解説、アプリの使い方

SNSデイズ

Twitterで位置情報がバレないようにするには!?詳細や対処法を徹底解説

投稿日:

2018年10月10日から12日にかけて、Twitterで位置情報を削除したはずのユーザーの位置情報が、検索できる状態だったことが分かりました。

以下で、詳細や位置情報を無効にする方法の詳細や無効に出来ない場合の対処法を徹底解説します。


Twitterの位置情報とは?

Twitterの位置情報とは、GPSで現在地を取得してツイートと一緒に投稿する機能のことです。

位置情報をツイートに載せるかはユーザーが選択でき、初期設定ではオフになっています。

地名とともにツイートしたい際には便利な機能ですが、使い方を間違えると位置情報がバレる可能性があります。

ツイートするだけで勝手に位置情報がバレる!?

Twitterは10月10日(水)、利用者の過去のすべてのツイートから位置情報を削除する機能である [位置情報を削除] が選択された際に、一部のツイートについて、キーワード検索から位置で検索可能な状態が最大7日間続いていたとという問題を発見しました。

2018年10月26日に、Twitterユーザーに向けてこんなメッセージが届きました。

Twitterの発表によると今回対象となっているのは、過去に位置情報付きのツイートをし、その後位置情報を削除したユーザーです。

すでに問題は解決されていますが、位置情報を有効にしていたことのあるユーザーは設定を見直してみましょう。

通常、ツイートするだけで勝手に位置がばれることはありません。

しかし、位置情報で「正確な位置を共有」を有効にしてツイートすると、数十メートル以内の誤差でツイートした場所を特定することができます。

場合によっては、自宅の場所を割り出されることもあるため、普段は位置情報を無効にしておいたほうが良いでしょう。

ちずツイを使うと位置情報を見れる

WEBサービスの「ちずツイ」を使うと、「正確な位置を共有」を使っているユーザーが投稿した場所を、地図上で見ることができます。

かなり正確な位置を特定できるので、「正確な位置を共有」を使うのは、場所を特定されても良い場合だけにしておきましょう。

写真から位置情報がばれる!?

スマートフォンで撮影した写真には、exif(イグジフ)という撮影日時や場所の情報を記録したデータが含まれています。

最新のTwitterのバージョンでは、自動でexif(イグジフ)が削除されるので、写真のデータから位置がバレることはありません。

しかし、周囲の建物や風景、目印となるものが写真に写り込んでいると、場所を特定される場合があるので注意しましょう。

バレないようにするには!?位置情報を削除する方法

過去に投稿したツイートの位置情報を削除するには、スマホやPCのブラウザでTwitterにアクセスしましょう。

 

ホーム画面右上のアイコンをタップし、メニューから「設定とプライバシー」をタップしましょう。

 

「プライバシーとセキュリティ」→「位置情報」をタップしましょう。

 

「位置情報をすべて削除」→「はい」をタップしましょう。

すべてのツイートの位置情報が削除されるまでには時間がかかる場合があります。

位置情報を無効にする設定方法

ツイートの位置情報を無効にするには、スマホの場合は機器の設定アプリから変更しなければなりません。

PCやiPhone、Androidそれぞれの設定方法を解説します。

PC

右上のアイコンをクリックし、メニューから「設定とプライバシー」をクリックしましょう。

左のメニューから「プライバシーとセキュリティ」をクリックし、「位置情報付きでツイート」のチェックを外しましょう。

「変更を保存」をクリックしましょう。

パスワードを入力し、「変更を保存」をクリックしましょう。

iPhone

設定アプリを開きましょう。

「プライバシー」をタップしましょう。

「Twitter」をタップし、「許可しない」をタップしましょう。

Android

設定アプリを開きましょう。

 

「アプリ」→「Twitter」をタップしましょう。

 

「許可」をタップし、「位置情報」のチェックを外しましょう。

位置情報を付ける方法

位置情報を付ける方法について、PCやiPhone、Androidそれぞれのやり方を解説します。

PC

ツイート作成画面で、ピンのアイコンをクリックしましょう。

現在地がツイートに追加されます。

位置情報を消すには、地名をクリックして「×位置情報を削除」をクリックしましょう。

iPhoneとAndroid

 

ツイート作成画面でピンアイコンをタップし、「OK」をタップしましょう。

Androidの場合は、アクセス許可で「許可」をタップしましょう。

右上の「完了」をタップしましょう。

位置情報を削除するには、地名もしくはピンアイコンをタップしましょう。

iPhoneの場合は「削除」をタップしましょう。

Androidの場合は「×」をタップしましょう。

自宅がバレる?

位置情報をオンにしたまま自宅でツイートしていると、自宅がバレるリスクがありますので注意しましょう。

Twitterで位置情報をオフに出来ない場合の対処法

Twitterで位置情報をオフに出来ない場合は、Twitterのアプリを一度閉じて再度開くか、スマホを再起動してみましょう。

 

-Twitter

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.