メルカリ(メルペイ)で何度も本人確認されてしまう!なぜ何度もされるの?理由を徹底解説

メルカリ(メルペイ)で本人確認をしたことがあるにも関わらず、再び本人確認を促す通知やバナーが表示されるといった事例が確認されています。

何度も本人確認を行う催促をされてしまう理由を解説します。


2020年9月から本人確認を強化する方針にしたため

メルカリおよびメルペイで本人確認を再度行うように促されることが確認されています。

一度本人確認を行ったのにも関わらず、再度表示されてしまう理由として次の事件が関連しています。

理由

2020年9月に発覚した「ドコモ口座」不正引き出し被害。この事件からゆうちょ銀行などでも不正利用が確認されたことによって、メルカリ(メルペイ)で再度本人確認を行う方針を定めました。

不正利用事件が多発したことにより、メルカリでも本人確認を再度行うことでセキュリティを強化する方針になったようです。

9月以降、出品時やメルペイ利用時には本人確認が必要ないものの、一部の機能の利用に制限が出てしまいます。

本人確認が必要になってしまう利用方法

初回の本人確認済みを行ったユーザーは従来通り出品や売上金をそのままメルペイに利用することができますが、9月からの本人確認が必須になったことによって、メルペイの「チャージ(入金)」機能が制限されてしまいます。

そのため、本人確認を行わない場合は、引き続きメルペイは利用できるものの、出品で売り上げた売上金以外の残高をチャージできなくなってしまうため、メルペイを主に使う電子マネー利用者は本人確認を行った方が良さそうです。

ただし、まだ一度も本人確認を行ったことが無いユーザーは引き続き「出品/振込申請/メルペイスマート払い」の利用ができません。

何度も本人確認が来るトラブルもある

過去には本人確認に不備がないユーザーに対して何度も本人確認を行う催促通知が届く事例がありました。

本件はシステムエラーが原因で本来であれば本人確認を行う必要が無いユーザーに通知が届いてしまったようです。

現在はこのような事象は発生していないようですが、過去に発生したトラブルでもあるため、何らかの拍子で同じトラブルが発生してしまう可能性があるかもしれません。

2回目の本人確認で悪用されてしまう心配はない

メルペイアプリ上で再度本人確認を促されますが、この確認は運営によるものです。

アプリの乗っ取りなどによって悪意のある第三者が個人情報を引き出すために行っているものではないため、安心して本人確認を行えます。

9月からの本人確認を行う手順

本院確認を行う際は、「メルペイ」タブから行います。

再度本人確認を行う必要があるユーザーには、画面中央部の「本人確認を行ってください」バナーからアクセスします。

「本人確認をはじめる」から始めることができますが、詳しい手順は関連記事にて詳しく紹介しています。

問題が無ければ約3分程度で終わりますが、運営による確認を含むため数日から1週間程度掛かるようです。

メルカリでサーバーが落ちた!詳細や対処法を徹底解説

他にオススメのフリマアプリは?

他にオススメのフリマアプリを紹介します!

ココナラ(coconala)

まずは、ココナラ(coconala)について簡単に紹介します。

ココナラのクリエイターに依頼する

ココナラ(coconala)は「自分のスキルを売り込むフリーマーケットアプリ」で、ユーザー数は現在100万人以上!どんどん需要が上がっているアプリのひとつです。

メルカリ等のフリマアプリでは「物を売る」のが基本ですが、ココナラ(coconala)の場合は「自分の特技・スキル」を他の人に販売することになるので、どんな人でもココナラ(coconala)でお金儲けをするチャンスがあると思ってください!

例えば、「お金儲けをしたいけど絵を描くくらいしか特技がない」という人でも、自分のイラストをココナラ(coconala)で販売することができますよね。

依頼主がどのような絵を希望しているか等の情報を共有して、気に入るようなイラストを描けばいいだけです!

逆に、「ブログ等で使える著作権違反に触れないイラスト・画像が欲しい」と思っている人は、ココナラ(coconala)でイラストを依頼すれば問題は解決するでしょう。


 

-メルカリ
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.