バンドルカードの「ポチっとチャージ」の上限を上げる裏技の方法を徹底解説

今回は、バンドルカードの「ポチっとチャージ」の上限を上げる方法を徹底解説していきます。

今お金がなくても後払いでお金を借りて買い物することができるサービスであるポチっとチャージですが、毎月あたりの上限が設定されています。


「ポチっとチャージ」について

バンドルカードにはポチっとチャージというチャージ方法が用意されています。

このチャージ方法を利用することで、今どうしてもお金がないときも買い物に使える電子マネーを現金のように使うことができます。

非常に便利な機能であるポチっとチャージはバンドルカードユーザーから多く利用されています!バンドルカードに関する情報は、下記を参考にしてください。

バンドルカードは誰でも安全に使えるのか!?評判や口コミを徹底解説

購入チャージか後払いのポチっとチャージが利用できる

バンドルカードには「購入チャージ」と「ポチっとチャージ」のふたつのチャージサービスが用意されています。

購入チャージは従来のチャージで、コンビニでバンドルカードを購入したり、スマホ支払いやクレジット支払いで他のサービスの残高からバンドルカードに残高を移すことができます。

一方、ポチっとチャージは現在流動資産が一切なかったとしても、後払いでチャージ分のお金を支払えば今チャージできるという、完全後払いサービスとなっていました!

このポチっとチャージはバンドルカードの看板サービスとなりつつあり、多くのバンドルカードユーザーがポチっとチャージを活用しています。

お金を借りているのと同じなので後で返す必要がありますが、どうしてもお金を用意できないけど買いたいものがあるとき等は、間違いなく便利だと感じるでしょう。

ポチっとチャージには上限額が設定されている

ポチっとチャージには上限金額が設定されていて、上限金額は「5000円から50000円」となっています。

この上限金額よりも多くの金額を借りてチャージすることはできないので、結構な金額を借りたいと考えている人は、バンドルカードだと物足りないと考えてしまうかもしれません。

ただし、上限金額が設定されているということは、「この金額をよりも使ってしまうリスクがない」ことも表しています。

カード破産等を起こす心配がないのはありがたいポイントだと考えてください。

最初は5,000円で徐々に上限が上がっていく

バンドルカードのポチっとチャージの上限金額は、一番最初は5000円で設定されています。

また、バンドルカードには通常バンドルカードと「リアルカードプラス」というサービスがありますが、この2つのサービスは通常サービスの上限こそ変わるものの、ポチっとチャージの上限スタートは変わりません。

使い始めだと5000円しかチャージできないのでチャージ金額が足りないと考える人もいるかもしれませんが、バンドルカードのポチっとチャージはその後も徐々に上限金額が上がる仕様となっています。

最終的には5000円から50000円の間で借りることができ、これからバンドルカードのサービスが改善されていくにつれ、上限がさらにアップする可能性も考えられます。

ポチっとチャージの上限を上げる方法

ポチっとチャージの上限を上げて利用すれば、お金がないときにさらに高い金額で買い物を行うことができるので、人によっては生活がさらに潤うことは間違いありません!

手数料や返さなければいけない金額も増えてしまいますが、必要である場合は上限を上げておくのも悪くありません。

上限が上がる「明確な基準」は非公開

バンドルカードのポチっとチャージには上限金額こそ設定されていますが、上限が上がる条件等は公式は公開していません。

そのため、ユーザーがバンドルカードを使った結果、どのように上限がアップしていったかということを参考にしていく必要があります。

ポチっとチャージを利用した時期によって上限アップの誤差があるかもしれないので「確実な情報」とまでは言い切れませんが、実際に使った人たちの声なのである程度は参考になると考えて構いません。

ポチっとチャージを利用していけば上限が上がる

基本的には、ポチっとチャージを利用していけばチャージ上限残高はどんどんアップしていきます。

もちろん、通常の上限である5000円から50000円の範囲内でアップしていくことになります。

公式は「1000円ごとにチャージ上限が上がっていく」と説明していますが、大抵の人は「5000円ごとにチャージ上限が上がっていく」ことが判明していました。

例えば、最初の1カ月でチャージ上限の5000円を丸々使って、その使った分をちゃんと返済した場合なら、次の月には上限金額もアップしている可能性が高いです。

金額が上がるにつれて上限は上がりづらくなる傾向がありますが、序盤はそこまで金額上限アップの条件は厳しくないことがわかります。

他にもポチっとチャージの上限をアップする方法がありますが、下記を参考にしてください。

条件一覧

  • どのくらいの金額を使うかという設定で高い金額を選択
  • バンドルカードのリアルカードプラスと連携する
  • 自分の収入や職業も関係ある可能性あり

ポチっとチャージでは申し込みの段階で「どのくらいの金額を使うか」という確認がありますが、この確認の際もできるだけ大きな金額を設定しておくのが、上限を上げるポイントとなっています。

リアルカードプラスに加入しておくことで、比較的早く5000円から少し上の金額である「15000円」まで上限を引き延ばすことが可能です。

また、バンドルカード側も「お金を貸す人の信頼性」は見るようにしているはずですので、もしかしたら収入や職業も関係していて、学生は上限が上がりづらいといった設定が加えられている可能性があります。

チャージ額の支払いも必須

上記のバンドルカードのポチっとチャージの上限を上げる条件以外にも「借りたお金をちゃんと返済する」という絶対条件も存在します。

バンドルカードのポチっとチャージは後払いになっているので、決済そのものはすぐに終わっているかわりに、その決済代金は後日銀行振り込みやクレジット支払いでバンドルカード側に払わなければいけません。

期日までに払うことができなかった・お金を用意することができなかった場合は、バンドルカード側から「信用性が低い」と判断されてしまいます。

信用性が低いと判断された場合、ポチっとチャージの上限が上がらないだけでなく、上限を下げられてしまうことが多いです。

例えば、先月は20000円が上限だったのに今月に入ると10000円になっていたというケースもありました。

もちろん支払い期日になってもお金を用意できなかった側が悪いのですが、上限が下げられたままだと色々と不都合が生じてしまう人もいることを考えると、なんとしても避けておきたい事例だと考えてください。

上限が下がってからの回復は早い

バンドルカードで一度上限が下がって、支払い期日を過ぎた後にお金を支払った場合、比較的早く上限金額は元に戻ります。

おおよそ1日以内、遅くても2日後には元の上限に戻って快適にバンドルカードのポチっとチャージを利用することができるようになったという報告もありました。

これも上限金額や期日オーバーの頻度によりけりである可能性もありますが、一度期日通り支払えなかったとしても重たいペナルティがあるわけではありません。

もちろん、期日通りにお金を支払えばそもそも上限が下げられることはないので、早くポチっとチャージの上限を上げたいという人は、期日通りにチャージした金額を支払うことをおすすめしています。

30,000円以降は上がりづらくなっている

バンドルカードのポチっとチャージの上限は「30000円」を境に壁があると考えてください。

5000円から15000円に上限を上げるくらいなら、バンドルカードを利用していけば比較的早く上限アップすることができますが、一度上限が30000円に達した場合、それよりも上の金額にするのに時間が必要です。

30000円に達した状態だと、おおよそ「3カ月に5000円」のペースで上限が上がっていくとされていますが、3カ月でも上限が上がらないという人もいます。

バンドルカードのポチっとチャージの上限アップの状況は、下記の通りとなっています。

上限金額上限金額に至るまでの期間
5000円初期
10000円1カ月
15000円10000円になってから1か月
20000円15000円になってから1カ月
25000円20000円になってから1カ月
30000円25000円になってから1カ月
30000円以上未確定(おおよその目途は30000円になってから3カ月後)

この表は、「バンドルカードを毎月上限までポチっとチャージでチャージを行って、支払いも期日通りに支払った」という前提だと考えてください。

毎月上限まで使わなかった場合(10000円借りれるのに5000円しか借りなかった等)や、支払いが間に合わなかった場合だと、上限アップの期間も延びてしまう・金額を減らされてしまう可能性も考えられます。

また、上限が下がってしまう条件は「支払いをしていない」とのことでしたが、おおよそ10000円から15000円金額がダウンしてしまうのだと考えてください。

チャージ額が上がると手数料も余分にかかるので注意!

ポチっとチャージを利用し続けることによって上限を引き上げることは可能ですが、上限が上がるにつれて「手数料」も高くなってしまうことには注意しておいた方がいいです。

ポチっとチャージの上限と手数料の関係は、下記の通りとなっています。

チャージ金額手数料(税別)
3000円から10000円500円
11000円から20000円800円
21000円から30000円1150円
31000円から40000円1500円
41000円から50000円1800円

この手数料は月ごとの発生ではなく「1回のチャージにつき発生してしまう」ので、銀行のATMでお金を引き下ろすのと同じで、できる限りまとめてチャージした方が手数料の観点からはお得だと判断できます。

手数料の金額がやや高めに設定されているので、ポチっとチャージの上限を上げた場合は注意しておいた方がいいでしょう。

バンドルカードは誰でも安全に使えるのか!?評判や口コミを徹底解説

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

UCSカード

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。

そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

USCカードは現在、最大で合計Uポイントが4000ポイントが手に入るキャンペーンを実施中なので、今作っておくと大変お得なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

バンドルカード

審査も年齢制限も無い、今すぐ使えるカードです。もちろん無料で使えて、後払いも出来る活気的なカードです!

Kyash

誰でも持つことができるプリペイド、Kyashはアプリから簡単に申し込むことができます。申込や年会費は無料で、全国のVISA加盟店で使うことが可能です。

審査が無く、メールアドレスと電話番号さえあれば、1分で手続きが完了します。

Kyash公式

クレカ・デビットカードだけでなく、コンビニや銀行ATMでチャージできるので、クレカを持てない方でも、クレカの代わりに使うことが可能です。

リアルカードを発行すれば、実店舗で使用することもできます。

もし、カードを無くしてもアプリから停止できるのでセキュリティ面もバッチリです。

リアルカードとバーチャルカード

  • リアルカード:1回/1日の上限5万円
    1ヶ月12万円
  • バーチャルカード:1回/1日の条件5万円
    1ヶ月12万円

5枚のクレカ・デビットカードを紐付けることができ、履歴などもアプリで確認することができるので、楽に管理ができるようになります

勿論、プリペイド式なので使い過ぎる心配もありません。

更に、Kyashはいつでも1%還元で、紐付けたクレカの還元と合わせて、ポイントを二重取りなんてことも可能になっています。

Kyashを持っている方同士なら、無料で送金することもできます。

現金がない時でも、クレカでチャージして割り勘なんて使い方もOKです。

おすすめポイント

  • 年会費無料
  • 審査無し
  • 申込から1分
  • クレカの持てない方でも大丈夫
  • クレカ・デビットカードの管理が楽
  • プリペイド式なので使い過ぎる心配がない
  • 1%還元・ポイント二重取りも可能
  • 無料で送金ができる

 

-バンドルカード

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.