TikTokで自分が投稿した動画を保存する方法を徹底解説

今回は、TikTokで自分が投稿した動画を保存する方法を徹底解説していきます。

投稿方法は「ダウンロードする」を押す方法が一番使われますが、最近では著作権楽曲が守られるようになって、消音で動画が保存されることがあります。

詳しい自分の投稿した動画の保存手順を紹介します。


TikTokでは動画を保存することができる!

TikTokに投稿された動画は自分の端末に保存することができます。

基本的にTikTokで動画を保存した場合は自分の動画ではなく「他の人が投稿した面白そうな動画」ですよね。

中にはTikTokと提携している楽曲が保存を禁止している場合があるのですが、その場合でもインスタのアカウントさえ持っていれば、端末保存が可能です。

TikTokを使って動画を保存する方法は、下記の記事を参考にしてください。

広告で話題の「TikTok」の動画をシェアせずに保存する方法を徹底解説

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

TikTokで自分の動画を保存する方法を徹底解説

TikTokで自分が作成した動画を保存したい場合は、TikTokで動画を作成しなければいけません。

まずは、TikTokで動画を作成するため、下記の撮影アイコンをタップしてください。

上記画像はマイページ画面ですが、ホーム画面や通知画面にも表示されています。

上記画像を撮影しましたが、自分の好きなようにフィルターや落書き等で加工してください。

加工が終わったら「次へ」を選択します。

画像の編集画面に切り替わりますが、特に編集は必要ありません(TikTokに投稿動画として残したいのであれば入力してください)。

画面下のダウンロードアイコンと「投稿」のアイコン2つをタップしてください。

ダウンロードアイコンがオフになっていた場合は、端末保存の処理をカットして動画投稿されるので、端末に保存されることはありません。

これだけで動画が端末に保存されています!

要するに「TikTokで動画を投稿したタイミングで自動的に動画が端末に保存される」ということなので、特に難しいことを考える必要はありません。

動画に楽曲をつけていた場合は上記方法では保存できない

万が一、自分が投稿した動画に「TikTokで楽曲をつけていた」という場合は、TikTokの規約によりダウンロードできなくなります。

TikTokでダウンロードしようとしたら出てくるダウンロードボタン(セーブボタン)が出てきません。

上記の投稿したら自動でダウンロードされる方法を使っても保存できないので、注意してください。

ただし、下記で紹介する「投稿した動画を再ダウンロードしたい場合」のインスタを開いて保存する方法を使えば、簡単に保存することはできます。

投稿した動画を再ダウンロードしたい場合

万が一「動画投稿時にダウンロードをオンにするのを忘れていた」「間違って端末保存していた動画を消してしまった」という場合でもTikTokで再ダウンロードすることができます。

ただし、TikTokから投稿した動画を消してしまった場合は、元動画がないことになるので、この方法ではダウンロードできません。

まずは、投稿した動画を開いて、右側の三点アイコンをタップしてください。

自分の投稿動画に楽曲をつけていない場合は、画面下部に「ダウンロードする」という項目が出ているので、これをタップしてください。

ダウンロードするのアイコンがタップできない状態になっている場合は、インスタのアイコン(オレンジ枠)をタップします。

なぜダウンロードするボタンをタップできない状態になっているかというと、「自分が投稿した動画が著作権楽曲を使っている」からで、この場合はTikTokからは保存できませんが、TikTokからインスタを経由すれば問題なく保存ができます。

インスタが開かれますが、TikTokからインスタが開かれるまでに動画の保存作業が完了しています。

そのため、インスタはそのまま閉じてから、スマホの端末を調べて、ダウンロードした動画がちゃんと保存されているか確認してください。

※非公開動画、非公開アカウントでは動画をシェア機能を使って保存することが出来ませんので注意してください

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

TikTokに動画を保存しておきたくない・見られたくない場合

上記の方法では、動画を保存するために一度TikTokに動画を投稿しなければいけません。

TikTokに動画を投稿したいと考えているのであれば問題はありませんが、「TikTokに動画が残るのは嫌だ!」という人は、TikTokに投稿された動画を削除するようにしてください。

まずは、削除したい動画を選択します。

動画を削除したい場合も、右側の三点アイコンをタップしてください。

開かれたバーの下部分の一番右に「削除」というアイコンがあるので、こちらをタップすれば削除完了です!

また、いちいち動画を消すのが面倒だという場合は、「非公開アカウント」に設定しておくことをおすすめします。

マイページの右上のアイコンをタップしてください。

設定から「プライバシー管理」を選択します。

プライバシー設定から「非公開アカウント」をオンにすれば、非公開アカウントになります

この方法を使えば、自分の投稿した保存したい動画が他の人に見られることはなくなります。

ただし「日頃からTikTokを使っている」という人が非公開アカウントにした場合、他の動画も見られなくなることになりますので、注意してください。

自分が保存したい動画を撮影して、その動画を編集する段階で「非公開動画」としてTikTokに動画を投稿することもできます。

これなら、自分のアカウントを公開状態にしたまま、誰にも見られない動画を端末に保存することができるでしょう。

TikTokで自分の動画を保存できない場合について

TikTokで自分が投稿した動画を保存できない場合があります。

動画を保存できない原因

  • 端末の容量が多すぎる
  • エラーが起こっている

TikTokで動画を保存できなかった場合は、主にこの2つが原因となっています。容量がいっぱいだった場合は端末を見ればすぐにわかりますが、エラーが起こっている場合はすぐに状況を把握することはできません。

いずれかの原因を対処する必要もあります。

ダウンロードできない場合の対処法一覧

TikTokから自分の動画をダウンロードできない場合の対処法は、下記の通りです。

ダウンロードできない対処法

  • TikTokの再起動
  • 端末の再起動
  • 再インストール・更新
  • 通信環境のチェック
  • キャッシュのクリア
  • 端末の容量を減らす

TikTokでエラーが起きている場合は、再起動や通信環境をチェック・再インストールで問題は解決されます。

TikTokを再インストールしたとしても、アカウント消去さえしていなければ、ログインする際に使っているメールアドレスやパスワードを使えば再ログインは可能です。

再起動は難しくない対処法なので気軽に試すことができますし、通信環境のチェックでWiFiやルーターを確認しておけば、回線速度が遅かった場合に対応できます。

アプリのキャッシュクリアはTikTokから直接行うことができます。

マイページ画面の右上の三点アイコンをタップしてください。

設定画面の下側に「キャッシュをクリア」の項目があるので、こちらを選択してください。

右側にクリアできるキャッシュ容量が記載されていて、この分の容量が軽くなってくれるおかげでエラーも起こりにくくなります。

音が出ない状態でダウンロードされる場合について

ダウンロードした際に音が出なくなる問題も多発しています。

例えば、著作権の問題でダウンロードできない動画を、インスタを経由してダウンロードしようとした場合に発生しやすいです。

この問題は不具合やエラーではなく「仕様変更」である可能性が高く、TikTokのダウンロードボタンを押したとしても、インスタ経由でシェア保存した場合も、無音(消音)で保存されることになります。

ダウンロードボタンを押してみて、「著作権で保護されているため動画は消音されます」のポップアップが出た場合は、動画に使われている音楽が著作権で守られていることになります。

 

逆に考えると、このポップアップが出なければ動画を消音せずにダウンロードできるはずなので、このポップアップが出るかどうかを試すためにまずはダウンロードを押してみることをおすすめします。

また、ここで消音化された著作権で守られている動画は、インスタ経由のシェア保存でも消音化されています。

万が一音が出ていなかった場合は、iPhoneやAndroidに付属されている「画面録画」の機能を使って画面をそのまま動画化するのもありです。

TikTokの動画を開いた後に画面右上を下へスライドしてコントロールパネルを開いて、画面録画アイコンをタップしてください。

ただし、画面録画で保存した場合は、TikTokに表示されたまま録画されて保存されることになるので、青枠のTikTokメニュー画面も表示されたままです。

広告で話題の「TikTok」の動画をシェアせずに保存する方法を徹底解説

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第2位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第4位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

 

-TikTok

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.