解説、アプリの使い方

SNSデイズ

paypay(ペイペイ)でクレジットカードを紐付けないと使えない?還元率の高さをクレカ毎に徹底比較

投稿日:

paypay(ペイペイ)の支払いに関してはいくつかの方法があり、多くの人が抱えている疑問として「paypayはクレジットカードと紐付けなければ使えないのか?」という点があります。

ここからは、paypayの支払いの方法についてや、クレジットカードを紐付けた方が良いのか、はたまたそのまま利用した方が良いのかについて、どちらがお得にpaypayを利用できるのか解説していきます。

paypayの支払い方法

paypayは、現金を持ち歩く必要なくスマホを使ってお店にあるバーコードを読み取り、自身で金額を入力してスキャンさせると支払いが完了するという画期的なサービスです。

キャッシュレスの時代が訪れる中、様々な電子マネーが誕生しつつあります。

その中でも、最新のサービスとしてpaypayは注目を集めており期待がされています。

クレジットカードを持っていないと使えないのか?

paypayには支払いをする上での手段としてpaypay残高チャージyahoo!マネーなどがあります。

このことから、paypayはクレジットカードを紐づけていない場合でも、上記のいずれかを支払い方法として選択することで利用は可能です。

多くの人はクレジットカードをpaypayに紐づけて支払いに利用する傾向があり、やはり管理のしやすさが影響しています。

では、paypayに紐づけることが出来て支払いに使えるクレジットカードは、どのブランドでも対応しているのか?について詳細を見ていきます。

対応クレジットカード

まず、paypayに紐付けることができるクレジットカードは世界通貨とも言われるほどのシェア率を誇る「VISAカード」です。

paypayの支払い方法においてクレジットカード登録を行うことで、支払い時にスキャンをした金額はVISAカードでの決済になります。

そして、もう一つpaypayの支払いに利用するために登録できるクレジットカードは「MasterCard」になります。

MasterCardもVISAカードと同様に、世界でも使えることから所持している人は多くいます。

あとは、JCBカードになりますが、JCBカードをpaypayと紐付けるには条件があります。

実は、通常のJCBカードではpaypayに紐付けることはできなくなっており、対応しているのはJCBのYahoo! JAPANカードに限ります。

そして、現状paypayでは上記のクレジットカード以外のものは支払いに利用するために紐付けることができません。

今後、どう変わっていくかにもよりますが、paypayでクレジットカード支払いを希望する方は、上記のいずれかに申し込みをする必要があります。

ちなみに、クレジットカード支払いではなくpaypay残高チャージを利用する場合においては、「VISA」「Master」は使用できず「Yahoo! JAPANカード」のみが対応していますのでご注意ください。


詳細の確認や登録は上記から出来ます

クレジットカード還元率

やはり、多くの人が注目しているのがクレジットカードを支払いに利用した時の還元率です。

今ではほとんどのお店でクレジットカードが利用でき、現金で支払いをするよりもポイントが還元されることから利用者は増加傾向にあります。

還元率は今後のショッピングにも影響してくるものですし、非常に関心が高まっているものでもあります。

各クレジットカード会社も、還元率においては利用者を増やすための手段にもなっていますし、貯まったポイントをマイルに交換をしたり、または身近なコンビニなどで使えるポイントに交換ができたりとスタイルは様々です。


詳細の確認や登録は上記から出来ます

還元率の高いクレジットカードはあるのか?

paypayを支払いに利用する上で、クレジットカードを登録するとポイント還元があります。

還元率が高いカードを紐付けることを、当然多くの人が考えますが、現状ではpaypayのクレジットカード支払いによる還元率は全て0.5%になっています。

そこで、お得にpaypayを利用するために目をつけるべきことが、クレジットカード自体の還元率が高いものを選ぶということです。

paypayに紐付けることで、高還元率が実現するおすすめのクレジットカードを表にしてまとめてみました。

yahoo!カード

・年会費無料

・paypay残高にチャージが可能

・paypayと紐付けることが可能なJCBカード

・還元率1.0%から3.0%

・paypayの還元率0.5%がプラス

リクルートカード

・年会費無料

・クレジットカード業界の中でも高還元率で人気

・Pontaポイントに交換ができるのでお得

・還元率1.2%から4.2%

・paypayの還元率0.5%がプラス

リーダーズカード

・年会費無料

・2年目以降の年会費は2.500円+税(年間で30万円以上の利用で無料)

・通常利用の還元率が高く人気

・還元率1.25%から1.75%

・paypay還元率0.5%がプラス

上記の表にある3つのクレジットカードは、paypayに紐付けることで、paypayを決済に利用すると獲得できる0.5%のポイントに加えて、クレジットカード自体の還元率も高いためお得に使うことができます。

また、今注目されているのがVISAカードにはなりますがクレジットカードではないプリペイドタイプのKyash(キャッシュ)というものです。

paypayを利用する上で、還元率が最も良いカードとなるKyash(キャッシュ)は、現在非常に人気を集めています。

Kyash(キャッシュ)はVISAカードになるのですが、通常のVISAカードと違いスマホからすぐに作れるものになります。Kyash(キャッシュ)の特徴は、

  • 年会費無料
  • 手数料無料
  • 管理がスマホで簡単に出来る
  • Kyash(キャッシュ)利用者同士での送金が出来る

上記のような特徴をもつKyash(キャッシュ)は、通常利用でpaypayでの還元率は2%になります。

さらに、paypay残高へのチャージに利用することで、なんとpaypayでの還元率が最大で3.5%になります。

他のカードと比較をしても、やはりポイント還元率は高くなりますので買い物に利用すると圧倒的にお得になります。



 詳細の確認や登録は上記から出来ます

クレジットカード登録ができない場合

paypayを利用する上で、クレジットカードを支払いに使う場合は事前に登録をしておくことが必要です

この時に、登録ができないという事態が発生し悩まれている方が多くいます。登録できない原因としては、恐らくpaypayに紐付けることが出来ないクレジットカードを選択している可能性があります。

paypayに紐付けることができるクレジットカードは以下になります。

  • VISAカード
  • MasterCard
  • JCB(Yahoo! JAPANカードに限る)

こちらにあがっているクレジットカード以外は、現状ではpaypayの支払いには対応していないため、登録をすることはできませんので注意してください。

paypayはクレジットカードとそのままはどちらがお得?

 

 

 

 

 

 

 

 

paypayは、クレジットカードを紐付けることで支払いする方法と、現金でそのままチャージを行う方法があります。

当然ですが、お得に利用する方が買い物をする上でメリットとなりますし、還元率を意識することで今後のショッピングにも使えたりと節約にも繋がります。

では、一体どちらの方がお得にpaypayを利用することができるのか、比較をしていきます。

クレジットカード利用の場合

まず、クレジットカードの場合ですが、paypay自体のクレジットカード支払いでの還元率は、上記にもあったように0.5%になります。

そこにどれだけ、クレジットカードがもつ還元率の高さを活かせるかが重要で、元々持っているクレジットカードの還元率はいくらになるのかを、しっかりと調査しておくことが大切です。

同じブランドのクレジットカードでも、種類によっては還元率も異なりますし、非常に多くの種類がありますので吟味する必要があります。

まだまだ、paypayが利用できる店舗は多くないのでこれからに期待が持たれています。そして、クレジットカードの還元率も使う場所によって変化することがあります。

クレジットカードの還元率が高い場で、paypayが利用できるようになればポイント還元は相当高くなり、例えばポイント還元が2.5%だとすれば合計すると3.0%になります。

ちなみに、現状paypayが利用できる店舗は以下になります。

今後、新たに追加される店舗もありますのでクレジットカードの還元率が良いものを比較して選ぶことで、よりお得にpaypayを利用することができます。

そのままの場合

そのままというのは、現金をチャージしてpaypayでの支払いを行うということですが、この場合はpaypay残高にチャージをしておく必要があります。

チャージがなければ、いざ支払いをするという時にお金が足りないという状況になりますし、paypay残高のチャージと他を組み合わせて支払いを行うことは不可ですので注意が必要です。チャージは、銀行口座を指定してチャージする方法になります。

そして、現金でのpaypay利用の場合は支払いの際に付与される0.5%のみになりますので、比較をすると圧倒的にクレジットカードを利用する方がお得にpaypayを利用することができます。

やはり、今の時代はキャッシュレスに注目が集まっていますので、現金を使うよりもお得になるように設定されていると考えられます。

結果どちらがおすすめ?

比較をした結果、paypayの利用に関して現金でそのまま利用するよりもクレジットカードを紐付ける方がお得に利用できます。

20%還元スタート!PayPayで最大還元率を目指すには!?詳細や秘密を徹底解説

他の限度額が高いオススメのクレカは!?

限度額が高いオススメのクレカを二つ紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

UCSカードってどんなカード?

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。

そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

USCカードは現在、最大で合計Uポイントが4000ポイントが手に入るキャンペーンを実施中なので、今作っておくと大変お得なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

Yahoo!JAPANカードってどんなカード?

Yahoo!JAPANカードは、Tポイントカードが一体型になったクレジットカードなので、1枚のカードでクレジットカードとしてもTポイントカードとしても使うことのできる大変便利なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

ポイントも、クレジットカードのポイントとTポイントカードのポイントがダブルで貯まる点も大変魅力的です。
Yahoo!JAPANカードは、マスターカード、JCBカード、VISAカードが利用できるお店でポイントを貯めることができます。

-paypay(ペイペイ)

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.