解説、アプリの使い方

SNSデイズ

ライブ配信アプリ「ドキドキライブ」が人気!?他とライブ配信との比較など徹底解説

更新日:

様々な人が手軽に利用でき、色んな人とコミュニケーションが取れるライブ配信アプリが人気で、現在沢山のアプリが出ています。

今回はライブ配信アプリの中でも独自の機能を持った「ドキドキライブ」を徹底解説していきます。




ドキドキライブ配信とは

ライブ配信アプリには、ゲーム配信を主な目的にしたミラティブや、コメントやアイテムを使ってコミュニケーションを図るshowroomのようなものなど、様々な形態があります。

ドキドキライブは、showroomやイチナナなどと同じタイプのライブ配信アプリで、アイテムやコメントを使って双方向でコミュニケーションが行えます。

ドキドキライブ
ジャンル:ライブ配信
現在の価格:無料

無料で配信を見れる

ドキドキライブのアプリを開くと、現在配信中のライブが一覧で表示されます。

気になる配信者をタップすれば、無料で視聴することができます。視聴するだけなら、ログインも必要ありません。

無料で配信できる

ドキドキライブでは、無料でライブ配信することができます。ライブ配信前に、ライブ配信を予告する機能もあります。

アイテムを投げて応援

ドキドキライブでは、他のライブ配信アプリと同じように、視聴者が配信者に対してアイテムを投げることができます。

このアイテムはアプリ内通貨を使って購入するか、ログインなどのボーナスで獲得できます。

アイテムを貰った配信者は、アイテムを換金して収益を得ることができます。

他の配信アプリには無いカラオケ機能が搭載


ドキドキライブ公式HP

ドキドキライブの大きな特徴として、「カラオケ機能」があります

これはアプリ内で音楽と歌詞を流せるもので、ライブ配信中のコミュニケーションのツールとして利用できます。

動画の投稿も可能

ドキドキライブでは、ライブの配信だけでなく動画を作成して投稿することもできます。こちらもライブ配信アプリでは珍しい機能になります。

画面下部の黄色いアイコンをタップすると、動画の録画を始められます。

動画の録画には、ログインが必要になります。ログインの仕方は、後述します。

タブから「ビデオ」を選択します。

画面下部の白いボタンを押すと、録画が開始されます。

もう1度白い丸をタップすると、録画が完了します。動画は最長で30秒になります。

録画が終わったら、右上の「✔」ボタンで、編集に移ります。

右の「♪」マークを押すと、動画に音楽を付けることができます。

好きな曲を検索して使うことができます。

画面左下の「↓」のアイコンを押すと、撮影した動画を保存することができます。

ファミリー機能がある

所謂フレンド機能のようなものです。ファミリー登録した人だけが見ることのできるチャットを行えるなどの機能があります。

ドキドキライブの使い方

下記では、ドキドキライブの使い方を紹介していきます。

配信の視聴方法

ドキドキライブの視聴方法は非常に簡単です。

一覧から動画を選んでタップするだけです。

画面上部から、好きなジャンルを選んで、見たいライブ配信を探して見て下さい。

左側の検索バナーからは、「ニックネーム」「ID」でのライブ配信の検索ができます。

目当ての配信者がいる場合は、こちらから探して見て下さい。

ライブ配信のサムネイルをタップすると、ライブ配信が始まります。

配信を見るだけなら、ログインをする必要がありません。

しかし、それ以外の機能を使うためには、ログインが必要になります。

コメントなどの視聴に関する機能や、配信などのライブに関する機能を使う場合は、上の画像のようにログインを求められます。

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • Googleアカウント

など、他のSNSと連携させてログインをする必要があります。

画面下部のそれぞれのSNSのアイコンをタップすると、連携を行えます。

複数のアカウントを作る事の出来るTwitterでログインしておくのが無難かと思われます。

サムネイルに書いている数字が、リアルタイムの視聴者数なので、参考にしましょう。

ライブ配信を視聴するのにアイテム消費などはありませんし、出入り自由です。

気になった配信があれば、気軽に入ってみましょう。

コメントする

視聴画面左下から、配信者に対してコメントを打つことができます。

自身や他の視聴者のコメントは、リアルタイムで配信者に表示されますので、双方向のコミュニケーションが楽しめます。

メッセージを送る

コメントとは別にメッセージ機能もあります。

メッセージ機能は、配信者のファミリー(フレンドのようなもの)しか送れません。

ファミリーの許可を受けていない人がメッセージを押すと、ファミリーの申請が配信者に送られます。

許可を受けると、他の視聴者には表示されないDMでのチャットを使うことができます。

録画する

左下のカメラボタンで、配信画面を録画することができます。

配信者が録画不可にしている場合は、録画できません

画面下の白い丸をタップすると、撮影開始、もう1度タップで撮影完了です。録画の最大時間は30秒です。

撮影完了になると、自動で動画はスマホに保存されます。

撮影した動画は、そのまま他のSNSにシェアすることができます。

ギフトを贈る

画面下から、プレゼントを贈ることができます。課金することもできますし、ログインボーナスなどの無料のコインで、プレゼントを贈ることもできます。

プレゼントできるアイテムは以下の一覧になります。

1G=1円です。

勿論、プレゼントをしなくても、ライブ配信を視聴できます。

  • 10G
  • 1G
  • 10G
  • 100G
  • 1000G
  • 108G
  • 10G
  • 1000G

  • 40000G
  • 200G
  • 300G
  • 394G
  • 500G
  • 1000G
  • 1500G
  • 5000G

  • 5000G
  • 1G
  • 10G
  • 6G
  • 10G
  • 5G
  • 5G
  • 10G

  • 10G
  • 1500G
  • 5000G
  • 7777G
  • 15000G
  • 8000G
  • 15000G
  • 8008G

  • 50000G
  • 3G
  • 1G
  • 10G
  • 50G
  • 100G
  • 100G
  • 77G

  • 800G
  • 7000G

カラオケをリクエスト

配信者に対して、カラオケをリクエストすることができます。

カラオケをリクエストするためには、右下のボタンをタップします。

ボタンをタップすると、人気曲の一覧が表示されます。

画面上部の検索バーから、曲を探すことができます。

曲名やアーティスト名を入力しましょう。

曲名の右にある「リクエスト」を押すと、配信者に歌って欲しいというリクエストが生きます。勿論、歌ってくれるかどうかは、配信者次第になります。

配信をシェアする

右下のボタンから、他のSNSに配信のお知らせをシェアすることができます。

シェアした場合はアイテムなどを無料でもらえたりします。

画面下部のアイコンを押すと、色々なSNSにシェアすることができます。

現在は、Twitterにシェアすると、ルーレットを回せ、当たったアイテムをゲットできます。

ドキドキライブの配信方法

ドキドキライブは、画面の下の黄色いマークから配信することができます。

黄色いマークをタップすると、配信準備画面に入ります。

配信のジャンルを選ぶことができるので、自分がしたい配信に合わせて選びましょう。

特にない場合は「雑談」を選べばいいかと思います。

画面下の「配信スタート」を押すと、配信が始まります。

初めて見ると、結構すぐに人が入ってきます。興味のある方は、気軽に初めてみて下さい。

スノウや美白機能が搭載

配信準備画面の「美肌」から、美肌効果や小顔効果などを使うことができます。

画面下部に表示されるシークバーを動かして変更します。

配信が始まった後は、画面下部のアイコンからsnowを使うことができます。

配信側もカラオケ機能が使える

画面下部のアイコンから、カラオケを選択することができます。

好きな曲を検索して、選びます。

曲と歌詞が画面に流れるので、そのまま歌うことができます。

曲と声の音量なども調整することができます。カラオケは11000曲以上収録されていますので、歌いたい曲がきっと見つかると思います。

ドキドキアプリの収益の仕組み

ライブ配信アプリの注目点としては、やはり配信して収益を得ることができる点です。

下記では、ドキドキライブの収益の仕組みなどを紹介していきます。

アイテムの還元率は30%

ライブ配信中に、視聴者は配信者にアイテムをプレゼントすることができます。このアイテムが配信者のポイントになり、収益を得ることができます。

ただし、アイテムの値段がそのまま配信者の収益になる訳ではなく、約30%が配信者に入ります。

簡単に言えば、1000円のアイテムがプレゼントされると、300円の収益になる訳です。

このアイテム還元率30%というのは、他のライブ配信アプリと比べても平均的な数字になっています。

配信者契約をすると還元率アップ

一般の配信者は、アイテムの収益率が30%です。実は、この利率を増やす方法があります。

それが「契約配信主」になることです。ドキドキライブ側と契約を結ぶと、アイテムの収益率がアップします。

契約者の還元率は個別に決まる

契約者のアイテムの還元率は、配信者とドキドキライブ側の個別交渉で変わるようです。実績がある程、還元率を高くしてもらえるそうです。

他のライブ配信アプリに比べて、かなり収益率が良いという噂もあります。下記では、参考までに他のライブ配信アプリの収益率を紹介していきます。

showroomは35%

showroomは一般の収益率が30%で、契約配信者になると35%になるそうです。

あまり差が無いように思えますが、showroomは視聴者数が多いので、5%でも大きな違いになるのかも知れません。

イチナナライブは50%

最近、視聴者が増えているイチナナライブは、契約者のアイテムの還元率が50%だと言われています。

showroomに比べて契約後の還元率は高いですが、イチナナライブは未契約の状態だと「13%」の還元率と言われています。

イチナナライブに関しては、契約が前提の還元率設定と言えるでしょう。

ツイキャスは70%

ツイキャスの契約者のアイテム還元率は、なんと70%もあるようです。ただし、ツイキャスには1000円と500円のアイテムしかありません。

ドキドキライブの最高アイテムは5万と桁違い

ドキドキライブのプレゼントアイテムは、最高で5万円です。未契約の状態でも、視聴者がこれをプレゼントすれば、配信者に15千円入る計算です。

showroomの最高アイテムが1万円、ツイキャスが1000円ということを考えると、かなり高価なのが分かります。

勿論、アイテムは豊富なので、気軽にプレゼントできる安いアイテムも揃っています。

配信者契約をすると、運営が宣伝をしてくれる

ドキドキライブでは、配信者契約をすると運営からかなりのサポートを受けられるようです。

その1つが、配信する時に運営が宣伝してくれるというもの。

TwitterなどのSNSを使って、かなり多方面に宣伝してくれるそうです。

配信者契約するとイベントの開催などもしてもらえる

配信者契約をすると、配信者と視聴者が交流できるリアルイベントの開催も行ってくれるようです。

配信者にとっても、視聴者にとっても嬉しいサポートでしょう。

配信者契約の仕方

ドキドキライブへの契約配信者への申し込みは、マイページから簡単にできます。マイページの「契約配信者の申し込み」フォームから、必要な情報を撃ち込むだけです。

契約の基準は明示されていないので、何度か配信をした後なら、気軽に申し込みしてみるといいかもしれません。

今流行りの稼げるオススメアプリは何!?

第1位「Pococha(ポコチャ)」

驚異的なアプリが頭角を表してきました。それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。特別に紹介させていただきます。

あのITALIAN業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します!

ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。それ以外はそこまで違いがありませんからね。

そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。

まだそんなに有名な配信者も少ないので、今が稼げるチャンスです!今の機会にチャレンジしてみてください!

第2位「17Live(イチナナ)」

イチナナのおすすめポイント

  • ライブ配信アプリの中でも圧倒的人気!
  • 全世界で4000万人の会員!
  • 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい
  • アジア各国でリリースされているためグローバル
  • 収益化の仕組みがわかりますい
  • 公式ライバーになると特典が多い
  • 年齢層が若干高めなので若くなくても人気になれる可能性がある
  • ライブ配信の方法が簡単
  • ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい
  • 美男美女が多い

日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。

人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い!自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!

17LIVE

↑上記からダウンロード出来ます

第3位「Hakuna Live」

Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています

通常配信、オーディオ配信、相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。

相互コミュニケーション配信

配信中にゲストとして参加可能

第4位BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVEというライブ配信アプリをご存知でしょうか。名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。

BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。

日本に進出してから日が浅いため、まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。

しかし逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。

第5位「tiktok」

TikTokは完全無料で使うことが出来、使うための面倒な手続きもありません。動画を見るだけなら登録不要で、フォローなどの機能を使いたい場合もTwitterなどと連携させるだけ。3タップで完了します。

基本的に15秒程度の動画がアップされており、少し時間が空いた時などに気軽に見ることが出来ます。アプリを開いて直ぐ動画が再生されますし、視聴を止めたい時もアプリを閉じるだけでOK。『ダンス』『イラスト』『動物』『食べ物』など、投稿されているジャンルも幅広いです。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

視聴時に足跡も残らないので、画面をスワイプするだけで、気になった動画をガンガン見ていくことが出来ます

また、盛れるフィルターやスタンプ、BGMなどはアプリ内に用意されているので、動画の投稿も簡単に行うことが出来ます。TikTokでは『流行している動画を真似して投稿する』という文化があるので、オリジナルの動画を考える必要がなく、投稿のハードルが低いのも特徴です。

tiktok IOS

TikTok Android

↑上記からダウンロード可能です!

TikTokのおすすめ点

  • 登録が簡単
  • 完全無料
  • 手軽に動画を見ることが出来る
  • 投稿のハードルが低い
  • 流行が分かる
 

-ライブ配信

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.