LINEで写真(画像)が送れない時の詳細や対処法を徹底解説

普段なにげなく使っているLINEアプリ。

今回はLINEアプリで写真(画像)が送れなくなった時の症状の詳細や原因、対処法を徹底解説していきます。


LINE で写真(画像)が送れない時の詳細と原因

12月初め頃から写真(画像)が送れないというトラブル報告が複数あがっています。

不具合から発生している症状から検証していきます。

現在発生しているLINEアプリの不具合の症状

現在発生している「LINEで写真が送れない」という不具合には以下のような症状があります。

不具合症状

  • 再送信画面が出続ける
  • 送信をタップしても反応しない
  • ロード画面から進まない
  • 容量がないと表示され、カメラ機能も使えない
  • 動画は送れるが写真は送れない

送信画像の横にこの矢印がでたら送信できていません。

今回の不具合が起こる原因として、スマホの動作不良、空き容量が足りない、設定が変更されているなどが上げられます。

また2021年11月にリリースされた、iPhoneのiOS15.1にアップデートしたユーザーから、不具合の報告が多いです。

LINEアプリが重いことで動作不良

LINEアプリの重くなり、動作がおかしくなることがあります。

LINEには素早い読み込みを行うために、アプリが前回使用時の設定や状況をキープしておく、キャッシュデータトークルームのデータが蓄積していきます。

この蓄積データによってアプリが重くなり、動作不良を起こす原因となります。

LINEアプリの写真データへのアクセス権限がオフになっている

「アプリのアクセス権限」とは、インストールしたアプリが、スマホの中の機能や情報などを、利用できるようなることで個人情報を守るため、ユーザーの許可制になっています。

LINEアプリが、スマホのカメラや写真データにアクセス権限を持っていない場合、LINEから写真を送ることはできません。

LINEのバージョンとスマホのOSのバージョンが最新ではない

バージョンアップを行わずに、旧バージョンのまま使い続けていると、LINEが使えなくなるだけではなく、思わぬ危険が潜んでいるかもしれません。

最新状態にアップデートすることで以下のようなメリットがあります。

アップデートのメリット

  • 新しい便利な機能が得られる
  • セキュリティが高まる
  • 旧バージョン不具合や、脆弱性の修正
  • 新しいコンピュータウィルスに対応できる

通信環境による不具合

アプリが正常に機能していても、通信環境が悪いところや、通信制限がかかっている状態では、写真の送信に時間がかかったり、送信できなかったりします。

各通信事業者が所有するネットワーク回線は、無限にあるわけでなく回線を増やすにも費用がかかります。そのため一部のユーザーが大量に通信を行った場合、他のユーザーが回線を使えなくなってしまいます。全てのユーザーが快適なインターネット環境を利用できるように、通信制限をかける必要があります。

通信を行っている場所が悪いのか、通信の契約プランを見直すべきなのか、しっかり状況を把握することが重要です。

LINE で写真(画像)が送れない不具合の対処法

続きましてこの記事をみていただいている方が、あせって間違った対応をしないように、それぞれの不具合の対処法を、解説していきます。

アプリを閉じて再起動を試みる

スマホの動作不良に有効な手段として、アプリを閉じてスマホを再起動するだけで直ることもあります。

LINEアプリを閉じてと再起動する方法は以下のようになります。

Androidの再起動

機種によって変わりますが画面右下の「□」の所をタッチしアプリ一覧画面を表示させ、左から右(もしくは下から上)にスワイプしてアプリをクリアします。

電源ボタンを長押したら、表示される電源を切るのアイコンをタッチします。再び電源ボタン長押しで起動させます。

iPhoneの再起動

ホームボタンのないiPhoneであれば画面最下部の横線を上にスワイプ、ホームボタンがあるiPhoneであればホームボタンを2度押しし、アプリ一覧画面を表示させ、下から上にスワイプしてアプリをクリアします。

電源ボタンと音量ボタン(上または下)を同時に長押しし、画面をスライドして、いったん電源を切ります。その後、再びiPhoneの電源ボタンを長押しして起動します。

LINEの動作不良を解消するためにアプリを軽くする

LINEの動作不良を改善させるために、以下の手順でキャッシュデータとトークルームデータを削除します。

キャッシュデータを削除する場合

[ホーム]画面から[設定][トーク]の順番にタップします。

[データの削除][キャッシュデータ]の順番でタップします。消したいデータを選択して

[選択したデータを削除]をタップします。これでキャッシュデータの削除は完了です。

トークルームごとにデータを削除する(iPhoneのみ)

LINE

トークルームから画面右上部の[≡] のマーク [その他]  [データを削除]の順番にタップします。

削除の対象期間と消したいデータを選んで、[選択したデータを削除]をタップします。

写真を圧縮して送る

送信先が受信しやすいように、圧縮アプリを使い写真を圧縮してください。

写真リサイズ

写真リサイズなら簡単に写真のサイズを変更して縮小

[写真を選択]して[サイズ変更]と[解像度の指定]をしてから[保存]の簡単操作で画像が圧縮できます。

おすすめポイント

  • 容量制限のあるブログに写真を投稿できる
  • 写真の画質が綺麗なままサイズを圧縮できる
  • 解像度や割合を指定して画像をサイズ変更する
  • TwitterなどSNS用の投稿写真をリサイズできる

複数の写真/画像をまとめてリサイズ

複数の写真/画像をまとめてリサイズなら複数の画像を一括リサイズ!そのままメールに添付することもできます

リサイズする画像を選択して(複数選択可)「リサイズ」ボタンをクリックして保存もしくはメールに添付、簡単操作で圧縮した画像を送れます。

おすすめポイント

  • 複数画像をまとめて縮小してみんなと共有できる
  • 少ない操作で複数の画像を送信でき、ビジネスに使える
  • おまかせ設定で、素早く画像を縮小できる
  • 簡単操作で久々に使っても操作の仕方を忘れない

スマホの空き容量を増やす

スマホの空き容量を増やすことで、スマホの動作不良が改善されます。空き容量を増やすには以下の方法があります。

空き容量を増やし方

  • 写真を削除する
  • ダウンロードした映画や音楽などのメディアを削除する
  • アプリとアプリデータを削除する
  • ファイルを削除する。

どうしてもデータを消さずに残しておきたい方は、SDカードに保存する、スマホの容量が多い機種に変更する、Amazonフォトなどの外部ストレージが使えるサービスを利用する、などの対処を行ってください。

LINEアプリの写真データへのアクセス権限

LINEがスマホにアクセスできるように、アクセス権限の許可を確認します。

Androidの場合

[設定]から[アプリと通知][アプリを全て表示]の順番にタップします。

[LINE][許可]の順番にタップするとアプリの権限一覧がみることができます。

各項目をタップすると[許可する/許可しない]の設定変更ができます。

iPhoneの場合

[設定]画面からLINEのアイコンを選ぶと、アクセス許可一覧が表示されます。タップするとアクセスの許可を切り替えることができます。

LINEで画像を送るためには、カメラやストレージへのアクセス許可が必要となります。

許可がされてない場合は、タップして許可をすると利用できるようになります。

LINEのバージョンとスマホのOSのバージョン確認

LINEのバージョンが最新になっているかの確認方法は、以下のやり方です。

LINEのバージョン確認

ホームタブ上部右ある[設定]からLINEについてをタップ

現在のバージョンが確認できます。なおLINE公式サイトで最新のアップデートが可能です。

LINE公式サイト

Androidの場合

[設定]から[端末情報][ソフトウェア情報]の順番にタップします。

Androidのバージョンをタップするとアップデートできます。

iPhoneの場合

[設定]から「一般][ソフトウェア・アップデート]の順番にタップします。

[自動アップデート]をオンにするとアップデートできます。

注意ポイント

アップデートを行うと、便利なったり不具合が解決されるのですが、今回の「iOS15.1の件」のように、アップデートが原因となり今まで使用できていたアプリが、誤作動を起こす可能性があります。

最新のアップデートをする前にしっかりバックアップを取り、先にアップデートした周りの反応をみることをおススメします。

通信環境による不具合の対処法

次に通信環境を環境を確認し、対処していきます。

通信速度制限の確認

現在の状況を確かめるためには各キャリア以下のページから、契約状況などを確認する必要があります。

「通信制限はつらいが、契約内容は変更したくない」という方は以下は次の方法で通信量を節約することができます。

通信料を節約する方法

  • 大容量のデータの送受信はWi-Fi環境で行う
  • 視聴する動画の画質を落とす
  • SNSの動画が自動再生されないように設定する
  • 位置情報サービスをオフにする
  • アプリの更新はWi-Fi環境で行う
  • ポケット型Wi-Fiを持ち歩く

Wi-Fiを使用ルーターが正常に動いていない

チェック

  • スマホのWi-Fi機能のオンオフをして、携帯電波とWi-Fi通信のどちらに問題があるのか確認
  • Wi-Fiルターの再起動、電源コードの抜きさし、ポケット型Wi-Fiの電源を落とし、バッテリーを外して付け、もう一度起動
  • 通信事業者のHPで通信障害の確認、問い合わせる

通信障害が発生している

モンストで夏油に勝てない場合の対処法を徹底解説

呪術廻戦コラボ第二弾の降臨クエストとして、夏油傑(げとうすぐる)【超究極】が開催されていますが、どうやったら勝てるようになるのか知りたいという意見が出ています。 今回は、降臨クエスト「百鬼夜行 -呪術 ...

続きを見る

各通信事業者のHPを確認すると、現在の通信状況を確認することができます。

ドコモ

またdocomo、au、ソフトバンクの3社は、電波改善要望も受け付けています。

どうしても環境がよくならない時は、ご相談ください。

ドコモ電波改善依頼 au電波改善依頼 ソフトバンク電波改善依頼

その他の原因や対処法

今まであげてきた原因や対処法以外にも、LINEで写真が送れなくなる原因があります。

機内モードがONになっている

機内モードは、航空機の運航の時に、スマホの電波が周辺の機器に影響を与えないようにする機能です。

スマホが機内モードの状態になっていると、外部との通信が遮断されます。よって通話やメールの送受信や、Wi-Fi ・Bluetooth・GPSなども使用できなくなります。誤操作で機内モードになっていることもあるので、しっかり確認が必要です。

コントロールセンターを表示して、飛行機ボタンをタップするとON/OFF切り替えれます。

相手が友達以外からのメッセージを受信拒否設定になっている

メッセージ受信拒否は知らない人や業者アカウントなどからの、メッセージに困っている人の為の機能です。

この機能を使うと友達になっていない相手からのメッセージが届きません。

相手がこの設定にしていると、送信者側から判別はできません。

対処として初めてLINEを交換した時は、相手がいる前でメッセージを送って、ちゃんと届いているかその場で確認してください。

また「相手にブロックされてるから、写真が送れないのでは?」と思われる方もおられます。こちらは検証したところ、送信側は問題なく写真を送ることができました。しかしブロックした受信側には、メッセージが表示されませんでした。

誤操作で設定してしまう可能性もあるので、事前にLINE以外の連絡手段を確保しておくことが重要です。

LINE以外のアプリを大量に開いたままにしている

開いているアプリが多いとその分通信速度が遅くなります。

使用していないアプリは閉じて利用してください。

LINEから一時的なペナルティを受けている

こちらは珍しいケースですが、たとえ相手が友達であってもLINEを使って「わるふざけ」をしたり、複数のアカウントから通報を受けたりすると、ペナルティを受ける可能性があります。

ペナルティの内容は、2~3日送信機能が使えなくなるという軽微なものから、1か月送信機能が使えなく重大なものまで様々です。

またLINE利用規約の禁止事項に違反した場合、アカウントが凍結されてしまいます。

誤解でペナルティを受けてしまったら、運営側に連絡して誤解を解くしかありません。誤解が解けない場合、違う電話番号で新規にアカウントを作る必要があります。

LINEで複数人トークがグループになってしまう原因と対処法を徹底解説

LINEで複数人トークを作ろうとすると強制的にグループが作られてしまう問題が発生しています。 ただし、この問題はLINE公式がアナウンスしていて、「複数人トークとグループを統合しました」と伝えています ...

続きを見る

 

-LINE
-, , , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.