イチナナの非認証ライバーの報酬の仕組み、引き出し方法を徹底解説

イチナナの非認証ライバーが報酬を引き出す方法や認証ライバーとの違いを見ていきましょう。

非認証ライバーは認証ライバーと違って自分で報酬を引き出す必要があるため、やや手間がかかります。本格的にイチナナで稼ぎたいのであれば、認証ライバーもしくは準認証ライバーになるのをおすすめします。


イチナナの非認証ライバーの報酬について

イチナナの非認証ライバーの報酬は「マイレベニュー」というイチナナの引き出しツールより行えます。

引き出し方法だけでなくあらかじめ入力しておかなければいけない項目がいくつかあるので、非認証ライバーの人はよくチェックしてください。

ウェブ版の「マイレベニュー」から引き出し可能(手動)

イチナナ

イチナナの非認証ライバーが報酬を引き出すために使う「マイレベニュー」は、2020年7月からイチナナに追加されました。

非認証ライバーはマイレベニューから引き出しの申請を手動で行う必要があるため、手順や引き出しに必要な入力情報は覚えておきましょう。

アプリでは行えないので、ウェブ版イチナナ(こちらからアクセスできます)を開いてください。また、スマホのブラウザからでも可能ですが一部重たくて処理が遅い可能性があるため、PCブラウザ推奨です。

引き出し前に登録する必要のある情報と手順

イチナナでマイレベニューを使いたい場合は、「利用規約」「メール認証」「銀行口座」「個人情報」の4つを登録する必要があります。

まずは、イチナナのホーム画面から「マイレベニュー」を選択してください。

マイレベニュー画面から「引き出し」もしくは「個人情報」を入力してください。

一度情報を登録している場合は引き出しを選択すると引き出しページが出てくるので、個人情報からアクセスしましょう。

「利用規約」→「メール認証」→「銀行口座」→「会員情報」の順番で登録していく必要があります。

まずは、利用規約の「確認」を選択してください。

「利用規約を確実に閲覧、理解、同意しました」を選択してください。

次に、メール認証で自分のメールアドレスを入力します。GmailやYahoo!メール等で構いません。

認証番号の入力は必要なく、届いたメールのURLをタップすれば自動的にメール認証は完了します(こちらもPCブラウザから行った方がいいです)。

次に、自分の銀行の地域を選択します。

「日本」を選択して保存しましょう。

最後に会員情報を入力しますが、入力の必要がある項目は下記の通りです。

入力情報

  • 氏名
  • 国コード
  • 住所
  • 生年月日
  • 銀行口座情報(銀行名、支店コード、口座番号、名義人等)

ここまで入力し終われば引き出しができるようになりますが、万が一銀行口座が間違っていた場合でも普通に登録完了されます。入力内容をよく確認しておくのをおすすめします。

引き出し方法

マイレベニューから引き出したい場合も、ウェブ版のイチナナから「マイレベニュー」を選択します。

イチナナ

「円 残高」と書かれている部分は引き出しが可能な残高があったとしても最初は0円ですが、引き出し項目の下に表示されている残高の一覧から「確認」を選択すれば、引き出し金額が増えます。

最後に「引き出し」を選択すると引き出し申請を行えます。ただし、一度引き出し申請をしてその申請以降お金を引き出されていない(銀行口座にお金が振り込まれていない)場合は、引き出し申請ができません。

毎月25日前後に前月獲得の収益分が表示される

最初にマイレベニューへ登録した月の次月25日前後に、それまでに稼いだ収益合計がマイレベニューに表示されます。

その収益を引き出さなかった場合は引き続き収益欄に表示されたままですが、引き出しを行った場合は引き出した分のみ収益表示が消えています。

次回以降の引き継ぎも同様で、基本的には「前月の収益が毎月25日前後に収益欄に表示される」と考えてください。

支払いサイクルについて

イチナナの非認証ライバーが報酬獲得に使うマイレベニューには引き出しのサイクルがあります。

月の1日から15日に引き出し申請した場合はその月の25日に振込が完了しますが、16日から月末いっぱいまでに申請した場合は次月の10日に引き出しが完了します。

急ぎで現金が欲しい場合はサイクルを意識して引き出し申請を行ってください。

認証ライバー・準認証ライバーは今まで通り手動で振込される

イチナナの非認証ライバーは、2020年6月までは「100ドル以上貯まったら自動で引き出しされて25日に振り込まれる」という引き出し方法でした。

しかし、マイレベニューが登場してからは引き出しは完全に手動になりました。一方、イチナナの認証ライバーは自動引き出しのままなので、マイレベニューに登録する必要はありません。

2021年2月に登場した「準認証ライバー」は認証ライバーと非認証ライバーの中間に位置付けられているライバー契約ですが、「お試しで認証ライバーになれる」というコンセプトがあります。

そのため、準認証ライバーは基本的には認証ライバーと同じ報酬形態(ロイヤリティに差はある可能性があります)なので、自動引き出しで振り込まれます。

マイレベニューを使うにあたって注意すること

非認証ライバーがマイレベニューを使うにあたって気を付けておきたいポイントは下記の通りです。

注意しておくポイント

  • 振込は「当日の15時まで」には完了している(完了していない場合は不具合の可能性が高い)
  • 累計残高が1万円未満だと引き出し申請ができない
  • 引き出し申請を行う際に振込手数料が300円かかる(引き出し金から引かれる)
  • 振込予定日が土日祝の場合は前営業日に振り込まれる
  • 銀行口座の内容が間違っていた場合は振込が完了しない(手数料はこちらが負担)
  • 稼いだロイヤリティをベイビーコインに換金できない
  • 認証ライバーがマイレベニューに登録しても「非認証ライバー」と扱われる(実害はなし)

金銭的な問題は「手数料」の項目くらいで、特に口座番号を間違えて登録していた場合は注意してください。

イチナナの非認証ライバーの報酬額について

イチナナの非認証ライバーの報酬(ロイヤリティと呼ばれています)は、おおよそ「配信で稼いだギフトの13%」です。

仮に1カ月で1万円分ギフトで稼いだとしても手元に来るのは1300円程度ですが、認証ライバーになるとロイヤリティが50%以上にまで跳ね上がります。認証ライバーに関しては下記の記事を参考にしてください。

イチナナの公式ライバーになるには!?公式ライバーと一般ライバーの違いや報酬を徹底解説

ただし、「13%」「50%」という割合はイチナナのユーザーの還元率に関する情報をまとめておおよその数値を算出したもので、イチナナが公表した割合ではありません。

イチナナの準認証ライバーも「非認証ライバーよりも高いロイヤリティがある」と公式が説明していますが、どのくらい高いのか(認証ライバーと同じなのか)までは公表していません。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第4位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる

SPOON(スプーン)

SPOONは顔出し無しで配信可能な、世界2600万ユーザーを突破したラジオタイプのライブ配信アプリです。

雑談や寝落ち配信などの様々な配信ジャンルがあり、リスナーも空いたラジオ感覚で聞く方が多いのも特徴。

トーク力に自信が無い方も、朗読や弾き語りなどのジャンルでの配信がオススメです。

SPOONならではなのが、寝落ちタイマーです。

視聴中に寝てしまっても、設定した時間にアプリが切れる機能。

寝落ちタイマーを活用して、のんびりと寝落ち配信を聞く方も多いです。

SPOONには生配信のLIVE、録音した音声を載せるCAST、視聴者から聞きたいセリフを募集できるTALKの機能が用意されています。

特にCASTやTALKを上手く使えば、生配信を行っていない時にもファンを獲得できるチャンスがあります。

視聴も配信も無料で行えるので、手軽に始める事が可能。他のライブ配信アプリと同じように投げ銭機能も備わっています。

おすすめポイント

  • 顔出し無しのラジオ型のライブ配信アプリ
  • ゆったりと聞きに来る方も多い
  • 雑談や寝落ち配信、朗読など様々なジャンル
  • 寝落ちタイマーが便利
  • LIVE、CAST、TALKの3つの機能

イチナナの公式ライバーになるには!?公式ライバーと一般ライバーの違いや報酬を徹底解説

 

-イチナナ
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.