TikTokのコメント欄でよく見る「育成」って何?悪い意味なの?詳細を徹底解説!

TikTokには若い人が集まりやすい傾向にあり、度々流行となる音源やダンス、言葉などが生まれています。話題となるのは非常に良い事ではありますが、中にはあまり言われたくないようなことや良い気持ちがしないようなことまで流行ってしまうのが難点です。

今回はTikTokのコメント欄でよく見る「育成」について詳細を徹底解説します




TikTokの「育成」って何?

TikTokで「育成」という言葉が流行しています。

いいね数の伸びている動画で多く確認されることが多く、同じアカウントや、同じ登場人物が出てくる動画で確認されることが多い言葉です。

TikTokでは度々流行するコメントや言葉がありますが、そのたびに意味がよくわからないという人もおり、今回の「育成」という言葉も意味を誰かに聞くまでは理解しにくい言葉とされています。

クリエイターの育成という意味ではない

育成は育成でも、投稿主をクリエイターとして成長させたいという意味の育成ではありません

TikTokにはクリエイター養成として育成させるため、事務所やスカウトの方もいますが、育成コメントをしている人はほとんどが素人と見られるアカウントばかりです。

TikTokのクリエイターとして成長させたい、スカウトしたいという意味でのコメントではないのでご注意ください。

悪い意味で利用されている

「育成」という言葉は悪い意味で利用されていることがほとんどなのでご注意ください。

具体的な意味としては「自分がカッコいい(かわいい)と思わせて、勘違い動画をどんどん出させよう」という意味で利用されています

TikTokはスマホ1つあれば誰でも簡単に動画を上げる事が可能です。また、それを視聴する人も非常に多くいます。そのため、TikTokに投稿をする人の中には、いいねや視聴数が多いと自分の動画が非常に人気が出ている、人気者であると勘違いをしてしまう場合があります。

さらに、これはただ投稿者が勘違いするだけではなく、コメントするユーザーの間でもそのように勘違いさせようという動きが自然と出来上がってしまいます

このような視聴者側で自然に出来上がってしまった勘違いをさせようという認識が「育成」と呼ばれているわけです。

コメント欄

上の画像のように、TikTokのコメント欄では「育成」という言葉が頻繁に利用されています。

TikTokユーザーでは共通認識となっているようで、一部のクリエイターではあえて育成といった内容で動画を盛り上げ、視聴者を増やしているという人もいます。

TikTokでよく見るコメント

「育成」というコメント以外にもTikTok内で利用されている言葉はいくつかあります。

コメント意味
マー人気テレビ番組で使われた一発ギャグ(特に意味は無し)
IB(Idea by~の略)∼さんのアイデア(振付)を元にしています
伸びそうだからコメント残しておく伸びそうな動画を先にマークしましたよというアピール
おすすめです!主に投稿主へ「おすすめに載っていますよ」という報告
絶対見て!何かしらのサービスへの招待コードを打たせて得をしようとしている(悪質な宣伝)
コメント欄のいいね色変わってる!自分のコメントにいいねを残してほしい人の嘘(いいね稼ぎ)
〇〇秒前で草自分は早めに見れましたよというアピール(伸びそうだから∼に似ている)
アゲリシャスキウイのCMで使われた言葉(気分が上がるor特に意味は無し)
〇〇で凪おもしろくない(〇〇で草の派生)
良かったら繋がりませんか何かしらの勧誘(大体詐欺なので無視が一番)
ソースは?情報源は?元ネタは?
()なんちゃって・つっこみどころだよ
はやらいく伸びる前にいいねを押せたよというアピール(伸びそうだから∼に似ている)

TikTokではこのように普段生活している中では聞かないような言葉がたくさん使われています。コメント欄で見かけた際は、なんとなくの意味をつかんでおくとより楽しむことができます。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第2位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第4位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

2020年!TikTok(ティックトック)で必ずおすすめに載る方法!バズるための秘訣を徹底解説

 

-TikTok
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.