解説、アプリの使い方

SNSデイズ

バンドルカード「このカードは使えません」などエラー表示された場合の詳細や対処法を徹底解説!

投稿日:

カードに現金をチャージするだけで、コンビニやスーパーなどのお店や、ネットショップでも使えるのが「バンドルカード」です。

今回はバンドルカードを使用した際に、エラー表示される原因や対処法を解説していきます。

バンドルカードとは?

バンドルカードは、クレジットカードのようにお買い物やお食事などの支払い用として使うことができる、カードアプリです。

使い方は簡単で、バンドルカードに現金をチャージし、「Visa」のマークのあるお店やネットショップでいつでも買い物できるので、使いやすくて便利です。

バンドルカードには大きく分けて、ネットショップなどで利用できる「バーチャルカード」、実店舗で利用できる「リアルカード」の2種類あります。

バンドルカード

上記からアプリダウンロード出来ます

使えないサイト

基本的にはVisaの加盟店であればどこでも使うことはできますが、一部のサイトやサービスに制限が掛っていることがあります。

クレジットカード決済は受け付けているが、プリカや電子マネーでの支払いは受け付けていないサイトもまだまだ多くあり、これらサイトはプリカや電子マネーと同様にバンドルカードでの支払いはできません。

使えないお店

こちらもサイトと同じで、基本的にはVisaの加盟店であればどこでも使うことはできますが、一部利用できないお店があるので注意が必要です。

こちらもサイトと同じで、Visaのクレジットカードは使うことができるが、プリペイドカードや電子マネーの支払いに対応していないため、バンドルカードが使えないことがあります。

使えないサイトやお店、サービスなどは「バンドルカード公式ホームページ」で確認できるので、使えない場合やエラー表示された場合などは先に確認しておきましょう。

エラーの種類と対処法

バンドルカードを利用する際、まれにエラーが発生し使えない場合があります。ここではエラーの種類とその対処法を見ていきます。

アプリが開かない

バンドルカードのアプリは定期的にアップデートされていて、アプリのバージョンアップをしなければ開かないことがあります。

基本的にアプリのアップデートは自動に行われることが多いのですが、お使いになられている端末の接続環境や設定によってはアップデートが積み残しされアプリのバージョンを更新できず、アプリが開かない場合があります。

対処法としては、アプリを最新版にアップデートすることが一番の対処法ですが、端末のOS自体が古い可能性も考える事ができるので、アップデートの際は、アプリとOSの両方が最新版になっていることも合わせてご確認ください。

システム障害

アップデートやログイン解除をしていないのにアプリが開かない場合は、システム上で何らかの不備が発生している可能性があります。

このような場合の対処法は、しばらく時間が経過してからアプリを再起動するのがほとんどですが、どうしても開かない場合は、バンドルカード公式ホームページのサポートサービスにて問い合わせをしましょう。

使えない原因は?

対象外のお店やサイトやサービス、アップデートやシステム障害以外に、バンドルカードが使えない理由はないのか?

上記以外でバンドルカードが使えない理由を解説していきます。

残高不足

これはバンドルカードに限らず、どのプリカや電子マネーに言えることで、単純にカード内の残高が不足していてカードが使えないパターンです。

バンドルカードはアプリで決済を行う「バーチャルカード」と、プリカやクレジットカードのように決済を行う「リアルカード」があります。

バーチャルカードの場合はアプリですぐに残高を確認できますが、リアルカードの場合は残高を確認しないでも使うことができるので、その際に残高不足のエラーが発生することがよくあります。

カード残高は、アプリを起動して画面上部で確認することができます。

カードエラー

こちらもリアルカードにあることですが、カード自体が破損をし、そのため読み込み不良を起こしてエラーが発生するパターンです。

リアルカードが破損した際は、アプリからカードを再発行することができるので、アプリ内のガイダンスに従ってカードを再発行しましょう。

カードの再発行はこちらの「バンドルカード公式サポート」で行うことができます。

カードタイプによる非対応

バンドルカードはカードタイプによってサービスの対応・非対応が異なります。

バーチャルカード

対応できるお店やサービス

  • 国内、海外のVisa加盟店(オンライン)

利用できないお店やサービス

  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払・定期購買
  • 保険料の支払い
  • 高速道路の料金
  • 機内販売
  • 自動販売機

リアルカード

利用できるお店やサービス

  • 国内のVisa加盟店(実店舗含む)、海外のVisa加盟店(オンライン)

利用できないお店やサービス

  • バーチャルカードと同じ

リアルプラスカード

利用できるお店やサービス

  • 国内、海外のVisa加盟店(実店舗含む)

利用できないお店やサービス

  • 公共料金
  • 定期支払・定期購入
  • 保険料の支払い
  • 高速道路の料金
  • 機内販売
  • 自動販売機

カードの種類によってチャージ上限が異なったり、利用できるお店やサービスも変わってきますので、カードが利用できない場合は、そのカードが対応していない可能性があるので、これらを参考にご確認ください。

加盟店でもバンドルカードだけが使えない店も

上記でもありましたが、バンドルカードは基本的にVisa加盟店で利用することができますが、加盟店でもバンドルカードを使えないサイトやお店があります。

 決済の仕組みが違う

まず一つはサービスの形態上、加盟店でもバンドルカードを使えないパターンで、上記で紹介した、「ガソリンスタンド」や「宿泊施設」などをメインにしているサービス店では利用できません。

では何故、これらサービスでは利用できないのかと言うと、「カード決済の仕組み」が原因としてあります。

クレジットカードと、バンドルカードの決済の仕組みは異なっていて、クレジットカードは月末にまとめて支払いますが、バンドルカードは必要な金額をカードにその都度チャージして残高を確保する必要があります。

簡単に言えばクレジットカードは「後払い」バンドルカードは「前払い」とイメージすればわかりやすいです。

どうして使えないの?

一般的なお買い物であれば、お店からカード会社へカードが使えるかを確認し、その際に商品の代金も連携し、残高から商品の代金を正しく引くことができます。

しかし、ガソリンスタンドや宿泊施設の場合は、商品の代金を正しく連携しないため、月末決済を行うクレジットカードは使用できますが、そうではないバンドルカードは使うことができません。

ここではガソリンスタンドや、宿泊施設を例に挙げましたが、クレジットカードとバンドルカードは決済の仕組みが違うため、同じ加盟店でも使える店と使えない店があることは認識しておきましょう。

Amazonなどのネットショップでは使えるの?

バンドルカードはネットショップでも対応していれば使うことができ、大手ネットショップの「Amazon」でも使うことができます。

使い方は簡単で、バンドルカードに残高がある状態で、Amazonでログインして欲しい商品をカートに入れ、支払方法を選択して注文を確認するだけでOKです。

支払方法の選択では、「新しい支払方法の追加」を選んで下さい。

Amazonで使う際の注意点

Amazonでバンドルカードを使う手順は簡単ですが、利用する際は注意点がいくつかあり、それは上記の「支払方法を選択」する際です。

バンドルカードでの支払いの際は、新しい支払方法を追加する必要があります。

その際、カード番号と有効期限はカードに表記されている情報を入力すれば問題ありませんが、名義人は自分の名前を入力するとエラーとなってしまい、名義人にはアルファベットで「VANDLE USER」と入力する必要があります。

支払方法の追加のポイントは

  • カード番号 カードに表記されている番号を入力
  • 有効期限 カードに表記されている年月を入力
  • 名義人 アルファベットで「VANDLE USER」と入力

これらのポイントをしっかりと把握して、支払方法を追加しましょう。

バンドルカード

上記からアプリダウンロード出来ます

編集後記

今回は「バンドルカード」利用際に生じるエラーや対処法などを紹介しました。

カードがどのサービスに対応しているかなどの基本的な情報や、残高やアップデートなどの確認など、未然に防げることは防いでおくことが大事になります。

基本的な情報をしっかりとおさえ、またカードの紛失などが起こらないようにしっかりと管理しておけば、「バンドルカード」快適に便利に使えるツールの一つと言えます。

-バンドルカード

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.