解説、アプリの使い方

SNSデイズ

PayPayで自分のクレジットカードが不正利用されているか?確かめる方法や対処法など徹底解説

投稿日:

今回は、PayPayで発生したクレジットカードの不正利用の確認方法と、対処法などを紹介します!

PayPayでは先日、ポイント還元キャンペーンの一環である「100億円あげちゃうキャンペーン」が終了したばかりですが、PayPayの仕様を利用して他者がクレジットカードの不正利用されている可能性が発生しました!

今回は、自分が不正利用されているかどうか確認する方法と対処法を下記で解説するので、確認してみてください!


PayPay不正利用とは?

まずは、PayPayの不正利用の概要について紹介します。

PayPayでクレジットカードを登録していた場合、身に覚えのない請求が来たという人はいないでしょうか。

どのようにお金が利用されたか見てみると「クレジットカード」が使用されたことになっています。

手元にちゃんとクレジットカードは存在するのに、誰かが自分のクレジットカードを不正で利用したのではないかと疑ってしまいますよね。

PayPay公式曰く「情報漏洩が原因ではなく、第三者がなんらかの方法でクレジットカードの情報を入手して、PayPayのセキュリティコードを入力して決済を利用している」という説明がありました。

どういうことかというと、クレジットカードの番号などを不正利用して、そのカードの「セキュリティコード」をマクロ等で該当するまで番号入力して、そのクレジットカードをPayPayに登録させてから不正利用を実行している感じになります。

実は、PayPayで設定したクレジットカードのセキュリティコードを入力する際は、何度セキュリティコードを間違えたとしても、PayPay上でロックがかからなかったのです。

そのため、PayPayでクレジットカードの番号さえ登録することができれば、あとは3桁のセキュリティコードを正解するまで片っ端から入力して正解すれば、PayPayで決済することができるようになります。

クレジットカードの番号さえあればPayPayに登録してセキュリティコードを正解するまで入力すれば、誰でもできる方法なので、PayPayに登録していないけどクレジットカードには登録している人も被害を受ける結果になりました。

このトラブルをPayPay運営は早急に対処して、現在では4回」間違ったらPayPay利用にロックがかかるようになっています。

PayPay運営が不正利用したという訳ではなく、PayPayの「セキュリティコード間違いにロックがかからない仕様」を利用された形で、第三者から悪用されたことになるので、直接的な加害者はPayPayではありません。

第三者の不正利用にPayPayが使われたと考えてください。

とんでもない金額の請求が来た例もありますので、クレジットカード会社に直接問い合わせて「不正利用である」旨の確認も必要になるでしょう。

PayPayでは「3万円以上の金額を決済する場合の本人確認」が義務付けられていましたが、この本人確認に関しても問題がありました。

店舗側は身分証を確認してクレジットカードの情報と照会しますが、PayPayの登録情報までは照会していないからです。

本当に本人がPayPayに登録しているのかという部分までは行き届いていなかったのも、原因のひとつです。

クレジットカード不正利用を確認する方法は?

早速、クレジットカードの不正利用をチェックしてみましょう。

PayPayに登録していない人も被害に遭う可能性があるので、クレジットカードを持っている人は全員確認する必要があります!

PayPayアプリを確認するだけでは不十分!

PayPayアプリに登録して自分のPayPayアカウントで利用した分の利用状況は、マイページの「レシート」から確認することができますが、これでは不十分です!

そもそも、PayPayに登録していない人も被害に遭う可能性があるということなので、PayPayで確認するだけでは不充分だとなんとなくわかるのではないでしょうか。

第三者がクレジットカードの番号を利用して、ひたすらセキュリティコードを入力した上で不正利用されているので、PayPayに登録されていないカードだって被害に遭う可能性もあります!

そのため、PayPayのレシートに特に問題とされる事項がないからといって安心してはいけません。

クレジットカードそのものの明細をチェックする

確認すべきは「PayPayのレシート」ではなく、「クレジットカードの明細」です。

自分が持っているクレジットカードの明細は、全部確認するようにしてください。

自分のクレジットカードの番号さえばれていたら不正利用される可能性がわずかにもありますので、どのクレジットカードも被害に遭っている可能性があるからです。

もし、自分の身に覚えがない支払い請求があったり、自分が利用していないのに「PayPay支払い」などの項目があって支払われていた場合、その項目こそが不正利用の項目になります。

謎の利用履歴があった場合、自分のクレジットカードが不正利用されたことになるので、そのクレジットカードの利用をストップする等の対処法を取りましょう!

不正利用があった場合の対処法について

次に、不正利用が起こった場合の対処法について紹介します。

不正利用されたお金は自分が使ったものではありませんので、そんなお金を支払う必要は一切ありません。どのようにして対処すればいいのでしょうか?

PayPayの注意喚起について

PayPayの注意事項をもう一度確認しましょう。

PayPayでは「クレジットカードの不正利用が確認できた場合、速やかにクレジットカード会社に連絡するように」と言っていました。

この対策に関しては的を得ていて、クレジットカード自体が不正利用されているため、PayPayではクレジットカードの支払いに関する問題は対処できません。

そのため、クレジットカード明細をチェックして変な項目があった場合は、とにかくクレジットカード会社に連絡するようにしてください。

例えば「不正利用された可能性がある」と説明して、クレジットカード会社に確認してもらいましょう。

PayPayを利用して不正利用されたケースはもはや大問題に発展しているため、クレジットカード会社側もなんらかの対応策を見つけ出してくれている可能性もあります。

クレジットカード利用をストップする

仮に今回、クレジットカードの不正利用問題が解決して、自分が支払いしなくてよくなったとしても、一度でも不正利用された場合は、不正利用した第三者は自分の情報がわかっていることになります。

そのため、いつ不正利用されるか分かりません!

忙しくて対応が遅れてしまった場合、よけいなお金を支払わなくてはいけなくなる可能性も充分考えられますよね。

そうならない為、一旦クレジットカードの利用を停止してください。

クレジットカード会社にもよると思いますが、クレジットカードの利用を一時的に停止して、またあとで利用を再開することも出来るかもしれません。

今回のことで「クレジットカードはもうこりごりだ」と思う場合、クレジットカード自体を解約するのも一つの手だと思います。

ちなみに、クレジットカードの利用停止や一時的停止する場合、もしかしたら手数料がかかるかもしれませんので、その旨もクレジットカード会社に問い合わせるようにしてください。

PayPay関連のクレジットカード不正利用確認方法や対処法について

今回は、PayPay関連のクレジットカード不正利用確認方法や対処法について紹介しました。

PayPayのレシートを確認するだけでは不十分な可能性があるので、PayPayに登録していないクレジットカードも含めて、クレジットカードの明細を確認するようにしてください。

また、不正利用された金額を払わないようにするのも大切で、必ずクレジットカード会社に問い合わせるようにしましょう。

PayPayの認証コードが届かない!登録できない場合の詳細や対処法を徹底解説

paypayのアカウントとクレカ情報削除するには!?不正利用を防ぐ方法を徹底解説

-paypay(ペイペイ)

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.