楽天ペイ20%還元スタート!登録方法や還元率や他との比較などを徹底解説

現在急速に増えているQRコード決済サービス。その1つである楽天ペイで、ポイント20%還元キャンペーンが始まりました

今回はそんな楽天ペイの登録方法や、ポイント還元の説明、他のサービスとの違いなどを解説していきます。

お得なこの機会に、是非新しい決済サービスを使ってみて下さい。


楽天ペイなどのQRコード決済サービスとは

今回紹介する楽天ペイとは、現在増えてきているQRコード決済サービスの内、楽天が行っているサービスのことです。

では、楽天ペイの解説をする前に、まずQRコード決済サービスの仕組みを説明していきます。

QRコード決済サービスの使い方は簡単

QRコード自体は様々な場面で見たことがあると思います。QRコードは、進化したバーコードという認識で大丈夫です。

QRコード決済で、客側が行う行動は以下の2つです。

  1. アプリを操作してスマホにQRコードを表示し、店側に読み込んでもらう。
  2. アプリを通して店側のQRコードをスマホで読み取る。

楽天ペイは両方の支払い方法が使えますが、1の方法を主に使うと思います。。

アプリを使う側は予めクレジットカードか引き落とし口座を設定しているので、そこから支払いが完了します。

それ以外には、先にアプリに現金をチャージしておく方式などもあります。

QRコード決済サービスは今後増えていく

世界情勢や東京オリンピックに関連して、政府もキャッシュレス化を推進しています。

キャッシュレス化の推進策の1つが、消費税増税の負担軽減です。

2019年10月に消費税が10%に引き上げられる予定ですが、QRコード決済を含むキャッシュレス決済であれば、支払金額の2%または5%のポイント還元が義務付けられます。

つまり、キャッシュレス決済をすれば、消費税増税分がチャラになるか、それ以上が返ってくるのです。

これは使いこなさない手はありませんし、使う人は増えていくと思われます。

楽天ペイの登録方法は

それでは、楽天ペイの登録方法を解説していきます。

ダウンロードしたアプリを開くと、上記の画面になります。

その後、楽天IDでログインをします。

楽天IDがあればそのままログイン。なければ無料で作成します。

個人情報を入力してIDが作成できたら、先に進みます。

楽天ペイでは、近くで楽天ペイが使えるお店の情報を検索するサービスなどがある為、位置情報の利用を求められます。

その後、利用規約に同意して基本情報の登録は完了です。

楽天IDが既にあり、クレジットカードを登録している場合は、アプリに入った直後に使用するクレジットカードの選択になります。

未登録の場合は、会員情報の変更からクレジットカードの基本情報を入力する画面になります。

決済に使うクレジットカードは色々な種類の中から選べますが、楽天カードを使った方がポイント還元率が高くお得です。

使用するクレジットカードは後で変更することも可能です。

使用するクレジットカードの登録が済むと、ガイダンスが表示されます。

QRコード決済のやり方

楽天ペイで使う決済方法は、主に2つです。

どちらも非常に簡単ですので、解説していきます。

QRコード・バーコードを店側に読み込んでもらう

楽天ペイ公式HP

店側にQRコードかバーコードを読み込んでもらうやり方は非常に簡単です。

店側にQRコード決済する旨を伝えた後、アプリ画面を店員さんに見せるだけです

後は店員さんがQRコードかバーコードを読み取ってくれます。

では、順番に説明していきます。

アプリを開くと、デフォルトでこの画面になっています。

他の画面になっている場合も、左上の「コード・QR払い」のタブを押すとこの画面になります。

店側に読み込んでもらうのは、赤丸で囲った部分です。

本当にアプリを開いた最初の画面を見せるだけで支払い完了です。

非常に楽ですので、是非体感してみて下さい。

店側の表示するQRコードをアプリで読み込む

楽天ペイ公式HP

店側のQRコードを読み込む場合は、少しだけ操作が増えます。

それでも、アプリ下のQR読み取りを押して、店側のQRコードを読み込み、金額を入力するだけです。

では、順番に操作方法を説明します。

アプリの下の黄色い線で囲った「QR読み取り」ボタンをタップします。

そうするとQRコード読み込み画面が表示されます。

QRコード読み込み画面で、店側が掲示するQRコードを読み込みます。

店側がタブレットなどの電子機器で表示したQRコードを読み込む場合と、

レジ横などに置かれたポップのQRコードを読み込む場合があります。

その後、上の画面になりますので支払金額を打ち込みます。

店側の操作により、最初から金額が入力されている場合もあります。

金額が確定したら、この画面を左にスワイプして決済完了です。

小銭を探す手間もありませんし、サインや暗証番号入力の手間もありません

クレカの様にスマホを店員に渡すこともないので、非常に安心の決済方法になります。

楽天ペイのメリットと注意点は?

楽天ペイは、登録も使い方も非常に簡単ですね。

使ってみたくなってきた方の為に、楽天ペイのメリットと注意点を紹介します。

メリット⓵支払いがスピーディー

ビジネスマン ビジネス スピード 会社員 走る スタート ダッシュ スタートダッシュ 迅速な 駆け抜ける 走り出す オフィス 急ぐ 新生活 やる気 スーツ ネクタイ ランニング 背景素材 オフィス 仕事 速い 速度 素早い 身軽な フレキシブルな 対応力 対応 スピード感 スピーディー

上で紹介してきたように、支払いが非常にスピーディーです。

お釣りを調整するために小銭を探したり、小銭を落としてしまったりなんてことも無くなります。

クレカのようにサインしたり、暗証番号入力も必要ありません。

メリット⓶財布を持ち歩かなくていい

夜にふらっとコンビニに寄る時とかありますよね。

そんな時、重たい財布を持ち歩くは億劫なもの。かといって小銭入れだけだとお金が足りるか不安だし。

なんてことも無くなります。スマホ1つ持ち出せば済でしまいます

楽天ペイでは、支払い履歴がアプリに残るので、後で簡単に見返せるんです。

レシートを取っておく必要がありません。

メリット⓷ポイントが溜まる

楽天ペイの大きな利点としては、なんといっても楽天ポイントがそのまま使えることでしょう。

また普段の還元率も高く、100円毎に1円のポイントが付く上に、別途クレジットカードのポイント1%が付きます。

また、オンラインショッピングでもポイントが付きますし、そのポイントを共有できるんです。

オンラインだけだと期間限定のポイントが失効してしまうこともありがち。でも、そのポイントでコンビニの買い物ができるとあれば、とても便利ですよね。

メリット⓸楽天関連の様々なキャンペーンを受けられる

楽天カード新規登録で5000ポイントプレゼントや、楽天ペイを新規で使うと1000ポイントプレゼントなど、楽天ではお得なキャンペーンが行われます。

楽天ペイと連動するキャンペーンも今後増えていくと思われますので、是非お得に活用して下さい。

注意点⓵電波状況に左右される

楽天ペイではデータ通信をするので、電波状況が悪ければ使えません。

ただ、今の所、よっぽどのことがなければ使えるようです。

注意点⓶どんな店でも使える訳ではない

まだ、楽天ペイはどんな店舗でも使える訳ではありません。

ただ、使用できる店は増えていますでの、今後も便利になっていくでしょう。

注意点⓷決済上限がある

スマートフォン スマホ 携帯電話 ケータイ 携帯 キャリア 通信会社 乗り換え 鎖 チェーン 足かせ 鉄球 通信料 制限 契約 契約条件 2年 2年縛り 2年間 mnp 携帯会社 it 重り 白 ホワイト

今の所、楽天ペイには1回の決済で支払える金額に上限があります。

それはローソンでは4000円その他の店では50万円です。

覚えてさえいればそれ程ネックになる制限でもありません。

クレイアート アート 粘土 ねんど 手作業 細工 手作り 芸術 美術 図工 作る カラフル 色 ポップ キュート かわいい 味がある 影 小物 物体 素材 人形 星座 12星座 占い モチーフ 神話 ギリシャ神話 メルヘン てんびん座 天秤座

このように、楽天ペイには様々なメリットや注意点があります。

中でも嬉しいのは買い物の度に2%のポイントが着くことですね。

しかし、お伝えしている通り、楽天ペイでは現在20%のポイントが着くキャンペーンを行っています。

それでは、そのキャンペーンの登録方法を解説していきます。

楽天ペイ還元率20%キャンペーンの方法は?

それでは、高還元率のキャンペーンに参加する方法を解説していきます。

ポイント20%還元のキャンペーンに参加するには、少し手順が必要になります。

まずアプリ内のキャンペーンページから、キャンペーンにエントリーする必要があります

そして、決済に使用するクレジットカードを楽天カードにする必要があります。

楽天カード自体は年会費無料かつスマホだけで申し込め、無料ポイントも貰えるので作っておいて損はありません。

更に、店頭で3回楽天ペイを使う必要があります。

そうするとすると、自動で高還元率に切り替わります。

これで4月8日までの買い物が、20%のポイント還元になります。

上限は3000ポイントで、有効期限は5月末から6月末の1か月間です。

楽天ペイと他のQRコード決済サービスの違いは?

QR決済サービスは楽天ペイ以外にも沢山あります。

今回は、使用率1位の楽天ペイと、使用率2位ペイペイ、使用率3位LINEペイを比較したいと思います。

使用率2位ペイペイの特徴

ソフトバンクとヤフーが協力して展開するペイペイでも、20%のポイント還元キャンペーンをしています。

ペイペイはクレジットカード引き落としを推奨する楽天ペイとは違い、引き落とし口座を登録してチャージする方法を推奨しています。

どちらが良いかは好みですが、使える店に違いがあるので、両方入れても問題ないと思います。

普段のポイント還元率は楽天ペイの方が高ですが、ペイペイは10人に1人が、決済金額が全額返ってくる「100億円あげちゃうキャンペーン」など、大々的なキャンペーンを打ち出しています。

普段の還元率は0.5%ですが、今後も話題性の高いキャンペーンを行うと思われます

使用率3位LINEペイの特徴

LINEペイでも、同じく20%のポイント還元サービスを行っています。

LINEペイの利点は、多くの人が持っているLINEのアカウントで登録できることです。

決済もクレジットカード決済だけではなく、コンビニで現金チャージして使うこともできます。

LINEペイでは、月1回程の頻度でポイント還元のキャンペーンを行っています。

還元率ですが、LINEペイは月の決済金額によって、普段の還元率が0.5~2.0%の間で変動します。

表による3社の比較

使用率1位楽天ペイ・主にクレジット決済、楽天関連アプリによるチャージも可能
・普段は楽天ペイ1.0%とクレカ1.0%の重複還元
・仕様クレカが楽天カードのみなど20%還元参加ハードルは高め
使用率2位ペイペイ・主に口座引き落とし決済。ヤフーカードによるクレカ決済も推奨
・口座引き落としだと、普段はペイペイの0.5%のポイント還元のみ
・20%還元参加は引き落とし口座設定だけで可能と参加は容易
使用率3位LINEペイ・コンビニでの現金チャージを推している。クレカ決済も可能
・1ヶ月の使用金額によって0.5~2.0%まで変動
・20%還元参加に手続きは必要なし

3社を纏めると上のようになります。

それぞれのQRコード決済サービスで使用できる店が違ったりするので、迷ったら全部入れてみてもいいかもしれません。

他にキャンペーンの多いオススメの電子マネーは?

PayPay(ペイペイ)

PayPayの魅力としては、まずお得さが挙げられます。

ペイペイは「ワクワクペイペイ」などの高還元率のキャンペーンが毎月行われています。これまで継続的に10%~20%程の高還元率を受けることができましたし、これからもワクワクペイペイキャンペーンは続けられていくものと思われます。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

ワクワクペイペイでは還元の上限も高く設定されており、月に最大で30000円還ってきます。更に、PayPayでは銀行口座からのチャージなら常時3%が還元が行われていますし、20回に1回最大で1000円還ってくるPayPayチャンスも好評を得ています。

更に、PayPayは銀行口座とクレジットカードの2つの方法でチャージできるのも魅力です。中でもYahoo!マネーカードによるチャージであれば、3%の還元に加えて1%がTポイントが付与され、実質4%の還元を受けることができます。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

また、PayPayには手数料無料で残高を他の人に送金できるサービスもあります。知り合いに立替えて貰った時や皆で割り勘をする時など、大変便利です。

多くの便利機能が魅力的なPayPayですが、更に大切なポイントとしては知名度が高いという事でしょう。現在様々なコード決済がありますが、PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」などでユーザーも増加し、多くの知名度ランキングで上位にランクインしています。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

PayPayのおすすめポイント

  • 毎月高還元のキャンペーンを行っている
  • 常に3%のポイント還元
  • 銀行口座とクレカでチャージできる
  • 送金ができる
  • ユーザーが多い

LINEPay「もらえるくじ」の当選確率を最大にするには?くじが届かない場合の対処法など徹底解説

 

-楽天キャッシュレス

Copyright© SNSデイズ , 2020 All Rights Reserved.