BIGO LIVE(ビゴライブ)のハートとは?ハートの詳細と使い方を徹底解説

今回は、BIGO LIVE(ビゴライブ)のハートとは?ハートの詳細と使い方を徹底解説していきます。

他のライブ配信アプリにも「ハート」「いいね」という要素がありますが、BIGO LIVE(ビゴライブ)においてはどのような役割があるのでしょうか。

BIGO LIVE(ビゴライブ)のハートの全貌を下記で解説していきます。


BIGO LIVE(ビゴライブ)のハートとは

BIGO LIVE(ビゴライブ)におけるハートとは、配信をしたときにリスナーから貰うことができるアイテムのことです。

上記画像の赤枠にハートが流れていますが、画面をタップすることでライバーにハートを贈ることができます。

どのようなリスナーでもハートを贈ることができるので、ハートが常に流れている配信を見ると「リスナーから応援されている」「盛り上がっている」という印象を受けますよね。

ハートを贈ることができる(貰うことができる)と言っても、実際に貰った側のライバーがアイテムとして使うことはできません。

「配信がどれだけ盛り上がった」の指標となるので、BIGO LIVE(ビゴライブ)を使っていく上で必要なステータスとなるのだと考えてください。

このハートシステムはイチナナやポコチャ、ミラティブにも存在します(ハートではなく「いいね」となっているアプリも多いです)。

ハート以外の形もある

上記画像のように、いいねのマークや♪のマークが画面に流れることもあります。

これもハートと同じ効果を持っていて、画面をタップすることでライバーに贈ることができます。

マークが違うだけでハートとはなんら変わらないので、違うマークが出てきたとしても特に気にする必要はありません。

ハート数は配信右下を見ればわかる

ハート数に関しては、画面の右下を見たらいくつハートを贈られたかをチェックすることができます。

このハート数は「この配信内でハートをいくつ貰ったか」ということなので、そのまま配信の盛り上がりポイントだと考えても構いません。

画面にはハート以外のマークが流れることもあるので、ハートの数というよりは「リスナーから画面をタップしてもらった回数」と考えてもいいでしょう。

ハートは完全無料

BIGO LIVE(ビゴライブ)の「ギフト」に関してはダイヤを入手(課金)しなくてはプレゼントすることができません。

しかし、画面タップするだけでライバーに渡すことができるハートに関しては、ダイヤの消費は必要ありません。

無料でガンガンハートを渡すこともできるので、課金したくないけどライバーを強く応援したいと思っているのであれば、ハートを活用したほうがいいでしょう。

BIGO LIVEのハートはどのような時に役に立つのか

BIGO LIVE(ビゴライブ)のハートは、ライバーにとってもリスナーにとっても大切なステータスアイテムとなります。

ハートをどのように活用していけばいいかわかっていた場合、リスナーも好きなライバーのためにハートを贈ろうと考えるかもしれませんし、ライバーも気軽にハートちょうだいと伝えることができるかもしれません。

どのようにハートを使うとどのようなことが起こるのかを見ていきましょう。

画面にハートが入り乱れて配信が盛り上がっているように見える

配信画面は大抵ライバーの顔が映されていますが、それだけではやはり物足りませんよね。

画面上にリスナーからプレゼントされるハートが常に流れていたとしたら、リスナーの顔出し配信だけでなく、盛り上がった配信なのだと知ってもらうことができます。

リスナーもライバーを応援するためにハートを贈っているので、「配信を盛り上げることが応援すること」だとわかっている人は、画面をタップしてハートをたくさん贈ってくれます。

ライバーから名前を覚えてもらえる

ライブ配信が終了したタイミングで、どのリスナーがどれだけハートを贈ってくれたかを把握することができます。

もし、他のライバーよりもハートプレゼント数がずば抜けていた場合、ライバーはそのリスナーの名前を自然と覚えるようになります。

自分のことを一番応援してくれている人のうちの一人なので、当然と言えば当然ですよね。

BIGO LIVE(ビゴライブ)に好きなライバーが出来た場合、積極的に画面タップを行って、自分の名前を覚えてもらいましょう!

PK配信ではハートの数も競われる

BIGO LIVE(ビゴライブ)には「PK配信」という機能があります。

PK配信はライバーが1対1でライブ配信をする機能で、上記画像のように1人のライバーが画面半分の枠を使ってライブ配信することになります。

当然、この配信でもリスナーからの応援を受けることが可能で、ハートはもちろん各種ギフトを受け取ることもできます。

PK対決は「どちらの配信がより盛り上がったか」を競うもので、具体的な盛り上がりポイントはギフトやハートによって決定されます。

つまり、PK配信しているライバーはひとりでも多くの人からハートやギフトをプレゼントされたいと思っています。

自分が好きなライバーがPK配信していた場合、そのライバーを応援して勝利してもらうために、画面タップを続けてハートを贈り続けるのがいいでしょう。

BIGO LIVE(ビゴライブ)のビーンズとは?換金方法やギフトの値段を徹底解説

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

第1位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

 

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.