ディズニーのスタンバイパスが無くなった詳細とワクワク割期間に復活しないのかを徹底解説

ディズニーリゾート(ディズニーランド・シー)ではアトラクションやショップ利用時に長らく「スタンバイパス」が利用できていました。しかし、2022年10月20日現在ではスタンバイパスは一部アトラクションとショップ以外使われていません。

なぜスタンバイパスが無くなったのか、復活するのかを紹介していきます。


ディズニーのスタンバイパスが無くなった

ディズニー

ディズニーにはスタンバイパス制度が採用されていて、スタンバイパスに書かれている時間帯に優先的にアトラクションやショップの列に並ぶことができていました。

しかし、現在はディズニーシーのアトラクションは全て非対応で、ディズニーランドも一部のアトラクションのみ使えます。

スタンバイパスとは

ディズニーのスタンバイパスとは、「パスに記載されている時間帯に施設の列に並べる」パスポートです。

いわゆる優先パスのような扱いですが、ディズニーランド・シー内での配布ではなくアプリから取得する必要があります。

スタンバイパスを持っていないと列に並べない場合もあるため、スタンバイパスが出回っていた頃(休止される前)は必要不可欠でした。また、ディズニーパーク内でアプリの位置情報をオンにしていないと取得できません。

ファストパスとの違い

ディズニーのスタンバイパスはパスを取得していない客と同じ入場列に並ばされますが、時間指定があるため該当時間になれば必ず並ぶことができます(そこからアトラクションにスムーズに乗れるかは列次第です)。

しかし、ディズニーの「ファストパス」はファストパス購入者専用の列に案内され、優先してアトラクションを体験することができます。ファストパスの方がスムーズにアトラクションを体験できますが、取得に2000円必要です。

2022年10月20日現時点で、ファストパスは完全に休止されています。

現在は一部アトラクションとショップ以外は休止中

ディズニーのスタンバイパスは2022年4月より原則休止されていて、ほとんどのアトラクションでスタンバイパス・ファストパスを取得する必要はなくなりました。

ディズニーランドの「ホーンテッドマンション」のみ9月14日から翌年1月4日までスタンバイパスの対象になります。ただし、スタンバイパスがなくても時間帯によってはアトラクションを体験できます(入場時間から10時半まで、17時以降)。

キャラクターグリーティングの一部も予定されているだけで11月18日の「ミッキーの家とミート・ミッキー」「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」がスタンバイパスの対象です。

他にもショップ・レストランは一部スタンバイパスの対象になっていますが、期間が1日から7日と継続的にスタンバイパスが必要ではない傾向にあります。ハロウィンイベントに合わせてのスタンバイパス対応化だと考えられます。

なぜディズニーのスタンバイパスは無くなったのか

なぜディズニーのスタンバイパスが無くなったのかを紹介していきます。

2022年4月25日にはほとんどのスタンバイパスが無くなる

2022年4月25日に、「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」が改訂されました。

パーク内でソーシャルディスタンス(対人距離の確保)が顧客の自主性により解決する意図が見られたのと同時に、スタンバイパスが使われなくなりました。

スタンバイパスでアトラクションの待ち時間を短縮したり、無駄に並ぶことが少なくなったため顧客同士の密接な距離感を作るためにコロナ対策の観点からも重宝されていました。しかし、現在ではコロナ規制緩和に伴いディズニー側が「もう必要ない」と判断してスタンバイパスを休止したと考えられます

ディズニーワクワク割で混雑が予想されるのになぜ消えたままなのか

ディズニーではディズニーランド・ディズニーシーの入場が2割引される「ワクワク割」サービスが10月13日から利用可能です。

入場割引があれば多くの人がディズニーを満喫しようと混雑が発生すると考えられていますが、混雑に対応するためにスタンバイパスは復活しないのかと疑問を持たれています。

ワクワク割期間の混雑報告について

ディズニーのワクワク割がはじまってからどのような混雑状況になっているかを紹介します。

まずワクワク割のチケットを購入する際にも待ち時間が必要になるくらい、多くの人がチケット購入目的でサイトにアクセスしています。そこからさらにエラーが発生して割引できないユーザーが多く存在していました。

ディズニーのワクワク割で順番が来たのにエラーで最初からになる原因と対処法

ワクワク割はすでにはじまっていますが、平日でもパーク内にかなり人が多く、ショップですらなかなか買い物ができない状況だとユーザーから声が挙がっています。アトラクションに関しても時間帯によっては60分待ちならいい方との現地からの声が多いです。

10月20日時点でスタンバイパス復活の告知はなし

2022年10月22日現時点で、スタンバイパス復活の情報はディズニー運営からは出ていません。

ニコニコ割の影響でディズニーの顧客が多いことはディズニー側も把握していると考えられますが、混雑への対処でスタンバイパスが復活するのではないかと、ニコニコ割が発表された当時は噂が出ていました。

スタンバイパスが復活していたとしても人混みは避けることができませんが、アトラクションの順番待ちの行列はある程度対処できます。にもかかわらずスタンバイパスもしくは同様の対策が特に見られない部分は、ユーザーから不満の声が挙がっていました。

今後スタンバイパスは復活されるのか

今後スタンバイパスがディズニーで復活するかについてですが、まず判断材料となるのが「ニコニコ割が発表されても復活しなかったこと」です。

ニコニコ割がはじまったタイミングで多くの人(特に関東に住んでいて気軽に遊びに行ける人)がディズニーのワクワク割を利用してディズニーを体験しています。ようするに「ワクワク割発表からしばらくがディズニーの盛り上がりのピーク」とも考えられます。

ピークのタイミングでスタンバイパスの復活は発表されなかったことを考えると、今後の復活も見込めないとの考えが自然です。ただし、ワクワク割のおかげで顧客が多い時期がしばらくは続くので、どこかのタイミングでスタンバイパスか他の順番待ちの対策を取るとも考えられています。

ディズニーのワクワク割で順番が来たのにエラーで最初からになる原因と対処法

ディズニーのワクワク割で期間限定ではあるものの定価よりも安い価格でワンデーパスポートを購入できるようになりました。 現時点では多くの人が安く購入しようとワクワク割購入を試みてサイトでエラーが発生してい ...

続きを見る

 

-ディズニー
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.