解説、アプリの使い方

SNSデイズ

TikTokで動画が削除される詳細や基準、対処法について徹底解説

更新日:

中高生だけでなく、現在幅広い年代に支持されているアプリ「tiktok」。様々な人気動画が生まれている中で、不適切と判断されたり削除されている動画も一定数あるようで、ユーザーの増加とともにその数も増えています。

しかしその削除動画とはどのような基準で決まるのでしょうか。今回はその詳細や基準について解説します。削除基準を理解することにより、自身の「tiktok」に投稿した大切な動画が削除されるのを未然に防ぐことが出来ますので、是非参考にしてみて下さい。


削除基準は全部で全部で8つ!!

この削除基準については「tiktok公式サイト」内の「tiktokネットワーク・コミュニティ規約」に詳しく記されています。その内容は大きく分けて8つ。

  • 「安全を脅かす行為の禁止」
  • 「差別的・憎悪的発言の禁止」
  • 「ポルノコンテンツの禁止」
  • 「ハラスメント及びサイバーいじめの禁止」
  • 「未成年者に危害を及ぼすコンテンツの禁止」
  • 「虚偽及びスパムコンテンツの禁止」
  • 「知的財産権を侵害するコンテンツの禁止」
  • 「プラットフォーム運営・所有権に対する妨害及び侵害行為の禁止」

これらを違反した場合に投稿動画の削除やアカウント使用の禁止などのペナルティが与えられます。

またこの規約はtiktokを使用した段階で同意したとみなされているため、tiktokユーザー全てに注意が必要です。それでは禁止行為についてひとつひとつ見ていきましょう。

1.安全を脅かす行為の禁止

安全を脅かす行為については6つが規定されています

1つ目はテロ組織やヘイトグループ、その他犯罪組織による使用

テロ組織というと馴染みがないかもしれませんが、実際に日本だと中韓など外国人、特定の集団に対するヘイトじみた発言を扇動する集団だとするとよりわかりやすいかもしれません。そのような集団が配信したコンテンツ、またそれを勧めるような内容が動画内に発見された際削除対象になります。

2つ目は残酷または暴力的コンテンツの配信

youtubeなど近年削除数が増している、残虐なコンテンツも削除の対象です。この暴力というのは、他人に危害を加えるもののみを指すのではありません。

そのような行為に対し、動画を見た視聴者を扇動し、実際に残酷または暴力的な行動を取るようにそそのかすものも禁止されています。海外ではロシア発である「青い鯨」という自殺ゲーム、ゲームに参加した人を扇動し自傷行為に走らせるといったマインドコントロール的なものもネットで広がり、注意喚起が行われました。

自分の身を守るためこういったコンテンツにはあまり自分から近づかないほうが良いでしょう。

3つ目は危険な活動・自傷とみなされる行為

つい先日もツイキャスに自傷(リストカット)の映像が流されたことで、運営が回線を遮断し、サービス全体が重くなってしまうといった事態が発生しました。自傷行為の配信はどの動画媒体でも禁止されている行為です。

また危険な活動、生命に危険を及ぼす行動を撮影した映像も投稿は禁じられています。この2つも先と同様にこれらをそそのかし、誘導する行為は禁止されています。

4つ目。他社に恐怖を与え威圧するコンテンツ。特に体に対する威嚇を禁じています。これは恐喝罪に抵触するような内容で、他人を脅すような動画の投稿を禁じています。

5つ目は武器、爆弾、薬物その他日本の法律に準拠して規制される商品の禁止。これは販売・推奨ともに禁じています。

6つ目はその他違法行為、法令に触れるあらゆる行為に関わるコンテンツ提供の禁止です

2.差別的・憎悪的発言の禁止

差別的・憎悪的発言とされる内容は大きく分けて2つです。

一つは人種・性別・宗教・国籍・身体障害・性的指向または年齢に関して、攻撃的・差別的また憎悪的な発言をすることを禁じています。これらは最近ニュースやネットで大きく取り上げられていますし、一つ間違えると炎上してしまう案件でもあるのでとりわけ注意が必要です。

公式に明言されているのは発言だけですが、それら差別的な記号を示す行動も削除対象に含まれる可能性が十分にあります。tiktokユーザーの中にそのような目的でアプリを使用している人がいるとは考えにくいですが、たとえ自分が正しいと思っていることでも他人を傷つけるかもしれないという点で動画投稿の際に一度考える必要がありそうです。

もう一つは衝突を惹起する行為の禁止です。これは他者間の衝突を招き、敵意を生じさせることを目的としたコンテンツをさします。

この内容は前述の禁止内容とも深く関わります。異なる立場同士のものを敢えて対立させるような、特に挑発的な発言を規約では禁止しています。このようなコンテンツを提供した場合もやはり削除の対象になるようです。

3.ポルノコンテンツの禁止

ポルノコンテンツは下記の3つを指します。

  • 「性的侵害/性的虐待/性的搾取」
  • 「ポルノ描写/性的誘惑・暗示」
  • 「売春/買春」

性的侵害や性的虐待は性を侮辱するような行為(男女問わず)を禁止しており、性的搾取というのは報復ビデオや盗撮などまた性的暴力を含むコンテンツを指し、これを禁じています。

ポルノ描写や性的誘惑というのは、性的侵害が他者から及ぼされる危害的な側面があったのとは逆に自ら性的な内容を配信することを指します。もちろんこういった内容も削除に含まれます。

売春・買春などその他生商売に関わるコンテンツの提供も禁止されています。出会い系的な誘いには要注意です。

4.ハラスメント及びサイバーいじめの禁止

これは具体的には他の利用者によるハラスメント行為や個人情報のバラマキ、誹謗中傷など3つを指します。

  • 1つ目は公開コンテンツを扱った内容。利用者が自分の公開コンテンツやプライベートメッセージの投稿を通じて、他の利用者に対しハラスメント行為を働くことを禁止しています。
  • 2つ目は個人情報。利用者によって他人の住所・電話番号・電子メールアドレス・個人身分証(運転免許証・マイナンバーカードなど)の番号・クレジットカード番号等おおよそのプライベートな情報を勝手に多くの人に見られる状態にすることを禁じています。
  • 3つ目に、故意に他者を貶めること、辱めたり誹謗したり、いじめたりするコンテンツを禁止しています。公開した側は遊び半分であっても事件性を含んだ場合、最悪実刑がくだされる場合もあります。節度を守った利用を心がけましょう。また加えてこれらの行動を誘引するコンテンツの投稿も禁止されています。

5.未成年者に危害を及ぼすコンテンツの禁止

未成年に危害を及ぼすコンテンツとは、ここまでの4つの項目を更に未成年向けに強化した内容を指します。

特に3項目の静的なコンテンツ、そしてそれに加え未成年者との交際・炎上交際、いじめ、プライバシー、自傷行為などを強く禁じています。またその他の未成年者の心身の健康に危害を及ぼすコンテンツやハラスメント行為も合わせて禁じられています。

6.虚偽及びスパムコンテンツの禁止

虚偽及びスパムコンテンツはおもになりすましや捏造、その他の不正行為を指します。

この2つは普通に利用している上ではあまり関わりがない項目に思われますが、個人/団体へのなりすましはたとえ冗談であっても不正行為とみなされる可能性があるため注意しましょう。

また個人や団体そのものではなくその間の関係を捏造してコンテンツを投稿することも禁止されています。それを見た人を誤解させること、またそれによって利益を得ようとすることを防ぐ目的です。また人に雇われて嘘のレビューをすることもスパム行為としてこの項目で禁止されています。

7.知的財産権を侵害するコンテンツの禁止

これが利用者が一番知らずのうちにやってしまいがちな禁止行為かと思われます。

tiktokは動画に音楽をかぶせるという性質上どうしても知的財産権を引用して動画を制作することになります。2018年2月にtiktokはワーナーミュージックとJASRACとの間にパートナーシップ契約を結んだため、この二社で扱っている項目については一概に言えません。

しかし個々の楽曲承認をtiktokが得ているのかも明記されておらず、なかなか怪しい面があります。どちらにせよドラマやアニメの音源、その他登録されていない曲などを無断で使用して誰にも聞ける状態にする(=投稿する)ことは法律違反になります。もちろん削除対象です。音源を使う際の動画の作り方には気をつけてtiktokを利用しましょう。

不適切なコンテンツを見つけたら?

暴力やスパム、嫌がらせなどアプリのガイドラインに沿わないコンテンツを見かけた際には報告が奨励されています。

  • アカウントを報告する際は、報告したいユーザーのプロフィール欄から「.....」をタップ→「報告」をタップ
  • 動画を報告する際は、同じく報告したい動画のページから「→」をタップ→「報告」をタップ

以上2つで不適切なコンテンツとその製作者を報告することができます。また上記から分かる通りなんでもない一般のユーザーから不適切かどうかの有無が判断されることが多いため、実際に不適切な内容でなくても報告される可能性があります。

そのような場合には追って運営に連絡を取る必要があるでしょう。

まとめ

tiktokの削除基準には全部で8つの異なる基準があることがわかりました。これらを守って、また違反しているものはちゃんと通告して、快適なtiktokライフを楽しみましょう!!

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

第1位「Pococha(ポコチャ)」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのITALIAN業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今が稼げるチャンスです!今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

17LIVE

↑上記からダウンロード出来ます

第3位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第4位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第5位「tiktok」

TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。3タップで完了します。

基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます

また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

TikTokのおすすめ点

  • 登録が簡単
  • 完全無料
  • 手軽に動画を見ることが出来る
  • 投稿のハードルが低い
  • 流行が分かる
 

-TikTok

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.