Twitter(ツイッター)のフリートがDMにこなくなった!フリート内に表示されるの?詳細や反応できない不具合の対処法を徹底解説

フリートの反応がDMにこなくなり、「フリート内に表示されるの?」と困ってしまう方が急増しています。

今回はフリートの反応の仕様変更の詳細や、反応できない不具合の対処法について徹底解説していきます。




フリートがDMにこなくなった!フリート内に表示されるの?

Twitterのストーリー機能であるフリートにはスタンプやコメントで反応でき、そのリアクションはDMで届くようになっていました。

6月30日頃から「フリートへの反応がDMにこなくなった!」との報告が増えています

これはフリート側の仕様変更によるもので、Twitter側は「リアクションはフリート内に表示される」様になったとしています。

スタンプはフリート内で反応

フリートへの反応の方法自体はこれまでと変わらず、フリート下のコメント・スタンプ欄から行うことができます。

アプデ前はスタンプを押すとDMに送られていたのですが、アプデ後はDMにはいかず、フリートの機能としてスタンプが送られます

「DMに送られてしまうのでフリートに反応し辛い」と思っていた方にとっては、手軽にできるようになる仕様変更と言えるでしょう。

タンプを送った場合は、「反応を送信しました」とのメッセージが表示されます。

またバージョンやOSによる違いはありますが、スタンプがアニメーションになって表示される場合もあります。

フリートの反応も通知が行く・コメントはこれまで通りDMへ

フリートにスタンプで反応した場合も、相手に通知が行くようになっています。

ただ現時点では、相手に通知が飛ばない症状も確認されています。確実に反応が行く訳では無いので、注意して下さい。

スタンプによるリアクションの仕様は変更されましたが、コメントでの反応はこれまで通りDMに届きます

通常のDMと同じ扱いなので、通知もDMとして送られます。

スタンプで反応した上にコメントを送ると、スタンプの反応とDMで2重に通知が行く事もあります。

既読一覧で確認

フリートへのスタンプの反応は、フリート画面ではなく、既読一覧で確認する仕様になっています。

既読一覧ではフリートを見た人の足跡が表示され、スタンプでリアクションをした人の横には印が付くようになりました。

スタンプのリアクションの通知が飛ばない場合があるので、気になる方はこちらの既読一覧を開いて確認する事をオススメします。

スタンプやコメントが出来ない不具合が発生

フリートの反応の仕様が変わった時から、スタンプやコメントによる反応が出来ない症状が多発しています。

通常フリートの下部にはコメントやスタンプを押す欄が設置されているのですが、これが表示されない方が急増しています。

また中にはスタンプを押しても反応しなかったり、コメントが送信できなかったりする症状も見られます。

これまで問題なく表示されていた相手のコメントやスタンプの欄が消えているため、不具合である可能性があります。

また全ての人のコメントやスタンプの欄が消えている訳では無く、特定の相手だけ表示されない不具合が大半です。

スタンプやコメント反応できない不具合の対処法

下記ではフリートのスタンプやコメントの欄が表示されず、反応することができない不具合の対処法を紹介していきます。

反応の仕方・仕様を確認

フリートへの反応の方法自体はこれまでと変わらず、フリート下のコメント・スタンプ欄から行うことができます。

これまでスタンプで反応してもDMが送られるため、DM画面で自分が反応を送っている事を確認できました。

しかし新しい仕様ではスタンプを送ると、「反応を送信しました」とだけ表示され、反応を行ったことを確認する術はなくなっています

また相手としてもDMにスタンプが来る訳ではないので、スタンプに対してスタンプで返すなどの反応を取り難くなっています。

そのため「送れていない」と感じたとしても、これまでと仕様が違うだけで、反応自体は正常に行えている可能性が高いです。

一時的にDMで反応する

フリートの反応の仕様変更が行われたことで、スタンプやコメント送信に不具合も起きています。

その場合は一時的にDMで、リアクションを送ってしまうのも1つの手です。

仕様変更によってスタンプはDMに届かない様になりましたが、これまではDMに届いていました。フリート投稿者も理解している事なので、特段不快には思わないでしょう。

フリートへの反応と違って反応したフリートが相手に送られないので、どのフリートへの反応かは記載しておく事をオススメします。

設定で反応出来ない可能性

実は投稿者の設定で、フリートへの反応を許可しない事が可能です。

フリートの下部にコメントやスタンプの欄が表示されていない時は、このリアクション設定が許可になっていない可能性があります。

この場合はフリートから反応する方法は無く、精々DMを送る程度のことしか出来ません。

フリートの反応への許可については、以下の記事で詳しく解説しています。

Twitter(ツイッター)のフリートに反応できない症状の詳細や対処法を徹底解説

アプリのアプデを行う

フリートのコメントやスタンプで反応できない不具合は、Twitterアプリのアプデをしていない方の発生率が高くなっています。

特に数週間アプデをしていない方の発生が多いため、ストアの更新を見逃していないか確認してみて下さい

ただしTwitterは更新する事で不具合が起きる事もあります。更新前に自身のOSでTwitter不具合が起きていないか、確認しておく事をオススメします。

Twitterの更新による不具合の詳細や対処法については、以下の記事で詳しく解説しています。

AndroidのTwitterを更新したらクラッシュ、繰り返し停止、開けない不具合の詳細や対処法を徹底解説

フリートの反応に関する不具合の対処法

フリートへ反応の仕様変更に関係なく、フリートに反応できない不具合は継続的に発生しています。

DM側の不具合やアカウントの問題など、下記の記事を参考に確認してみて下さい。

Twitter(ツイッター)のフリートに反応できない症状の詳細や対処法を徹底解説

Twitterのフリートで動画投稿をすると「Fleetを送信できません」エラーが表示されてしまう原因と対処法を徹底解説

Twitterのフリート(Fleet)で、画像は投稿できるのに動画が投稿できない事象が確認されています。 動画のフリートが投稿できなくなってしまう原因と対処法をご紹介します。 コンテンツ1 フリートに ...

続きを見る

 

-Twitter
-, ,

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.