危険!LINELIVE(ラインライブ)のライン通知に要注意!

今回は、ライブ配信アプリ「LINELIVE」の危険について徹底解説します。

これを知らないままライブ配信を開始すると、ライブ配信開始と同時に、そのリンクがラインの友達全員に通知されてしまいます

ライブ配信は、そもそも部屋の中での配信など、個人情報の宝庫をさらすことになるので危険ですよね。でも、これで大丈夫!

他にもライブ配信アプリならではの危険性が潜んでいるので、LINELIVEの危険性全般について、下記で解説していきます。


LINELIVE(ラインライブ)の危険性について

早速、LINELIVEの危険性について見ていきましょう。

ライブ配信アプリは総じて「楽しい」のがウリですが、LINEと提携されていることが原因で、以下のような危険性が潜んでいます。

どのような危険性があるのか、対処法はあるのか等を紹介します。

LINEの友だちにまで通知される

これがLINELIVEの開始画面です。LINELIVEを開始する際に、その配信のタイトルやカテゴリを設定する場所ですね。

そのうえで、下の真ん中にある緑のボタンをタップするとラインライブが開始となります。

画面真ん中に注目してください。

LINEのアイコンが緑色に輝いていますよね。これが、「ラインの友達に通知する」という意味なんです。このアイコンをタップして、通知しないようにしましょう。

ちなみに、通知が行く上に自分のタイムラインにもリンクと共に投稿されます。LINEの友達全員は、さすがにやばいですね……。

対処法① 「通知を絶対に切る」

通知されるのが嫌なら、通知そのものを切ってしまいましょう。

LINELIVEの通知は画面中央の緑色が光っていると適用されるので、この緑色を消滅させてください(緑色の部分をタップすれば消すことができます)。

このような状態になればOKです。

この状態でLIVEボタンをタップすれば、ラインの友達に通知せずにライブを始めることができます。

LINELIVEでフォロー等されていない限り、ラインの友達が知り得ることは基本的にありません。

ただし、何らかのバグ等で通知が行く可能性もなきにしもあらず。

対処法② LINEの捨てアカウントを使う

TwitterやGoogleアカウントでは捨て垢を作るのは簡単ですが、LINEの捨て垢はそこまで見かけませんよね。

しかし、ログイン中のLINEを一度ログアウト状態にして、そのアカウントとは別に新規アカウントを作成することで、簡単に2つ目のLINEを作ることができます。

この捨てアカウントを使ってLINELIVEで配信すれば、そのアカウントに友達がひとりもいないのなら、通知が行ったとしても怖くはありませんよね。

対処法③ 「LINEと連携しない」

LINELIVEはLINEと連携することができますが、この連携を行わないのもひとつの方法です。

LINELIVEではLINEの他に「Twitterアカウント」でも連携できるようになったので、LINELIVEに登録する際、Twitter連携のほうを選択してください。

Twitterならゲーム用アカウント等の趣味アカウントを作れるので、「LINELIVE用アカウント」を作って連携して、そのアカウントのフォロワーたちに通知が行くようにしてはいかがでしょうか。

LINEに新機能「ディスカバー」が登場!今までのタイムラインとどう変わる?使い方や利用できない場合の対処法を徹底解説

他のライブ配信アプリより「熱中」しやすい?

ライブ配信アプリに限らず全部のアプリに言えることですが、「熱中」しすぎるのもよくありません。

ライブ配信アプリに熱中した場合、「おひねり」を過度に課金してしまう恐れもありますよね。

LINELIVEの場合は、LINE運営がサブで運営していることが原因で、ライブ配信の敷居そのものが低く、LINEと連携してライブ配信を行っているユーザーが大勢います。

ある程度社会を知っている大人なら「LINE連携したくない」ことをわかっているのですが、中高生は面倒だからといって、自分のアカウントを使ってLINELIVEを楽しんでいるのではないでしょうか。

そのため、他のライブ配信アプリより中高生が多いのが、LINELIVEの特徴ですが、彼らは「個人情報」に関する知識が乏しいですよね。

ライブ配信に熱中しすぎてしまった場合、ライブ配信時間が多いせいで、個人情報を晒してしまう可能性も増えてしまいますし、本来の学業やリアルの友人との付き合いが少なくなるかもしれませんし、

承認欲求を満たすには便利なライブ配信アプリ全般の大きな落とし穴となるでしょう。

また、中高生が多いことを見越して、LINELIVEを使って「出会い系行為」をしている男性ユーザーも多いので、若い女性は特に注意する必要があります。

LINELIVEを快適に使う方法

LINELIVEに潜む出会い系行為をしている人や、熱中しすぎないための対処法は、以下の通りです。

  • 個人情報を教えない
  • LINEのライブ配信アプリだからといって宣伝のためにLINEIDを教えない
  • 出会いを求めているユーザーと仲良くしない
  • 使いすぎないために配信時間を決めておく

自分の部屋でライブ配信する場合は、その部屋内に「個人情報がわかるもの」があるかもしれないので、充分注意してライブ配信するようにしてください。

また、「使いすぎないために配信時間を決めておく」ことは、LINELIVEを使って稼ぐためには必須項目となります。

時間が固定されていたほうが、その時間帯目当てに視聴してくれる「固定ユーザー」が付きやすいかもしれません!

編集後記

LINELIVEの危険性について紹介しました。

ライブ配信は楽しい反面上記のような危険性も潜んでいるので、ライブ配信する前に、どのようなアプリか、危険性はないのかしっかりと確認しておきましょう。

LINELIVEの場合は幸いにも対処法が存在するので、そちらを参考にしてください。

台湾発ライブ配信アプリ「17Live」の使い方

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第2位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第3位 IRIAM(イリアム)

IRIAM(イリアム)のおすすめポイント

  • 「VTuber」のライブ配信アプリ!
  • バーチャルキャラクターをかわいく着せ替えることができる
  • キャラが二次元なので顔を出す必要がない!
  • 通信や画質等も綺麗で使いやすい

IRIAMは今流行っている「VTuber」がライブ配信するような形式のライブ配信アプリです。

VTuberとは「バーチャルユーチューバー」の略で、自分自身の顔を出さずとも自分の分身となる可愛いバーチャルキャラクターを操作して配信している人たちのことです。

バーチャル(二次元)ならではのかわいさが目白押しアプリで、万が一自分の顔等に自信がないという人はチェック必須のライブ配信アプリです。

例えば、現実の自分と全く違うような容姿をしたキャラクターも作成可能ですし、かわいらしい衣装を着せることも可能です。

現実ではありえない「猫耳」等のオプションを付けて、より二次元のキャラクターらしくデコレーションすることができるでしょう。

ただし、IRIAMでライブ配信したい場合は、IRIAM公式が開催するオーディションに合格する必要があります。

自己紹介の音声などを送る必要があるのでやや敷居が高いかもしれませんが、採用されればIRIAMの公式ライバーとなることができるでしょう!

第4位 私を布教して

「私を布教して」は、顔を出さずに音声のみで誰でもライブ配信が出来るアプリです。

歌や演奏、ラジオ風のトーク、雑談など音と声による様々なスタイルの配信が行われています。

気に入った配信があれば、布教や換金できるアイテムを送って応援することができます。

昨今、10~20代の若年層を中心に、「私」を知ってほしい、「私」を表現したいという強い想いを持つ人が少なくありません。

そして、日々の生活の中にちょっぴりドキドキしたり、非日常的な時間を過ごしたりする刺激への好奇心を満たしたいという欲求もあります。

それらのニーズに応えるべく『#私を布教して』というサービスが生まれました

アプリ内での「布教」とは、他のSNSでいうと「いいね」にあたります

つまり、配信を気に入った方が「いいね」でおすすめしてくれる為、人が集まり易い仕組みになっています。

他にもランダムであいさつメッセージを作れたり、挨拶メッセージに内に自動で相手の名前が表示されたりする等、初めて配信する方にも使い易いアプリになっています。

おすすめポイント

  • 顔を出さずに音声のみで配信が出来る
  • ギフトを換金する事が可能
  • 「私」を表現することがコンセプト
  • 初めてでも配信が行い易い

第5位 Uplive

Upliveはグローバル展開している、24時間楽しめるライブ配信サービスです。

Upliveはサービス開始時から海外展開を視野に入れており、グローバルなサービスが充実。音声・文字の翻訳機能も、配信中に使用することが可能です。

有名配信者が歌手やアイドルとして世界デビューを果たすなど、様々な道が用意されています。

 

Upliveでは美顔フィルターやスタンプ機能もあり、音声配信も可能。

ライブ配信だけでなくショートムービーも投稿でき、TikTokなどのムービーもそのまま使うことができます。

複数配信やキャストバトルなど様々な機能で盛り上がる事ができますし、視聴者が配信者をサポートする機能なども備わっています

 

勿論、視聴からの投げ銭で稼ぐことができます。

投げ銭などに必要なダイヤはログインボーナスだけでなく、ミニゲームなどでも獲得可能

視聴側もアイテムをプレゼントして、配信を盛り上げ易い環境になっています。

おすすめポイント

  • グローバルに活躍できる
  • 翻訳機能が有る
  • 美顔フィルターやスタンプがある
  • 音声配信も可能
  • ショートムービーが投稿可能
  • ミニゲームなどでもダイヤを稼ぐことが可能

第6位 LIVE812

Live812の大きな特徴は、ライブコマース機能です。アプリ内で商品を販売できる機能で、販売利益は配信者側に入ってきます。

配信中は勿論、プロフィールページでも販売可能なので、配信していない間にも利益が発生することもあります。

ライブコマース機能を、特に活用できるのはハンドメイド配信。「配信で商品を手作りし、実際に販売する」使い方が人気です。

歌配信をして自作CDの販売したり、パフォーマーの方がイベントのチケットを売ったりなど、様々な使い方があります。

勿論他のライブ配信サービスと同じように、視聴中にアイテムを貰って利益を得る事も可能です。

Live812はまだまだ新しいサービスなので埋もれにくく、有名になるチャンスがあります

おすすめポイント

  • ライブコマース機能が特徴的
  • 配信以外でも稼ぐ手段がある
  • 新しいサービスなのでチャンスがある
  • 視聴者側にアイテムを投げやすい雰囲気がある
  • 希望すれば芸能関係の事務所に所属できる
 

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.