ディズニーのグリーティング復活の詳細と復活していない部分を徹底解説

東京ディズニーリゾート公式

現在、ディズニーのグリーティングが再開されたと話題になっています。

今回は、ディズニーのグリーティング復活の詳細と復活していない部分を徹底解説していきます。


ディズニーのグリーティングが再開

東京ディズニーリゾート公式

2022年10月1日より、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーにおいてグリーティングが再開されています。長らく新型コロナウイルス対策でミッキー達とはソーシャルディスタンスを保つ触れ合いが続いていました。

グリーティングができないからと足が遠のいていたディズニーファン達からは、この規制緩和を決めたディズニーに称賛の声が増加しています。また、朝のエントランスでのあいさつグリーティングも再開されています。

公式からふれあいに関する文言が削除

東京ディズニーリゾート公式

2022年9月までは、公式サイトにふれあいに関する注意書きが記載されていました。しかし、ふれあいに関する文言が削除されたことによりグリーティングの規制緩和が始まるのではないかと話題になっていたところに10月1日より本当にグリーティングの規制緩和が行われたという経緯があります。

すべてのふれあいが再開されたわけではない

ただ、残念ながらすべての規制が緩和されたわけではなく、段階的な規制緩和となっています。来場者とキャラクターたちのふれあいは緩和されましたが、キャラクター同士のふれあいは引き続きソーシャルディスタンスを保ったままのパフォーマンスとなっています。

そのため、ミッキーとミニーやドナルドとデイジー等のキャラクター同士の絡みが好きなファン達からは早くキャラクター同士で仲良くしている様子が見たいと期待の声が高まっています。

サイン、握手、ハイタッチがグリ施設で可能に

東京ディズニーリゾート公式

今回新たに規制が緩和されたのは、サインと握手、そしてハイタッチの3つです。サインはグリーティングで会えたキャラクター達にその場でサインを書いてもらえます。

また、握手やハイタッチをすることも可能になりました。なかにはミッキーの方から手を取り来場者の手を包んで握手してくれる場合もあります。

どのグリ施設が参加可能なのかは状況によって変動するので、事前に休止施設情報を確認しましょう。

抽選で当たった人が参加可能

ディズニーのグリーティングにはエントリーによって参加できるものと整理券で参加できるものがあります。メインストリートでのグリーティングはエントリーが必要になります。

10月1日には当選者が訪れず、ミッキーが手を挙げてくるくる回るレアシーンも見られました。

その他のグリーティングは各グリーティング施設に並んで整理券をもらう形となっています。1撮影グループにつき1枚なので、同行者がいる場合は1人が待機列に並んでもう1人がグッズを買ってくるなど時間を有効に使って順番を待ちましょう。

復活していないグリーティング

また、今回ソーシャルディスタンス規制から復活していないままのグリーティングも存在します。

ここからは、復活していないグリーティングについて解説していきます。

フリグリ、海底グリの規制は継続

東京ディズニーリゾート公式

フリーグリーティングやマーメイドラグーンシアターでのグリーティングは現状のまま、ソーシャルディスタンスを保った状態でのグリーティングが行われています。海底グリではキャストさん達が整列するよう指示を出してくれるので、案内通りに待機しているとドナルドやデイジーがステージから手を振ってくれます。

フリグリも同様に握手やサイン、ハイタッチ等はできないので注意しましょう。ただ、フリグリでもある程度の距離まで近づくこと自体は可能です。

まだNGとなっている部分

グリーティングの規制緩和がされたとはいえ、まだ一部の施設では制限されているものもあります。

キャラクターとのハグやラインを超えた写真撮影はNG

現時点でも、グリーティング時はラインや段差でキャラクターと来場者との距離を保っています。そのため、至近距離になってしまうハグやラインを超えた状態での写真撮影はできません。

ただ、キャラクターの方から手を伸ばしてくれるので、その範囲内でなら握手をしてもらうことは可能です。実際に、1日に参加した来場者からはミッキーが手を取って握手してくれたという報告もあります。

紙以外の私物へのサインはNG

現在、規制が緩和されたグリ施設でもサインできるものには限りがあります。現状サインできるのはサイン帳や写真などの紙類で、かばんやコップ、機械類などの紙系以外の私物へのサインは不可能です。

シェフミ、トレミキミニはサインNG

東京ディズニーリゾート公式

シェフミ、トレミキミニではサインを書いてもらうことはできません。ただ、ハイタッチや握手は可能です。

また、サインをしてもらえない分、手厚いファンサをたくさんもらったという来場者の声が増加しています。サインはまだできませんが、シェフミのサイン台紙は販売されているので再開後のために購入しておくのも良いです。

パーク内外のショップでサイン帳を購入できる

現時点では紙製の物でないとサインしてもらうことはできません。自前のサイン帳やサインしてほしい紙を持ってきていない場合は、ギャグファクトリーでサイン帳を購入することも可能です。

公式の物であればミニーのサイン帳が1200円から1600円ほどで購入できます。また、一部はワゴンでも販売しているのでサイン帳を購入したい場合は早めに購入しておきましょう。パーク内で売っているサイン帳にはペンが付属しているので、わざわざペンも購入する必要はありません。

シールもついているので、グリーティングを待っている間にサイン帳をかわいくデコレーションするのも楽しみの1つです。

入室前のアルコール消毒、マスク着用は継続して必要

各グリ施設に入る前に、マスクの着用とアルコール消毒を済ませましょう。出入口付近に消毒用アルコールが設置されています。

せっかく規制が緩和されてきたのにルールを守らない人が増えてくると再び規制されてしまったり、グリーティング自体が中止となってしまう可能性もあります。ただ、肌が弱くアルコール消毒を頻繁にできないなどの事情がある場合は近くのキャストさんに相談しましょう。

撮影時のみマスク外しOK

基本的にはマスクの着用がお願いされているディズニーですが、写真撮影をするときのみマスクを外しても良いということになっています。もちろんつけたまま撮影することも可能です。

ただし、マスクを外した状態でのおしゃべりはできるだけ控えましょう。また、撮影が終わったら速やかにマスクをつけなおしましょう。

ディズニーシーミラコスタホテルが炎上している問題の流れとまとめを徹底解説

ディズニーシーの「ミラコスタ」が結婚式と仮装の関係で炎上しています。 結婚式を挙げるためにドレスや持ち物等の様々な制限があったにも関わらず、仮装パーティーに参加した人は数万円である程度自由に写真を撮影 ...

続きを見る

 

-ディズニー
-, , , , , , , , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.