【完全版】PayPayでディズニーパスを最大限にお得に買うには!?詳細や購入方法を徹底解説

これからのホリデーシーズン、ディズニーランドやディズニーシーに遊びに行く予定の方も多いかと思いますが、今ディズニーパスをPayPayで決済すると20%オフになり、かなりお得にパークを楽しむことができます

以下で、PayPayでディズニーパスをお得に買う方法やどのぐらい得になるのか、PayPayで決済する方法、いつまでお得に買えるのか?について徹底解説します。


PayPayでディズニーパスをお得に買うには!?

これからのホリデーシーズン、ディズニーランドやディズニーシーに遊びに行く予定の方も多いのではないでしょうか。

来園当日に窓口でチケットを購入しようとすると時間がかかるため、事前にチケットを入手しておくとその分遊べる時間が増えますね。

そして、これからパークチケット・パスポートを購入される方は、今ならPayPayで決済すると20%オフになり、かなりお得にディズニーを楽しむことができます

ディズニーパスをPayPayで決済するには、ファミリーマートに設置してあるファミポートで申し込みをしましょう

PayPayの100億円キャンペーンで実質20%オフになることに加え、全額キャッシュバックになる可能性もあるので、今ディズニーチケットを買うならPayPay決済一択と言えます。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

どのぐらいお得になるのか

大人(18才以上)中人(12~17才)小人(4~11才)
1デーパスポート7,400円→5,920円6,400円→5,120円4,800円→3,840円
2デーパスポート13,200円→10,560円11,600円→9,280円8,600円→6,880円
キャンパスデーパスポート6,800円→5,440円5,800円→4,640円なし
シニアパスポート6,700円→5,360円

例えば、どちらかのパークで使える1デーパスポートをPayPayで決済した場合、18才以上なら1,480円、中高生なら1,280円の割引をPayPay残高で受け取ることができます。

もし中高大学専門学生の方で、2019年1月7日から2019年3月20日までの間に来園する方は、キャンパスデーパスポートがおすすめです。
1デーパスポートよりさらに安くパークに行くことができます。

割引分は決済の翌月10日頃にポイントで還元されるため、購入時には一旦正規料金を支払わなければならないことに注意してください。

ファミポートで申し込んでPayPayで決済すると20%オフ

ディズニーチケットをPayPayで決済するには、まずファミリーマートに設置してあるファミポートでレシートを発行しましょう

ファミポートの画面を「チケット」→「東京ディズニーリゾート」とタップし、人数や日時などの必要事項を入力すると「Famiポート申込券」が発行されます。

発行されたFamiポート申込券をレジで店員さんに手渡しましょう。

支払い方法は「ペイペイで」と言って、PayPayのバーコード画面を店員さんに見せてスキャンしてもらいましょう

以上でPayPayでの決済が完了し、20%の還元を受けることができます。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

ディズニーパスはPayPayで買えない!?

※現金、ファミマTカード、またはクレジットカードでお支払いいただけます。(一部クレジットカードを除きます。)
交通系電子マネー、Edy、iD、waon、QUOカードではお支払いいただけません。

一部ではチケットの類はPayPayで決済できないと言われていますが、ファミリーマートでディズニーパスの決済に使えないのは「交通系電子マネーやEdy、iD、waon、QUOカード」です。

PayPayは問題なく使え、還元も受けることができるので安心してください

ディズニーパスを20%オフで買えるのはいつまで?

ディズニーパスを実質20%オフで買えるのは、PayPayの100億円あげちゃうキャンペーンが終了するまでです。

キャンペーン期間は2019年3月31日までとなっていますが、100億円がなくなり次第終了するとも言われています。

Q.「100億あげちゃうキャンペーン」の100億円がいつ無くなるか? 事前に知ることは可能ですか?
「100億円あげちゃうキャンペーン」の終了予測等の告知は行いません。但し、キャンペーン付与金額を追加する可能性があり、その場合はPayPayホームページにて事前告知を予定しています。

「終了予測等の告知は行いません」ということですが、実際にはキャンペーン終了前にPayPayから告知が入るようなので、あまり焦って購入する必要はないでしょう。

また、100億円がなくなってもキャンペーン金額が追加される可能性があるため、公式サイトはチェックしておきましょう。

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

UCSカード

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。

そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

USCカードは現在、最大で合計Uポイントが4000ポイントが手に入るキャンペーンを実施中なので、今作っておくと大変お得なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

バンドルカード

審査も年齢制限も無い、今すぐ使えるカードです。もちろん無料で使えて、後払いも出来る活気的なカードです!

Kyash

誰でも持つことができるプリペイド、Kyashはアプリから簡単に申し込むことができます。申込や年会費は無料で、全国のVISA加盟店で使うことが可能です。

審査が無く、メールアドレスと電話番号さえあれば、1分で手続きが完了します。

Kyash公式

クレカ・デビットカードだけでなく、コンビニや銀行ATMでチャージできるので、クレカを持てない方でも、クレカの代わりに使うことが可能です。

リアルカードを発行すれば、実店舗で使用することもできます。

もし、カードを無くしてもアプリから停止できるのでセキュリティ面もバッチリです。

リアルカードとバーチャルカード

  • リアルカード:1回/1日の上限5万円
    1ヶ月12万円
  • バーチャルカード:1回/1日の条件5万円
    1ヶ月12万円

5枚のクレカ・デビットカードを紐付けることができ、履歴などもアプリで確認することができるので、楽に管理ができるようになります

勿論、プリペイド式なので使い過ぎる心配もありません。

更に、Kyashはいつでも1%還元で、紐付けたクレカの還元と合わせて、ポイントを二重取りなんてことも可能になっています。

Kyashを持っている方同士なら、無料で送金することもできます。

現金がない時でも、クレカでチャージして割り勘なんて使い方もOKです。

おすすめポイント

  • 年会費無料
  • 審査無し
  • 申込から1分
  • クレカの持てない方でも大丈夫
  • クレカ・デビットカードの管理が楽
  • プリペイド式なので使い過ぎる心配がない
  • 1%還元・ポイント二重取りも可能
  • 無料で送金ができる

 

-paypay(ペイペイ)

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.