解説、アプリの使い方

SNSデイズ

【完全版】paypayとLINEpayはどう違うの!?機能やメリット・デメリット、違いを比較検証!

更新日:

近日電子マネーの決済方法がキャンペーンを大々的にやり、話題となる事が多くなってきました。キャンペーンをやってお得だからなんとなく登録したけど、いまいち使う場面が分からないし、何が良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、paypay」と「LINEpay」の機能やメリット・デメリットなど、様々な違いを比較検証します




paypayとLINEpay

LINEpay公式

近日様々な電子マネーの決済方法が増えていますが、よく聞くのは「paypay」と「LINEpay」の2つではないでしょうか。

CMを使った広告や、数百億円規模のキャンペーンを行い、かなり話題となっていますよね!

ただ、キャンペーン中はお得になるから利用してみたが、普段はあまり使う事が無いという方も多いのではないでしょうか。また、2つとも登録したが、どちらを使った方が良いのかいまいちわからないという方も少なくないでしょう。

新規登録特典

paypay公式

まだどちらも登録していないが、どちらかは使いたい!と思っている方にとって重要なのが、新規で登録した際の特典ですね。

2つの新規会員登録特典を比較してみましょう。

paypay

新規登録でpaypay残高500円相当プレゼント

LINEpay

初めての銀行チャージでLINEpay残高500円相当プレゼント

ここで2つの差はさほど無いようですね。

LINEpayの方が登録だけでなく、一度銀行からの入金が必要なので、微々たる差ではありますが多少ハードルが上がります。

利用方法

実際に利用する際の方法もとても重要になりますね。

【paypay】

  • paypay残高(ボーナス含む)
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

【LINEpay】

  • LINEpay残高(ボーナス含む)
  • クレジットカード※

※LINEpayのクレジットカードは「LINE」関連のサービスのみでの利用となります。一般的なお店での利用は不可となっています。

決済方法での大きな違いと言えば、やはりクレジットカードの利用が出来るかどうかです。

paypayではクレジットカード決済が可能ですが、LINEpayではクレジットカードが限られた場面でしか利用できません

残高チャージ方法

電子マネーをチャージして利用する場合の方法を比較します。

チャージ方法paypayLINEpay
銀行口座
コンビニ×
クレジットカード〇※×
オートチャージ

※paypay残高をチャージ出来るクレジットカードは「Yahoo!Japanカード」のみです。

残高のチャージはコンビニで手軽に出来る分、LINEpayの方が若干使いやすくなります

paypayは少し前までオートチャージに対応していませんでしたが、対応する事になったので、残高が不足した場合も決算可能となりました。

利用可能店舗

実際に利用する際に一番大事になるのが、利用可能となる店舗です。せっかく登録しても、よく利用するお店で利用できないのでは意味がありません。

ジャンルpaypayLINEpay
コンビニ
  • セイコーマート
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ポプラ
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ポプラ
スーパー
  • オーケー
  • セキチュー
  • グッデイ
  • マルハチ
  • オーケー
ドラッグストア
  • ウェルシア
  • セイムス
  • スギ薬局
  • ジャパン
  • スギ薬局
  • キムラヤ
  • アカカベ
  • トモズ
飲食店
  • 牛角
  • かっぱ寿司
  • 温野菜
  • 松屋
  • スシロー
  • スターバックス
  • 上島珈琲
  • 銚子丸
居酒屋
  • 魚民
  • 磯丸水産
  • 和民
  • 高田どり
  • 金の蔵
  • 笑笑
  • アカマル屋
  • 千年の宴
家電量販店
  • ケーズ電気
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ヤマダ
  • ケーズ電気
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ヤマダ

両サービスともに利用可能店舗数は現在進行形で増え続けており、正確な数の比較が出来ません。

paypay利用可能店舗

LINEpay利用可能店舗

上記のリンクに載っている店舗も利用可能店舗の一部になります。

アプリ内で確認する、もしくは直接お店で確認する事で利用可能店舗かどうか判断するしかありません。

ポイント

LINEpayはほとんどのJCB加盟店で利用可能になる

LINEpayは利用可能店舗が少ないように見えますが、「LINEpayカード」や「Googlepay」を利用できるので、ほとんどの「JCB加盟店」で利用可能です

利用時の特典やポイント付与

電子マネーやクレジット決済で最も重視されるのが、利用時の特典やポイントの付与についてです。

最大付与ポイントpaypayLINEpay
割合3%2%+3%
会計一回15,000ポイント10万円決済
月累計30,000ポイント100万円決済

どちらも月の最大付与ポイントは決済金額が「100万円」までとなります

LINEpayのポイント付与については少し複雑になるので、下記でご説明します。

paypayのポイント付与条件

paypayご利用の場合、基本は最大ポイント付与割合である「3%」になります。※オンライン決済時は一律「0.5%」

しかし、クレジットカード決済の場合、「Yahoo!Japanカード」以外のカードは「0.5%」しか付与されません

また、1回の会計での最大付与ポイントは「15,000ポイント」となっているので、上限を超えたポイントは無効となります。月累計の「30,000ポイント」を超えた場合も同様に無効となるのでご注意ください。

LINEpayのポイント付与条件

LINEpayのポイント付与は月毎に変動するランク制を設けています。

【マイカラー制】

ホワイトレッドブルーグリーン
還元率0.5%0.8%1%2%

条件

(前月決済金額)

0円~9,999円1万円~4万9,999円5万円~9万9,999円10万円~

ランクは色ごとに分けられており、還元率が異なります。

基本は表の通り前月の決済金額でランクが決まりますが、ユーザー全体の利用状況で条件金額が変動する場合があります

キャンペーン

現在QRコード決済をするとランク別還元率+3%ポイント還元

現在QRコードで決済すると無条件で3%プラスとなってポイント還元されます。

【LINEpayポイント付与に関する注意点】

LINEpayのポイント付与上限は、「ポイント数」ではなく「決済金額」となっています

ランク毎に最大付与ポイント数が異なるのでご注意下さい。

銀行口座への出金

paypayLINEpay
出金×

LINEpayのみ、残高を銀行口座へ出勤する事が可能です。出金の際は「手数料216円」がかかります。

大規模な飲み会等で、複数人からLINEpayでお金を徴収した際など、銀行口座に現金を戻せるのでとても便利な機能になっています。

paypayのメリット

上記をふまえ、paypayのメリットをご紹介します。

  • クレジットカード決済、チャージが可能
  • 純粋なポイント還元率が高い
  • 還元率が分かりやすい(継続利用する必要が無い)
  • アプリ内の地図で利用店舗を確認可能
  • 一回の会計当たりのポイント上限額が大きい
  • ポイントの二重付与(paypay+クレジット)が可能

paypayのデメリット

paypayのデメリットをご紹介します。

  • 利用可能店舗が少ない
  • 残高を出金する事が出来ない
  • チャージ方法が少ない

LINEpayのメリット

LINEpayのメリットをご紹介します。

  • チャージ方法が豊富
  • ポイント還元率が高い(キャンペーン)
  • 利用可能店舗が多い(LINEpayカード+Googlepay利用時)
  • 残高を銀行口座へ出金可能
  • LINEの友達同士だと送金が楽

LINEpayのデメリット

LINEpayのデメリットをご紹介します。

  • ポイント還元率が変動
  • LINEpayのみだと利用可能店舗が少ない
  • クレジットカードの利用がほとんどできない

paypayとLINEpayどちらの方が良いか

アプニャン
結局どっちの決済方法を使えば良いのかなあ?

ご自身のご都合や決済方法に合わせて利用するのが一番良いでしょう。

paypyaおすすめ利用者

  • クレジットでのほうが買い物をする
  • 会計の大きい買い物をよくする

LINEpayおすすめ利用者

  • クレジットをあまり使いたくない
  • 10万円以内の会計が多い

上記の基準に合わせてご自身で決済方法を選ぶのが良いでしょう。

自分に合わない方を利用している方は、決済方法を変更した方がお得になります

特にpaypayでクレジットを利用すると、paypayボーナス+クレジットにもポイントが付くので圧倒的にお得です。

賢い利用方法

ポイントをなるべく分散させたくない場合は、決済方法も一つに絞る方が良いでしょう。

ただし、一回の会計が10万円を超える場合は「paypay」に変更する。月の付与ポイント上限を超えてしまった場合はもう一つの決済方法でポイント付与させる。など、賢く使いこなすのが最も効果的な利用方法となります。

また、キャンペーン等を行っている場合は、その時期に合わせて登録する事でお得になる事もあります。キャンペーンは必ずチェックするようにしましょう

編集後記

paypayとLINEpayでは使う人によってどちらがお得になるか変動するようですね。今まで片方しか利用したことが無かった方や、どちらも利用したことが無かった方は、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

また、時期によってキャンペーン等も行っているので、それを狙っての登録もお得な使い方の1つになります。

PayPayでオートチャージが開始!設定手順を細かく徹底解説

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードのおすすめポイント

  • 新規登録・アプリログインで最大8000円プレゼント!
  • 初年度年会費無料!
  • ApplePayアカウント新規開設で2000円分支払いが無料になる!
  • 作れるカードの種類が豊富
  • 18歳から25歳向けのクレジットカードは「使いすぎ」の心配がない!
  • マイ・ペイすリポによって払いすぎ防止になる
  • カード紛失・不正利用による対策完備

タダチャン

↑詳細は上記から確認出来ます

三井住友VISAカードはおすすめ度が高いクレジットカードです!

クレジットカードの中では最も有名な一角である三井住友VISAカードですが、人気も安心度も全てのクレジットカード会社と比較して上位にランクインしています!

カード紛失・セキュリティ万全のIC、クレジットカードの利用がIDで簡単!このような安全度を持っているので、いかに使いやすいクレジットカードなのかはわかるのではないでしょうか。

三井住友VISAカードの強みは安全性や使いやすさだけではありません!

今「キャッシュレスプラン」で三井住友VISAカードを作ると、「新規入会で利用金額の20%」の金額分還元することができます!

最大で8000円返ってくるので、4万円(4万円の20%がちょうど8000円)商品を購入することで、キャッシュレスプランのお得な特典をゲットできることになりますよね。

キャッシュレスプランに登録することができる対象カードは多いので、どのようなクレジットカードを作ったとしても、キャッシュレスプランで登録することができるのではないでしょうか。

プラン期間は2019年6月1日からですが、期限ははっきりと決められていません!すぐ終わってしまう可能性も考えられるので、すぐに登録しましょう。

他にも、登録初年度は年会費が無料になる他、ApplePayのIDを新しく作ることで、ApplePayで2000円分無料で買い物することもできます。

多くの特典や使いやすさ・安心度から、おすすめできるクレジットカードとしての地位を獲得したのだと考えることができます!

タダチャン

↑詳細は上記から確認出来ます

UCSカード

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社の子会社が発行しているクレジットカードです。

そのため、ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社が運営する総合スーパーの「アピタ」や「ピアゴ」、コンビニエンスストアの「サークルK・サンクス」を中心にお得に利用できるクレジットカードとなっています。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

USCカードは現在、最大で合計Uポイントが4000ポイントが手に入るキャンペーンを実施中なので、今作っておくと大変お得なカードです。



詳細の確認や登録は上記から出来ます

バンドルカード

審査も年齢制限も無い、今すぐ使えるカードです。もちろん無料で使えて、後払いも出来る活気的なカードです!

 

-paypay(ペイペイ)

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.