アプリ「SPOON(スプーン)」にコラボ機能実装!詳細や使い方を徹底解説

アプリ「SPOON(スプーン)」に新機能、コラボが追加されました。

今回は、アプリ「SPOON(スプーン)」のコラボ機能の詳細や使い方を紹介していきます。




スプーンで新機能コラボが搭載

ラジオ配信アプリ「スプーン」に、コラボ機能が搭載されました。

ライブ配信アプリなどのコラボ機能では、ライブ配信者同士がコラボし、分割画面で配信するという形態が多いです。

スプーンの場合は、配信中のDJに、リスナーが音声通話を掛けられるという機能になっています。

その為、リスナーがDJと文字以外でもコミュニケーションが取れるという意味合いの大きい機能になっています。

勿論、音声通話は配信内に流れるので、DJ同士のコラボ放送としても利用できます。

コラボ機能で何ができるのか?

コラボ機能を使えば、様々な企画ができます。

コラボ機能を使った企画など

  • DJと視聴者の交流
  • マネージャーの紹介
  • 視聴者同士の自己紹介企画
  • DJ同士のコラボ配信
  • 弾き語りやカラオケ大会
  • コント枠

ただし、一度にコラボ出来るのは1人だけです。

配信内で、交代で複数人とコラボするのは可能です。

コラボ機能のやり方

配信側

まず、画面下の「+」ボタンを押して、通常通りの配信スタート画面に移ります。

「Live」を選択します。

右上の歯車マークを開きます。

コラボにチェックを入れます。

イヤホンを推奨されるので、「はい」を選択します。

画面のどこかをタップして、タブを閉じます。

通常通り、「カテゴリ」、「タイトル」、「挨拶」を入力して「完了」を押して配信を開始します。

コラボ機能をオンにしていると、右上に電話マークが表示されます。

電話マークをタップすると、コラボ申請者の一覧が表示されます。

電話マークが灰色の時は、申請者はいません。

コラボ申請が来ると、電話マークが青く光ります。

電話マークをタップしてリストを開き、コラボをする申請者を選択します。

「招待する」を押すと、コラボ申請がリスナーに届きます。

申請中は、上のような表示に変わります。

「×」ボタンを押せば、コラボ申請を取り下げることができます。

リスナーがコラボ申請を受けると、コラボが開始されます。電話マークをタップすれば、いつでもコラボを終了することができます。

「はい」を押せば、コラボ終了です。配信内であれば、何回でもコラボは行えます。

リスナー側

配信に入場したら、右下のタブを開きます。

「コラボ」を選択します。

「はい」をタップします。

右上に電話マークが表示され、下部に「申請されました」と出てきます。

申請が許可される前に電話マークを押せば、キャンセルが行えます。

DJがコラボ招待を出すと、「コラボ招待に応じますか?」と表示されます。

「はい」を押せば、コラボが開始されます。

コラボ中は、秒数とアイコンが表示されます。

電話マークをタップすれば、いつでもコラボを終了することができます。

「はい」を押せば、コラボが終了します。

コラボ機能中は、電話のマークが表示される

コラボ機能設定をオンにしている配信には、サムネに電話アイコンが表示されます。灰色だとコラボ待ち状態で、青色だとコラボ中を表しています。

また、コラボ可能な方は「コラボ」のカテゴリを設定していたり、タイトルに「コラボ枠」「凸待ち」等記載したりしていることが多いです。

SPOONで急に通知が来ない!詳細や対処法を徹底解説

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

第1位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

 

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.