バンドルカードは鉄道の乗車券、ICカードのチャージ、新幹線などの特急券の購入に使えるの?使い方も含めて徹底解説

最短1分で作成できる「バンドルカード」

チャージや「ポチっとチャージ」で通販や店舗で利用できるカードで利用者数が増加していると噂のカードです。
バンドルカードで鉄道の乗車券購入や交通系ICカードへのチャージ。新幹線などの特急券購入に利用できるかについて解説します。


バンドルカードは鉄道で利用できる?

バンドルカードを鉄道の乗車券購入に利用できるかなど気になるポイントを解説します。

モバイルSuicaであれば利用可能。PASMOやICOCAなどは不可。

結論から言えば利用することは可能です。
ただし、限られた方法になってしまいます。

ポイント

バンドルカードでチャージができるのは「モバイルSuica」のみです。

利用には、スマートフォンに「モバイルSuica」アプリをインストールする必要があります

以下の場合は、バンドルカードを利用できません。

利用できない方法

  • ICカードタイプの「Suica」
  • PASMO/ICOCA/Kitaca/TOICAなどその他交通系ICカード

バンドルカードは、バーチャルカードを基本としていますが、申請を行うことで実物のカードが届きます。
実物のカードを自動券売機で利用できるかについてですが、利用する路線によってはクレジットカード決済に対応していない券売機しか設置していない駅があります。

はてな

バンドルカードには「暗証番号」がありません。そのため、「暗証番号」入力を伴う決済方法はすべて利用できません。

また、仮にクレジットカード対応の券売機や各駅にあるJR東日本の「みどりの窓口」では決済時に制限が掛かりエラーが出てしまうため、使えないと言わています。
しかし、一部のユーザーからはJR東海の窓口で利用ができたという報告が出ているため、もしかすると一部の鉄道事業者では決済ができるかもしれません。

注意ポイント

基本的には、「モバイルSuica」でしかチャージできないという認識が良いでしょう。利用できるかについては鉄道会社もしくは駅係員にお問い合わせください。

定期券購入も不可

バンドルカードでは、定期券購入はできないとしています。

そのため、

  • 自動券売機での購入と受け取り。
  • 窓口での購入。

いかなる方法でも定期券購入はできませんので、ご注意ください。

新幹線や在来線特急の「特急券」の予約・購入には利用できない

PAKUTASO

JR新幹線・在来線特急および一部の私鉄特急の「特急券」購入には利用できません。
自動券売機での購入はできないほか、窓口決済でも「エラー」になってしまい決済ができないようです。

ただし、バンドルカードの「暗証番号」を必要としない決済方法を採用している鉄道事業者では利用ができるかもしれませんが、必ずしも利用ができるとは限りません。

予め特急券購入分のチャージをしてしまうと、いざ利用できない場合は他の利用方法を取らなくてはなりません。
そのため、基本的には「購入できない」と認識しておいた方が良いかもしれません。

モバイルSuicaへのチャージ方法

バンドルカードを使った「モバイルSuica」へのチャージ方法をご紹介します。

予めバンドルカードにはチャージ予定金額をチャージしておきましょう。

「モバイルSuica」にバンドルカードを登録する

まず、チャージを行う前にクレジットカード登録を行います。
すでに登録済みの方は、変更を行います。

「チケット購入 Suica管理」タブをタップします。

「登録クレジットカード情報変更」をタップします。

カード情報を入力します。

別途バンドルカードを起動し、カード情報を確認しながら入力してください。

隠れているカード番号は、カード部分をタップすると表示されます。

すべて入力が完了したら「次へ」をタップして進んでください。

続いて、バンドルカードのセキュリティコードを入力します。入力が完了したら「次へ」をタップしましょう。

赤枠部分がバンドルカードのセキュリティコードになります。

入力内容を確認し、間違いがなければ「登録する」をタップしてください。

以上で登録が完了です。

バンドルカードを登録できない

バンドルカードを登録できない原因は、

ポイント

残高が0円だと登録できません。カードの有効性を確認するため、登録時に1円が引かれます。(この1円は返金されます。)

登録する際は、予めバンドルカードに1円以上の金額をチャージしておきましょう。

チャージ方法

チャージ方法はいつもと変わりません。

バンドルカードになっています。「VISA」をタップしてください。
「入金(チャージ)」でチャージを行えます。

チャージできない場合は

 

エラーメッセージ

クレジットカードの認証に失敗しました。クレジットカード会社にお問い合わせください。(1240)

「モバイルSuica」の決済時にこのエラーが出る場合は、利用しているクレジットカードに問題がある場合にのみ表示されます。

バンドルカードの決済に失敗し、上記のエラーメッセージが出た場合は以下の原因に当てはまっている可能性があります。

原因

  • チャージ金額に対してバンドルカードの残高が足りない。
  • バンドルカードの有効期限が切れている。
  • 登録時に1円決済を行い有効性を確認したため、残高不足になった。
  • バンドルカードを停止にしている。

これらが決済できないなっていることが多いです。

より詳しく解説していきます。

1,000円分チャージしようとしたら残高が「999円」でチャージができない

はじめてバンドルカードを「モバイルSuica」に登録すると、

ポイント

カードの決済が本当に行えるかを確認するために試験的に少額を引かれてしまいます。

モバイルSuicaの場合は「1円」ですが、利用するインターネットサービスによっては「10円/100円」と金額が異なります。

当然ながらこの1円は返金されますが、返金されるタイミングは異なります。

返金のタイミング

  • 数分/数時間後
  • 翌日
  • 最大で45日かかる場合もあり

いずれにしても必ず返金されますが、いつ返金になるかは不明です。

チャージができない場合は、バンドルカードの残高を確認してみてください。

バンドルカードを停止している

バンドルカードを停止にしているとチャージできません。

カード番号が表示されている画面で下にスクロールし、「一時停止・解除」を確認し、ステータスが「一時停止中」になっている場合は解除しましょう。

「利用を再開する」で再び使えるようになります。

もう一度チャージを試しましょう。

バンドルカードはコンビニで使える?申込手順や支払い方法を徹底解説

他にオススメのバンドルカードに似たカードは!?

Kyash

誰でも持つことができるプリペイド、Kyashはアプリから簡単に申し込むことができます。申込や年会費は無料で、全国のVISA加盟店で使うことが可能です。

審査が無く、メールアドレスと電話番号さえあれば、1分で手続きが完了します。

Kyash公式

クレカ・デビットカードだけでなく、コンビニや銀行ATMでチャージできるので、クレカを持てない方でも、クレカの代わりに使うことが可能です。

リアルカードを発行すれば、実店舗で使用することもできます。

もし、カードを無くしてもアプリから停止できるのでセキュリティ面もバッチリです。

リアルカードとバーチャルカード

  • リアルカード:1回/1日の上限5万円
    1ヶ月12万円
  • バーチャルカード:1回/1日の条件5万円
    1ヶ月12万円

5枚のクレカ・デビットカードを紐付けることができ、履歴などもアプリで確認することができるので、楽に管理ができるようになります

勿論、プリペイド式なので使い過ぎる心配もありません。

更に、Kyashはいつでも1%還元で、紐付けたクレカの還元と合わせて、ポイントを二重取りなんてことも可能になっています。

Kyashを持っている方同士なら、無料で送金することもできます。

現金がない時でも、クレカでチャージして割り勘なんて使い方もOKです。

おすすめポイント

  • 年会費無料
  • 審査無し
  • 申込から1分
  • クレカの持てない方でも大丈夫
  • クレカ・デビットカードの管理が楽
  • プリペイド式なので使い過ぎる心配がない
  • 1%還元・ポイント二重取りも可能
  • 無料で送金ができる

 

-バンドルカード

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.