解説、アプリの使い方

SNSデイズ

「TikTok(ティックトック)」で動画が保存できない場合の対処法を徹底解説

更新日:

追記「保存ボタンが無くても、保存出来る方法」も解説しています

「TikTok(ティックトック)」は現在流行中の、動画SNSで、ユーザーは15秒間の短い時間の動画を投稿することができ、他の人が投稿した動画を閲覧することもできます。

TikTok(ティックトック)には「動画保存機能」がありますので、自分や他の人が投稿された動画は保存できるはずですが、「なぜか動画が保存できない!」というようなトラブルに見舞われる人が増えています。

今回は、TikTok(ティックトック)で動画が保存できない場合の対処法を徹底解説していきます。


まずは「TikTok(ティックトック)」で動画を保存する方法をおさらい!

まずは、tiktok(ティックトック)での動画保存方法を紹介します。tiktokサーフィンをしていて、他のユーザーが投稿した動画で面白いものがあり、自分のスマホに保存しておきたい人はこちらの方法を使って保存してください。

まずは自分が気になる動画を探し出すために、TikTokサーフィンを行いましょう。どんな動画があるのか発掘するだけでもとても楽しめます。

今回はこちらのイケメン男性が歌を歌う動画が気になったので、保存してみようと思います。

まずは、動画の右部分にある「シェア」と書かれている矢印をタップしてみてください。

シェアボタンをタップしたら、画面下にLINE(ライン)やTwitter(ツイッター)アイコンに紛れて、「ローカル保存」というアイコンがあります。

パソコンやスマホでダウンロードが開始されるアイコンに似ているのですぐにわかりますよね。こちらの「ローカル保存」を選択してください。

保存ボタンを押すと、中央に「保存中〇%」という目印が出ます。この目印が出てきて、100%になったら保存は完了します!

あとで自分の動画フォルダを確認してみると、先ほどの動画がダウンロードされていました!この方法を使って、自分のスマホに直接動画を保存するのが主流です。

広告で話題の「TikTok」の動画をシェアせずに保存する方法を徹底解説

↑上記にも保存方法を解説していますので、ご覧下さい。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

「TikTok(ティックトック)」で動画が保存できない場合の対処法

先ほどTikTok(ティックトック)で動画を保存する方法を紹介しましたが、もしこの方法を使って「動画を保存できなかった場合」どうすればいいのでしょうか?

保存機能はちゃんとあるのに、保存できないとなったら、バグや不具合を考えて不安になります。TikTok(ティックトック)で動画を保存できない場合の対処法をいくつか紹介します。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

スマホの容量の空きが少ない

まず最初に確認しておきたいのは、スマホの容量です。スマホの容量の余裕がなかった場合、動画をダウンロードすることはできません。

自分のスマホ本体と、外部接続しているSDカードの中身を確認して、不要なものを消去するようにしましょう。

通信制限にかかっている

自分のスマホが「通信制限」にかかっている場合、動画のダウンロードがしにくくなります。動画をダウンロードできないことはないのですが、通信速度が遅くなっているため、どうしても時間がかかってしまいます。

スマホが速度に耐えることができず、動画のダウンロードが失敗するケースもあるので、「Wi-fi」などに繋いだり、通信制限が解除されるのを待つしかありません。

スマホを再起動(シャットダウン)してみる

まずは、スマホ本体を再起動(もしくはシャットダウン)してみましょう。

スマホの不具合(例えばインターネットが閉じなくなったり、アプリが起動しない場合)などが起こった場合、スマホを再起動やシャットダウンしてみたら修復される可能性があります。

TikTok(ティックトック)もアプリなので例外ではなく、問題が修復される可能性があります!

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

TikTok(ティックトック)を強制終了させてみる

TikTok(ティックトック)を強制終了してみると、保存ボタンが復活する可能性があります。

現在立ち上げているTikTok(ティックトック)がなんらかのエラーを起こしている場合がありますので、一度全部閉じて、また新たに立ち上げてみてください。

TikTok(ティックトック)をアンインストールして、再度インストールする

TikTok(ティックトック)を一度アンインストールしてみるのも手です。アンインストールしたら、その後すぐにTikTok(ティックトック)をインストールしてみましょう。

インストールの際になんらかのエラーが発生したことで、様々な不具合が起こっている可能性があります。

TikTok(ティックトック)の「保存ボタン」が無い場合

これまでのTikTok(ティックトック)でよく起こる保存できない現象は、自分のスマホによる不具合が多かったのですが、最近「保存ボタンすらない」場合があります。

これは、先ほど紹介した「ローカル保存」もしくは「ツール」のボタンがないことを示しています。著作権の問題で保存が出来なくなってしまいました。

ダウンロードするためのボタンがなかった場合、なんとかして保存ボタンを復活させないと一生保存できないままなので、解決方法を実行してみてみましょう。

保存ボタンが著作権の問題で押せない場合

数日前から著作権の問題で「tiktok」で動画が保存出来なくなりました。「保存ボタン」すら押せなくなりました。対策を下記で紹介していきます。

まずメールボタンをタップしましょう。メールボタンを押してシェアしましょう。

するとメールを送信しなくても自動でカメラロールに保存されています。これで保存完了です。シェアしてPCからも保存出来ます。是非試してみて下さい。

動画投稿主が「保存させない設定」にしている場合

結論を言うと、動画の保存ボタンが出てこなかったとしてもエラーや不具合ではありません。なぜなら、ユーザーが投稿している動画は「他人がダウンロードすることができるかどうか」を自分で管理することができるからです。

もし、「ダウンロードさせない」と設定している場合は、動画を閲覧することはできますが、保存はできなくなります。

動画を保存させたくない場合の解決方法!

ついでに、どのようにして動画を保存させないようにするかも見ていきましょう。まずは、トップページの右下の人ボタンを押してください。

この人型ボタンは「自分の情報」を閲覧、設定することができるので、右上の「…」を選んで設定を変更させましょう!

設定を押してください。

その後、プライバシー設定を押しましょう。

プライバシー設定の中に、「他のユーザーに自分の動画のダウンロードを許可する」とありますので、チェックを外してください。これで、自分の動画をダウンロード出来ない様に出来ました。

逆を言うと、この方法を使っているユーザーの動画はダウンロードできないので、注意しましょう。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

「TikTok(ティックトック)」で動画が保存できない場合まとめ!

今回は、TikTok(ティックトック)の動画が保存できない場合の対処法を紹介しました。

「TikTok(ティックトック)」が急に動画保存を禁止しました。著作権の問題のようです。今回紹介した対処法を試してみて、快適にTikTok(ティックトック)を楽しめるようにしましょう!

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今年最も勢いのあるアプリは、やはり「ポコチャ」「マシェバラ」です。1番「リアル」で1番「新しい」そして若いのが「ポコチャ」「マシェバラ」ですね。

他のライブ配信アプリもオススメなので分類に分けて解説していきます。

第1位「Pococha(ポコチャ)」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのITALIAN業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今が稼げるチャンスです!今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「マシェバラトークライバー」

↑配信専用はこちらから

今じわじわと人気を集めているライブ配信アプリ「マシェパラ」!!まだ知名度は「イチナナ 」「ライブミー」に比べたら低いですが、最近密かに人気を集めています。

「ランキング機能」

  • 配信中に視聴者からギフトやメッセージを貰うとスターが貯まります。ランキング上位にランクインすることで視聴者が配信を見に来てくれるので、ランクイン目指してライブ配信を継続して頑張りましょう!

まだ有名なライバーが少ないので、人気者になれる今がチャンスです!

↑配信専用はこちらから

第3位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第4位「LiveStar(ライブスター)」

ライブスターも現在話題を集めているライブ配信アプリで、こちらは「誰とでも気軽に話せる!楽しめる!ことができるビデオ通話アプリ」です。

女性ユーザーはビデオ通話で顔出しが推奨されていますが、その分女性側かわいかったら男性から「かわいいね」と一対一の会話形式で言われるはずなので、テンションが上がるのではないでしょうか。

第5位「tiktok」

TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。3タップで完了します。

基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます

また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

TikTokのおすすめ点

  • 登録が簡単
  • 完全無料
  • 手軽に動画を見ることが出来る
  • 投稿のハードルが低い
  • 流行が分かる
 

-TikTok

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.