TikTok(ティックトック)で個人情報が漏洩したか確認する方法や防ぎ方について徹底解説!

TikTok(ティックトック)は1日辺りのアクティブユーザーが4億人を超えている人気ショート動画共有アプリです。
セキュリティに問題があると言われてきていたアプリなのですが、個人情報が漏洩する可能性があると発表されました、

それでは、TikTok(ティックトック)で個人情報が漏洩したか確認する方法や防ぎ方について徹底解説していきます。


TikTok(ティックトック)で個人情報が漏洩?

セキュリティ会社が欠陥を指摘

TikTok(ティックトック)のセキュリティ面で問題があると発表したのは、イスラエルのサイバーセキュリティ会社「チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ」です。
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは日本にも拠点を置いている、インターネットに特化したセキュリティ会社です。

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズによると、TikTok(ティックトック)内にはセキュリティ面に大きな問題があると報告しています。
ハッカーが利用できるほどの大きな欠陥となっており、この欠陥を利用することで、アカウント操作が可能となり、動画の削除・投稿や、個人情報の抜き取りが可能となります。

ポイント

実際に研究チームは欠陥を利用した検証を行ったところ、ユーザーの個人情報の抽出に成功しています。

ハッカーが欠陥を利用し不正アクセスした可能性がある

この欠陥について、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズはハッカーがすでにアクセスしている可能性がある発表しました。
ハッカーがTikTok(ティックトック)内にアクセスするためには、ユーザーがあるリンクにアクセスする必要があります。

ハッカーがSMSなどで送信したリンクをTikTokユーザーがアクセスしてしまうと、ハッカーはそのアカウントにアクセス可能となります。
TikTok(ティックトック)内にある個人情報全てを閲覧することができるので、非常に危険な状態といえるのです。

不審なSMSなどが送られてた場合は、絶対に開かないようにしましょう。

TikTok側で対策済み

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが指摘した欠陥について、TikTokはすでに対策をしています。
修正プログラムを確認し、ユーザーの個人情報の保護に努めると発表しました。

TikTok(ティックトック)は米軍からの利用禁止や、個人情報が中国に抜き取られているなどのさまざまな噂が横行しているアプリです。
利用する場合、個人情報などに注意して利用すべきといえるでしょう。

米軍からの利用禁止や、個人情報を公開するときなどの注意点・詳細は下記記事で紹介しています。

TikTokが米国で情報漏洩により使用禁止に!日本は大丈夫なのか?詳細と対処法を徹底解説

TikTok(ティックトック)は危険!?詳細や顔出しや住所特定の恐怖など徹底解説

TikTokで個人情報が漏洩したか確認する方法

デバイス管理に知らないデバイスがある

TikTok(ティックトック)では、ログインしたデバイスの履歴を確認することができます。
知らないデバイスによるログイン履歴がある場合は、不正アクセスがされた可能性が非常に高いです。

右下の「マイページ」より、ログイン端末の確認を行いましょう。

右上の「三」をタップします。

「設定」をタップします。

「アカウント管理」をタップしましょう。

「デバイス管理」をタップします。

最近使用したデバイス、時間などが表示されます。知らないデバイスがある場合は、不正アクセスされたということになります。

パスワードの変更、運営に連絡などの処置を早急に行うようにしましょう。

知らない動画がアップされている

TikTok(ティックトック)にアクセスが可能になると、そのアカウントを自由に使うことができます。
自身が身に覚えのない動画がアップされていた場合は、不正アクセス・個人情報が漏洩したと考えられます。

投稿していたはずの動画が削除されている

個人情報が漏洩すると、TikTok(ティックトック)内で、ハッカーは自由にアカウントを操作することができます。
動画をアップするだけでなく、投稿していた動画が削除されていた場合も不正アクセス・個人情報が漏洩したと考えられます。

他にも、名前やプロフィール画像などが変わっていれば、不正アクセス・個人情報が漏洩した証拠といえるでしょう。

TikTokで個人情報の漏えいをさせない方法

知らないメール・リンクにはアクセスしない

ハッカーはメール・SNSを使い、TikTok(ティックトック)にアクセスするための情報をリンクを使って抜き出します。
いつ、どのような方法でそのようなメールを送っているのかはわかりませんし、防ぎようがありません。

自身でできることは、不審なメール・SNSを開かないということです。

リンクを踏んでしまう事で、ハッカーは情報を抜き出すことが可能になります。
まずは、開かない・アクセスしないというのが、対策として有効な方法です。

パスワードを変更しておく

もし、誤ってリンクにアクセスしてしまった場合は「マイページ」より、パスワードの変更を行いましょう。
パスワードを変更するためには、電話番号による認証が必要になります。

右上の「三」をタップします。

「設定」をタップします。

「アカウント管理」をタップしましょう。

「パスワード」をタップします。

新しいパスワードを入力し「→」をタップします。

登録している電話番号に送られてきた認証コードを入力し「✔」をタップするとパスワードの変更は完了です。

非公開アカウントに変更する

アカウントを全体公開にしておくことで、被害が広がってしまう可能性があります。
まずは、マイページよりアカウントを非公開にすることをおすすめします。

右上の「三」をタップします。

「設定」をタップします。

「プライバシー設定」をタップしましょう。

「非公開アカウント」の横のボタンをオン(緑)にすることで、非公開アカウントに出来ます。

安全フィルターも全てオフにしておくことで、外部からのアクセスを防ぐことも可能です。

他のSNSとの連携を解除する

TikTok(ティックトック)では、インスタグラム、YouTube、Twitterと連携することができます。
連携をしておくことで、不正アクセスされた際に、個人情報を渡すことになるので、連携を解除しておきましょう。

右下の「マイページ」をタップします。

「プロフィール編集」をタップします。

連携しているアカウントをタップします。

「リンク解除」をタップすると、連携が解除されます。

電話番号・メールアドレスは登録しない

TikTok(ティックトック)はセキュリティ面で不安が残るポイントが非常に多いです。
一度でも、電話番号・メールアドレスを登録してしまった場合は、アカウントの削除でしか削除することはできません。

電話番号・メールアドレスを登録しないとパスワードの変更などはできませんが、投稿などは可能です。
TikTok(ティックトック)内に、無用な個人情報は登録しないようにしましょう。

個人情報が漏洩した可能性がある場合は問い合わせ

個人情報が漏洩した疑いがある場合は、運営に問い合わせも行っておきましょう。
問い合わせはアプリ内の「マイページ」から行えます。

右上の「三」をタップします。

「設定」をタップします。

「問題を報告」をタップします。

「その他の問題」をタップしましょう。

もう一度「その他の問題」をタップします。

「まだ問題がある」をタップします。

不正アクセスや、個人情報が漏洩したことを入力し、メールアドレスを入力して「送信」をタップしましょう。

TikTokで動画を投稿できないエラーが発生!詳細と対処法を徹底解説 

 

-TikTok

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.