Live812(ライブハチイチニ)はどのくらい稼げる?販売機能「ライブコマース」や他ライブ配信アプリとの比較など!徹底解説

新しいライブ配信アプリ「Live812」が話題になっています。

今回は、ライブ配信アプリ「Live812」の詳細や稼げるのかなど徹底解説していきます。




Live812とは

Live812は、2020年に始まった新しいライブ配信サービスです。

名前の読み方は「ライブハチイチニ」で、本社が静岡県焼津市にあることに由来します。

YouTubeなどの録画して動画を流す形態ではなく、17LIVEなどの様にリアルタイムで配信し、視聴者とコミュニケーションを取るタイプの配信サービスです。

特に、Live812で特徴的なのが、ライブコマース機能です。

通常の投げ銭に加え、アプリを通した商品の販売でも収入を得ることができます。

当初のライバーは1000人程・全国各都道府県に1人以上のライバー

Live812の当初の登録ライバーは約1000人。全国の各都道府県に、1人以上のライバーが配属されています。

これは地域に根付いたライブ配信が出来ると共に、地域の特産品などをライブコマースで販売できるという強みに繋がっています。

配信ライバーが10代から80代と、年齢層が幅広いのも特徴です。

Live812は稼げるのか?

下記では、Live812では稼げる仕組みが用意されているのかを紹介していきます。

他のライブアプリと同じく投げ銭を貰える

Live812では、他のライブ配信サービスと同じように、投げ銭を貰えます。この投げ銭で得たポイントを元に、収益を得ることができます。

ギフトは3コイン~50000コインの間で用意されています。

リリース当初は登録すると無料で、300コインが手に入ります。気軽にギフトを送りやすい配慮がされています。

アイテムを使うと、配信画面にエフェクト表示がされます。

ギフトは全部で16種類。最高額のアイテムが50000コインの宝箱です。

アイテム数自体は、他のライブ配信アプリに比べて少なめです。

しかし、Live812では値段の安いアイテムでもエフェクトがしっかり表示される傾向があるので、コミュニケーション代わりに使う方も多いです。

高いアイテムは長めにエフェクトが残るので、スクショタイムなどをして、しっかりお礼をする配信者が多いです。

ライブコマース機能でも稼げる

Live812の大きな特徴として、ライブコマース機能があります。これは簡単に言うとLive812を通じて商品を販売するシステムです。

商品の販売は、ライブ配信中でも行えますし、ライバー自身のマイページでも行う事が可能です。

商品購入は、購入側がクレカか銀行振り込みを選べるようになっています。

月末締めで、翌月末に(株)YAIZOOから配信者に代金が振り込まれる形になります。

ライブコマース機能とは

ライブコマース機能は、ライバーのマイページに商品販売のページを設けることが出来る機能です。

視聴者は商品販売ページにアクセスして商品を買うことができますし、配信中の画面からでも商品販売ページを開くことができます。

自身の好きなモノを売れる

ライブコマース機能では、配信者が売りたいモノを売ることができます。

「運営が用意した商品の中から選んで売るの?」「これを売らないといけない案件みたいなもの?」と、心配する方も多いかと思います。

少なくともリリース当初現在は、配信者それぞれが自身の好きなモノを売っています

ライブコマース機能は、以下の様に活用されることが多いです。

活用例

  • 配信でハンドメイドを作成して販売
  • 配信で歌を歌って自作CDを販売
  • 配信でイベントの案内をしてチケット販売

勿論、販売できる商品に制限はありますが、フリマアプリなどで販売できるものなら大体販売可能です。

ただし、基本的には、自身が制作・開発に関わったモノを売る機能になります。

つまり、レディメイドのアクセサリーや別の人のCDなど、他で買ってきた商品を売るのは非推奨です。

配信するにはタレント契約が必要

株式会社YAIZOO

Live812の配信をするには、(株)YAIZOOとのタレント契約が必要になります。

その為、アプリをダウンロードすれば、直ぐに配信が出来る訳ではありません。アプリの視聴に関しては、無料で簡単に行えます。

配信以外の活躍の幅が広がっている

(株)YAIZOOは、テレビやラジオ出演に出演するタレントや劇団員などが所属する芸能関係の会社です。

その為、配信で活躍すれば、配信以外の場でも活躍できる可能性が有ります。

そうなってくると、配信以外の収益も得ることが出来るでしょう。

どれぐらい稼げるのか?

下記では、Live812でどれぐらい稼げるのか紹介していきます。

他のライブ配信アプリとの比較

Live81217LIVEポコチャ
ダウンロード数5000以上1000万以上50万以上
本社日本台湾日本
リリース年2020年2015年2017年

他のライブ配信アプリのトップライバーの年収など、更に詳しい他のライブ配信アプリの比較は、下記の記事で詳しく解説しています。

【2020年】ライブ配信アプリを全て比較してみた!オススメのライブ配信アプリはどれ!?

ライブ配信アプリの還元率

  • 17LIVE:10~50%
  • ビゴライブ:20~30%
  • ハクナライブ:82~100%
  • SHOWROOM:20~35%
  • ポコチャ:時間ダイヤ

フォローや視聴数が少なくてもポイントを獲得できる傾向

Live812のトップの方でもフォロワーは1000人に行かない位で、17LIVEのトップライバーのフォロワー数と比べると桁が違っています(17LIVEのトップライバーのフォロワーは3千だったり30万だったりと幅があります)。

トップ100位になるとフォロワーは100人超える位の数になり、一回の配信に集まる人数も少なくなります。

しかし、Live812では、1回の配信に集まる人数が10人前後の配信でも、それなりにギフトが送られています

これは、ファンが特定の方を応援すると共に、Live812全体を応援している場合もあるからです。

中には、配信を渡り歩いて、その時に配信している方にギフトを配っている人もいます。

その為、フォロワーや視聴人数があまり多くない方でも、少なからず稼ぐことが出きているようです。

商品販売はライブ配信中以外でも可能

上記で紹介してきたコインとは、ギフトによる獲得コインをさします。

Live812では、ギフトによるコインの他にも、商品販売による収益も発生します。

この商品販売はライブ配信以外のタイミングでも可能なので、ライブ配信アプリなのに、ライブ配信時以外にも収益が得られるという事になります。

銀行振り込みの案内やクレカの引き落としなどはLive812側が行ってくれるため、フリマアプリなどで販売するよりも、販売時の手続きは簡単になります。

販売の売り上げは月末締めで、次月末に(株)YAIZOOから振込んで貰う形になります。

投稿機能を販売につなげやすい

Live812には、文章や画像を投稿できるタイムライン機能が備わっています。

ブログの様に使える機能なので、ライブの振り返りや商品の詳しい説明なども載せることができます。

ライブ配信で興味を持ってもらい、投稿機能でより販売に繋げると言う使い方が可能です。

どんな方が稼ぎやすいか・稼ぐコツ

下記では、どんな方が稼ぎやすいのかを紹介していきます。

歌い手・アーティストの方

歌い手やアーティストの方は、歌の披露や演奏などの配信が主になってくると思います。

歌い終わるタイミングでギフトをくれる人も多いですし、Live812では自身のCDを販売する方も見られます

更に、イベントのチケットを販売することも可能です。

フリマサイトなどでハンドメイドの販売をしている方

Live812を最も活かせるのが、ハンドメイド作品の販売をしている方でしょう。

Live812ではハンドメイドというジャンルが作られており、そこではアクセサリーやあみぐるみなど、様々なものを作る配信が行われています。

売る側としてもこだわりポイントなどを伝えられますし、買う側も作る過程を見ているので安心して購入することができます。

新しく配信を始める方

Live812はまだまだ始まったばかりの配信アプリです。

また、ライブコマースなどこれまでのライブ配信アプリには見られなかった機能もあり、ライブ配信になれている方でも新しいやり方を模索する必要があるでしょう。

新規で始める方も、まだまだ入り込む余地があります。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)【Sponsored by DeNA】」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっち

ふわっちのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちというライブ配信アプリもおすすめです!

ふわっちは17LIVEやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、17LIVEやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

17LIVEやPocochaのようにリスナーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

↑上記から詳細確認出来ます

第2位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第3位 Hakuna Live

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

相互コミュニケ―ション配信というのが特殊で、配信者の配信に、視聴者が「ゲスト」として出演することができます(1人まで)。ゲストとして出演した場合、配信者とゲストの2人で行う配信を視聴者は見る形になります

グローバル配信を始めて間もないという事で、視聴者もそこまで多くありませんが、配信者も少なく、新規参入しやすいライブ配信アプリのようです。アイドルやYouTuberがいないのも狙いめの1つですね。

  • スター(換金可能な通貨)の獲得数ランキングが見れる
  • 有名配信者が少ない
  • ゲストでも視聴者からプレゼントを貰える
  • 換金率が異常に高い(最低でも82%)

上記の様な理由で稼ぎやすいとも言われています。

相互コミュニケーション配信のゲストでもプレゼントをもらえる事や、換金率の高さが他のアプリに比べ、異常に高くなっているので、今後注目され、人気が出る事は間違いないでしょう。

第4位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第5位 IRIAM(イリアム)

IRIAM(イリアム)のおすすめポイント

  • 「VTuber」のライブ配信アプリ!
  • バーチャルキャラクターをかわいく着せ替えることができる
  • キャラが二次元なので顔を出す必要がない!
  • 通信や画質等も綺麗で使いやすい

IRIAMは今流行っている「VTuber」がライブ配信するような形式のライブ配信アプリです。

VTuberとは「バーチャルユーチューバー」の略で、自分自身の顔を出さずとも自分の分身となる可愛いバーチャルキャラクターを操作して配信している人たちのことです。

バーチャル(二次元)ならではのかわいさが目白押しアプリで、万が一自分の顔等に自信がないという人はチェック必須のライブ配信アプリです。

例えば、現実の自分と全く違うような容姿をしたキャラクターも作成可能ですし、かわいらしい衣装を着せることも可能です。

現実ではありえない「猫耳」等のオプションを付けて、より二次元のキャラクターらしくデコレーションすることができるでしょう。

ただし、IRIAMでライブ配信したい場合は、IRIAM公式が開催するオーディションに合格する必要があります。

自己紹介の音声などを送る必要があるのでやや敷居が高いかもしれませんが、採用されればIRIAMの公式ライバーとなることができるでしょう!

第6位 ミコライブ

ミコライブは「せかいのエンタメを日常に」のコンセプトのライブ配信アプリ。フェイス加工も細かく設定でき、メイクやかわいい耳を着けたりする機能も。

メジャーな配信アプリ程知名度は高くありませんが、アクティブリスナーも多く配信は非常に盛り上がっています。今から配信を始めたい方にもオススメのライブ配信アプリです。

ミコライブは配信だけに留まらないサポートや展開も大きな魅力。CJ ENMの関連する韓国の大手オーディション番組や日本のプロスポーツとのコラボ等、大型のタイアップも行われています。

特にJリーグチームやプロスポーツチームとのコラボイベントでは、モデルやタレントへの登竜門ともいわれるキャンペーンガールへの専属契約や専属マネージャー獲得のような、他とは一線を画すプライスが用意されていたりします

リスナー側にもシークレットパーティーへの招待などプライズが用意されていたりもするので、イベントは配信側もリスナーも大いに盛り上がれます。

ミコライブにも投げ銭機能が備わっており、エフェクトが非常に豪華。アニメーションが綺麗で豊富なのは勿論、音が出たり全配信ルームに通知が出るアイテムなんてものもあります。

イベントの商品としてオリジナルギフト作成なんてものもあり、皆が沸くこと間違いなしです。

アプリには銀貨ゲームが実装されており、配信で盛り上がれるのは勿論、リスナーがゲームで銀貨を増やしてギフト購入をする事も可能です。

おすすめポイント

  • 大手テック企業の開発により高画質&高機能
  • アプリが非常に使い易い
  • ギフトエフェクトのアニメーションが豪華
  • 非常に豪華なプライズ・イベント商品
  • フェイス加工機能が安心
  • 新規参入がし易い
  • ゲームで銀貨を増やしてギフト購入ができる

第7位ピカピカ

ポイント

  • 顔出し不要の音声配信アプリ
  • サークル機能で友だちが見つけやすい
  • アプリ内でゲームが楽しめる
  • 契約配信者になれば稼げる
  • スマホ一台で配信者になれる

ピカピカは、中国では「Kirakira(キラキラ)」という名称でリリースされてるアプリです。中国では、かなり人気のアプリとなっており、日本でも今人気が高まってきているアプリです。

自身が作成した、バーチャルモデルを使用し、顔出し不要の音声配信アプリとして人気で、スマホ1つで簡単に配信できるという気軽さもおすすめできます。
また、今なら人口も少ない分契約配信者にもなりやすく、稼ぎやすいというメリットがあります。

喋るのが少し苦手な人にも、配信が行いやすいように、ピカピカでは「早押しソング」というゲームが配信ルームで楽しめます。
「早押しソング」はみんなで歌をつなげていくカラオケリレーができるゲームです。

他にもサークルでは、共通の趣味を持つ人なども見つけやすく、友達が見つけやすいというメリットがあります。
メッセージ機能などもあり、音声配信以外に楽しめる要素もたくさんあります。

ピカピカは楽しみながら稼げるチャンスがある今、おすすめのアプリといえるでしょう!!

第8位 トークライバー

トークライバーは女性が稼げるライブ配信アプリとしてオススメです。

 

配信者は女性のみで視聴者は大半が男性、視聴は有料ですが配信は無料になっています。特徴的なのは、オープン配信とツーショット配信の2種類が用意されていることです。

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

オープン配信とツーショット配信の違い

  • 多くのライブ配信アプリと同じように配信者1人の配信を多数の視聴者が見る
  • 配信者1人が視聴者1人に対して、音声または映像で配信

運営会社も、東京に本社を置く日本の会社なので、ブロックや通報などの運営のサポート体制も迅速だと評判です。

また、ノンアダルトが徹底しているので安心して配信することができます。

トークライバーは、稼げる仕組みも充実しています。

稼げる仕組み

  • ギフトの還元率最大50%
  • オープン配信1分ごとに最大15スター報酬ゲット
  • 音声・ビデオ通話1分で最大60スター
  • メッセージ1通につき10スター

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

更に、初心者ミッションで1000スター、一ヶ月ログインし続けるだけで1200スター以上が貰えます。配信者がまだ少な目なので、有名になり易いアプリと言えます。

また、配信者側から視聴者を検索してメッセージを送り、ファンを獲得するなんてことも可能です。

おすすめポイント

  • オープン配信とツーショット配信がある
  • 運営のサポート体制が充実している
  • 稼げる仕組みがはっきりしている
  • まだまだ配信者が少な目なので有名になり易い
  • 配信者が能動的にファンを増やしていける

↑視聴専用はこちらから

↑配信専用はこちらから

9位 Mimikoi(ミミコイ)

Mimikoi(ミミコイ)は誰でも簡単に利用できる、声を使った配信アプリ。聞く側も配信に参加して最大9人で盛り上がれる点が、他のライブ配信アプリと大きく違う特徴です。

恋カフェや雑談、ゲームと複数ジャンルが用意されており、特にゲームフレンドを探したり一緒に攻略を考えたりする使い方が人気です。

投げ銭機能も実装されており、有料アイテムで1対1の会話やコミュニケーションを取る事も出来ます。

Mimikoi(ミミコイ)は寂しい夜や暇な時間に気軽に利用する事ができるのが大きな魅力です。誰かの配信に入っても良いですし、自分で配信を行うのも手軽です。

また配信をしている人だけでなく、リスナーもスピーカーとして声を使って発言をする機能も搭載。最大9人でトークしたり攻略を話し合ったりする事ができます

文章と共に画像や動画を投稿する呟き機能を利用し、多くの人が日常や趣味などを発信しています。フォローやレスもできるので、気の合う人とコミュニケーションを楽しめます

おすすめポイント

  • 顔出しの声で配信
  • 投げ銭機能がある
  • リスナーもスピーカーとして声で参加できる
  • スピーカーは順次入れ替わり可能
  • 呟きやグループチャットが使い易い
  • 寂しい夜に手軽に誰かと話せる
  • 1対1トークもできる

10位 21LIVE

21LIVEの名前は数秘術と英語からきており、「思い通りの人生がここから始まる」をコンセプトにしたライブ配信アプリです。

誰でも手軽に配信や視聴ができるライブ配信アプリで、投げ銭によって報酬を得る事も可能です。

21LIVEはライバーとリスナーとのコミュニケーションを大切にするアプリで、交流機能が活発。入室コメントやギフトボード表示の機能も充実しています。

DM機能やスレッド機能があり、手軽にコミュニケーションを取る事が可能。画像付きで呟けるタイムラインではライバーもリスナーも自由に呟いており、コメントやフォローで趣味の合う人を探す事も出来ます。

日本の会社が運営しており、24時間監視しているので安心のアプリです。

メイクや髪色変更が可能な高性能なビューティーアプリが搭載されており、少しできた暇な時間や寝る前のちょっとした時でも配信を行えます。

キャンペーンやログインでコインをゲットできるので、手軽にアイテムを投げる事も。イベントも活発に行われており、ライバーとリスナー共に盛り上がる事ができます。

おすすめポイント

  • 親の同意があれば未成年でも収益化可能
  • 収益は日払い可能
  • 掲示板やタイムラインでの交流が盛ん
  • 男性配信者も多い
  • 日本の会社が運営
  • 無償のビューティカメラ機能をアプリに搭載
  • ライバーとリスナーがやり取りできるDM機能をアプリ内
  • 公式ライバーは時給保証

有料のライブ配信はどのアプリで出来る?メリット・デメリットなどを徹底解説!

 

-ライブ配信
-, , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.