PayPayのマップにお店が載ってるのに使えないと言われた!詳細と対処法を徹底解説

今回は、PayPayのマップにお店載ってるのに使えないと言われた場合の詳細と対処法を徹底解説していきます。

PayPayには利用できる店舗を調べるためにマップを開くことができるのですが、マップにある店舗へ行っても「使えない」と言われる例が多発していました。

なぜそんなことが起こるのか、下記で解説していきます。


PayPayの「マップ」について

PayPayのマップについて、まずは説明します。

ホーム画面の下部分に「近くのお店」というボタンがありますが、このボタンを押せば、自分の現在位置からPayPayで決済することができる店舗を検索してくれます。

PayPayには利用できる店舗と対応していない店舗に別れているので、あらかじめマップを利用して使えるかどうかわかれば、「利用できません」と言われて困ることはなくなりますよね。

このようにGoogleマップのようなものが表示されるのですが、赤枠で囲った部分が「PayPay利用可能店舗の一覧」となります。

例えば、ファミリーマートやエディオンなど、PayPayで決済できる店舗がずらっと表示されているわけです。

ちなみに、以下の店舗でPayPay決済することができます。

PayPay決済できる店舗

  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • 松屋
  • 魚民
  • エディオン
  • ヤマダ電機
  • コジマ
  • ビックカメラ

など

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

PayPayマップに表示されているのに「対応していない」と言われた!?

このPayPayマップを使ってPayPayを使える店舗を検索して、そこでご飯を食べようと決めた人もいるのではないでしょうか。

普通に決済できれば何の問題もないのですが、もし店舗側がPayPayの理解が足りなかったり、元々マップが間違っていたせいでPayPayを使えない場合、決済時に現金を使わなくてはいけません。

現在、そういったケースが多発しています。

どのような店舗で使えなかった?

PayPayマップには利用店舗として掲載されているのに、いざ店舗を利用したら使うことができなかった、このような店舗はどういった店舗が当てはまるのでしょうか。

基本的に全国にチェーン店が展開されているような飲食店やコンビニ、家電量販店に関しては、PayPayを使えなかったという傾向はありません。

気を付けておきたいのは、そこまで有名でないチェーン店でしょうか。

PayPayマップに載っていたのになぜか使えなかったという業種で多かったのが「居酒屋」です。

居酒屋チェーン店の中にもPayPayマップに掲載されているところがありますが、一部の店舗で、「対応していない」と言われてPayPayを使うことができませんでした。

食事したため「返品」することができないので、現金を持ち合わせていない場合は、クレジットカードで支払うしかなくなります。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

なぜ対応していない店舗がマップに掲載されている?

どうして、PayPay決済ができないのに、PayPayマップに表示されているのでしょうか。

考えられる原因は以下の通りです。

PayPay決済ができないのにマップに店舗が表示されていた原因

  • たまたまPayPay支払いに関する機能がシャットアウトしていた
  • これから対応するはずでマップに載っていたけど、まだ対応していなかった

たまたまPayPayの機能が使えなくなっていたか、近日対応のつもりでマップに掲載されていたことを気づかなかったか、が主な原因となります。

この場合は、どんな対処法を試したとしても、どうしようもないかもしれません。

そもそもPayPay支払いに対応していない店舗が掲載されているのは、PayPay側のミス(もしくは店舗側のPayPayに関する知識不足)なので、こちらからの対応が難しいです。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

PayPayマップに騙されないための対処法

上記のように、PayPayマップには「不確かでない情報」が掲載されている可能性があります。

もちろん掲載されている多くの店舗は本当に対応されているのでしょうが、たまたまアクセスオーバーによってサーバーダウンしていた場合等、思いもよらぬアクシデントがあるかもしれません。

そんなアクシデントに見舞われないため、こちらから対応することが可能です。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

店舗側に「PayPayに対応しているか」と尋ねる

一番確実なのは、「この店舗はPayPayに対応していますか?」と聞いてみることでしょうか。

例えば、飲食店で利用する前、ウエイターやレジの店員に上記通りに聞いてみてください。

PayPayのマップに載っていたとしても店側が対応していないといえばなんであっても使うことができないので、そこでダメだと言われた場合は、他の店舗でPayPayを使うようにしましょう。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

店舗にある「PayPay対応」というポップアップを見つける

店舗内に「PayPay対応」という文字がどこかにあるかもしれません。

店員に聞く前にこの文字を見かけたら、大抵店舗でもPayPay決済してくれる傾向があります。

家電量販店では見つけにくいかもしれませんが、飲食店にはメニューの近くにPayPayに関する広告があるかもしれないので、そちらをチェックしてみましょう。

利用できない店舗に直面したらPayPayに知らせよう

もし、利用できない店舗を見つけたら、PayPayに知らせたほうがいいかもしれません。

マップ上の店舗アイコンをタップすると、店舗情報が表示されるのですが、一番下に「利用できない場合の連絡先」ボタンが容易されているので、ここをタップしてください。

PayPay側が対応してくれたら、マップからその店舗が消えているはずです。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

なんらかのエラーでPayPay決済できない場合の対処法

PayPayマップがおかしい場合もあるのですが、なんらかのエラーが起こったせいでPayPay決済できないこともあります。

特に、ファミリーマートやポプラなどの大手コンビニや、有名な各種チェーン店で決済できなかった場合、エラーやPayPay残高面で不具合が起こっているかもしれません。

自分で対処可能なものもあるので、対処法を身に付けておきましょう。

PayPayがサーバーダウンしている

もしかしたら、PayPayのアクセスに関連する問題が起きていて、全店舗でPayPayが使えなくなっている可能性もあります。

どのような店舗でもPayPayを一時的に使うことができないので、そのタイミングと被ってしまったら決済できません。

Twitter等でPayPayの情報を検索していると、「今PayPayが使えない」といった情報を把握することができるのではないでしょうか。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

PayPay残高が足りない

PayPay自体の残高が足りない場合、決済することができなくなります。

入っているお金が自分が使える金額の限度ですので、それより大きい金額の決済を求められた場合、支払うことができませんよね。

クレジットカードやヤフーカードから、残高をチャージしてください。

また、登録しているカードの利用限度額いっぱい使ってしまった場合等、そのクレジットカードそのものが使えないので、当然チャージすることもできません。

PayPayでヤフーカードでチャージできない!本人認証できない場合の対処法を徹底解説

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

楽天カード

楽天カードは会員数2000万人、10年以上連続で顧客満足度1位を獲得しているクレジットカードです。

申込が簡単で、比較的と折り易いと評判。

一般カードは年会費永久無料なのでメインのカードは勿論、「念のために一枚持っておく」カードにもおすすめです。

楽天カードの還元率は常時1%。楽天サービスの利用や楽天ペイとの紐付けで、更にお得に使うことができます。

クレカの還元は独自のポイントで分かり難いこともありますが、楽天カードの還元は楽天スーパーポイントで行われます。

楽天関連のサービスで使えますし、楽天ペイを併用すればそのまま買い物に使うことも可能です。

お得な入会キャンペーンやサービスが行われている事も特徴。カード管理アプリが使い易いなど、関連サービスも充実しているのもおすすめポイントです。

また、他のクレカに比べてもデザインが豊富なのも嬉しい点です。

おすすめポイント

  • 会員数2000万人
  • 10年以上顧客満足度1位
  • 永久年会費無料
  • 還元が楽天スーパーポイントなので使いやすい
  • 楽天ペイとの紐付けで更にお得
  • キャンペーンも充実
  • カード管理アプリなども使い易い
  • カードのデザインが豊富

イオンカード

イオンカードのオススメポイント!!

  • イオン銀行の普通預金金利が最大年0.15(税引後0.119%)(変動金利です)
  • 全国約55.000台のATMで、入出金手数料が365日24時間無料!!!
  • 振り込み手数料0円!!!
  • 電子マネーWAONのオートチャージ

以外にもお得な特典が盛りだくさん!!しかもなんとシネマ映画料金もいつでも300円引きです!

↑詳細や登録は上記から出来ます

バンドルカード

おすすめポイント

  • 簡単にクレジットカード代わりのカードを発行できる
  • 年会費・月額料金は無料
  • 紛失した際は一時停止すれば利用を停止できる(再開も同様)
  • VISA加盟店ならどこでも使える
  • 通販に強い!リアルカード発行で現実でも使える
  • 手元にお金がないときにおすすめ!
  • クレジットカードのように使い過ぎることがない

どんな人でも作成可能なVISAのプリペイドカードであるバンドルカードは、スマホアプリで簡単登録できます!

年会費や月額料金等、普通のクレジットカードにあるような要素はありません。登録しておくだけならタダで、緊急でお金が必要だけどお金がない時等に役立たせることが可能です。

登録後すぐに発行されるのは「インターネット専用」のバーチャルカードですが、リアルカード発行で現実のお店でも使えるようになります。

バンドルカードの「ポチっとチャージ」はあらかじめバンドルカードに残高を入れておくことができる機能ですが、入れた金額は完全後払いで、お金がない時にでも制限付きでチャージを行えます!

後払いでないと支払うことができないけどどうしても今すぐ商品が欲しい時等に活用してください!

 

-paypay(ペイペイ)

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.