ポコチャで警告が来る!警告の種類や通報方法等を徹底解説

ポコチャの通知や配信中に警告が来た場合、注意が必要です!

ポコチャ運営が自分の配信やコメントを見て不正があると判断したせいで警告文が送り付けられることになりますが、この状態のままだと運営からブラックリストに載せられ、アカウントになんらかの措置が行われる場合もあります。


ポコチャで警告が来る症状が多発

上記画像は、アカウントの「通知画面」に送られてきた警告に関する通知です。

機能制限の期間は1日と少ないのですが、他にもアーカイブを消されたり運営から目を付けられたり等、多くの弊害をもたらす可能性があります。

ポコチャの警告はなぜ行われるかを確認しておいてください。

ポコチャで音楽を流す方法や注意事項を徹底解説

ポコチャの警告一覧!

出てくる警告どこの画面に出るかペナルティについて
あなたの配信内容について規約違反を確認しました通知画面機能制限(1日)
プロフィールに他者の権利を侵害する可能性のある投稿が確認された通知画面プロフィール非表示
他者の権利を侵害している可能性のある配信です配信画面配信停止・機能停止
ポコチャで無言・放置配信は強制停止の対象となります配信画面配信停止
ポコチャではアダルト配信は強制停止の対象となります配信画面配信停止

ポコチャの主な警告は上記の通りで、通知画面に表示されるものと自分の配信画面に表示されるものがあります。

通知画面に表示されるものは配信外のもの(プロフィール等)と、後から通報を受けて規約違反が発見されたもので、配信中にポコチャ運営が規約違反等を発見した場合は、配信中に警告が表示されます。

配信中に警告が来た場合は、上記のように目立つような赤枠にストップアイコンが書かれたバーが表示されます。

あくまでも警告ですので、今すぐに記載されている配信の内容をストップすれば配信が強制終了されることはありません。

普通の雑談配信でこの警告が出た場合は、アンチが大量に通報を押したか、気づかぬうちに自分が誰かをバッシングしたかのどちらかで、大抵は無音・放置時間が長いか公序良俗に反する配信をしていた場合だと考えてください。

このうち、最も曖昧な定義で警告がなされるのが「著作権」に関する警告です。

例えば、YouTubeの動画等を流した場合は運営から警告が来る可能性もありますし、音楽を使った場合も、JASRACに申請する必要があります。

フリー動画の音楽を流した場合でも警告が来る可能性があるので、動画や音楽全般は慣れていないうちは使わない方がいいかもしれません。

ペナルティについて

ポコチャの警告が来た場合のペナルティはすぐには実行されず、「警告を出したにも関わらず改善が見られなかった場合」に原則として施行されることとなります。

例外として、配信画面ではなく通知画面に警告が来た場合に関してはその場で機能停止・アーカイブ削除等のペナルティが課せられるので、こればかりはどうしようもありません。

また、ペナルティを起こす頻度が多かった場合、ポコチャの運営が「このユーザーは規約を守ってポコチャを使う気がない」ものと判断して、アカウント停止措置を取ってくる可能性も考えられます。

ライバーもリスナーも来る可能性あり

ライブ配信に関する警告の大半はライバー宛てとなりますが、リスナーにも警告が来ることがあります。その場合も通知画面に警告が来るようになっていて「違反行為が確認されました」等と記載され、ペナルティが後に続いています。

リスナーが警告を受ける場合

  • ライバーの配信を荒らした
  • 多数から通報を受けた
  • 公序良俗に反するコメント等があった
  • ギフトの不正取得等の違反行為

特に、有名配信者のライブ配信には少なからず荒らしが湧く可能性も考えられるので、過去に通報を受けたリスナーもたくさんいます。

リスナーが通報を受けた場合の措置は「機能停止(主にコメント・ギフト機能等)」「アカウント停止」の2つです。

通報されると来る可能性が高い

ポコチャの運営も、常に配信をパトロールしていつでも通知に警告を送ろうとスタンバイしているわけではありません。

大半は「他のユーザーから通報を受けた」からパトロールを開始して、その配信が本当に違法性のあるものかをチェックすることとなります。そのため、配信を見てくれた人の中に通報魔がいた場合は、少なからず運営にチェックされてしまう可能性はあります。

本当に違法行為や規約違反を行っていた場合は警告が来ますが、ただの逆恨み通報等の場合はいくら通報があったとしても警告は来ないようになっています。

規約違反の警告は「何が悪かったのか」は明記してくれていない

上記画像は規約違反として通知に来る警告ですが、「具体的にどの規約に違反したか」までは明記されていません。

そのため、自分の配信のどこが悪かったから通報を受けた・警告が来たかがわからないケースも多々あり、普通の配信を行っていただけなのに警告が来た一部のユーザーの不満の元となっていました。

原因がはっきりしている場合は自分で改善すればいいのですが、ポコチャから教えてもらえなかった場合は原因がわからないままライブ配信を行う必要があります。

まずは原因を究明してそれでも不安や不満がある場合は、一度ポコチャに問い合わせを行って何が悪かったかを聞き出すことをおすすめします。

ポコチャの通報について

自分に警告が来た場合は警告内容通りに従って行動・配信をするしかありませんが、自分が「適切でない配信・リスナー」を見つけた場合は通報することもできます。

この通報を元にポコチャ運営が駆けつけてくれるので、違法行為を行っているユーザーがいたら積極的に通報を行っておきたいです。

特に「配信を荒らされている場合」は自分の稼ぎにも影響する可能性があるため、通報することを強くおすすめします。

どんなユーザーを通報すべきか

通報すべきユーザー

  • 荒らし行為を行っているリスナー
  • アンチ・叩き行為を行っているリスナー
  • 出会いを求めて行動しているライバー・リスナー
  • 20歳未満で飲酒等を行っていたライバー
  • 誹謗中傷が多いライバー・リスナー
  • 著作権を侵害しているであろうリスナー・ライバー(プロフィール画面含む)

など

上記のユーザーは積極的に通報した方がいいのは確かですが、最終的に警告を出す・なんらかの措置を取るかの判断はポコチャに任せることとなります。

そのため、自分は重大な規約違反だと思っていたとしても、ポコチャ側が「このくらいなら警告だけで済まそう」等と考える可能性はあります。

アカウント停止措置を取ってほしいユーザーが警告だけで済んでまだポコチャで荒らし行為を行っているケースも考えられます!

ポコチャの通報方法

ポコチャで通報したい場合は、プロフィールの著作権を侵害している場合以外は、大抵ライブ配信画面から行われます。

配信中に違反行為をしているライバーがいれば、そのライバーの左上の本人アイコンをタップして、リスナーが違反行為をしている場合は、オレンジ枠のリスナー一覧からそのリスナーを見つけ出すか、コメントから通報を行います。

ユーザープロフィール画面が表示されていますが、赤枠の三点アイコンをタップしてください。

画面下部にポップアップが表示されるので、このうち「通報」を選択してください。

また、自分の配信に来てほしくないと思っている場合はその下の「ブロック」を押して自分と関われなくしても問題ありません。

上記が通報する際の画面です。

まずは通報理由を用意されている選択肢の中から選んだ後、「詳細」を5文字以上で入力してください。詳細の中身がしっかりしていて虚偽の申告でないなら、運営も力を入れて通報ユーザーのチェックを行う可能性が高くなります。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします!

特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください!

第1位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第2位 ふわっちLIVE

ふわっちLIVEのおすすめポイント

  • 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!
  • 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載
  • まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい
  • 年齢層がやや高い

↑上記から詳細確認出来ます

ふわっちLIVEというライブ配信アプリもおすすめです!

ふらっちLIVEはイチナナやPocochaと同じような正統派ライブ配信アプリなので、イチナナやPocochaを今まで使っていたけど他のアプリにも進出したいという人も、すぐに馴染むことができるでしょう。

イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。

ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。

リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。

他のライブ配信アプリよりもプレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか!

また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。

↑上記から詳細確認出来ます

第3位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第4位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

Pococha(ポコチャ)で星バッジ(★バッジ)について詳細と貰う為の条件を徹底解説!

 

-ライブ配信
-,

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.