ポケカラの紅白とは? 参加方法・応援・投票のやり方!勝ったらどうなるのかなどを徹底解説!

最新曲からヒット曲まで、全ての楽曲が歌い放題のカラオケアプリ「ポケカラ」では紅白が話題となっています。
今回話題となっている紅白歌合戦は公式大会ではありませんが、どのように参加するのでしょうか?

それでは、ポケカラの紅白とは? 参加方法・応援・投票のやり方!勝ったらどうなるのかなどを徹底解説していきます。


ポケカラ民による紅白歌合戦が開催

Pokekaraツイッター公式運営

公式大会ではない

ポケカラ民による紅白歌合戦は、公式から開かれている大会ではありません。
2018年には公式大会も開かれていますが、2019年の紅白歌合戦が発表されていません。

一般ユーザーが参加者を募って開催

今回話題になっている「ポケカラ民による紅白歌合戦」はスネ夫さんという一般ユーザーが開催している大会です。
Twitterで主に呼びかけをしているのですが、フォロー数なども少ないので、有名な人物ではありません。

ただ、2019年12月7日時点で、応募者が214名とかなり応募数となっているようです。

ポケカラ民による紅白歌合戦のルール

デイリーランキングで勝負

ポケカラではデイリーランキングというランキングシステムがあります。
名前の通り、その日歌を投稿したユーザーだけで、特典を競うというものになります。

ポケカラ民による紅白歌合戦は2019年12月30日(月)21:00~より開催されるデイリーランキングで競い合う大会となっています。
2019年12月31日(火)21:00の時点で相手チームより、多くランキングに乗っているチームの勝利となります。

男性と女性のチーム分け

 

チーム分けは本家の紅白歌合戦と同じく、男性と女性によってチーム分けが行われます。
男女共に120名、240名が参加する大会となっています。

勝ったら景品がもらえる

勝利したチームには「ペンライト」というゲーム内アイテムが貰えます。
ペンライトは、他のユーザーに「いいね」のようなものを送れるアイテムになります。

景品は全員に配られるわけでなく、抽選で4名に配布されます。

  • 1名2020本
  • 3名300本

ペンライトは2020年1月5日までに配布されます。
自身がランクインしなくても、勝利チームにいれば、大量のペンライトをもらえる可能性があるのです。

曲の縛りはなし

「ポケカラ民による紅白歌合戦」では、特に曲の縛りはありません。
採点が可能な曲であれば、どんな男性でも女性でもどの曲を歌っても問題ありません。

ただ、同じチームで曲が被ってしまうと、同曲補正により4曲までしかランクインはできないようになっています。
より有利に戦うのであれば、曲のかぶりは無いようにした方がいいでしょう。

ポケカラ民による紅白歌合戦の参加方法

開催者に連絡を入れる

参加志望者は2019年12月13日(金)21:00までに開催者であるスネ夫さんあてにDMを送りましょう。
参加人数に制限はないと書いてありますが、2019年12月6日の時点では240名を定員としています。

男女共に同じ数にしなければならないので、多くの男女が募れば定員は増える可能性はありますが、上手くバランスが取れない可能性もあります。
参加したい場合は、早めにスネ夫さんにDMを送るようにしましょう。

参加資格

2019年12月30日(月)21:00~2019年12月31日(火)21:30までの大会期間中は、アイコンを男性なら白、女性なら赤っぽいアイコンにしなければなりません。
アイコンに関しては、Twitterのアイコンを基本的に使用しますが、別途のアイコンが希望の場合はスネ夫さんに送付しておきましょう。

また、勝敗にこだわらずに、純粋に歌うことを楽しめる人が対象となっています。

2019年12月30日(月)21:00~2019年12月31日(火)21:00までの大会期間中に歌を投稿できることと、2019年12月13日(金)24:00までに曲目を知らせる必要もあります。
特に、厳しい参加資格はありませんが、漏れてしまうと参加できない可能性があるので、注意しましょう。

視聴者の参加方法

「ポケカラ民による紅白歌合戦」はいつも通りにペンライトなどを使った応援を行います。
応援しても点数や、勝敗が変わることはありません。

 

もし「ポケカラ民による紅白歌合戦」に参加しているユーザーを確認したい場合は、スネ夫さんがポケカラ内に「スネ夫@紅白用」というアカウントを作っています。
参加者を全員フォローするためのアカウントなので、フォロワーから参加者を確認して、視聴してみましょう。

注意点

「ポケカラ民による紅白歌合戦」ではスタンプ連打などのコメント妨害を禁止しています。
集計があるため、アイコンの変更も2019年12月31日(火)21:30まではしてはいけません。

また、投稿する曲の紹介部分には<<紅白歌合戦参加>>という記述が必要になります。忘れないように、記載しておきましょう。

勝手に開催される大会は違法ではないのか?

「ポケカラ民による紅白歌合戦」では優勝商品をしっかりと明記していますので、景品表示法には引っかかりません。
実際の景品と、先に掲示されている景品に違いあった場合は、違法になってしまう可能性はあります。

また音楽となると著作権の問題が出てきますが、ポケカラ内で歌う楽曲については、著作権を違反してません。

ただ、ポケカラで歌った曲を別の場所にアップロードするとそれは、著作権の違反となってしまいます。
大会内で、歌う楽曲については、ポケカラが著作権をもち配信しているため、大会内で聞く・歌う分については問題ありません

そして、このような大会を一般ユーザーが開くということについても問題はありません。参加費を求めていれば問題となりますが、今回の大会は無料で参加できます。

金銭目的で開催されている大会なので、特別な違法行為がない限り、問題はないといえるでしょう。

ポケカラでイヤホンを使うと音がこもる!詳細や対処法を徹底解説 

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

第1位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

 

-音楽アプリ

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.