Pococha(ポコチャ)のボーダーについて!高いランク帯・低いランク帯を徹底解説

Pococha(ポコチャ)でランクを上がる場合は応援ポイントの「ボーダー」をクリアしないといけません。

ボーダーが高ければ高いほどランクが上げづらく、自分もボーダーをクリアするためにライブ配信を行う必要があります。ボーダーが低ければ必要応援ポイントも少なくなります。

どのランク帯でどのくらいのボーダーとなっているかを見ていきましょう。


Pococha(ポコチャ)のボーダーについて

Pococha(ポコチャ)のランクを上げるためには、1日の間に応援ポイントをできる限り多く集める必要があります。

しかし、RPGゲーム等のレベル上げのように決まった応援ポイントを獲得するのではなく、「上位〇%だとランクアップ」のような仕様なので、ランクアップのボーダーが存在します。

2020年6月にランクアップの仕様一部が変更したり、Pococha全体がライブ配信アプリの中でメジャーになったことで、それに沿ってボーダーも少しづつ変化があります。

Pococha(ポコチャ)の「応援ポイント」って何?獲得方法と使い方を徹底解説

ランクを上げるための盛り上がりポイントにボーダーがある

上記画像の赤枠は、Pococha(ポコチャ)のマイページ画面を開いたら一番上に表示されます。自分のランク帯のボーダーを表す帯で、帯の下に小さく数字が書かれています。

この数字こそが「ランクアップ(ランクダウン)に必要な応援ポイント」で、帯の上には今自分が該当ランク帯で何位になるのかも表示してくれます。

メーターがどこにあるかを見ればランクアップ圏内かも確認することが可能で、メーターが右にあればあるほど該当ランクで順位が高いことを表しています。

Pococha(ポコチャ)のランク・メーターに関しては下記を参考にしてください。

Pococha(ポコチャ)の「メーター」って何?ライバーを応援するための仕様を徹底解説

Pococha(ポコチャ)のライバーランクの詳細と時間ダイヤの関係性について徹底解説

ランク制度見直しが6月に施行されている

ランクの見直し

  • 2020年6月22日に実装
  • ランクアップ・ランクダウンの条件を調整(獲得できる割合をアップ)
  • +・-の表記ではなく「A1」「A2」のように数字でランクを表記
  • 「S4」「S5」のランクを追加
  • ランクアップ・ランクダウンに必要な数値の変更
  • 各ランク帯で人数が多すぎてボーダーも大きくなりすぎた対処法となる

Pococha(ポコチャ)では6月22日にポコチャのランクアップ・ランクダウンに関する修正を行っています。

例えば、今までは「下位40%・未配信はランクダウン」「上位10%は2ランクアップ」のように、各割合ごとにランクアップの条件は決められていました。

しかし、ボーダーが高くなるにつれて増減する割合も増やしていくアップデートを行っていて、例えばボーダーが高くなれば高くなるほど2ランクアップの条件も緩くなります(12%が該当等)。

このランクの見直しも現在のPocochaのボーダーに大きく関係してくるもので、まだランク見直しが行われて1カ月程度しか経っていないことから、ランクのボーダーも計算しづらい状態となっています。

一部のランク帯ではボーダーが低くなりランクアップしやすくなった

Pococha(ポコチャ)が実装したランクの見直しで、例えば上位10%に入れなくてもボーダーが高い状態だと10%未満だとしてもランクが3段階上がる可能性があります。

ランクを上げたいポコチャユーザーからしたらありがたい仕様変更ですが、ランクダウンを3回行ってそのランク帯で「-3」になった場合にランクを下げられてしまうので、ランクダウンも同時に可能性が高くなっています。

そんな中で、「ランクが増えたSランク帯」は、今までSランクだった人たちが5分割されたことで、Sランク帯ごとの人数が今までよりも少なくなっています。

人数が少ないとランクアップ・ランクダウンに必要な数値も今までと同じになってしまいますが、その分ライバルが少ないので勝負をかければランクアップしやすいと考えてください。

月初め・イベント中等は例外なくボーダーは高い

「月初め」「イベント中」はどのランク帯も万遍なくボーダーが高くなる傾向があります。

ボーダーが高くなる理由は単純に多くの人がライブ配信を行っているからで、Pococha(ポコチャ)にはマンスリーランキングやイベントランキングが実装されているので、それに合わせてライブ配信を行って少しでも順位を上げようと考えているのでしょう。いわゆる「スタートダッシュ」です。

このタイミングだと適正ランク帯にいない場合(ランクが上がったり下がったりと安定しないランク帯)だといつもよりもランクが下がってしまう可能性が高くなります。

ただし、その日にライブ配信を行わないと問答無用で1ランク下がってしまうので、ライブ配信を行うしかありません。月初め、イベント中にいかにして他の同ランク帯のライバルよりいいライブ配信を行うかを考える必要があります。

ライブ配信アプリ「Pococha(ポコチャ)」の詳細と稼ぐための方法

Pococha(ポコチャ)の実際のボーダーラインについて

Pococha(ポコチャ)のボーダーラインは日々変わっています。たくさんの同ランク帯にライバーが配信すればボーダーは大きくなりますし、ライバーがライブ配信をしていないのであれば、ボーダーは少なくなります。

ポコチャのマイページ画面にてボーダーとメーターを確認することはできますが、日付が変わった直後はまだライブ配信がはじまっていないのでメーター下部の応援ポイントも少なく、日付が変わる直後は1日中のライブ配信が計上されているので、それだけ応援ポイントも大きくなります。

そのため、どのランク帯でも明確なボーダー数値を出すことは不可能です。

ランク帯通常時のランクの上げやすさイベント・月初めのランクの上げやすさ
S1からS3かなり上げにくいかなり上げにくい
S4・S5やや上げやすい上げにくい
A帯普通上げにくい
B帯やや上げやすい上げにくい
C帯普通上げにくい
D帯かなり上げにくいかなり上げにくい
E帯かなり上げにくいかなり上げにくい

S帯からB帯にかけてはライバーの絶対数が少ないので、人気が一定数あるのであればその分応援ポイントを貰え、ランクを上げやすくなっています。

逆に、D・E帯だとライブ配信をはじめたばかりということもあって、リスナーが非常に少ない状態になります。2時間配信したとしても人が集まらず、ランクダウン圏内となってしまう可能性が高いです。

Pococha(ポコチャ)では「2ランクアップ」「1ランクアップ」「現状維持」「1ランクダウン」が1日の配信状況でいずれかが決定しますが、一度でもE3からE2になれば一定数のリスナー・ファンができたことになるので、流れがあるのであればランクは落ちにくいです。

効率よくボーダー値をクリアする方法

ボーダーをクリアするためには「応援ポイントをいかに稼ぐか」が重要です!

応援ポイントを上げる方法

  • リスナーに視聴・いいね・ギフトを送ってもらう
  • たくさんの人から視聴してもらう
  • ライブ配信の時間を長くする
  • 毎日継続してライブ配信を行う
  • SNS等で共有してリスナーを集める
  • ライブ配信が無理そうならお休みチケットを利用する

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第4位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる

DokiDoki Live(ドキドキライブ)

ドキドキライブは初めてカラオケ配信を導入したライブ配信アプリです。

多くのライブ配信アプリでは、カラオケ配信が禁止。音源を使ってはいけなかったり、オリジナルソングしか歌えないなどの制限があったりします。

ドキドキライブは気兼ねなくカラオケ配信が可能。音質や歌詞表示などの機能も充実しています。

ライブ配信だけでなく動画配信機能もついており、ライブ配信以外でもお気に入りの配信者を探すことができます。

ライブ配信後の配信アーカイブ機能もあるので、気になった方の手軽に配信をチェック可能。配信スケジュール機能やファミリーチャット機能も備わっています。

配信側としても再生数に応じた報酬も発生しますし、配信時間以外でもファンを獲得できるメリットになります。

配信も視聴も、無料で行う事が可能。勿論他の多くのライブ配信アプリと同じく投げ銭機能もあります

配信画面はデフォルトでフィルター機能が付いており、スタンプも搭載。付け忘れて配信を始めてしまう心配もなく、手軽にライブ配信を行う事ができます。

おすすめポイント

  • カラオケ機能搭載
  • ライブ配信だけでなく動画配信も可能
  • アーカイブ機能で配信外でもファンを獲得できる
  • 高性能のフィルターやスタンプ完備

IRIAM(イリアム)

IRIAM(イリアム)のおすすめポイント

  • 「VTuber」のライブ配信アプリ!
  • バーチャルキャラクターをかわいく着せ替えることができる
  • キャラが二次元なので顔を出す必要がない!
  • 通信や画質等も綺麗で使いやすい

IRIAMは今流行っている「VTuber」がライブ配信するような形式のライブ配信アプリです。

VTuberとは「バーチャルユーチューバー」の略で、自分自身の顔を出さずとも自分の分身となる可愛いバーチャルキャラクターを操作して配信している人たちのことです。

バーチャル(二次元)ならではのかわいさが目白押しアプリで、万が一自分の顔等に自信がないという人はチェック必須のライブ配信アプリです。

例えば、現実の自分と全く違うような容姿をしたキャラクターも作成可能ですし、かわいらしい衣装を着せることも可能です。

現実ではありえない「猫耳」等のオプションを付けて、より二次元のキャラクターらしくデコレーションすることができるでしょう。

ただし、IRIAMでライブ配信したい場合は、IRIAM公式が開催するオーディションに合格する必要があります。

自己紹介の音声などを送る必要があるのでやや敷居が高いかもしれませんが、採用されればIRIAMの公式ライバーとなることができるでしょう!

トークライバー

トークライバーは女性が稼げるライブ配信アプリとしてオススメです。

配信者は女性のみで視聴者は大半が男性、視聴は有料ですが配信は無料になっています。

特徴的なのは、オープン配信とツーショット配信の2種類が用意されていることです。

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

オープン配信とツーショット配信の違い

  • 多くのライブ配信アプリと同じように配信者1人の配信を多数の視聴者が見る
  • 配信者1人が視聴者1人に対して、音声または映像で配信

運営会社も、東京に本社を置く日本の会社なので、ブロックや通報などの運営のサポート体制も迅速だと評判です。

また、ノンアダルトが徹底しているので安心して配信することができます。

トークライバーは、稼げる仕組みも充実しています。

稼げる仕組み

  • ギフトの還元率最大50%
  • オープン配信1分ごとに最大15スター報酬ゲット
  • 音声・ビデオ通話1分で最大60スター
  • メッセージ1通につき10スター

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

更に、初心者ミッションで1000スター、一ヶ月ログインし続けるだけで1200スター以上が貰えます。

元々2018年にマシュバラトークとしてスタートし、2019年に改名しました。

配信者がまだ少な目なので、有名になり易いアプリと言えます。

また、配信者側から視聴者を検索してメッセージを送り、ファンを獲得するなんてことも可能です。

おすすめポイント

  • オープン配信とツーショット配信がある
  • 運営のサポート体制が充実している
  • 稼げる仕組みがはっきりしている
  • まだまだ配信者が少な目なので有名になり易い
  • 配信者が能動的にファンを増やしていける

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

ライブ配信アプリ「Pococha(ポコチャ)」の詳細と稼ぐための方法

Pococha(ポコチャ)の「おやすみチケット」とは?詳細と使い方等を徹底解説

Pococha(ポコチャ)の「応援ポイント」って何?獲得方法と使い方を徹底解説

 

-ライブ配信
-,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.