解説、アプリの使い方

SNSデイズ

BIGO LIVE(ビゴライブ)って稼げる!?評判やどれくらい稼げているのかを徹底解説

更新日:

BIGO LIVE(ビゴライブ)をご存知でしょうか?

シンガポール発の配信サービスで、現在日本でも配信サービスとして認知され始めています。

このビゴライブでは、他の配信サービス同様に「投げ銭」機能があり、ライブを行うことで収入を得ることも可能になっています。

実際にどれくらい稼げるのか。稼ぐコツは?などにフォーカスをしてご紹介をします。


BIGO LIVEでの配信が収入にもなる!

ビゴライブでは視聴者からの投げ銭によってポイントを蓄えます。このポイントは「ビーンズ」と呼ばれており、換金ポイントとして。そして人気ランキングの目安になるポイントになります。

ビーンズが多ければ多いほどTOP画面に表示され注目を浴びます。すると視聴者数も増加すればするほど、投げ銭を受ける可能性がアップ!

他の配信アプリと同じで、画面もシンプルで投げ銭がしやすいというのもあるのかもしれません。

それではこのビーンズの換金レート、実際に稼げるのかなどをご紹介します。

実際に稼げる?

稼げる可能性が高い

稼げるチャンスは十分にあります。

普通であれば初心配信者は視聴者数がとても少ないですが、このビゴライブでは初めてのライブでも多くの視聴者が来訪してくれます。

理由は単純で、ビゴライブの利用者数が多いためだと考えられます。

ユーザー数は全世界で2億人。特にアジア地域ではとても人気のある配信サービスだそうです。

去年日本に上陸し、そこから少しずつ日本ユーザーも増加していっています。まだ日本ユーザーがそこまで多くないため、「日本人配信者が珍しい」という点で様々な地域のユーザーが訪れてくれるそうです。

言葉は通じなくとも、歌ったり、ダンスをすることで人気が爆上がりすることもあるそうです。

「ビーンズ」が換金ポイント

配信中に表示される「ビーンズ」ランキング変動の要になるほか、換金ができるポイントです。

このビーンズを視聴者から投げてもらい、貯めたポイントを換金することができるというシステムになっています。

ドル換算になるため為替レートに左右される

ビゴライブはシンガポール発の配信サービス。

そのためかビゴライブ内での「ビーンズレート」と、換金されたお金の単位はドル($)になるため、このドルをさらに「円(¥)」へと両替しなければなりません。

この2つの為替レートによって、収入が大きく変わってしまうのが気になるポイントだと思います。

現在のビーンズトレードレートは

210ビーンズ=1ドル

評判上々!ユーザーはどれくらい稼いでいる?

実際にビゴライブのユーザーはどれくらい稼いでるのかをご紹介。

現時点での為替レートを基に日本円での収入を表示します。

6,056ビーンズだった場合、210ビーンズで1ドル。そしてさらに日本円の両替を行うと

収入

3,112円

24,429ビーンズだった場合は

収入

12,569円

すごい稼いでます!

ちなみに配信していた方は日本人で配信内容は雑談、カラオケなど様々。難しいことは一切行っていません。

コメント欄を見ると海外ユーザーのコメントも多く投稿されていたので、日本人も注目されている印象がありました。

配信を行う方も国際交流を行っているようで楽しめているみたいです。

他の配信アプリとの差は

日本での知名度は「イチナナ」や「ポコチャ」などが上

 

まず「イチナナ」「ポコチャ 」「ツイキャス」などの方が日本では知名度があります。

ユーザー数はイチナナで全世界で約4000万人ですが、対してビゴライブは2億人と圧倒的な差があり、ここ数か月間ではビゴライブの日本ユーザーが増加しつつあります。

よって、どちらが良いのかというのはユーザーにそれぞれになりますが、様々な配信者に出会う機会や、自分が配信を行う際に訪問してくれるユーザーの多さはビゴライブの方が多いです。

ビゴライブは様々な配信スタイルに対応

ビゴライブには4スタイルの配信に対応しています。

ポイント

  • 通常配信
  • マルチゲスト配信
  • ラジオ配信
  • ゲーム配信

配信者が用途によって使い分けることができるのが特徴であり、ツイキャスなどにも配信方法も分かれていますが、投げ銭機能などがあるビゴライブに軍配が上がります。

ゲーム配信では特殊な機材を必要とせず誰でも簡単にPCゲームの配信ができるため、まだ未挑戦ユーザーの獲得にも繋がるという点と世界中の視聴者が居るという点でTwitchなどに並ぶ可能性を秘めています。

また、トークスキルやオリジナリティーに自信がないという方でも簡単にできるビゴライブのゲーム配信はおすすめだと言えます。

活動しているユーザーの国籍はビゴライブのほうが圧倒的に多い

ビゴライブのユーザーの国籍は

  • シンガポール
  • 韓国
  • 日本
  • インド
  • インドネシア
  • マレーシア
  • フィリピン
  • タイ
  • ベトナム
  • アメリカ
  • ロシア
  • トルコ

50か国以上の国と地域のユーザーが活動をしています。そのため、国別でのユーザー検索ができるビゴライブでは、自分が視聴したい国籍を選んで検索ができるという点でも優れているほか、ほとんどの国にもアクティブユーザーが存在しているというのが強みです。

もし自分が特定の国の人々との交流や語学教養で配信を視聴したりすることができるという点でもビゴライブは優れています。

稼ぎはレートによって変わるが、ポイント獲得のチャンスは圧倒的

「ビーンズ」はレート変動によって、自分が獲得できる収入が変化します。

また、換金を行うと「ドル」になるため、そこからまた「日本円」への両替を行わないといけない点が玉に瑕になります。

ただし、「ビーンズ」獲得のチャンスは圧倒的にビゴライブが多いです。

様々な配信スタイルに対応しているという点と、様々な国籍の人たちに見てもらえる機会があるビゴライブでは、初めて配信を行うユーザーでもビーンズを多く貰える可能性があります。

よって、初めての配信を試みるのにビゴライブが良いと考えられます。

ユーザーが多いからこそ競争率が低い

またビゴライブのメリットとしては、「日本ユーザーが少ないからこそ競争率が低い」という点です。

イチナナLINE LIVESHOWROOMなどは上位に来るユーザーは限定的になりがちで競争率がとんでもなく激しいため新規参入者が稼ぐのは非常に厳しいと言われています。

しかし、2億人のユーザーが居ながら日本のユーザーが少ないビゴライブでは、上位に来るチャンスが多くあるほか、ハードルが低いと言われています。

よって、初心者が行う配信、稼ぎやすさは

まとめ

ビゴライブが圧倒的におすすめです。

稼ぐコツ

ユーザー数が2億人!いろんな人が観たり配信をしている

ビゴライブのユーザーは2億人と非常に規模が多いです。

配信の投げ銭で収入を稼いでみたいと考えている方はピッタリなのではないかと思います。

初心者でも簡単に始めることができる環境が整っているため、自分が好きなことを配信にして表現することでも稼げるチャンスがあります。

YouTubeライブなど世界規模で利用者数が多い配信サービスより、目に留まりやすいのがピゴライブだと思います。

「PCゲーム実況」もできる!

ピゴライブの特徴としてパソコンの「ゲーム実況」ができるという点です。

なんとグラフィックボードなどの特殊な機材が必要なく、スマホでPC画面を映して配信を行えます。

ビゴライブから提供されているパソコン版のキャプチャソフトをダウンロードし、QRコードを読み込むだけ。

たったこれだけでPCゲームの配信をスマホで行うことができちゃいます。これも人気になっている秘密ですね!

自分が好きなジャンルのゲーム実況をするだけで視聴者が観に来てくれるかもしれません。

スーパーテクニックや裏技、ノウハウなどを披露しながらやると盛り上がりそうです。

カラオケは万国共通

みんな大好きカラオケは配信でも注目される方法です。

流行りの曲を歌うと盛り上がりますし、逆にあまり知られていない自分が好きな曲を歌うと、応援しているアーティストを聴いてくれるきっかけにもなります。

プロ意識ではなくいかに楽しく歌えるかがコツです。キャッチーな曲を歌うと笑いをとれたりするので、自分が歌いたいように歌ってみましょう。

料理配信も需要あり

料理番組みたいに自分が料理をする姿の配信を行うのも面白いです。自分が好きな一品を紹介したり、作り方までを発信できます。

料理が苦手な人をサポートする料理アプリなどがあります。

ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

身だしなみは整えよう

配信を行う際にもできるだけ身だしなみなどには気を遣ってみるとファンが増える可能性がアップします。

顔出し配信は第一印象が大切です。

この第一印象で差をつけるのも一つのテクニックで、髪形を整えたり、ファッションを凝ってみたりするとファンが付いてきてくれるかもしれません。

顔出し配信ではなくても、はっきりとした口調で、言葉遣いに気を配るだけでも変わってきます。

また海外ユーザーも多いので、簡単な英語であいさつをしてあげるだけでも海外の視聴者は嬉しいです。自分のスキルアップにも繋がりますので、気にしてみてはいかがでしょうか。

配信回数は多い方がトク!ファンが増えやすい

視聴者数アップには「頻度」も関わってきます。

目に入る機会が多ければ多いほど自ずとファンが付いてきます。

ですが、自分の生活に支障が生じてしまうほどの無理だけは絶対にやめましょう。自分が少し空いた時間にやる程度でも全然大丈夫です。

配信回数をこなせば常連さんの名前も覚えるので、「〇〇さんいらっしゃい!」などの一言も自然と言えるようになります。コメントを上げたときに自分の名前を呼ばれるほどうれしいことは無いですね。

最初はビーンズの数を気にするのではなく、コツコツと積み重ねていくのが大切です。

最近新しく登場したライブ配信一覧!比較や今から参戦しやすいのはどれ!?など徹底解説

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今年最も勢いのあるアプリは、やはり「ポコチャ」「マシェバラ」です。1番「リアル」で1番「新しい」そして若いのが「ポコチャ」「マシェバラ」ですね。

他のライブ配信アプリもオススメなので分類に分けて解説していきます。

第1位「Pococha(ポコチャ)」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのITALIAN業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今が稼げるチャンスです!今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「17Live(イチナナ)」

17LIVE

↑イチナナは上記からダウンロード出来ます!

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

17LIVE

↑イチナナは上記からダウンロード出来ます!

第3位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第4位「LiveStar(ライブスター)」

ライブスターも現在話題を集めているライブ配信アプリで、こちらは「誰とでも気軽に話せる!楽しめる!ことができるビデオ通話アプリ」です。

女性ユーザーはビデオ通話で顔出しが推奨されていますが、その分女性側かわいかったら男性から「かわいいね」と一対一の会話形式で言われるはずなので、テンションが上がるのではないでしょうか。

第5位「tiktok」

TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。3タップで完了します。

基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます

また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

TikTokのおすすめ点

  • 登録が簡単
  • 完全無料
  • 手軽に動画を見ることが出来る
  • 投稿のハードルが低い
  • 流行が分かる
 

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.