「LIVE ME(ライブミー)」は稼げる!?実際に試してみた!詳細について徹底解説

最近は、一般人の方でもライブ配信を通して収入を得ることができます。

しかし、色々な動画配信アプリがあってそれを使うか迷ってしまうし、実際に稼げるのかも疑問だという方も多いかと思います。

今回は、話題のアプリ「ライブミー」で、実際に稼げるのか調査してみました。




ライブミーで稼げるのか、実際に調査してみた

今回は、ライブ配信アプリ「ライブミー」で、実際に稼げるのか調査しました。

沢山あるライブ配信アプリ同士の比較については、下記の記事で徹底解説しています。

最近新しく登場したライブ配信一覧!比較や今から参戦しやすいのはどれ!?など徹底解説

ライブミーで稼ぐ方法は3つ

ライブミーでお金を得る方法は、主に3つになります。

クイズで勝ち抜く

毎月8の付く日に開催されるクイズビズでは、12問全問正解した方達で賞金が山分けされます。

こちらは配信者と視聴者は、関係なく稼げます。

参加に制限はありませんので、クイズの得意な方は気軽に参加できると思います。

中には、クイズだけで月に10万円稼いだという方もいるようです。

イベントに参加する

ライブミーでは、様々なイベントが開催されていて、イベントに参加して条件をクリアすることでもお金を稼ぐことが出来ます。

こちらは、配信者側のイベントになります。

配信で投げ銭を得る

ライブミーでお金を稼ぐ基本になるのが、ライブ配信をして配信者からアイテムを貰うことになります。

アイテムを換金することで、お金を得ることができます。

ライブミーでは稼げる仕組みが用意されている

ライブミーでは、稼げる仕組みが用意されています。以下では、上記のイベントなどをより詳しく解説していきます。

クイズでは10万を山分け

上で紹介した、毎月3回開催される山分けクイズの賞金は10万円です。

沢山の方が全問正解してしまうと金額は減ってしまいますが、1人だけが正解した回などもあり、比較的賞金は多めに獲得できるようです。

参加費などはないので、気になった方は参加してみて下さい。

毎日配信キャンペーンで、条件を達成すれば100万円が貰えることも

ライブミーが特に力を入れているイベントが「毎日配信イベント」です。

これはエントリーした人が1ヶ月間毎日配信することで、賞金が貰えるというものです。

毎日配信を完走すれば、最低でも3万円分のギフト券が貰えます

条件次第では、100万円のギフト券が貰えてしまいます。

イベントでは、2週間で100万円分のアイテムをゲットする人も

上記の毎日配信イベントで、100万円分のギフト券を貰う条件は「毎日配信中にダイヤを500万獲得する」というものです。

大体ダイヤ約5個で1円に換金できるので、大雑把に言えば100万円分のアイテムを稼ぐという条件です。

実はこの条件、結構クリアする人がいます。

毎日配信に条件があるのは視聴者も分かっているので、「お気に入りの配信者の条件達成に協力しよう」という協力的な方も結構いたりする訳です。

1時間の配信で20万円稼ぐ方も

日本一のコスプレイヤーと言われる「えなこ」さんは、ライブミーで配信しています。

えなこさんは、1時間の配信で20万円分のアイテムを稼いだこともあるそうです

ライブ配信で稼ぐ仕組み

下記では、ライブミーのライブ配信で稼げる仕組みを紹介していきます。

配信をして視聴者からアイテムを貰う

ライブミーでは、所謂「投げ銭」というシステムを取っています。

ライブ配信者に対して、視聴者がアイテムをプレゼントし、配信者は貰ったアイテムを換金できるというシステムです。

換金は24000ダイヤで50ドルの換算になります。

アイテムの種類

上記が、ライブミーで視聴者がプレゼントできるアイテムの一部になります。

最低で1コイン、最高で88888コインになります。

1コインは大体1.7円~3円なので、最高額のアイテムは少なく見積もっても15万円ほどすることになります。

アイテムの還元率は10~30%

視聴者から貰ったアイテムの還元率は10~30%と言われています。上記の最高額のアイテムを貰うと、4万5千円ほど入ってくる計算になります。

無料でコインが貰えるので、視聴者もアイテムを投げやすい

視聴者は、ルグインしたり、広告を見たりすることで無料でもコインが貰えます。その為、視聴者がアイテムを投げ易い環境になっています。

勿論、視聴者が無料でゲットしたコインでも、購入したコインと変わらず換金することができます。

実際に配信してみた結果と分かったこと

配信期間1週間
配信回数5回
獲得ダイヤ50
来場者数2~26人
1回の配信時間約1時間

上記が、私が実際に配信してみた結果です。

私の場合は、それほど稼げませんでしたが、幾つか稼ぐために必要なことに気付きました。

それが、下記の3つになります。

  1. 継続的に配信する
  2. SNSなどを活用する
  3. 他の配信者の配信に行き、知り合いを作る

1は、「なぜ視聴している方は、アイテムをくれるのか」という事に関係します

実際に配信して感じたのは、視聴者は配信者を応援するためにアイテムをくているということです。

その為、これからも継続して配信するということを感じてもらわないと、アイテムは貰い難いです。

2は、ライブミーはTwitterやfacebookで配信を宣伝する方が多いことに関係します

逆にTwitterで有名な方がライブミーで初配信を行って、いきなり1万7千のダイヤを獲得していたこともあります。

ライブミーで視聴者数を伸ばすためには、外部SNSを活用するのは非常に大事だと感じました。

3は、ライブミーではコメントや投げ銭をした人の名前が、配信者にも視聴者にも表示されることに理由があります

配信をしていれば、いつも来てくれる方の名前は覚えます。

すると、その方が配信をしているとなれば、配信を覗いてみようと思います。

また、配信側だけでなく、視聴者同士もコメントで会話したり、名前を覚えたりします。

そう言った方も配信を見に来てくれたりするので、他の配信者の配信で知り合いを増やすことは、視聴者数増加に繋がります。

また、他の配信者の配信を覗くことは、他の人がどんな配信をしているのかの勉強にもなります。

6月18日のダイヤランキングを紹介

下記では、一例として2019年6月18日のダイヤ獲得ランキングを紹介していきます。

デイリー1位は20448

デイリー1位はダイヤを20448個の獲得になります。金額にして約4010円になります。

ウィークリー1位は379400

ウィークリーの1位はダイヤを379400個の獲得になります。金額にして約75880円になります。

月間1位は176万

月間1位はダイヤを176万個の獲得になります。金額にして約35万2千円になります。

ライブミーは安全対策も万全

ライブミーは有名なキングソフトが運営していて、安全性の確保にも力が入れられています。

常時、機械判定と200名のスタッフによる配信の見回りが行われており、暴言などを書き込むユーザーはすぐに処罰されることになっています。

ライブミーは全世界で5400万人がダウンロードしている、人気の高いライブ配信アプリです。

信頼性もあり、稼ぐためのポテンシャルも高いと思われます。

ライブミーの検索画面の使い方や部屋の見つけ方は?詳細を徹底解説

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第4位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる

SPOON(スプーン)

SPOONは顔出し無しで配信可能な、世界2600万ユーザーを突破したラジオタイプのライブ配信アプリです。

雑談や寝落ち配信などの様々な配信ジャンルがあり、リスナーも空いたラジオ感覚で聞く方が多いのも特徴。

トーク力に自信が無い方も、朗読や弾き語りなどのジャンルでの配信がオススメです。

SPOONならではなのが、寝落ちタイマーです。

視聴中に寝てしまっても、設定した時間にアプリが切れる機能。

寝落ちタイマーを活用して、のんびりと寝落ち配信を聞く方も多いです。

SPOONには生配信のLIVE、録音した音声を載せるCAST、視聴者から聞きたいセリフを募集できるTALKの機能が用意されています。

特にCASTやTALKを上手く使えば、生配信を行っていない時にもファンを獲得できるチャンスがあります。

視聴も配信も無料で行えるので、手軽に始める事が可能。他のライブ配信アプリと同じように投げ銭機能も備わっています。

おすすめポイント

  • 顔出し無しのラジオ型のライブ配信アプリ
  • ゆったりと聞きに来る方も多い
  • 雑談や寝落ち配信、朗読など様々なジャンル
  • 寝落ちタイマーが便利
  • LIVE、CAST、TALKの3つの機能

 

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.