解説、アプリの使い方

SNSデイズ

インスタになぜか投稿できない?原因と対処法を説明

投稿日:

インスタに投稿できない場合があります。一体何が原因なのでしょうか?

またインスタに投稿できない場合、どのようなことをすれば再度投稿できるようになるのでしょうか。原因と対処法について説明します。

インスタに投稿できない原因と対処法

 

インスタに投稿できないときは、必ず投稿ができない原因があります。原因を知り、原因に対する適切な対処法を行うことで問題が解決します。

さまざまなケースが考えられるので、ケースごとの対処法について説明しています。

もし原因が分からなければ簡単にできそうな対処法から試してみましょう。

画像のデータサイズが大きすぎる

動画や画像をまとめて投稿しようとするときや、あまりにも動画や画像のデータサイズが大きすぎるときは、投稿時にエラー表示され投稿できないことがあります。

ファイルはご利用の回線を通じてインスタのサーバーへ送られた後アップロードされますが、データサイズが大きすぎることで送りきれず、またアップロードもされません。

動画や画像を大量にアップロードしたいときは複数回に分けて送り、また1つの動画や画像のサイズが大きすぎる場合はサイズを小さくしてから送信するようにしましょう。

動画や画像編集アプリを使うことで簡単にデータを小さくすることができるので、試してみてください。

アプリのバージョンが最新ではない

アプリのバージョンが最新でないと適切にアプリが動作しない場合があります。iPhoneの場合App Storeでインスタを開くと、もしアプリが最新バージョンでなければ通常開くと書かれているところがアップデートと書かれています。

アップデートをタップすると、自動的にアプリが最新のバージョンに更新されます。

Wi-Fi・モバイル環境が最適ではない

Wi-Fiやモバイル回線の電波は最適な形でスマホに向けて届いているでしょうか。

電波の強さはWi-Fiならば波紋の数で、モバイル回線ならばアンテナの立っている数で確認することができますが、一見十分電波が届いているように見えても実際はまるで電波が届いていないこともあります。

もし電波をきちんと拾っていないのかな、と思ったら一度機器の電源を落とし、再起動してみましょう。自宅でWI-Fiを利用しているならばルーターの電源も再起動してみましょう。

それでも電波そのものがきちんと拾えていないことがあります。自分のいる環境が元々電波を拾いづらい場所であるというケースです。たとえ都会の真ん中でも、地下に入ったりするとどうしても障害物があるために電波が弱くなってしまいます。

自宅にいても場所によっては電波が届きにくくなっているため、何をどうやっても電波が弱いと感じたら場所を移動してみましょう。

動画が60秒以上ある

インスタは動画が60秒以上ある場合、投稿が60秒できれるようになっています。元々動画はデータ量が大きく、長い動画はアップロードしづらいです。

インスタでの動画投稿は短めのものが適しているので、長い動画はカットした上で投稿しましょう。長い動画はYouTubeなどの動画サイトにアップロードした方が見てもらえやすいです。

データ軽減モードがオンになっている

インスタにはモバイルデータの使用量を軽減する機能があります。変更するにはまず右下のマークをタップします。

右下のマークをタップすると、今度は右上にメニューボタンが表示されますのでタップ。

すると右のメニューが開き、設定マークが確認できるのでタップします。

設定をタップするとアカウントと太字で書かれているところを順番に下へ見ていくとモバイルデータの使用と書かれているのが発見できます。

モバイルデータの使用をタップし、データ使用量を軽減と書かれているところの右側をタップするとオンオフを設定できます。

モバイルだと月に使えるデータ量の上限が決まっているため、データ使用量を軽減を選択している人も多いかと思われますが、それによって写真や動画の読み込み時間が長くなり、エラーが出てしまうこともあるのです。

動画や画像をアップロードするとき、不安であればデータ使用量を軽減をオフにしておきましょう。

モバイルのデータ通信制限がかかっている

モバイルだと月々の上限データ量が定められていて、定められたデータ量を超えると通信制限がかかってしまいます。通信制限がかかるとデータの送受信がとても遅くなり、インスタに投稿しようと思ってもいつまでも投稿が完了しないということがあります。

通信制限がかかっていると通知が来るのでたいていの場合は気付きますが、まれに気付かない人もいます。通信制限がかかっていないかどうか確認し、もしかかっていたらWi-Fiを利用するなどしてください。

インスタのサーバーが落ちている

滅多にあることではありませんが、インスタのサーバーが落ちていることがあります。サーバーが落ちていると投稿もできません。

もしサーバーが落ちているのならば、ツイッターなどSNSを確認すると誰かがサーバーについて呟いているはずですので、チェックしてみてください。サーバーが落ちていれば、復旧を待つしかありません。

ネット上で見かける?な対処法

ネット上でインスタが投稿できないときの対処法はたくさん投稿されています。しかし対処法が古いものや疑問に感じるものもあります。

今回はネット上で見かけた納得できない原因と対処法について考えてみます。

ハッシュタグをつけすぎている

ハッシュタグをつけすぎていると動画や画像がアップロードできないという意見がいくつか見られます。しかし実際のところ、ハッシュタグをたくさんつけて投稿しても投稿は可能です。

ただ投稿してもハッシュタグが反映されておらず、真っ白になってしまいハッシュタグをつける意味がなくなってしまいます。なのでいずれにせよ、投稿時のハッシュタグはある程度の数までに抑えておくことをおすすめします。

動画や音楽の著作権に違反すると投稿できない

動画や音楽の著作権に違反すると投稿できないという意見も見られました。

しかしどれが著作権のある動画や音楽なのか、というのを投稿時に判別することはできません。投稿者本人すら分からないこともあるでしょう。

ただそのおかげで投稿した後著作権者から削除するように要求され、トラブルに発展することもあります。多数の自治体がフリー画像と思って使用したら著作権のあるもので、後にお金を支払ったというニュースもありました。

後々のトラブルを考え、著作権に違反しそうなものは最初からアップロードしないようにしましょう。

原因が分からないときはアプリ削除→再インストールをしよう

どうしても投稿できない原因が分からないときがあります。そんなときは一旦アプリを削除し、再インストールしましょう。

再インストールするとパスワードなど再入力が必要になるため面倒ですが、上記原因に対する対処法を一通り試してもダメな場合は、アプリを入れ直すくらいしかできることがありませんが、最終手段として試してみて下さい。

-インスタ

Copyright© SNSデイズ , 2018 All Rights Reserved.