ライブ配信アプリ「ピカピカ」の使い方と配信方法・他のライブ配信アプリとの比較を徹底解説

ライブ配信アプリ「ピカピカ」にもこのアプリにしかない魅力で詰まっています。

音声配信・サークル機能によって趣味で多くのユーザーと繋がる等、様々なおすすめポイントがあります。


ライブ配信アプリ「ピカピカ」とは

ライブ配信アプリの「ピカピカ」はまだ日本にそこまで浸透していないアプリですが、これから人気になる可能性が高いアプリのひとつです。

音声でコミュニケーションを取ることに重点を置いている時点でイチナナやポコチャと差別化できていますが、サークルやチャット等の機能でさらに深くコミュニケーションが可能です。

ピカピカの詳細

ピカピカの詳細

  • 中国アプリ「kilakila」の日本版
  • 夢の光株式会社が運営
  • 音声配信メイン
  • 音声投稿もできる
  • バーチャルカスタマイズでキャラクター作成可能
  • サークルで趣味繋がりを作れる
  • アクティブユーザーは1000人以上

中国から来たアプリを日本の会社が「日本版」とアレンジしてリリースしたのがピカピカです。

日本の会社から運営されているので安全性も高いアプリだと判断可能です。イチナナやポコチャとの差別化部分もあり、「バーチャルカスタマイズ」「音声配信」「サークル」がおすすめポイントとなっています。

比較的新しいラジオ配信アプリ

ユーザーの特徴

  • 日本人はまだまだ多くない
  • 2018年5月リリース
  • ライバーの競争率が低め

2018年にリリースされたばかりなので、イチナナやポコチャと比較するとまだまだ歴史の浅いアプリであると言えます。

その分まだまだピカピカに参入していないライバーも多いので、今からピカピカで稼ぐために努力を行っても間に合う可能性が高いです。

ピカピカの使い方

ピカピカで稼ぐためには「使い方」もマスターしておく必要があります。

どのような部分に気を付ければいいかも確認しながら、使い方を理解してください。

まずは会員登録

まずはピカピカに会員登録してください。

「新規登録」を選択して会員登録した場合はメールアドレスのみでの登録になります。オレンジ枠の中には各種SNSアイコンが表示されていて、それぞれ「LINE」「Twitter」「Facebook」です。

これらのSNSで連携してピカピカを利用した方が楽なので、連携しておくことをおすすめします。

メールアドレスで登録する場合は上記画面が表示されます。

Google等の捨てメールアドレスでも問題ないので、気軽に登録可能です。

SNSで連携させた場合は、上記のようが画像が出てきます(画像はLINEで連携した場合です)。

「同意する」を選択してアプリを連携させるだけで、ピカピカを開始させることができます。

ただし、ピカピカの名前は「連携したSNS通りの名前」となっているので、変えたい場合は別途プロフィール編集を行う必要があります。

ライブ配信を視聴する

ライブ配信を視聴したい場合は、上記赤枠の「検索」からライブ配信を検索するか、ホーム画面に表示されているおすすめ・ランキング上位のライブ配信を選択します。

あらかじめライバーをフォローしていた場合は「モーメンツ」にてライブ配信が始まったタイミングで通知が来きます。

上記画像がライブ配信画面です。

ピカピカは音声配信がメインで行われているので、原則としてライバーの顔は映し出されません。ただし、画像を自分たちで設定することもできるので、自撮り画像を使ってライブ配信を行うことはできます(している人はほぼいませんでした)。

ライブ配信を視聴する際に活用必須の機能も紹介していきます。

コメント機能

どのライブ配信アプリにも用意されている「コメント機能」はピカピカにも健在です。

ライブ配信画面左下を選択すればコメントを投稿できます。「初見です」「こんにちは」等の挨拶から入って、音声で会話している内容を読み取ってその会話に合わせるなんらかのコメントを投稿しましょう。

リスナーのコメントも自分目線で読むことができるので、リスナーの話に乗るためのコメントを落としても問題ありません。

質問をする

どうしてもコメントを落としづらいのであれば「質問機能」を活用してみましょう。

コメントの右側にあるアイコンをタップすれば、そのライバーへの質問コーナーが開かれます。

基本的に自由に質問しても問題ありませんが、質問によっては答えたくないようかもしれないので、最初のうちは気軽に答えられそうなコメントを選択してください。

ギフトを渡す

ライバーにギフトを渡せば、そのギフトがそのままライバーの儲けとなります。

応援するためにはギフトが必須で、ライバーから名前を覚えてもらうためにも積極的にギフトの活用が求められますが、他のライブ配信アプリと同様「課金要素」となるので注意してください。

ライブ配信画面下のギフトアイコンをタップしてプレゼントするギフトを選択します。

シェアする

シェアできるアプリ

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

ライブ配信画面の右下の三点アイコンをタップすればシェア画面に移動します。

Twitter等のSNS以外にシェアしたい場合でも「リンクコピー」によってURLをコピーして貼り付けることでシェアは可能です。

ライブ配信を実際に行う

実際にライブ配信を行いたい場合は、ホーム画面の真ん中のピンクボタンをタップしてください。

上記画像がライブ配信編集画面です。

赤枠から自分のアルバム内にある画像をライブ配信の背景にでき、オレンジ枠の配信タイトルをタップすれば、自分の配信タイトルを決定できます。

ライブ配信に自分のバーチャルキャラクターを表示させたい場合は、緑枠にあるバーチャルキャラクターを選択します(男女どちらのキャラクターを選択しても構いません)。

プロフィールを充実させる

たくさんの人にライブ配信へ来てもらうには「自分のプロフィール」を充実させておいた方が良いです。

趣味や特技等を記載したり、ライブ配信の時間帯をプロフィールに書いておくのもいいでしょう。

まずは、ホーム画面の右側のマイページアイコンを選択してください。

上記画像がプロフィール画面です。

赤枠の編集を押せばプロフィールを編集可能となります。

プロフィール編集でできること

  • 名前変更
  • プロフィール設定
  • アイコン変更
  • 背景画像変更

また、画面右側の赤枠は「Myモデル編集画面」です。

自分のバーチャルキャラクターを設定したい場合は、ここで設定しておかなければいけません。

まず「Myモデル」を選択すると、上記の自分のバーチャルキャラクターの外見を変更することができます。

編集できる部位

  • 性別
  • 服装(服装購入には課金が必要
  • 髪型
  • 顔の輪郭
  • 眉毛

など

ショップを選択すれば、服や眼鏡・アクセサリー等を購入できます。

ただし、Myモデルで設定した性別が基準となって販売されるので、今は男だけど女物のスカート等が欲しい場合は、性別を女に変更してください。

「Vルーム」を選択すれば、バーチャルキャラクターの全身を表示させ、どのような見た目をしているか等を確かめることができます。

このページからMyモデルやショップ画面へ移動することも可能で、今までのライブ配信を振り返るギャラリーもチェックできます。

音声投稿・画像投稿のやり方・チェック方法

ホーム画面の配信ボタンを選択すれば、ライブ配信開始だけでなく「音声投稿」「画像投稿」を行うことができます。

「音声投稿」「画像投稿」のどちらかを選択してください。

音声投稿の注意点

  • 5秒から60秒まで
  • どんな声かの「エフェクト」を選択できる
  • やりなおし機能完備
  • 試聴してどんな感じかチェック可能

ボイスでコミュニケーションを取ることを目的としたアプリなので、どちらかというと音声投稿しているユーザーの方が多いです。

画像投稿でできること

  • 撮影
  • アルバムから選択

あらかじめアルバムアクセスの許可が必要ですが、操作する際にアクセスの許可を問われるので問題はありません。

他の人の投稿を確認したい場合は、ホーム画面から「音声投稿」を選択してください。

最新の音声投稿が表示されているので、見たいものを選んで音声を流してみましょう。

画像投稿は投稿した人のマイページに移動しないとチェックできません。

「モーメンツ」について

ホーム画面の中に「モーメンツ」がありますが、ピカピカにおけるモーメンツとは「通知」のことです。

フォローしているユーザーの配信がモーメンツ内に表示されることになります。

誰もフォローしていない場合は上記画像のように何も表示されませんが、赤枠の「モーメントガチャ」を選択すれば、ランダムで盛り上がっている配信のいずれかが表示されます。

オレンジ枠の「設定」を選択すれば通知設定を行うことができます。

「サークル」について

ホーム画面下の「サークル」を選択すると、誰でも入ることができる趣味の集まりに参加することができます。

人気のサークル一例

  • ライバーのファンクラブ
  • 声優好きサークル
  • 第五人格サークル
  • FOGサークル

など

「参加する」を選択すればサークルに参加します(サークル主の承認が必要な場合もあります)。

サークルに参加すれば他の参加者と掲示板を通じてコミュニケーションを取ることが可能なので、自分の趣味に合ったサークルがあれば積極的に参加したいところです。

ライバーとして活動したい場合は、ここでリスナーとなりそうな人を探すのも戦略のひとつです。

「チャット」でコミュニケーションを取れる

「チャット」で他のユーザーとコミュニケーションを取ることも可能です。例えば、ライブ配信に来てくれたお礼や、自分の好きなライバーに応援メッセージを送る際に活用されます。

メッセージに関しては「LINE」のトークルームのような仕様となっています。

相手からのメッセージが左側に表示され、自分がなんらかのメッセージを投稿したら右側にメッセージが表示されます。

お得なクーポンを活用できる

ピカピカには「友達紹介クーポン」が存在します。

見出し(全角15文字)

  • 招待コードを作成できる
  • 招待コードを入力してもらえば初心者ギフト(大量経験値等)プレゼント
  • 友達がレベル5に達したら1000小豆ボーナスを獲得

友達からピカピカに招待された際に気を付けておきたいことですが、登録時にクーポンコードを入力するわけではありません。

登録してから自分で手動入力が必要です。

マイページを選択して「招待コードを入力する」を選択しましょう。

赤枠の招待コード入力画面にコードを入力すれば、自分及び招待してくれた人宛てにプレゼントが自動配布されます。

逆に、自分が友達を招待したい場合は、クーポンコードを発行する必要があります。

マイページから「友達を招待」を選択しましょう。

「友達を招待する」を選択すればTwitterやLINEにシェア可能ですが、招待コードをそのままコピーしてその他のSNSやサイト・ブログに貼り付けることでも活用可能です。

誰かがコードを入力してくれてなおかつその人がレベル5になった時、自分に1000小豆がプレゼントされます。

退会方法

「マイページ」の設定画面から退会することが可能です。

設定画面の一番下の「退会する」を選択しましょう。

退会に関する画面が出てきますが、一番下の「退会する」を選択したらすぐに退会できます。

メール等の手間は一切ないので、気軽に始めることができて「これじゃない」と思ったら気軽に退会できるライブ配信アプリだと考えて問題ありません。

有名なライブ配信アプリとの比較!何が違うのか

有名なライブ配信アプリとの違いもチェックして、稼ぐアプリは本当にピカピカでいいのかを確認しておきましょう。

イチナナやポコチャと比較すると明確に違う部分があるので、「ピカピカにしかない魅力がたくさんある」ということになります。

ピカピカはラジオ配信(音声配信)がメイン

ピカピカの配信傾向

  • ラジオ(音声)配信
  • カラオケ配信
  • 返答配信(質問に答える配信)

など

ピカピカは「顔出しをする必要がない」のが他のアプリと違う一番のポイントでしょう。

イチナナやポコチャで稼ぐには顔出しは必要不可欠ですが、ピカピカの場合は顔出しをする必要がないとライバーもリスナーも周知しているので、顔出しせずとも稼ぐことができます。

どちらかというと「綺麗な声を持っている人」が有利ですが、他のアプリと比べると男性も稼ぎやすいです。

サークル等で趣味でも繋がれる

サークルは大きくわけて2種類あり「ファンとライバー用のピカサークル」と「趣味で繋がるサークル」です。

ファンとライバーを繋ぐものは「ファミリー制度」等で実装されているライブ配信アプリも多いのですが、趣味で繋がるサークルがあるライブ配信アプリは非常に少ないです。

なんらかのサークルに所属してその趣味に関連する音声配信を行えば、そのサークルの仲間達が配信に来てくれるかもしれません。他のアプリと比べると稼げるポイントがもうひとつあるのだと考えることができます。

日本人ユーザーは多くない

ピカピカのアクティブユーザーは1000万人ですが、この中には本国の中国人ユーザーや世界中のユーザーも含まれています。

まだまだ日本人ユーザーがそこまで多くないので、今からピカピカを利用して稼ぐチャンスがあります。

例えば、「ライバルが少ない」のもポイントのひとつですし、まだイチナナやポコチャほど稼いでいる日本人ユーザーもいないので、リスナーも「人気のあるライバー」を探しにくくなっています。

他アプリとの比較表

ユーザー数非公開(アクティブは1000万人以上)
リリース日2018年5月
発足中国(運営は日本)
収益の出しやすさ普通くらい
芸能人の多さほぼいない
外個人ユーザー中国人がメイン

上記表は「ピカピカの特色」です。

この表と下記を見比べて、ピカピカをはじめるべきか他のアプリの方が自分に向いているのかを判断してください。

【2020】ライブ配信アプリを比較してみた!オススメのライブ配信アプリはどれ?

実際に使ってみた!

実際にピカピカのライブ配信を使ってみました!

音声メインで顔出しによる危険性がないのはありがたいことですが、人によっては「顔が見えた方が良い・出た方が良い」と考えている人もいます。

しかし、そのようなデメリットが気にならないくらいの使いやすさでした!

音質が抜群に良い

ピカピカを使うにあたって、一番最初にリスナーとして使ってみました。

まず思ったのが「音質が非常にいいこと」で、どのライバーのライブ配信を視聴した時も、はっきりとした声が聞こえてきました。

さらに、よくある「吐息やノイズ等の聞きづらい雑音」も一切ありません。映像がないので「何かを作業しながらでも聞き流せること」ができます。

初めての配信でも人が来る

いざ配信をはじめてみましたが、一番最初のテスト配信でもすでに3人来てくれました。この時はまだ本格的にはじめていなかったので、3人ともすぐに出て行ってしまいます。

しかし、テスト配信を終わらせて本格的なトーク配信をはじめてみたところ、人が多くなるにつれて配信が盛り上がり、それだけ人が集まる傾向があります。

継続してライブ配信を行わないとギフトまでは貰えない可能性はありますが、トークが面白かったら人によってはギフトを貰えるかもしれません。

ちなみに、配信のメイントークは「ときめきメモリアルのカラオケ」でした。

「カラオケ配信」が一番盛り上がる

リスナー及びライバーとして使ってみたところ、「カラオケ配信」が一番盛り上がっている印象を受けました。

声に自信のある人たちがこぞってカラオケ配信をしている印象で、それを聴いてリスナーたちが感想を言ったり盛り上げる配信が特に人気です。

声の綺麗さだけでなく「歌のうまさ」で勝負したい人にもおすすめだと感じました。

実際に使ってみた総評

こんな人におすすめ

  • 顔を出したくない
  • 声で勝負したい
  • 歌で勝負したい
  • 綺麗な声を聴きたい
  • ライバルの少ない環境で勝負をしたい
  • 初配信で人が来るアプリで勝負したい

やはり、ピカピカは顔を出さずに勝負できるのが一番の魅力でしょう。

容姿に自信がない人でも気軽にはじめることができるアプリで、トーク力があればなお良しだと考えてください。

総合的に考えて「誰にだってチャンスがあるアプリ」だと感じました。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第2位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第4位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

【2020】ライブ配信アプリを全て比較してみた!オススメのライブ配信アプリはどれ!?

 

-ライブ配信
-

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.