LINEOutの一部機能がサービス終了!詳細や代わりの機能を徹底解説

LINEOutの一部機能がサービス終了して、LINEOutのLINE公式アカウントが告知していました。

LINEOutの公式アカウントを友だちに追加していなかったら気づかない告知ですが、LINEOutそのものがサービス終了したわけではないので、大きな問題ではありません。


LINEOutがサービス終了!?

LINEOutは通話に関するLINEの機能のひとつで、LINEアカウント以外にも通話がかけられるサービスです。

このうち「LINE@加盟店」と「お店」の電話が、2月3日よりできなくなりました。

【完全版】LINEのビデオ通話の使い方!背景・フィルターや大人数で通話する方法を徹底解説

LINEOutとは?

LINEOut(LINEOut Free)は、LINE以外のユーザーにも国内・国際通話が可能になるLINEサービスの一種です。

LINEを持っていない人にもかけられますし、お店や問い合わせ先等の固定電話にもLINEOutを使って通話はかけられます。LINEOutは有料版でコールクレジットを別途購入、LINEOutFreeはLINEOutのサービスを無料広告を見ることで使えるようになりますが、1日5回までと制限が決まっています。

LINEOut登録には電話番号認証が必要になりますが、通常の通話よりさらに安い電話料金で電話できるのがポイントです。LINEOut Freeは完全無料で使えますが、固定電話相手だと3分、携帯電話相手だと1分と、通話時間に制限があります。

終了するのは「お店」「加盟店」との通話のみ

LINEOutを実際に使っている人はLINEOutの公式アカウントとLINEで友だちになっていますが、「サービス終了」に関する告知のメッセージが投稿されていました。

しかし、よく見ると「LINEOutそのもののサービス終了」ではなく、LINEOutの一部機能の「お店や加盟店に無料で10分間通話できる機能」のサービスが終了しただけです。

勘違いしたユーザーが非常に多かったため、LINEOut公式アカウントが表現を正した上で上記のメッセージを一斉送信しています。

LINEOUT・LINEOUTFreeは普通に活用可能

コールクレジットを利用したLINEOutや広告視聴のLINEOut Freeは引き続きサービスを利用できます。

上記は2月5日現在のLINEサービス一覧ですが、この中にはちゃんと「LINEOut Free」が存在しています。使い方等も特に変わりはありませんでした。

お店・加盟店に通話する予定がない人(店舗での電話予約をLINEでしない人等)にはそこまで関係のないサービス終了提案です。

2月3日にすでに終了

LINEOutのお店・加盟店への無料10分通話機能は、2021年2月3日に既に削除されています。

Twitter等で「LINEOutのサービスがまだ残っている」等のツイートがありますが、なくなったのが一部サービスだけで多くの人が勘違い、思い違いをしているのが理由です。

今まで普通にお店・加盟店への無料10分通話を利用していた人は、今後は使えなくなるため他のサービスを活用して通話を行いましょう。

LINEOutの代わりに「LINEコール」で似たようなサービスを受けられる!

LINEOutで一部のサービスが使えなくなったことから、お店等に通話をかけたい場合はスマホの決済プランに付属されているサービスの通話料が参照になって通話をかけることになります。

LINEOutよりは割高なので、なんとか他の方法で安く通話できないかと考えている人も多いです。

そんな人におすすめのサービスが「LINEコール」です。お店側がLINEコールに登録してさえいれば、LINEアプリにて通話をかけることができます。

LINEコールの注意点

LINEコールの使い方に関連する注意点ですが、「LINEコールをかけてもらうお店側」は上記の「LINE公式アカウント」という管理アプリが必要ですが、通話をかけるユーザー側は、上記アプリは必要ありません。

あくまでも「公式アカウントを作成して、その公式アカウントに通話項目を作る」ためにLINE公式アカウントのLINEコール設定は使われるため、公式アカウントを作っていない人はそもそも設定を行えません。

そのため、「LINEコール 使い方」等で調べてLINEコールの設定方法を実践しないよう注意してください。

ただし、前提として「自分がかけたいお店が公式LINEを持っている」「さらに公式LINEの中に通話の項目がある」のが通話条件になります。

2月5日現在、この項目を満たしているLINE公式サイトは少なく、電話ではなくオンライン予約で済ませている料理店はもちろん、問い合わせをする必要があるかもしれないサイト等の公式アプリでも通話項目は用意されていませんでした。

LINEOutの店舗通話ができなくなったのは事実なので、多くの店舗が「新しい通話方法」として、LINEコールを利用するようになる可能性はあります。

通話方法

LINEを使ってLINEコールに通話する場合は、LINE公式アカウント(通話をかけたいアカウント)のトーク画面を開きます。

画像左側がトーク画面ですが、このうち相手ユーザーのアカウントをタップしてください。画面右側のようにユーザーページが表示されますが、LINEコールを設定しているLINE公式アカウントなら、赤枠部分に「通話」の項目が出ています。

この項目を押せば通話がかかりますが、問い合わせや注文が殺到している場合は通話がかからない可能性もあります。

また、各LINE公式アカウントがLINEコール用として発行しているQRコードを読み取ってLINE友だち登録を行った場合は、そのアカウントには通話項目は用意されているはずです(後から消去した場合等は項目がない可能性があります)。

【完全版】LINEのビデオ通話の使い方!背景・フィルターや大人数で通話する方法を徹底解説

 

-LINE
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.