BIGO LIVEの運営会社はどこ?危険性は無い?詳細を徹底解説!

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

今回はBIGO LIVEの運営会社や危険性が無いかなどを徹底解説します




BIGO LIVEの運営会社

BIGO TECHNOLOGY

運営会社

BIGO TECHNOLOGY

BIGO LIVEは「BIGO TECHNOLOGY」という会社が運営しています。

アジアを中心に活動を広げている企業で、「To create a better-connected world(世界とのより良い繋がりを創造する)」を社訓として設立されたようです。

AIテクノロジーを基本としている会社です。

BIGO TECHNOLOGYの概要

シンガポール
設立2014年
業種AIテクノロジー企業
利用者世界約150ヶ所 毎月4億人以上
支社シンガポール・米国・中東・インド・中国など世界中に20以上の支社あり
現状YYが買収

BIGO LIVEを運営しているBIGO TECHNOLOGYは、世界中に進出している大きな企業のようです。特にアジア圏では人気のあるサービスを多数運営しています

会社の歴史としては5年目と浅いですが、その短期間でここまで成長している非常に勢いのある企業です。

現在では「YY」というら、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディアが買収をしています

他にどんな事をしている会社?

ポイント

  • BIGO LIVE
  • Likee
  • imo
  • Cube TV など

上記の様なアプリを運営している会社です。

Likeeは元々「LIKE」という名前で運営されており、TikTokやVineのような短い動画アプリでアメリカを中心に一時流行しました

現在では「imo」と呼ばれるサービスに勢いがあり、非常に多くのユーザーを獲得しています

BIGO LIVEに危険性は無い

あまり日本では馴染みが無いライブ配信アプリなため、危険が無いのか気になってしまう方もいるでしょう。

BIGO LIVEは海外の配信者が多いですが、危険性は無いので安心して利用いただけます

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし、危険性は無いので、逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

アプリのレビューでも「☆4.4」と高く、アプリ自体が危険などのコメントは一切出てきませんでした

注意点

アプリに危険性はありませんが、注意点はいくつかあるので抑えておきましょう。

ポイント

  • 退会方法が無い
  • 個人でメッセージのやり取りができるので、連絡が来ても相手を選ぶ必要がある
  • 稀に下品なコメント等を残す人がいる
  • 特に何もしていないけど通報される時がある
  • アカウントBANされると基本的に戻る事は不可

海外ユーザーが多いので、ならではの問題点もあります。

しかし、海外の方でも日本人のユーザーは需要があるらしく、配信を始めてすぐでも見に来てくれたり、相手の配信を見に行った際にカタコトの日本語で話しかけてくれたりと、良い面も非常に多いようです。

顔出し配信について

ライブ配信に置いて、顔出し配信が気になるという方もいるでしょう。

BIGO LIVEでは顔出し配信を利用していても、SNOWのように加工ができるので、恥ずかしい、身バレが怖い、といった方でも利用可能です。

BIGO LIVE(ビゴライブ)って稼げる!?評判やどれくらい稼げているのかを徹底解説

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

第1位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

 

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.