LINE新機能「トークキャプチャ」機能の詳細や使い方を徹底解説

2018年5月29日にLINEの「バージョン8.7.0」のアップデートが行われました。そしてそのアップデート時にLINEの新機能「トークキャプチャ機能」が登場しました。今回はLINEの新機能「トークキャプチャ機能」の詳細や使い方など徹底解説していきます。


LINE「バージョン8.7.0」のアップデート内容の詳細

  • 送受信した写真/動画の詳細画面にある日付を押すと、そのメッセージに移動できるように改善
  • トークルームでLive Photosを送信できるように改善
  • 正式リリース前の新機能を試せるLINE Labsを設定に追加
  • トークの好きな範囲をキャプチャできる機能が登場

2018年5月29日前後に新しくLINEの「バージョン8.7.0」のアップデートが公開されました。今回のアップデート内容は主に上記になりますが、主に新機能「トークキャプチャ機能」のアップデートになっています。

「送受信した写真/動画の詳細画面にある日付を押すと、そのメッセージに移動できるように改善」という新機能に関してですが、この機能はLINEで送受信した「写真や動画」をタップすると右側の画像の様に上の方に日付が表示されます。

その日付をタップすると「その日のトーク画面」に飛びます。なのでこの写真撮影した時「どんな会話したかな?」「どんな状況だったかな?」など、写真撮影した時を振り返りたい時に便利です。

LINE トークで写真や画像を送受信した際に横に表示されるマークの使い方

LINE新機能「トークキャプチャ」機能とは

LINEの新機能「トークキャプチャ機能」とは、簡単に言うと「スクリーンショット(スクショ)」の様な機能です。いわゆるLINEのトーク画面の「保存・共有」が出来る機能です。

スクショと違う点は下記になります。

  • 隠したい部分を簡単に隠す事が出来る
  • 長いトークも一回で保存出来る
  • アイコンや名前を簡単に隠す事が出来る
  • 一部だけ保存したい

上記に当てはまる場合の方は「トークキャプチャ機能」はとても便利です。「こんな時なんて返事すればいいかな??」「こんなメッセージが来たんだ」など共有したい時に便利な機能です。

しかし「別にアイコンや名前を隠したくない」「スクショの画面に収まるだけ共有出来たら良い」と言う方は「トークキャプチャ機能」より圧倒的に「スクリーンショット(スクショ)」の方が便利です。

なぜならスクショはボタンを押すだけなので「一秒もかかりません」。しかし「トークキャプチャ」機能は簡単とはいえ「トークを長押し」したり「選択したり」「共有ボタン」を押したりといくつか工程を踏む必要があります。

名前やアイコンを隠したい場合は「トークキャプチャ」機能は短時間でアイコンや名前を隠せるので便利です。アイコンや名前を隠さずただ「共有」したい方は「スクショ」の方が圧倒的に早いので「スクショ」の方が普通に便利です。

キャプチャした画像は「他のトークに共有」したり「端末に保存」したりも出来ます。

アプデ後、LINEのトーク履歴や友達リストが消える詳細と対処法を徹底解説!

アップデートによって名称が変更に

最新バージョンのLINEでは、名称が「スクショ」になりました。

名称変更はされたものの、機能に大きな仕様変更等は伴っていないため、トークをスクショしたい場合はこれまで通り保存したいトーク、メディアを長押しして「スクショ」から機能を利用することができます。

LINE「トークキャプチャ」機能の使い方

LINEの「トークキャプチャ」機能を分類に分けて解説していきます。項目が多いので気になる項目は「目次」から飛んでください。

LINE LabsをONにして「トークキャプチャ」機能を有効化するには

LINEの「トークキャプチャ機能」を利用するのは「LINE LabsをON」にしないと「トークキャプチャ機能」を利用出来ません。なのでいきなり「トークキャプチャ機能」を利用しようとしても使えませんので「LINE LabsをON」にする方法を徹底解説していきます。

まず下記の「友だちタブ」から左上の「設定」マークをタップしましょう。

下にスクロールしましょう。すると「LINE Labs」が表示されますので、タップしましょう。

すると「トークキャプチャ」の説明が表示されますので、確認しましょう。そして「トークキャプチャ」の横にあるボタンを右にスライドしてONにしましょう。

これで最初の設定が完了です。

LINE「トークキャプチャ」機能の使い方

では早速LINEの「トークキャプチャ」機能の使い方を解説していきます。まず「トークキャプチャ」したいトークを長押ししましょう。

すると右側の画面になりますので「キャプチャ」をタップしましょう。

すると「トーク」を選択出来ますので「キャプチャ」したいだけの「トーク」をタップして選択しましょう。(トークを選択しただけ保存出来ます)選択が完了したら右下の「完了」をタップしましょう。

すると「他のトークに送信」もしくは「端末に保存」が選択しましょう。好きな方を選択しましょう。これで「キャプチャ」完了です。

最新バージョンでの操作

トークを長押しし、「スクショ」をタップします。

範囲指定を行う際は、それぞれのトークをタップして選択していきます。
選択されていない範囲は、グレーアウト状態で表示されます。

保存する際は、画面右下の「スクショ」をタップし、右下の「保存アイコン」でデバイス内に保存されます。

「保存しました」と表示されると、デバイスのカメラロールに保存されます。

ペイントツールを利用する

スクショしたものにペイントができる「ペイントツール」が実装されました。

「スクショ」後のプレビュー画面で、画面右下の「ペイントツール」アイコンをタップします。

画面左側にはツール描画の太さを変更するバーが設置されています。

下部のツールには、

使用できるツール

  • ペン
  • フチペン
  • 図形「四角形」
  • 図形「円」
  • 直線
  • 矢印

6つのツールが用意されています。

また、画面左下にはカラーパレットが設置されており、描画する色を自由に変更することができます。

「ペン」では、自由に描画することができます。

「フチペン」では、描画する線のフチが選択した色で表示されます。ポップさを演出するには、こちらのペンがオススメです。

「四角形」ツールでは、ドラッグすることでお好みの大きさの四角形を描画できます。

トーク文の大幅な注釈を付けたい場合に便利です。

「円」ツールでは、四角形同様にドラッグで描画します。

「直線」ツールでは、正確な直線を描画することができます。

「矢印」ツールでは、直線のように正確な矢印を引くことができます。

友だちに共有する

友だちに共有したい場合は、「共有」アイコンから表示される友だちを選択します。

表示されていない友だちは、「もっと見る」から探し出すことができます。

Keepに保存する

Keepに保存しておきたい場合は、「共有」アイコンから「Keep」をタップします。

LINEのKeepに保存されます。

Keepの詳しい使い方は、関連記事で紹介しています。

タイムラインに投稿する

 

 

LINEのタイムラインにそのまま投稿したい場合は、「共有」アイコンから「タイムライン」をタップします。

タイムライン作成画面に遷移します。

他のアプリに共有する

他のアプリにスクショを共有する場合は、「共有」アイコンから「他のアプリ」をタップします。

共有画面が表示されます。共有したいアプリを選択しましょう。

アイコン・名前を隠すには

LINEで「キャプチャ」する際にアイコンを隠したい場合は、下のタブの真ん中の「情報を隠す」をタップしましょう。するとアイコンが隠れる仕組みになります。

再度アイコンを表示させたい場合は、下のタブの「情報を表示」をタップすると、再度アイコンが表示されます。

開始・終了位置を選択する方法

開始・終了位置を選択する方法を解説していきます。「開始・終了位置」とは選択したトークから上(終了)か下(開始)のトークを保存するか選択出来ます。

なので選択したトークから、上かもしくは下を表示しない様に出来ます。まずトークを長押ししましょう。次に「キャプチャ」をタップしましょう。

選択したトークの部分の余白をタップすると「開始位置」「終了位置」を選択出来ます。これで「開始・終了」位置の設定の完了です。

LINEの「スクショ」や「キャプチャ」は相手にバレるのか?

LINEの「スクショ」や「キャプチャ」は相手にバレないのか不安や心配の方も多いと思いますが、トークの「スクショ」や「キャプチャ」した相手にはバレたり、通知はいきませんので安心してください。

編集後記

今回はLINEのバージョン8.7.0のアップデートの詳細の内容や「キャプチャ機能」の詳細や使い方について解説させていただきました。LINEでキャプチャやスクショしても相手にはバレませんので安心して下さい。

「キャプチャ機能」や「スクショ」は上記を参考にして使い分けて利用してみて下さい。

LINEでトーク履歴を間違って削除してしまった!詳細や復元方法を徹底解説

 

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.