TikTokで動画を投稿できないエラーが発生!詳細と対処法を徹底解説

今回は、TikTokで動画を投稿できないエラーが発生!?詳細と対処法を徹底解説していきます。

TikTokに動画を投稿できないユーザーが増えているので、TikTok側でなんらかのエラーが起こったのではないかと疑われていました。

どのようなエラーが発生しているのか、対処法はあるのか等を下記で紹介します。


TikTokに投稿できない不具合発生!

TikTokは10代から20代前半の女性をメインに流行している動画SNSですが、投稿に関するエラーが発生しています。

動画を視聴するだけの「リスナー」にとっては関係ないエラーですが、日頃から動画を投稿してTikTokを楽しんでいるという人にとっては、あってはならないエラーです。

どのようなエラーが発生しているのかを紹介します。

投稿中にエラーが出て投稿できない

TikTokで動画を撮影して編集を終わらせ、いざ動画を投稿しようとした時に「エラーが発生しました」「ネットワークエラー」等の文章が表示されることがあります。

このポップアップを閉じた場合、投稿できたはずの動画が投稿されず、再び動画投稿の処理を行わなければいけません。

撮影した動画や編集内容はそのまま残っているので再チャレンジしても手間ではありませんが、投稿できないエラーが継続して起こっていた場合は非常に厄介です!

永久に投稿処理が終わらない

動画投稿を終わらせたら、画面左上に出てくるパーセンテージのアイコンが100%になります。

しかし、動画投稿手順を踏んだ場合でもなかなか100%にならず、90%後半でずっと止まっているという人もいました。

その場合も投稿エラーが起こっていると考えて構いません。

ちなみに、TikTokの動画は15秒程度の動画ですので、投稿(アップロード)そのものは本来ならすぐに終わります(おおよそ5秒もすれば動画投稿は終わるはずです)。

視聴が重くなるといった不具合も少しだけ発生

動画投稿とは関係がありませんが、TikTokで動画を視聴しようとすると、画面全体が一瞬重たくなるエラーも起こっていました。

重くなるといっても視聴できないレベルのものではなく、動画がはじまった瞬間少しだけ止まったように見えてしまうだけのエラーなので、投稿エラーと比べたら大したことはありません。

しかし、TikTokを利用している人は誰しもが起こる可能性があるエラーですので、気になるのなら別途対処しておく必要があります。

原因は一部ユーザーに対するサーバーエラー

TikTokで動画投稿エラーが起こった原因は、一部のユーザーに向けて発生したサーバーの通信です。

大勢のユーザーに発生しているわけではないので、エラーが発生したユーザーになんらかの法則性(同じiPhoneを使っている等)の原因があるかもしれませんが、現在でははっきりしていません。

過去に起こったネットワークエラー等の対処法でも問題はありませんが、現在(2019年12月5日)時点では被害を受けたというユーザーが少ないので、Twitterから対処法を見つけるのは少し難しいかもしれません。

TikTokの公式Twitterでも特に何も言及されていませんでした。

TikTokに投稿できない場合の対処法

TikTokに動画を投稿できない場合の対処法を紹介します。

大規模な不具合が発生しているわけではありませんが、発生してしまったという人がなんらかの情報を落としてくれているかもしれません。

まずはその情報をチェックして、自分のスマホ端末等にも原因がないか確かめてください。

TikTok公式のお知らせを確認

TikTokには日本ユーザー向けの公式Twitter(アカウントはこちらです)が存在します。

基本的にはTikTokのおすすめ動画等を紹介するツイートばかりですが、不具合が発生したらツイートで「このような不具合が発生しています」といった内容のものを投稿してくれるかもしれません。

まずはこの情報をよくチェックして、何が起こっているのか、どのような対処法で問題が解決するのかを確認してください。

また、他のTwitterユーザーの中にも「TikTokに動画を投稿できない」という声があるかもしれないので、こちらもチェックして対処法を見つけるのもいいでしょう。

どうしても動画を見てもらいたいなら別SNSに投稿

自分が作成した動画(TikTokで作成する予定の動画)をどうしても他のユーザーに公開したいというのでしたら、Twitterやインスタのストーリー等、他のSNSに動画を投稿してください。

例えば、TikTok内でTwitterやインスタのアカウントを紹介していた場合、TikTokのフォロワーがTwitterやインスタまでフォローしてくれているかもしれません。

彼らに動画を見てもらうために、一旦TikTokから離れて他のSNSに動画を投稿して、動画を視聴してもらうというのも手です。

ただし、後からTikTokの不具合が直ってTikTokに動画を投稿したタイミングで「Twitterで視聴したからいいや」といってTikTokの再生数稼ぎに協力してくれないユーザーも出てくる可能性はあります。

スマホ・アプリを再起動

TikTokアプリや自分のスマホ端末を再起動させるのもひとつの対処法です。

今回のエラーは大したエラーではないので、スマホの再起動等でエラーや不具合も消えてくれる可能性があります。

簡単に実践できる対処法ですので、どのようなエラーが出たとしても、まずこの対処法を試してみてください。

通信をチェックする

自分のスマホの通信状況をチェックするのも非常に大切で、例えば「ネットワークエラー」等が発生して動画を投稿できなかった場合は、まずは通信を確認しましょう。

TikTokにはアクセスできているのでインターネットに繋がっていないという可能性は低いのですが、一時的に通信速度が遅くなっていて、投稿時にアップロードできないというケースも考えられます。

WiFiに切れている・通信制限にかかってしまった等の問題があるかを確認してください。

また、TikTokを開くことすらできないという場合は、WiFiのルーターにも減員があるかもしれません。

何度もリロードしてみる

動画投稿時にエラーが出てしまったとしても、大規模なエラーというわけではないので、何度もチャレンジすれば1回くらいはちゃんと動画投稿出来てくれるかもしれません。

エラーが出てしまったとしても撮影した動画や編集内容が消えることはないので、とりあえず何度もリロードして、動画投稿にチャレンジしてみてください。

何度やっても動画投稿でエラーが出てしまう場合は、他の対処法を使いましょう。

アプリの更新・再ダウンロード

アプリの更新・再ダウンロードも最終手段として視野に入れておいてください。

TikTokで何か更新があった場合、更新したデータが最新データとなるので、今まで使っていた古いTikTokではエラーが起こりやすくなってしまいます。

再ダウンロードする場合は、アンインストールする前に自分のTikTokアカウントのIDとパスワードをメモしておいて、再インストールしたタイミングでログインする時に入力してください。

IDに関しては自分のTikTok内の名前なのですぐにわかります。

パスワードやメールアドレスを確認したい場合は、メニューを開いて「設定」を選択してください。

設定内にある「アカウント管理」を選択します。

アカウント管理の中にある「電話番号」「メール」「パスワード」を見て、メモを取ってください。ただし、上記画像のように何も書かれていない場合もあります。

何も書かれていない場合はメールアドレスやパスワードの設定が済んでいないのですが、「Twitter」「Facebook」「LINE」「Google」「AppID」の中のどれかと連携してTikTokを利用している状態となります。

自分がどのSNSと連携してTikTokを利用しているか(どのアカウントを使って利用しているかも含む)を覚えていたらいいのですが、覚えていないのでしたら電話番号やパスワードを設定して、再インストールした際にログインできるようにしてください。

TikTokでバグ発生!上手く表示されない場合や動画投稿で不具合が起こる場合の対処法を徹底解説

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっち

ふわっちのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちというライブ配信アプリもおすすめです!

ふわっちは17LIVEやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、17LIVEやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

17LIVEやPocochaのようにリスナーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

↑上記から詳細確認出来ます

第2位 Hakuna Live

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

相互コミュニケ―ション配信というのが特殊で、配信者の配信に、視聴者が「ゲスト」として出演することができます(1人まで)。ゲストとして出演した場合、配信者とゲストの2人で行う配信を視聴者は見る形になります

グローバル配信を始めて間もないという事で、視聴者もそこまで多くありませんが、配信者も少なく、新規参入しやすいライブ配信アプリのようです。アイドルやYouTuberがいないのも狙いめの1つですね。

  • スター(換金可能な通貨)の獲得数ランキングが見れる
  • 有名配信者が少ない
  • ゲストでも視聴者からプレゼントを貰える
  • 換金率が異常に高い(最低でも82%)

上記の様な理由で稼ぎやすいとも言われています。

相互コミュニケーション配信のゲストでもプレゼントをもらえる事や、換金率の高さが他のアプリに比べ、異常に高くなっているので、今後注目され、人気が出る事は間違いないでしょう。

第3位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第4位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第5位 EVERY .LIVE(エブリィライブ)

EVERY.LIVE(エブリィライブ)は2021年1月に登場したライブ配信サービスです。

誰でも無料で視聴でき、コメントやアイテムでコミュニケーションを図ることができます。

勿論多くのライブ配信アプリと同じで、配信者は貰ったアイテムに応じて報酬を受け取る事ができます。

多くのライブ配信サービスは、誰でも配信を始めることができますが、魅力的な配信者を見付けるのが大変だったりたりします。

EVERY.LIVEは配信するには配信者登録が必要なので、見たい配信者を探す際にそういった心配はありません。

またママライバーには1万円、シングルマザーライバーには2万円支給などの運営側のサポートが受けられるため、配信側にとっても心強い制度になります。

純国産アプリで24時間違反コメントを監視。初心者から有名配信者まで、安心のシステムになっています。

EVERY.LIVEは始まったばかりのサービスなのでライバルが少なく、有名配信者になれるチャンスがあります。

おすすめポイント

  • 2021年に始まった新しいサービス・初心者も始めやすい
  • ライバルが少なく有名配信者になれるチャンス
  • 配信には登録が必要なので厳選されている
  • 運営側のサポートも厚い
  • 配信内で広告動画を再生可能なEVERY Adsが実装予定
  • 純国産で安心

第6位ピカピカ

ポイント

  • 顔出し不要の音声配信アプリ
  • サークル機能で友だちが見つけやすい
  • アプリ内でゲームが楽しめる
  • 契約配信者になれば稼げる
  • スマホ一台で配信者になれる

ピカピカは、中国では「Kirakira(キラキラ)」という名称でリリースされてるアプリです。中国では、かなり人気のアプリとなっており、日本でも今人気が高まってきているアプリです。

自身が作成した、バーチャルモデルを使用し、顔出し不要の音声配信アプリとして人気で、スマホ1つで簡単に配信できるという気軽さもおすすめできます。
また、今なら人口も少ない分契約配信者にもなりやすく、稼ぎやすいというメリットがあります。

喋るのが少し苦手な人にも、配信が行いやすいように、ピカピカでは「早押しソング」というゲームが配信ルームで楽しめます。
「早押しソング」はみんなで歌をつなげていくカラオケリレーができるゲームです。

他にもサークルでは、共通の趣味を持つ人なども見つけやすく、友達が見つけやすいというメリットがあります。
メッセージ機能などもあり、音声配信以外に楽しめる要素もたくさんあります。

ピカピカは楽しみながら稼げるチャンスがある今、おすすめのアプリといえるでしょう!!

第7位 トークライバー

トークライバーは女性が稼げるライブ配信アプリとしてオススメです。

 

配信者は女性のみで視聴者は大半が男性、視聴は有料ですが配信は無料になっています。特徴的なのは、オープン配信とツーショット配信の2種類が用意されていることです。

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

オープン配信とツーショット配信の違い

  • 多くのライブ配信アプリと同じように配信者1人の配信を多数の視聴者が見る
  • 配信者1人が視聴者1人に対して、音声または映像で配信

運営会社も、東京に本社を置く日本の会社なので、ブロックや通報などの運営のサポート体制も迅速だと評判です。

また、ノンアダルトが徹底しているので安心して配信することができます。

トークライバーは、稼げる仕組みも充実しています。

 

稼げる仕組み

  • ギフトの還元率最大50%
  • オープン配信1分ごとに最大15スター報酬ゲット
  • 音声・ビデオ通話1分で最大60スター
  • メッセージ1通につき10スター

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

更に、初心者ミッションで1000スター、一ヶ月ログインし続けるだけで1200スター以上が貰えます。配信者がまだ少な目なので、有名になり易いアプリと言えます。

また、配信者側から視聴者を検索してメッセージを送り、ファンを獲得するなんてことも可能です。

おすすめポイント

  • オープン配信とツーショット配信がある
  • 運営のサポート体制が充実している
  • 稼げる仕組みがはっきりしている
  • まだまだ配信者が少な目なので有名になり易い
  • 配信者が能動的にファンを増やしていける

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

 

-TikTok

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.