メルカリでサーバーが落ちた!詳細や対処法を徹底解説

大人気フリマアプリ「メルカリ」では頻繁にサーバーエラーが発生しています。操作途中にサーバーが落ちてしまうので、支払いができていないなどのトラブルも発生します。

それでは、メルカリでサーバーが落ちた時の対処法を徹底解説していきます。


メルカリ サーバー落ちた!

サーバーが落ちて操作が不可能に

メルカリでサーバーが落ちてしまうと、操作が不可能になってしまいます。メルカリは対人の取引ですし、お金が関わるアプリです。

支払はもちろんですが、相手の評価をつけることで、今後の取引に大きくかかわってきます。

そういった評価・支払もサーバーが落ちてしまうことで、操作を行えなくなります。
自身が原因ではないのに、メッセージが遅れてしまって、取引が完了できないといったトラブルも発生しています。

過去に何度もサーバーが落ちている

メルカリのサーバーエラーは過去に何度も発生しています。古い端末などを使っている人は、メルカリの使用中に頻繁に落ちてしまうというひともいるでしょう。

メルカリでサーバーが良く落ちてしまう原因はアクセス過多の者が多いです。

メルカリはテレビやユーチューバ―などが取り上げることが非常に多いです。
そういったきっかけが合ったときに、サーバーが落ちてしまうユーザーが多くいます。

公式Twitterなどからの発表などはない

メルカリでは何度もサーバー落ちといった不具合が発生していますが、公式からの発表があったことはありません。
一度もそういった報告がないことから、Twitterなどではサーバーが落ちるたびに、リプでコメントが投稿されています。

公式Twitterではメンテナンスの情報や、重大なエラーが発生した時のみに更新されています。

対処法

通信環境を確認・Wi-FiをOFFにする

注意ポイント

  • ルーターの再起動
  • 端末回線で接続する
  • Wi-Fiのチャンネルを切り替える
  • Wi-Fiのケーブルが抜けていないか確認する
  • 機内モードのオン/オフを行う

サーバーが落ちてしまう原因として、考えられるのが、通信環境が不安定な事です。
端末が古く、劣化してしまっている場合もサーバーが落ちてしまうといった症状が起こりやすいです。

Wi-Fi接続の場合は、チャンネルを変えたり、再起動などの対処法を行いましょう。
その際に、LANケーブルの接続ミスやルーターと端末との距離なども確認してください。

機内モードのオン/オフはコントロールセンターから簡単に行うことができます。
画面下部及び、画面右上よりコントロールセンターを呼び出し、飛行機マークをタップしてください。

10秒ほど放置してから、再度飛行機マークをタップすることで通信環境がリセットできます。

アプリ・OSのアップデート

アプリやOSが古いことで、操作が上手くいかず、サーバーが落ちてしまうこともあります。
各ストアより、アップデートを行い、処理速度を向上させてみましょう。

ストアで「メルカリ」を検索し、アイコンの横が「開く」となっていればアップデートの必要はありません。
「アップデート」が表示されている場合は、アップデートを行いましょう。

次に「歯車マーク」よりOSのバージョンを確認してください。

「一般」をタップします。

「ソフトウェア・アップデート」をタップしてください。

OSが最新の場合は、搭載されているOSが表示されます。

OSが最新ではない場合は「ダウンロードしてインストール」が表示されるので、タップしてください。

端末のパスコードを入力します。

ダウンロードが終わると「今すぐインストール」に表示が変わるのでタップしてください。
しばらくすると、端末が再起動され、アップデートが完了します。

アプリ・端末の再起動

アプリや端末の再起動を行うことで、サーバーとの接続環境が改善することもあります。
アプリの再起動はタスク画面より行うことができます。

画面下部orホームボタンのダブルクリックでタスク画面を呼び出したら、メルカリの画面に触れながら上部にスワイプすることでタスクキルができます。
もう一度、メルカリを起動することで再起動は完了です。

端末の再起動は、スリープボタン(+音量ボタン)の長押しで上記の起動画面を呼びだせます。
スライドを行い電源を落としたら、もう一度同じボタンを長押しして再起動させてみましょう。

ブラウザ版でアクセスする

メルカリはアプリだけでなく、ブラウザからもアクセスが可能です。
アプリ側のみで、サーバー落ちが発生している可能性もあるので、ブラウザ版でアクセスしてみましょう。

Yahoo!

メルカリを検索エンジンで検索してもアクセスしようとしても、アプリが起動されることがあります。
その場合は、長押しをして、別タブでメルカリのブラウザ版を開いてみましょう。

ブラウザ版にアクセスできたら、ログインをタップしアプリと同じアカウントでログインを行いましょう。

アカウント情報は個人情報設定の「メール・パスワード」から確認することができます。

キャッシュの削除を行う

メルカリはアプリ内より、キャッシュの削除が行えます。
ホーム画面より右下にある「マイページ」をタップして下さい。

「キャッシュを削除する」をタップします。

ポップアップが表示されるので「はい」をタップしてください。
しばらくするとキャッシュの削除は完了になります。

再インストールを行う

再インストールを行うことで、サーバーが落ちるのを防げることもあります。
アンインストールの前にマイペースより個人情報設定でアカウント情報を確認しておきましょう。

アカウント情報が確認できたら、メルカリのアイコンを長押しし「Appを削除」をタップしてください。

ポップアップが表示されるので「削除」をタップします。
再度、メルカリをインストールし、先ほどのアカウント情報を入力し、ログインしてみましょう。

しばらく時間をおく

サーバーが落ちる原因として多いのが、アクセスの集中です。
この問題を改善するためには、しばらく時間がたってからアクセスするしかありません。

また、サーバーが何度も落ちてしまう場合は何かしらの対応を運営がする可能性が高いです。
更新は少ないかもしれませんが、公式Twitterで情報を収集するのもおすすめです。

運営に問い合わせを行う

メルカリでサーバーが落ちてしまうと、気持ちのいい取引ができません。
低評価の原因にもなってしまうので、速やかに運営に問い合わせを行いましょう。

問い合わせはホーム画面より右下にある「マイページ」より行えます。

「お問い合わせ」をタップしてください。

「お問い合わせ項目を選ぶ」をタップします。

「アプリの使い方やその他」をタップしてください。

「不具合の報告」をタップします。

「お問い合わせする」をタップして下さい。

フォームに沿って内容を入力し「送信する」をタップすると、問い合わせは完了です。運営からの返信・対応を待ちましょう。

メルカリでPaidyを使った詐欺が横行!詳細や対処法などを徹底解説

 

-メルカリ

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.