LINE Pay300億キャンペーンの1000円がチャージ(反映)されない!詳細と対処法を徹底解説

LINE Pay1,000円ボーナスのキャンペーンがスタートし、多くのユーザーが友だちに送り合っていると思います。

しかし、中には1,000円のLINE Payボーナスがチャージされない・支払いができないといったトラブルが発生しています。今回は考えられる原因と対処法をご紹介して問題を解決しましょう。


LINE Payキャンペーンの1,000円が付与されない

原因は

スタートから1日が経過し、順調に受け取りまでできたという方もいらっしゃると思いますが、原因不明のトラブルで1,000円が受け取れない、もしくは支払いができなかったというユーザーが出現しています。

まずは考えられる原因をまとめてみました。

ポイント

  • 本人確認が済んでいない
  • アプリのアップデートをしていない
  • LINE Payカード、QUICPay+の支払いは不可
  • 利用規約に抵触した可能性がある
  • 混雑による付与・残高反映遅延

現時点で考えられる原因は以上のものです。各項目それぞれ詳しくご説明します。

本人確認が必須

このキャンペーンの参加には本人確認が必須です。

しかし、「かんたん本人確認」「郵送本人確認」のこの2種類の方法ではLINE側の承認を受けない限り、このキャンペーンの1,000円ボーナスの受け取りができません。

キャンペーンが開始して間もないということと、期間が9日間しかないため、本人確認をしていないユーザーが一斉に申請をします。
そのため、通常数時間ほどで完了する本人確認作業が、LINE側の業務過多によって3日以上掛かってしまうという事例もあります。

上記2通りの申請方法で行ってしまった場合は、キャンペーン期間中でも完了するまで待つしかありません。

なお、申請方法が「銀行口座本人確認」だった場合は、ネットバンキング等で本人確認が取れますのですぐに完了します。

期間中の確認方法はこちらがおすすめです。

LINE Payボーナス利用規約違反によるもの

LINE Payボーナスには利用規約があります。この利用規約に抵触してしまった場合は、ボーナスの没収もしくは付与がされないという措置が取られます。

利用規約をかんたんに要約してまとめます。

利用規約まとめ

  • LINE側の範疇を逸脱した利用方法が確認されていた場合
  • 本人確認において不正な情報を送信する行為 
  • キャンペーンの参加条件でのアクションを行わなかった場合
  • 転売・営利目的でのLINE Payボーナスの利用

本人確認での不正行為では双子だと偽りボーナスを複数回にわたって受け取ったり、アカウントの作成を行う行為によって規制されてしまうケースがあります。

また、申請が通った後でも不正が発覚した際に措置が取られてしまうこともあります。

混雑で反映処理が遅れているかも

キャンペーン開始直後は多くのユーザーが送り合ったりするため、付与や残高反映の処理が遅れている可能性があります。

受け取り直後に利用できると公式は明言していますが、サーバーの混雑や処理過多でタイミングがずれてしまっているかもしれませんので、しばらく待つことになる場合があります。

基本反映まで少し時間かかります!

対処法

アプリは最新版にアップデートする必要がある

本キャンペーンでは、LINEアプリが最新版でないと参加もしくは受け取ることができません。

現在も旧バージョンで使用している方は、アプリストアのアップデートチェックを行い、最新版があった場合はアップデートをしましょう。

プリペイドのLINE Payカード等では使用できない


PR-LINEより

実店舗での利用において、LINE PayカードとQUICPay+を用いて支払いを行おうとしても、残高不足によって決済ができないという声が上がっています。

LINE Payカードの残高チェックは、LINEアプリ上のウォレットから行えます。

この残高は、「LINE Pay残高+LINE Payボーナス」合算した金額です。

しかし、LINE Payボーナスには以下の制約上がります。

ポイント

LINE Payボーナスは「LINE Payカード」と「QUICPay+」では利用ができない

つまり、LINE Payカードで支払おうとしたのに残高不足になってしまうという現象は、上記の制約が原因となっていることになります。

例として「1,500円の商品を購入しようとして残高不足になったケース」で説明します。

  • ウォレットで残高確認をすると「2,000円」
  • 残高が2,000円あると思い、1,500円の商品購入にLINE Payカードを用いて決済
    →残高不足で決済ができない
  • ウォレット残高「2000円」の内訳
    (チャージした1,000円 + LINE Payボーナス1,000円)
  • 決済時のカードは1,000円で決済をしようとしていた
    →あと500円不足

実店舗で残高があるのに支払いができなかった理由が上記の具体例です。

ウォレットの合算表示であると、明らかに混乱を引き起こしてしまいます。
LINE Payボーナスの残高がいくらなのかを詳細に知りたくても、ウォレット内に表示はされていません。

ですが、残高を知る方法はあります。

LINEアプリの「ウォレット」から「送金」をタップします。

現在はキャンペーン期間中のため特設ページが表示されますが、「通常の送金/送付をする」をタップしましょう。

連絡先から適当に選んで、送金画面を表示させます。

赤枠で囲った部分にLINE Payボーナスの残高が表示されます。

解決できない場合は運営へ


お問い合わせ-LINE

条件達成をしているにも関わらず、いつまで経っても1,000円のボーナスが付与されない場合は、LINEの運営に問い合わせをしてみるのが良さそうです。

上記にリンクを貼っておりますので、問題が起きている場合はそちらから問い合わせしましょう。

LINEPay独立アプリで不具合!エラーが出てクレジットが使えない!について徹底解説

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

UCSカード

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。

そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

USCカードは現在、最大で合計Uポイントが4000ポイントが手に入るキャンペーンを実施中なので、今作っておくと大変お得なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

イオンカード

イオンカードのオススメポイント!!

  • イオン銀行の普通預金金利が最大年0.15(税引後0.119%)(変動金利です)
  • 全国約55.000台のATMで、入出金手数料が365日24時間無料!!!
  • 振り込み手数料0円!!!
  • 電子マネーWAONのオートチャージ

以外にもお得な特典が盛りだくさん!!しかもなんとシネマ映画料金もいつでも300円引きです!

↑詳細や登録は上記から出来ます

バンドルカード

おすすめポイント

  • 簡単にクレジットカード代わりのカードを発行できる
  • 年会費・月額料金は無料
  • 紛失した際は一時停止すれば利用を停止できる(再開も同様)
  • VISA加盟店ならどこでも使える
  • 通販に強い!リアルカード発行で現実でも使える
  • 手元にお金がないときにおすすめ!
  • クレジットカードのように使い過ぎることがない

どんな人でも作成可能なVISAのプリペイドカードであるバンドルカードは、スマホアプリで簡単登録できます!

年会費や月額料金等、普通のクレジットカードにあるような要素はありません。登録しておくだけならタダで、緊急でお金が必要だけどお金がない時等に役立たせることが可能です。

登録後すぐに発行されるのは「インターネット専用」のバーチャルカードですが、リアルカード発行で現実のお店でも使えるようになります。

バンドルカードの「ポチっとチャージ」はあらかじめバンドルカードに残高を入れておくことができる機能ですが、入れた金額は完全後払いで、お金がない時にでも制限付きでチャージを行えます!

後払いでないと支払うことができないけどどうしても今すぐ商品が欲しい時等に活用してください!

 

-LINE

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.