ

アイテムやイベントなどの様々な演出で、疑似的にオンライン飲み会を体験することができます。

配信時間や場所の制限がないので、メイク終わりや待機中、接客中など気軽に配信可能。

勿論、多くのライブ配信アプリと同様に、視聴者から応援のプレゼントを貰い、一部を報酬として得ることができます。

ライノミの配信で気になったライバーがいれば、お店に遊びに行けるのも特徴です。初めてのお店に行く前に、働いている人の雰囲気を掴むなんて使い方も出来ます。

配信の申込はLINEで簡単、無料で行えます。専門担当者が配信のサポートもしてくれます。

おすすめポイント

  • 現在飲み屋で働いている方限定の配信アプリ
  • ライバーとして人気が出れば、直接の集客に繋がる
  • 隙間時間にスマホ1つで配信できる
  • 視聴者からのプレゼントアイテムの一部が報酬になる
  • 有名になれる可能性が用意されている
  • 行きたかった店の雰囲気が分かる
  • 気に入ったライバーのお店に遊びに行ける

第4位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる

第5位 tiktok

TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。3タップで完了します。

基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。

視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます

また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

TikTokのおすすめ点

  • 登録が簡単
  • 完全無料
  • 手軽に動画を見ることが出来る
  • 投稿のハードルが低い
  • 流行が分かる

イチナナの「エフェクト」って何?使い方やギフトする方法を徹底解説

 

-イチナナ
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.