解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Tik Tok(ティックトック)で流行っている「め組のひと」のダンス方法を徹底解説

更新日:

今回は「Tik Tok(ティックトック)」というSNSアプリで、流行っているめ組の人のダンス方法を紹介します!学生などの若い世代に大人気の動画配信SNSサービスで、いわゆる「文字の代わりに動画をツイートするTwitter(ツイッター)のような役割を持っています。

この「Tik Tok(ティックトック)で、今流行りの「め組のひと」のダンスを自分で踊って投稿することができます!


「Tik Tok(ティックトック)」とは?

まずは「Tik Tok(ティックトック)について簡単に紹介します!Tik Tok(ティックトック)は、中国の「Bytedance」という会社が運営している15秒以内限定の動画を投稿するSNSです。

まるでTwitter(ツイッター)のように気軽に使うことができるSNSで、自分が自慢の面白い動画を投稿したり、他の人の動画を視聴することができます。

15秒の動画を作成すればいいだけなので、投稿の敷居が低い上にちょっとした休憩時間の暇つぶしに最適なSNSです。他のユーザーとつながって仲良くなることもできますので、従来のSNSの動画バージョンとして使うことができます!

動画を撮影や編集も簡単ですので、特に学生や10代などの若者がメインユーザーで、仲間内の楽しい動画を投稿するのに使われることが多いのが特徴です。

「Tik Tok(ティックトック)」で流行りの「め組のひと」とは!?

そんなTik Tok(ティックトック)で、ものすごく流行っているダンスがあります!「め組のひと」という歌に合わせて踊られるダンスです。

リズムが取りやすく誰にでも踊れることから「投稿」「視聴」どちらの観点からも楽しむことができるダンスです!

め組のひとは、1983年に「ラッツ&スター」がリリースした大ヒットソングです。そして、め組のひとは2010年に「倖田來未」によってカバーされました。

この倖田來未バージョンの、め組のひとのワンフレーズダンスがTik Tok(ティックトック)で今大人気です!

め組のひとのダンスは、全体的に振りつけが簡単で若者にも踊ることができます。また曲中の「め!」という掛け声のたびにピースをするフレーズがかわいいため、ダンス自体の人気も高いです!

また15秒で収めることができますので、Tik Tok(ティックトック)の仕様上動画に収めることができるし、気軽に視聴することができます!

Tik Tok(ティックトック)内の楽曲配信サービスでめ組の人の15秒間のワンフレーズが配信されていて、その曲に合わせて、め組みのひとのダンスを踊ればいいだけです。

たったの15秒間しかなく、さらにダンスも簡単となれば、なんとなく「自分でも踊ることができる!」と思うのではないでしょうか!今回は、そんなめ組のひとの詳しいダンス方法を紹介していきます!

「Tik Tok(ティックトック)」で配信されている「め組のひと」ダンシング方法!

それでは、さっそくめ組のひとのダンスについて解説していきます。め組の人の楽曲は、Tik Tok(ティックトック)で配信されています。

この楽曲のフレーズに合わせて、正しいダンス方法をマスターして、自分でも動画を投稿してみましょう!

め組のひとのダンス方法!① 楽曲を選択しよう!

実はTik Tok(ティックトック)はユーザーが楽曲の配信もできるため、その楽曲を利用して動画を編集することが可能です。め組のひとにも何パターンか存在するため、数多くのめ組の人の中から自分が気に入った楽曲を選択してください。

一番人気なのは「倖田來未が歌ったもの」ではなく、「倖田來未が歌っているめ組の人を倍速したもの」です!

ちなみに、楽曲検索方法も紹介します。まずは「動画投稿」するため、ホーム画面の下中心部の動画投稿ボタンを押してください。

これが動画撮影ページです。このページの一番上の「楽曲を選ぶ」から、倖田來未のめ組の人を検索してください。

このように、め組の人関連の楽曲がたくさん出てきます。それぞれの楽曲をタップすれば、楽曲を視聴できます。その中で「め組の人が2倍速になっているもの」を探してください。

楽曲は日々更新されています。よりよい音質のものを探すことができます!

め組のひとのダンス方法② 実際にダンスしてみよう!

では実際にめ組のひとのダンスを踊ってみましょう!画像のようにカップルで踊ることもできますし、1人で踊ってもいいです。

学校のクラスメイト数人でダンスしても面白いかもしれませんし、彼らとの仲も深まるかもしれません!

め組のひとの基本的なダンスは「ガッツポーズ」です。最初の1秒ほど伴奏があるため、歌がはじまったときに一回目のガッツポーズをしましょう。

歌詞でいうと「いなせだね~」と聞こえるほんのちょっと前にガッツポーズの準備をして、「い」という声が聞こえた瞬間ガッツポーズをしてください。

この際のガッツポーズは「片手」で行ってください。例えば、最初に左手でガッツポーズをして、一定のリズムを元に左→右→左→右というように、リズムにのせたガッツポーズを行います。

画像の投稿者は、おおよそ2拍子で右→左→右と、リズムを取りながらガッツポーズをしています。

そして、め組のひとには「め!」とはっきり目立っているフレーズが飛んできます。このフレーズの瞬間、画像のようなピースをしましょう。

楽曲でおおよそ中間の8秒あたりで1回、最後の〆めに1回の、合計2回の「め!」があるので、合計で2回ピースしましょう。

例えば、最初は上記の画像のように片手でピースをして、〆めの「め!」をダブルピースにする等の工夫があれば、さらに見栄えがよくなります!

また、楽曲が流れている間は「口パク」も行うと、自分が歌って踊っているように錯覚させることもできます!

実践例!このように踊ってみてください!

では、実際にめ組のひとを踊ってみましょう!

いなせだね(ここフレーズがはじまって終わるまでに左右一回ずつガッツポーズ)

夏を連れてきたひと(このフレーズがはじまって終わるまでに左右一回づつガッツポーズ)

渚まで(このフレーズがはじまって終わるまで左右一回づつガッツポーズ)

噂走るよ(次に「め!」が来るため、ピースをするために溜めるようなしぐさをとる)

めっ!(ピース!)

涼し気な(このフレーズがはじまって終わるまで左右一回づつガッツポーズ)

目元 流し目 eye eye(このフレーズがはじまって終わるまで左右一回づつガッツポーズ)

粋なこと(このフレーズがはじまって終わるまで左右一回づつガッツポーズ)

起こりそうだぜ(次に「め!」が来るため、ピースをするために溜めるようなしぐさをとる)

め!!(次はダブルピース)

め組のひとのダンスをTik Tokで踊ってみよう!

今回は、め組のひとのダンス方法を紹介しました!このダンスは本当に気軽に踊ることができるため、ぜひチャレンジしてみてください。

そして、これを機にTik Tokを利用してみてはいかがでしょうか!

ユーザー同士で繋がることができるため、仲良しの友達がたくさんできるかもしれません。め組のひとの動画もたくさんあるので、ぜひ研究してみて、自分で最高のダンスを踊ってみましょう!

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今年最も勢いのあるアプリは、やはり「イチナナライブ」「ポコチャ」かと思われます。1番「リアル」で1番「新しい」そして若いのが「イチナナ」「ポコチャ」ですね。

他のライブ配信アプリもオススメなので分類に分けて解説していきます。

「殿堂入り」17(イチナナ )Live

台湾発ライブ配信アプリ「17Live」の使い方

ライブ配信アプリ「17Live」。台湾発でありながら、多くの国でユーザーを獲得しています。

圧倒的に美男美女が多いことも特徴の1つ。

また、大きな特徴としてライブ配信を通じた収益がしっかりと機構として取り入れられている点です。ライブ配信者への報酬といった面ではどのライブ配信アプリでも同じですが、17Liveに関してはロイヤリティの設定、収益レポートなどが他と比べて充実しています。

最近では「日本の事務所の人か!?」ってぐらいかわいくて、中国語もうまくて、配信内容も面白い日本人が徐々に参戦しています。

第1位「Pococha(ポコチャ)」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのITALIAN業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今が稼げるチャンスです!今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「マシェバラトークライバー」

↑配信専用はこちらから

今じわじわと人気を集めているライブ配信アプリ「マシェパラ」!!まだ知名度は「イチナナ 」「ライブミー」に比べたら低いですが、最近密かに人気を集めています。

「ランキング機能」

  • 配信中に視聴者からギフトやメッセージを貰うとスターが貯まります。ランキング上位にランクインすることで視聴者が配信を見に来てくれるので、ランクイン目指してライブ配信を継続して頑張りましょう!

まだ有名なライバーが少ないので、人気者になれる今がチャンスです!

↑配信専用はこちらから

第3位「LiveStar(ライブスター)」

ライブスターも現在話題を集めているライブ配信アプリで、こちらは「誰とでも気軽に話せる!楽しめる!ことができるビデオ通話アプリ」です。

女性ユーザーはビデオ通話で顔出しが推奨されていますが、その分女性側かわいかったら男性から「かわいいね」と一対一の会話形式で言われるはずなので、テンションが上がるのではないでしょうか。

 

-TikTok

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.