TikTok(ティックトック)で大流行!LINE不在着信のやり方やバレにくくするコツなどを徹底解説

TikTokでは、LINEの不在着信ドッキリの動画が流行しています。
今回は、LINEのトーク画面を利用したLINEの不在着信ドッキリのやり方や、バレにくくするコツなどを徹底解説していきます。


TikTok(ティックトック)で紹介されているLINE不在着信のやり方と詳細

TikTokで流行しているLINEの不在着信は、LINE MUSICからのLINEがきっかけです。
2020年3月27日にLINEMUSICの公式アカウントが、このドッキリの方法を使い、登録しているユーザーに不在着信ドッキリを送りました。

不在着信ドッキリは、LINE以外でも使えるいたずらです。
Twitterを使った、不在着信ドッキリは下記記事で紹介していますので、参考にしてください。

「Twitter」不在着信 イタズラ方法

LINE不在着信ドッキリのやり方

LINE不在着信ドッキリは、実際の不在着信に似せてトークを送信するというものです。
まずは、トーク画面で改行をタップし一行隙間を空けます。

一文字分の空白を入力し、キーボードに電話と入力し、黒い受話器のマークを入力します。

そして、改行をタップし一行隙間を空けます。

「不在着信」と入力をし、紙ヒコーキマークで送信すると完了です。

実際のトーク画面と比較

実際にLINE通話で不在着信をしたときは左の画像のように表示がされます。
吹き出しマークの大きさに関しても、ドッキリで作成したトークより、少し小さく表示されています。

見比べてしまうと、違いはかなりあります。

トーク画面をタップされるとばれてしまう

実際の不在着信の場合は、送られてきたトークをタップすると、そのユーザーのプロフィールにアクセスできます。

ただ、ドッキリ用で作成したトーク内容をタップしても何も操作は行われません。
長押しすると、コピーなどのメニューが表示されるだけです。

もし、自分がドッキリを仕掛けられたときは、トーク内容をタップすることで、判別できるといえるでしょう。

バレにくくするコツ

せっかく仕掛けるドッキリですから、なるべくばれないようにしておきましょう。
空白を入れるのを忘れたり、相手が知っている場合は、高確率でドッキリだと気づかれてしまうので、注意して行ってください。

続けて何度も送ってみる

ドッキリで作成した不在着信ドッキリは何度も送ると効果的です。
一つだけの場合は、送られた相手も落ち着いてトーク内容を確認します。

LINE通話をかけなおされた場合などもすぐに比較ができてしまうので、続けて何個か送ることがおすすめです。

トーク内容に合わせて送る

ただ、不在着信ドッキリを送り続けるというのも芸がありません。
トーク内容で演技をしてみるのもバレにくくするコツの1つです。

バレにくくするトーク内容

  • 電話かけたけど出てくれないの?
  • 〇〇くんからもかかってきてないよ?
  • LINEがバグってるのかな?

上記のようにこちら側も同じ状況になっていると教えてあげると、ばれにくいです。
急に送ったりすることは不自然な場合もあるので、上手く流れに沿っておくることがおすすめです。

夜中や相手が画面を見ていない時に送る

バレにくくするコツとして、最もおすすめなのが、相手が油断しているときです。

例えば、朝起きたときに不在着信の表示が通知画面に表示されると、何の疑いもなく電話が鳴ったと考えてしまいます。
また、一時的に相手が見ていないタイミングで、複数の通知があれば、一つずつ落ち着いてみることは少ないです。

簡単に、バレずに不在着信ドッキリを仕掛けることができるのでおすすめです。

ただ、通知画面は実際の不在着信と大きく違いがあるので、複数送ってまとめて表示させてわからないようにしましょう。

相手が焦る場面などに合わせて送ることが重要

おすすめのタイミング

  • 早朝・深夜
  • お酒を飲んでいるとき

不在着信ドッキリは比較するとわかるように、実際のものと比べるとかなり違いがあります。
実際に、着信はならないので相手も疑いを持って接する可能性もあります。

バレないようにするためには、相手が焦る場面や落ち着いて行動ができていないときに合わせることです。
タイミング良く、不在着信ドッキリの内容を送ることで、上手く騙せる可能性が上がるといえるでしょう。

TikTok(ティックトック)は稼げるのか?稼ぎ方などを徹底解説

他にオススメのライブ配信アプリは?

他にオススメのライブ配信アプリを紹介していきます!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 IRIAM(イリアム)

IRIAM(イリアム)のおすすめポイント

  • 「VTuber」のライブ配信アプリ!
  • バーチャルキャラクターをかわいく着せ替えることができる
  • キャラが二次元なので顔を出す必要がない!
  • 通信や画質等も綺麗で使いやすい

IRIAMは今流行っている「VTuber」がライブ配信するような形式のライブ配信アプリです。

VTuberとは「バーチャルユーチューバー」の略で、自分自身の顔を出さずとも自分の分身となる可愛いバーチャルキャラクターを操作して配信している人たちのことです。

バーチャル(二次元)ならではのかわいさが目白押しアプリで、万が一自分の顔等に自信がないという人はチェック必須のライブ配信アプリです。

例えば、現実の自分と全く違うような容姿をしたキャラクターも作成可能ですし、かわいらしい衣装を着せることも可能です。

現実ではありえない「猫耳」等のオプションを付けて、より二次元のキャラクターらしくデコレーションすることができるでしょう。

ただし、IRIAMでライブ配信したい場合は、IRIAM公式が開催するオーディションに合格する必要があります。

自己紹介の音声などを送る必要があるのでやや敷居が高いかもしれませんが、採用されればIRIAMの公式ライバーとなることができるでしょう!

第4位 私を布教して

「私を布教して」は、顔を出さずに音声のみで誰でもライブ配信が出来るアプリです。

歌や演奏、ラジオ風のトーク、雑談など音と声による様々なスタイルの配信が行われています。

気に入った配信があれば、布教や換金できるアイテムを送って応援することができます。

昨今、10~20代の若年層を中心に、「私」を知ってほしい、「私」を表現したいという強い想いを持つ人が少なくありません。

そして、日々の生活の中にちょっぴりドキドキしたり、非日常的な時間を過ごしたりする刺激への好奇心を満たしたいという欲求もあります。

それらのニーズに応えるべく『#私を布教して』というサービスが生まれました

アプリ内での「布教」とは、他のSNSでいうと「いいね」にあたります

つまり、配信を気に入った方が「いいね」でおすすめしてくれる為、人が集まり易い仕組みになっています。

他にもランダムであいさつメッセージを作れたり、挨拶メッセージに内に自動で相手の名前が表示されたりする等、初めて配信する方にも使い易いアプリになっています。

おすすめポイント

  • 顔を出さずに音声のみで配信が出来る
  • ギフトを換金する事が可能
  • 「私」を表現することがコンセプト
  • 初めてでも配信が行い易い

第5位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第6位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる

DokiDoki Live(ドキドキライブ)

ドキドキライブは初めてカラオケ配信を導入したライブ配信アプリです。

多くのライブ配信アプリでは、カラオケ配信が禁止。音源を使ってはいけなかったり、オリジナルソングしか歌えないなどの制限があったりします。

ドキドキライブは気兼ねなくカラオケ配信が可能。音質や歌詞表示などの機能も充実しています。

ライブ配信だけでなく動画配信機能もついており、ライブ配信以外でもお気に入りの配信者を探すことができます。

ライブ配信後の配信アーカイブ機能もあるので、気になった方の手軽に配信をチェック可能。配信スケジュール機能やファミリーチャット機能も備わっています。

配信側としても再生数に応じた報酬も発生しますし、配信時間以外でもファンを獲得できるメリットになります。

配信も視聴も、無料で行う事が可能。勿論他の多くのライブ配信アプリと同じく投げ銭機能もあります

配信画面はデフォルトでフィルター機能が付いており、スタンプも搭載。付け忘れて配信を始めてしまう心配もなく、手軽にライブ配信を行う事ができます。

おすすめポイント

  • カラオケ機能搭載
  • ライブ配信だけでなく動画配信も可能
  • アーカイブ機能で配信外でもファンを獲得できる
  • 高性能のフィルターやスタンプ完備

 

-TikTok
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.