解説、アプリの使い方

SNSデイズ

LINEPay300億円祭で貰った1000円が使えない!場合の詳細と対処法を徹底解説

投稿日:

今回は、LINEPay300億円祭で貰った1000円が使えない場合の詳細と対処法を徹底解説していきます。

LINEPayで令和記念キャンペーンとして開催されている300億円祭ですが、キャンペーン報酬である貰った1000円が使えないという声がありました。

貰った1000円分のポイントの詳細や、使えない場合の対処法などを下記で解説していきます。


LINEPay「300億円祭」について

LINEPay

まずは、LINEPay300億円祭について簡単に紹介します。

下記の概要と引用記事を参考にしてください。

LINEPay300億円祭の概要

  • 友だちに1000円分のLINEPay「ボーナスポイント」を送信できる
  • 全ユーザーで300億円使い切ったらキャンペーン終了
  • 期間は2019年5月20日~5月29日
  • ボーナスポイント受け取りにはLINEPayの本人確認が必要
  • 1回に500人の友だちに送信可能
  • 送信できる上限は5000人

LINEPay「祝・令和 全員にあげちゃう300億円祭」スタートしたけどバナーが出ない!対処法を徹底解説

キャンペーンでもらえる「LINEPayボーナスポイント」について

上記の通り、キャンペーンに参加することで友だちに1000円相当のLINEPayボーナスポイントを送信することができ、友だちから送信された場合はあなたも1000円分のLINEPayボーナスポイントを使うことができます。

しかし、一部のユーザーの中で「貰ったボーナスポイントが使えない!」と嘆くような声がありました。

せっかく本人確認を行ってまで手に入れたボーナスポイントなのに使えなかったとしたら、心底がっかりしてしまいますよね。

そんな状況にならないために、まずは「LINEPayのボーナスポイント」について知っておく必要があります。

LINEPayボーナスポイントは従来のLINEPay残高やポイントとは少し違いがあるので、そちらをまずは覚えておくようにしてください。

具体的になにが違うか見ていきましょう。

「LINEPay残高」「LINEPayポイント」と同じ分類だけど厳密に言えば違う

貰ったLINEPayボーナスポイントは、原則として「LINEPay残高」に加算されています。

しかし、厳密にいうとこれはLINEPay残高ではなく、内部でちゃんとLINEPay残高とLINEPayボーナスポイントとで小分けされています。

LINEPayボーナスポイントで支払うことはできないけれど、LINEPay残高・ポイントなら支払うことができるものもあるので、それらの金額より支払い金額のほうが大きかった場合は、必然的にLINEPay決済する際にエラーが出てしまいます。

支払いの優先順位がLINEPay残高・ポイントと違う

内部でLINEPayボーナスポイントが残高やポイントと小分けされているわけなので、「なんらかの違い」があることは明確ですよね。

どのように違うのかも見ていきましょう。

優先順位に関してですが、基本的にLINEPayボーナスポイントの方が優先順位が高いです。

つまり、1000円の決済でLINEPayボーナスポイントが700円分あった場合は、その700円分が先に支払われて、あとの300円はLINEPay残高などから支払われることになります。

なぜ優先順位が高いかというと、LINEPayボーナスポイントには「2年間」の有効期限があるからです。

有効期限が長めに設定されているとはいえ、有効期限内に使い切ることができないような状況にならないため、LINEPayボーナスポイントから使われる仕様になっているのではないでしょうか。

ただし、LINEPay300億円きゃんぺーんのように他のユーザーに送金する場合は、LINEPay残高のほうが優先されてしまいます。

また、LINEPayボーナスポイントを出金することもできません。

LINEPayボーナスポイント・LINEPay残高・LINEPayポイントの違いについては、下記の表を参考にしてください。

支払いの優先送金出金
LINEPay残高優先されないできるでる
LINEPayポイント優先されないできないできない
LINEPayボーナスポイント優先されるできるできない

一部利用することができない支払いがある

LINEPayボーナスポイントを使う場合に注意しておきたいのが、「一部の支払いには対応していないこと」です。

例えば、LINEPayボーナスポイントが入ったからLINEPayカードで支払いをしようとしても、支払いすることができません(LINEPay残高が別にあれば決済自体は可能です)。

以下の支払い全般ができないので、注意してください。

LINEPayボーナスポイントで決済できない例

  • LINEPayカードで買い物
  • QUICPay+で買い物
  • アマギフで買い物
  • Suicaで買い物
  • 一部公共料金など支払い
  • 税金などの支払い
  • 一部のインターネット決済

など

LINEPayボーナスポイントが使える例

LINEPayボーナスポイントを使えない例を紹介しましたが、使える例についても見ていきましょう。

LINEPay加盟店舗(ファミリーマート、スシロー、スターバックスなど)で決済するとき、通常ならLINEPay残高から決済されるのですが、この場合はLINEPayボーナスポイントから優先して支払われます。

もちろんLINEPayカードなどを使った場合は使えないので、普通にLINEPayアプリやLINEウォレットのコード決済から決済手続きをして支払ってください。

このような「通常の買い物」ならLINEPayボーナスポイントで普通に決済することができるので、普通に使っている場合は困ることはないでしょう。

LINEPayボーナスポイントが使えない場合の対処法

LINEPayボーナスポイントについて理解できたら、次は「実際に使えなかった場合の対処法」について見ていきましょう。

LINEPayボーナスポイントで支払いできないものを支払おうとしていたり、LINEPayカードなどを使おうとしている場合は、問答無用で支払いすることができません。

今まで通りに決済できない可能性があるので、LINEPayボーナスポイント以外の支払い方法を持っておくのも大切です。

LINEPayボーナスポイントで支払いできるか確認する

LINEPayボーナスポイントで支払いできないものを支払いしようとしていないか、使えないカードを使おうとしていないかどうかを、まずは確認してください。

例えば、税金や公共料金は高確率でLINEPayボーナスポイントで使うことができませんし、LINEPayカードやSuica支払いもできません。

このような支払いをするつもりであれば、まずはこれらの方法を取りやめるべきでしょう。

税金や公共料金はそもそも支払いに使えないので現金等で支払うしかありません。

LINEPayカードを使おうとしている場合は、LINEPayアプリやLINEウォレットなどでバーコードスキャンページを開いて、決済時のバーコードをスキャンして決済(コード決済)するようにしてください。

LINEPayが使える店かどうか確認する

LINEPayボーナスポイントとは関係ない部分で支払いができない可能性もあります。

例えば、そもそもLINEPayに対応していない店舗でLINEPayボーナスポイントを使おうとしても、使えるわけがありませんよね。

今から買い物する店舗がLINEPay支払いに対応しているのかどうかは確認しておいてください。

ちなみに、こちらのサイトから確認することができます。

決済できない場合に備えて一応現金を持っておく

LINEPayボーナスポイントの1000円で買い物しようとしてできなかった場合、まず間違いなくレジでもたついてしまいます。

慌てないようにして、とりあえずは現金で決済できる程度は持ち合わせておくといいでしょう。

その後、ゆっくりと原因を究明して、LINEPayボーナスポイントの1000円に関しては他の機会に使うようにしてください。

日本版LINEを使っているユーザー以外は使えない

今回の300億円祭は「日本に住んでいるLINEPayユーザー」が対象です。

他国LINEを使っている人や他国に住んでいる人は利用することができないので、そもそもキャンペーンのLINEPayボーナスポイント分の1000円すら受け取れないのではないでしょうか。

そもそも1000円分のLINEPayボーナスポイントが送られてこない場合

万が一LINEPayボーナスポイントが送られてこない場合は、ほぼ間違いなく不具合です。

まずは、送ってくれたと言っている友達に本当に送ってくれたかどうかを確認し、以下の対処法を試してください。

  • 本人確認したかどうか確認
  • 送ってくれた友達の操作ミスでないか確認
  • スマホを再起動させる
  • LINEを再起動させる
  • 通信状況を確認する

LINEPay「祝・令和 全員にあげちゃう300億円祭」スタートしたけどバナーが出ない!対処法を徹底解説

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

UCSカード

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。

そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

USCカードは現在、最大で合計Uポイントが4000ポイントが手に入るキャンペーンを実施中なので、今作っておくと大変お得なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

バンドルカード

審査も年齢制限も無い、今すぐ使えるカードです。もちろん無料で使えて、後払いも出来る活気的なカードです!

 

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.