DbDモバイルがプレイヤーのアカウントにbotを入れている闇について徹底解説

DbDモバイルの通称で知られるゲーム、Dead by Daylight Mobile(デッドバイデイライトモバイル)の闇が話題になっています。

今回はDbDモバイルの闇と対処法について解説します。




DbDモバイルの闇

DbDモバイルではキラー1名・サバイバー4名で行うマッチ戦を行いますが、キラーがbotの場合や、サバイバーの中にbotが紛れ込んでいることがあると噂になっています。

botとは深夜帯や平日昼間など、ユーザーの少ない時間帯にマッチしやすくなっています。また、1回の対戦に4人必要なサバイバーには帯関係なくbotの出現率が高いですが、赤帯ではキラーでも多くのbotが確認されています。

マッチングの待ち時間が長い場合にbotが入れられますが、サバイバー全員がbotになるパターンは確認されておらず、少なくとも2名は人が操作するプレイヤーである場合が多いとされています。

botと言われている根拠

botであろうと言われているプレイヤーは、名前などは通常のユーザーのようになっていて、botであるという目印もありません。しかし、行動がパターン化されていたり、状況ごとの判断がされない、メッセージに沿った行動をしないなど、行動からbotがいるのではないかと以前から噂になっていました。

2022年5月下旬頃から、最近対戦をしたプレイヤーが表示されるリストの中に、botと思しき行動をするプレイヤーが残らないということが判明し、botであるという推測が確定的なものとなりました。

botの見分け方

サバイバーのbotに関しては、吊られている仲間のサバイバーが目の前にいても救助をせず、発電機の修復に勤しむ姿が多数目撃されています。

はてな

  • 同じ行動を繰り返す
  • 必要のないタイミングで屈伸をする
  • 必要のないタイミングで治療をする
  • 必要な場面で救助をしない場合がある
  • 発電機の修理によく失敗する
  • 妨害が入った場合やりかけの発電機の修復を再開しない
  • 真っ直ぐ走らない
  • キラーがいてもギリギリまで逃げない
  • キラーから逃げながらライトを正確に当てる

今回の闇の問題点

今回の闇の問題点について解説します。

しばらく使用されていないアカウントを無断でbotに割り当てて使用している

プレイヤーの中に紛れ込んでいるbotですが、運営が用意したbot専用のアカウントではなく、以前別のユーザーに使されていて、しばらく放置されているアカウントを割り当てていることが判明し、問題点として上がっています。

以前からbotがいることはなんとなく認識していたユーザーも多数いましたが、他のプレイヤーのアカウントが無断で使用されていることが判明したことにより、問題だ考える人が多く話題になっています。

対戦で味方にbotがいると不利になる

botが最適な判断をしてくれれば問題ありませんが、パターン化された行動ばかりではキラーに読まれやすく、不利に働きます。特に、キラーから見つかってもギリギリまで逃げない点や、救助を行わない場合がある点についてはハンデとも捉えられます。

こちらが望んでいる行動も取ってくれないことが多いため、有利には働きにくいと言えます。

また、好成績なキラーの中には、サバイバーにいるbotの動きを完全に理解していて、botがいれば全滅にしやすいといった声も少なくありません。

プレイヤーができる対処法

botに関する問題点に対し、プレイヤーから行うことのできる対処法を解説します。

botとマッチしないように対策する

マッチに時間がかかっている場合、そのまま待ち続けるのではなく、数十秒おきにマッチをし直すことで、botが自動で入るのを防ぎます。

また、ユーザーを招待して対戦をすることでbotが入る余地を無くします。使用されていないアカウントであれば招待を受けることもないため、botとのマッチを防ぐことができます。

招待したいユーザーのアイコンをタップして「招待」を選択するとパーティに招待することができます。

1人がチェイスで時間を稼ぐ

botが味方にいた場合の立ち回りです。

1人がチェイスで時間を稼いでる間、少なくとももう1人はいる仲間とbotが発電機の修復を進めます。botも妨害が入るまでは、失敗しつつも発電機の修復を行うため、チェイス中に発電機の近くを通らない様注意します。

また、地下室に繋がる地下フックも、吊られた場合に不利に働くため、なるべく近づかないようにします。地下フックや発電機の場所はチェイス前に確認して把握する必要があります。

脱出を諦めBPを稼ぐことにシフトチェンジする

BP(ブラッドポイント)を稼ぐことにシフトチェンジします。まず発電機の修理のスキルチェックでグレートを出すことで300BPもらえます。

BPは仲間の救助をすることでも稼ぐことができるため、吊られたbotを積極的に救助します。安全に救助できた場合は1回で1500BPを稼ぐことができます。

また、トーテムを破壊することでもBPを稼ぐことができますが、キラーの能力が発動してしまったり、罠が仕掛けられていることもあるため、こちらには注意が必要です。

BPの収集

  • 発電機の修理
    グッド 50BP
    グレート 300BP
  • 救助 1000BP
    安全な救助 +500BP
  • トーテムの破壊 1000BP
    呪いのトーテムの破壊 +500BP

使わなくなったアカウント名を変えておく

自分のアカウントがbotとして使用されていて、弱さやパターン化された行動で目立っているのであれば、後々ゲームに復帰する際にも悪影響になりかねません。マッチしたユーザーに名前が認知されていた場合は、味方にあてにされなかったり、キラーに狙われやすくなる可能性があります。

しかし、DbDモバイルでは一度作成したアカウントを削除することはできません。アプリを消してもデータは残ってしまいます。

長期間アカウントを使用しない場合、特に他のゲームでも同じユーザー名を使用している場合は、ユーザー名を変更しておいても良いでしょう。

対策としてできることは以下の事項です。

対処法

  • アカウントを使用しない期間は別の名前を設定しておく
  • 復帰したときにユーザー名を変更する

アカウント名を変える方法

右上のアイコンをタップします。ユーザー名の隣にあるペンのようなマークを選択します。

テキストボックスに希望のユーザー名を入力し、「無料で変更可能」を選択して完了です。

DbDモバイル Bluetooth接続でコントローラーが使えるのかを徹底解説

大人気サバイバルホラーゲーム「Dead by Daylight」のモバイル版「DbDモバイル」が2022年4月28日よりリリースされました。 この記事では、DbDモバイルにおけるコントローラーの適正に ...

続きを見る

他にオススメの人気ゲームは?

他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、今の内にダウンロードしてみて下さい。分類に分けて徹底解説しています。

魔剣伝説

 

魔剣伝説は全世界1億ダウンロードを突破している大人気アクションMMORPGです。

インフレ気味な育成がコンセプトで、ど派手なスキルで敵を倒していく爽快感が満載です。

フィールドの移動や敵とのバトルはオート攻略可能。

魔剣伝説はレベルが上がる速度が非常に早く、短時間でレベル100まで育つ程。報酬やボーナス、特典コードも高頻度で配布されており、ストレスなく遊ぶ事ができます

武器や翼は勿論、ペットや乗り物などあらゆるものを強化可能。オフラインでも10時間まで狩りを行ってくれるので、放置ゲーが好きな方にもオススメです。

余計なフィールド移動が少なく、無駄なロードが入り難いのも特徴です。

勿論、サーバー対サーバーの大規模リアルタイム勢力戦や強力なボスバトルなど、様々なやり込み要素も充実

MMORPGとしてもがっつり遊べますし、チャットも活発で面白いと好評です。

おすすめポイント

  • 全世界1億ダウンロードを突破
  • オートバトルで放置ゲーとしても優秀
  • オフラインでも10時間狩りをしてくれる
  • 爽快感のあるバトルグラフィック・演出
  • 成長速度が速くストレスを感じない
  • 大規模リアルタイム総力戦やボスバトルも充実

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は古代文明をテーマにした、世界各地の英雄が参戦するPvsPストラテジーです。

世界7700万DLを突破した人気作で、アレキサンダーやクレオパトラなどの世界の名将は勿論、源義経や本田忠勝など日本ゆかりのキャラも登場します。

本作は箱庭ゲームとしても優秀で、街の建造や世界探索、蛮族(CPU)の討伐など盛り沢山

拠点外のオープンマップでは、偵察部隊を出して視野を広げながらリアルタイムバトルができるなど、1人でも楽しめるシステムになっています。

個人で完結して遊ぶことができるため、理由なく他の人から襲われる心配は殆どなく、PvPで襲われるのが苦手な方も安心です。

勿論同盟に入ってPvPを行うのも大きな魅力。広いマップで敵味方入り乱れ、リアルタイムで行われる戦闘は戦略性が高く圧巻です。

Rise of Kingdoms-万国覚醒-

Rise of Kingdoms-万国覚醒-は新規は新規鯖に割り振られるようになっているので、サーバー内で差ができにくくなっています。

おすすめポイント

  • 古代文明をテーマにしたPvPストラテジー
  • クレオパトラや曹操など世界各地の名将で遊べる
  • 箱庭ゲームとして個人でも楽しめる
  • 世界7700万DL

おねがい社長!

おねがい社長!は美人秘書と一緒に、社長となってゼロから創業する会社経営SLGです。

主人公はリストラされて無職となりますが、美人秘書に助けられながら成り上がっていきます。

いわゆるハコニワ系でタピオカ店やカフェなどの施設を建設して、お金を稼いでいきます。

おねがい社長!の一番の魅力は、なんといってもキャラ。かわいい系やおねい様系など様々なタイプの人材や秘書と一緒にゲームをプレイする事が出来ます。

特に秘書は自由に着せ替えやボイスを変更し、プレイヤー好みに仕上げることができます

グラドルやセクシー女優とのコラボもあり、非常に豊富なキャラが揃えられています。

最初はミッションに従って入ればサクサク進み、難しくて詰まってしまう事はありません。

基本的にフルオートで進められるので、忙しい人でも手軽に遊ぶことができます。アプリを閉じている間にも、放置で資材が集まります

資材も他のアプリのように木材や石材など細かいものは無く、主にお金やコインさえ集めれば何とかなるのでシンプルで分かりやすいシステムになっています。

おすすめポイント

  • 会社経営SLG
  • キャラが魅力的
  • 秘書がセーラー服やナース、レースクイーンなど様々な着替えが可能
  • シンプルで分かりやすいシステム
  • 放置で遊べる
  • PvPでプレイヤー同士でも対戦できる

リネージュ2M

リネージュ2Mは最高クラスの美麗グラフィックで楽しめるMMORPGです。

綺麗だけどあの頃の懐かしさもある、映画のように美しいファンタジー世界を、手軽にスマホで体験することができます。

レベル上げやアイテム収集をオートで進められるので、時間の無い方にもオススメです。

オート操作は非常に充実しており、細かく設定する事が可能。20秒に1回スキルを使用するなど、戦闘の補助としても有用です。

背景や戦闘グラフィックも美しく、オート戦闘を眺めているだけでも飽きない完成度です。

1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールドで、やり込み要素が満載。どれだけでも遊ぶことができます。

ステータスは自身で割り振れますし、スキルも各自取得できる仕様。自由な育成で、自分だけのキャラクターを作り上げる事が可能です。

おすすめポイント

  • 人気作リネージュ2のモバイル版
  • 前作を遊んでいなくても楽しめる
  • 最高クラスの美麗グラフィック
  • オート機能が充実・時間が無くても遊べる
  • 1億平方メートル以上に及ぶモバイル最大級のオープンワールド

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、FFの世界観で行われるタクティカルRPGです。

FFタクティクスを彷彿とさせるゲームシステムで、CTの貯まったキャラをターン制で移動させて盤面を攻略していきます。

「本当に無料?」という声が見られるほどゲームの完成度が高く、歴代のFFキャラも登場するので、FFファンの方にもタクティカルRPGが好きな方にもオススメです。

FFBE幻影戦争にはFFでお馴染みのジョブやアビリティ、魔法や召喚獣などが登場します。

魔法の発動に時間が掛かったり、初手からバフを掛ける事も可能だったりと、非常に戦略性が高くなっています。

マップに高低差が有ったりキャラ育成の幅が広かったりと、やりごたえのある内容です。

FFの系譜なのでストーリーも重厚で、1人でじっくり攻略も魅力。ボス戦やレイドのような心躍るPvEも活発に行われています

他にもギルド戦やPvP、マルチと言った要素も満載。1人でも皆でも楽しめます。

オート機能も付いているので、時間がない方も安心して遊ぶことができます。

おすすめポイント

  • FFBEの世界観で行われるタクティカルRPG
  • ジャブやアビリティなどを駆使した戦略性の高いバトル
  • 重厚なストーリー
  • オート機能で時間が無くても遊べる

 

-ゲーム
-, , , ,

Copyright© SNSデイズ , 2022 All Rights Reserved.