解説、アプリの使い方

SNSデイズ

ライブ配信アプリ「17Live(イチナナ)」の課金全貌!課金の楽しさや課金方法徹底解説!

更新日:

今回は、ライブ配信アプリ「17Live(イチナナ)」で課金する楽しさや課金方法徹底解説していきます。

ライバー(ライブ配信者)と関わるには、ライブ配信を視聴するのが一番手っ取り早いのですが、人気ライバーさんのライブ配信だと人が多すぎて、ライバーさんに自分を認知してもらいにくいです。

そんなときは、あまり言い方はよくないかもしれませんが、ライバーさんに媚びを売って自分の存在を知ってもらいましょう。

その、具体的な媚売りの方法こそが「17Live(イチナナ)の課金」です。

17Live(イチナナ)は、自分で課金してプレゼントを購入し、それを視聴しているライバーさんに渡すことができるため、そのプレゼントをいつもくれるような人だと、ライバーさんから覚えてもらえやすいカラクリです。

早速、17Live(イチナナ)の課金の楽しさや気になる課金方法を紹介していきます。

なぜ17Live(イチナナ)で課金を?17Live(イチナナ)の課金のここが面白い!

まずは、17Live(イチナナ)で課金をする面白さについて紹介します。

ライブ配信アプリとはいえ、17Live(イチナナ)はれっきとしたSNSですので、課金要素があることに驚く人もいるかもしれません。

LINEなどはスタンプ購入のために課金しますが、17Live(イチナナ)は、「相手にポイントをプレゼントするため」に課金します。

先ほどちょっとだけ触れたLINEもそうですが、課金の大半は「自分のため」にアプリ内のサービスを利用するためのものです。

LINEの場合はスタンプで、アイドル育成ソーシャルゲームの「ときめきアイドル」は、ガチャでかわいい推しの女の子を手に入れるためで、「白猫プロジェクト」などは、ガチャで強いキャラを手に入れるため、課金しているはずです。

この課金は全て、「アプリの楽しさを自分で購入している」ようなもので、従来の課金といえば、このような形態を思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、17Live(イチナナ)の課金は一風変わっていて、課金で得たポイントは自分のために使うのではありません。

17Live(イチナナ)では、ライバーさんを応援するため、プレゼントとして課金で得たポイントを渡します。

完全に自分のためにポイントを使っているわけではなく、他人に渡すために課金していますよね。

ここで注目したいのが、「課金しなかったとしても、ライブ配信の視聴自体はできる」ことです。

しかし、17Live(イチナナ)のユーザーの一部は、課金しなくてもいいにも関わらず、課金して気に入ったライバーさんにプレゼントを渡そうとしています。

自分のために使うポイントというわけでもないのに、なぜこの人たちは17Live(イチナナ)で課金をしているのでしょうか。

17Live(イチナナ)で課金する人は、このような考えを持って課金しています。

  • ライバーを応援したい
  • ライバーに自分を覚えてもらいたい

実は、17Live(イチナナ)はどちらかというと、元から「富裕層」が好んで利用しているアプリで、お金を娯楽に使いたいユーザーが、課金をしています。

特に自分のためにお金を使わなくていいので、面白い人がいたり、自分が応援したくなるような人にプレゼントしたいという、人間の優しさのような感情から、課金をしています。

このような人たちは、「ライバーを応援すること」を自身の楽しみだと思って17Live(イチナナ)に課金をしているため、同じく「楽しみ」を購入しているLINEやときめきアイドルに課金するのと大して変わりません。

また、「ライバーに自分を覚えてもらいたい」と考える人も、17Live(イチナナ)で課金をしています。

例えば、人気があるライバーさんのライブ配信は、本当にたくさんの人が集まるため、ライバーもその人たち全員を覚えるのは難しいです。

そのため、ユーザー側が課金をしてライバーにポイントをプレゼントすることによって、「この人はポイントくれた人だ!」と、感謝の気持ちからユーザーを認知しやすくなるわけです。

もちろん、「ちょっと好き!」程度ではたくさんのお金を課金しようとは思わないのではないでしょうか。

ひとりのライバーに1万円も2万円も課金しているような人は、「本当にそのライバーさんが好き」だと考えていることがわかります。

そのような人に自分を覚えてもらいたいという気持ちは当然ですし、現実で例えると、AKB系列のアイドルのCDをたくさん購入して握手券をゲットするのと同じです。

そのため、従来の課金者とはまた一風違ったユーザーが楽しく課金できる可能性が高いアプリで、有名なソーシャルゲームが好きという人より、アイドルやインディーズバンドを「支える気持ち」で応援している人がはまりやすいです。

もちろん、そのような人たちでも、肝心のライブ配信自体を面白いと思わなかった場合は、課金しようとは思わないので、まずは自分で面白いライブ配信を探すことから始めてみましょう。

ライブ配信を楽しみたいだけでなく、誰かを支えることが好きな人にとっては非常に魅力的な課金ができるのが、この17Live(イチナナ)です。

気になる!17Live(イチナナ)で課金する方法徹底解説!

17Live(イチナナ)に課金する魅力は充分伝わったでしょうか。

早速、17Live(イチナナ)で課金するための方法を紹介していきます!

ライブ配信から直接課金してプレゼントを購入しよう!

上記の画像は、とあるライバーさんの配信ページなのですが、このページの下部にツールバーのようなものがあるのを確認してください。

そこで、左から2番目のアイコンと、一番右のアイコン、どちらでもいいのでタップしてください。

この2つのアイコンがライブ配信を応援するためのプレゼントを渡すアイコンで、右が従来のプレゼントアイコンですが、左から2番目はスペシャルアイテムを贈ることができるアイコンとなっています。

最初は、スペシャルアイテムをプレゼントするよりも、右アイコンの中にある初心者用プレゼントやイベント用プレゼントを試しでプレゼントするのがいいです。

なぜなら、一度ライブ配信を見ただけでそのライバーの全貌は見えてこないからです。

例えば、スペシャルアイテムをプレゼントしたけれどそのライバーさんの配信を長い目で見ると面白くなかった場合、スペシャルアイテム分の課金を無駄にした気持ちになるのではないでしょうか。

ともあれ、ライバーにプレゼントするアイテムが決まって、自分がポイントをすでに持っている場合は、好きなアイテムを選択しましょう。

しかし、分がポイントを持っていない場合は、「チャージ(課金)」して、ポイントを購入しなくてはいけません。

画面右下にある「チャージ」を選択してください。

このように、ポイント購入画面が出てきますので、自分が欲しいだけのポイントを選択して、課金しましょう。

ちなみに課金額と入手ポイントは、以下のとおりです。

  • 14,000ポイント(11,800円)
  • 6,500ポイント(6,000円)
  • 2,400ポイント(2,400円)
  • 1,100ポイント(1,200円)
  • 500ポイント(600円)
  • 100ポイント(120円)

また、自分が使っているスマホのストアアプリで勝手に決済されますので、iTunesカードなどは不要です。

自分が買いたい分だけのポイントをチャージしたら、今度はプレゼントしたいモノを選択しましょう。

これで、ライブ配信画面から課金して、ライバーを応援することができました。

この課金をマーケティングの観点から見ると非常に面白く、購入ポイントが多ければ多いほど、ポイントと課金額の比率がお得になっている仕様ですので、長く17Live(イチナナ)を利用するのなら、たくさんポイントを購入したほうが、ちょこちょこ課金するよりもお得になります。

マイページからも課金することができる!

17Live(イチナナ)にも個人のマイページがありますが、そのマイページからでも課金することができます。

まずは、ホーム画面の右下にある「マイページ」をタップするようにしてください。

その後、マイページを少し下の方に進んでいくと「マイポイント」という項目があるので、そこをタップしてください。

このページは、簡単に言うと自分のポイント管理画面で、自分のポイント購入履歴や使用履歴を閲覧することができます。

もちろん、このページから課金することも可能です。

まずは、画面右上の「購入」をタップしてください。

先ほどと全く同じボックスが出てきますので、同様に自分が課金したい分だけチャージするため、該当ポイントを選択します。

その後、自分のスマホのストアアプリで決済が完了されますので、そのポイントを自由に使うことができるようになります。

17Live(イチナナ)にも「定期的」な課金がある?

先ほど紹介した課金方法は、面白いライブ配信を見て応援しようと思ったときに購買意欲が発生する、いわゆる「衝動買い」のようなものです。

この方法で課金するのももちろんいいのですが、 17Live(イチナナ)を長く続けていきたい場合は、定期的に課金が発生するサービスを利用するのもひとつの手です。

今回は、17Live(イチナナ)の定期的な課金についても紹介します。

プライムユーザーにアップデートしよう!

17Live(イチナナ)には、定額課金の制度があり、「プライムユーザー」と言われています。

このプライムユーザーになることで、ライバーのライブ配信を見るときに、一般ユーザーと違った通知がライバーに行きますので、ライバーから「プライムユーザーが来た!」と思われます。

その他、コメントのデザインがおしゃれになったり、ユーザーページにダイヤモンドマークが追加されます。

ただし、定額料金が発生するため、お金はかかってしまいます。

一か月で約1,000円(ドル表示で金額が書かれているため、ドルの価値が変わるたびに日本円も変動します)必要になります。

ただし、通常の課金と違って、このプライムユーザー課金だけではポイントをゲットすることはできないので、その部分だけは注意してください。

ちなみに、プライムユーザーになるには、先ほど紹介したマイページ内にある「プライムユーザー」を選択して、課金に同意するだけでいいので、方法自体は難しくはありません。

ライバーアーミーに入ろう!

ライバーアーミーとは、「好きなライバーさんの親衛隊」のようなもので、自分が入隊したライバーさんのライブ配信に入ると、特殊アニメーションが入ります。

他にも、特別ギフトをライバーさんに贈ることができたり、自分がライバーアーミーに入るために課金した分がライバーさんの収益に繋がったり、特定のライバーさんを応援することに特化したサービスです。

17Live(イチナナ)で本当に好きで、コミュニティに入れてもらえるようなライバーさんを見つけた場合、勇気を出してライバーアーミーになってみるのも、面白いかもしれません。

ライバーアーミーには階級が存在し、階級が高くなるにつれ課金額は上がりますが、ライバーさんには注目されやすくなります。

階級と、1ヵ月ごとの課金額は、以下のとおりになります。

階級 課金額(1ヵ月ごと) 待遇
大佐 188,000円 ライブ配信視聴優先、入室通知、特殊ギフト、コメント無制限、専属プロフィール写真ゲット など
中佐 37,500円 ライブ配信視聴優先、入室通知、特殊ギフト、弾幕コメント使用可能、専属プロフィール写真ゲット など
少佐 18,800円 入室通知、ライブ配信視聴優先、特殊ギフト、専属プロフィール写真ゲット、弾幕コメント使用可能 など
軍曹 3,750円 入室通知、ライブ配信視聴優先、特殊ギフト、専属プロフィール写真ゲット、弾幕コメント使用可能 など

待遇を見ると、同じようなサービスばかりではありますが、階級が上になればなるほど豪華なプロフィール写真や専属バッチをゲットすることができ、視聴優先も階級が上の人が優先です。

軍曹だと一か月で3,750円程度で済みますので、普通の課金と同程度かもしれませんが、大佐クラスになると10万円以上ひとりのライバーにつぎ込むことになるため、どのライバーのアーミーになるかはちゃんと考えましょう。

とはいえ、「本当にこの人が好き!」と思わなければここまで課金しようとは思わないだろうと思いますので、その点は問題はないでしょう。

「ガーディアン」になってライバーの特別になろう!

17Live(イチナナ)には、ひとりのライバーさんの「ガーディアン」になることができます。

ガーディアンとは、「1人のライバーさんの守護者」のような役割を持っていて、ライバーさん本人に「あなたのファンなので守ります」と、アピールすることができます。

しかし、守護者と言ってもライブ配信は別にバトルモノのスマホアプリではありませんので、名ばかりの守護者だと思ってくれて構いません。

ただ単純に、「この人の一番のファン」だとライバー本人や他のファンに認めてもらえることだけがメリットになりますが、大手ライバーのガーディアンになることができれば、自分の存在は間違いなく認められます。

なぜなら、ライバーのガーディアンはライバー本人が決めるわけではなく、「ガーディアンオークションでガーディアンの座を落札すること」で、ガーディアンになれるからです。

つまり、数多くの落札者の中で一番高い金額を払った人こそがガーディアンになれるわけです。

1週間おきにガーディアン変更のチャンスがあり、そのたびにガーディアンのオークションが開催されますので、興味がある人はオークションに登録してみましょう。

ちなみに、ガーディアンのオークションは、ライバー本人のプロフィール画面から確認することができます。

ライバーページの右上に「ガーディアン」という項目があるため、タップしてみてください。

すると、現在のガーディアンと、過去のガーディアンを確認することができ、自身も「入札」を押すことでガーディアンオークションに参加できます。

この人の場合は、このかわいらしい犬アイコンの人が、毎回ガーディアンの座をオークションで勝ち取っています。

ガーディアンになれば、ライバーに認知されるだけでなく、ライブ中のコメントが目立ったり、入室時の演出が派手になります。

17Live(イチナナ)の課金の楽しみ方や課金の種類まとめ

今回は、17Live(イチナナ)課金の面白さや、課金の方法、種類など詳しく紹介しました。

応援して支えるのが好きな人にとっては非常に相性がいい課金システムで、アイドルのライブ配信者バージョンだと思えば、自分のために使うのではなくても、充実した課金にすることができるはずです。

ぜひ、応援したいライバーさんを見つけて、ちょっとずつ応援してみてはいかがでしょうか。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今年最も勢いのあるアプリは、やはり「イチナナライブ」「ライブミー」かと思われます。1番「リアル」で1番「新しい」そして若いのが「イチナナ」「ライブミー」ですね。

17Liveもミクチャもオススメなので分類に分けて解説していきます。

「殿堂入り」17(イチナナ )Live

台湾発ライブ配信アプリ「17Live」の使い方

ライブ配信アプリ「17Live」。台湾発でありながら、多くの国でユーザーを獲得しています。

圧倒的に美男美女が多いことも特徴の1つ。

また、大きな特徴としてライブ配信を通じた収益がしっかりと機構として取り入れられている点です。ライブ配信者への報酬といった面ではどのライブ配信アプリでも同じですが、17Liveに関してはロイヤリティの設定、収益レポートなどが他と比べて充実しています。

 

最近では「日本の事務所の人か!?」ってぐらいかわいくて、中国語もうまくて、配信内容も面白い日本人が徐々に参戦しています。

【特別編】Pococha(ポコチャ)

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのITALIAN業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今が稼げるチャンスです!今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位「live.me(ライブミー)」

動画のライブ配信・生放送SNS「Live.me(ライブミー)」!全世界で話題の無料SNSアプリ。誰でも簡単に、思いついたらその場で動画のライブ配信可能!

ライブ配信ではユーザー同士がリアルタイムでチャット可能!お気に入りの配信者に「いいね」のハートを送ったり、コイン課金を利用すれば、動画の再生中にプレゼントを贈ることも可能です。

あなたの動画視聴者から、プレゼントが届いたりします!!

↑上記からもダウンロード出来ます。

「SNSを使ってファンを増やして、プレゼントをゲット!」

第2位「マシェバラトークライバー」

今じわじわと人気を集めているライブ配信アプリ「マシェパラ」!!まだ知名度は「イチナナ 」「ライブミー」に比べたら低いですが、最近密かに人気を集めています。

「ランキング機能」

  • 配信中に視聴者からギフトやメッセージを貰うとスターが貯まります。ランキング上位にランクインすることで視聴者が配信を見に来てくれるので、ランクイン目指してライブ配信を継続して頑張りましょう!

まだ有名なライバーが少ないので、人気者になれる今がチャンスです!

第3位 「MixChannel(ミクチャ)」

 

とにかくミクチャ。まずミクチャ。他の配信アプリみたいに、背景をしっかり整えていない人が多いのもミクチャの特徴!笑朝は、学生が学校に行く前の準備の配信をしてたりと、カオスな中で光るものを見つける楽しみ。それがミクチャにはあります!笑

 

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.