paypayのアカウントが凍結された!?詳細や解除方法について徹底解説

今話題となっている「100億円あげちゃうキャンペーン」を行なっているpaypay(ペイペイ)について、凍結したという情報をネットで目にします。

なぜpaypayが凍結したのか?凍結した際の対処法はあるのか?

ここからはpaypay凍結の詳細などについて解説していきます。


paypay凍結の理由

paypayのアカウントが凍結する理由はいくつかあります。

規約違反をすると、当然運営側からはアカウントが利用できないように措置が取られます。

paypay公式サイト

ここからは、なぜ凍結したのかなどの詳細について中身を見ていきます。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

なぜ凍結した?

paypayのアカウントが凍結されるには当然理由があります。

ここからは、凍結する理由をいくつか挙げていきます。

アカウントの複数所持

まず、paypayが凍結した理由として挙げられるものは、アカウントの複数所持になります。

paypayの利用規約では、原則利用者はアカウントを所持できる数は1つのみです。当然ルール違反となりますので、運営側からはそれなりの措置が取られます。

支払いの遅延

そして、paypayを利用して買い物をし、支払わなければいけない金額を期限までに行えず遅延となった場合凍結となる可能性があります。

これに関しては、クレジットカードなどでも同じことですので一般常識として考えれば当然のことです。

これに付随して、paypayの支払いに指定しているクレジットカード銀行の口座などが、何らかの事情で使えない状況となっている場合もpaypayは利用できず凍結となります。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

債務整理の申し立て

そして、凍結する理由としてpaypayの利用者が、自己破産個人再生任意整理などの債務整理を行なった場合も凍結となる可能性があります。

これは信用問題が影響しており、このような債務整理の申し立てを行なったということは金銭的な問題が発生していることが容易に想像できます。

そうなるとpaypay側からはアカウントの凍結をされても仕方ないです。

反社会的勢力による使用

反社会的勢力によるpaypayのアカウントの登録が判明した場合、その作成したアカウントは凍結となる可能性があります。これは使用に関しても同様にpaypay側から凍結されることがあります。

そして、反社会的勢力によって作成や登録をしていないにしても、paypay側が関与している可能性があると判断をした場合も、アカウントは凍結となる恐れがあります。

この理由に関しても極めて一般的な理由となりますので、頭の片隅に入れておいてください。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

長期間利用がない場合

paypayを利用しての買い物などが一定の期間ない場合も、アカウントは凍結となる恐れがあります。

この一定の期間というのは特に公表はされていませんが、イメージとしてはポイントカードの有効期間である、「最終利用から2年間の利用がなければ無効」ということと考え方は同じです。

当然、運営側からすると多くサービスを利用してもらいたいので、ある程度の期間が経っても一切利用がなければ凍結となる可能性はあります。

アカウントの不正利用

そして、アカウントを不正利用した場合も凍結となる可能性があります。

不正利用とは、アカウントを登録している本人以外の人物がpaypayアカウントを使って買い物をした場合などのことです。

要は、paypayアカウントを人に貸して買い物をしてもらい、還元されるポイントを貯めるなどの行為をしている場合、アカウントは凍結となる恐れがあるということです。

あとは、アカウントの利用者がpaypayを利用することができない状況になった場合も凍結となります。

詳しい情報は全て利用規約に記載がされていますのでご確認ください。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

凍結した期間は?

paypayのアカウントが凍結した場合、一体どれくらいの期間があれば再度利用できる様になるのかは気になります。

しかし、凍結した際もう一度使える様になる期間に関しては情報が公開されていません

つまり、基本的なことですが凍結とならない様に注意をして利用することが大切です。

凍結した際に起きる問題

アカウントが凍結した場合に起きる問題としては、まず気になる部分はpaypayにチャージしている残高です。

要は電子マネーになるのですが、これに関してアカウントが凍結した場合、残高は失効となります。

これは規約にも記載がされていることになりますので、何をいようが返金はないと考えていた方が良いでしょう。

ちなみに、paypay残高は最後に利用した日から数えて2年が有効期間になっていますので、その期間を過ぎてしまった場合アカウントが凍結されていなくても失効となります。

paypay側の対応は?

これらのアカウントが凍結されることがあった場合に、paypay側はどういった対応を取るのかというと、特に違反者に良い措置は全くなく全てpaypay側の判断で決定します。

そのための利用規約になりますし、何らかのサービスを利用をする上で内容を確認していないことの方が問題です。

凍結した際の解除方法

せっかくの便利なサービスが、アカウントが凍結してしまったことで使えなくなった場合、やはり利用者側から求めることとしては凍結を解除することです。

解除ができなければサービスを利用できないままになってしまいますが、残念ながらpaypayの利用規約には解除の方法や条件の記載はされていません

ブラックリストに載ると5年間は履歴が残るといった具合に、一定の期間paypayのサービスは利用できない可能性は極めて高いと言えます。

最後に残る解除方法としては、paypayに直接「問い合わせ」することをオススメします。間違って凍結された場合は、凍結解除してくれる可能性が高いので、問い合わせてみましょう。

paypay_IOS

paypay_android

↑上記からダウンロード出来ます

paypay凍結についてのまとめ

規約違反をして凍結となった場合は、現状では解除の方法もなく利用は停止となります

残高も失効になったりと凍結されて良いことなど一つもないです。

知らず知らずの内に、実は規約違反をしていたなんてことも可能性としてはあり得ますので、利用する際はしっかりと利用規約に目を通しておくことが大切です

paypay登録してから2週間は2万しか使えないって本当!?デマ??詳細について徹底解説

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカは!?

今まさにポイントが貯まりやすいオススメのクレカを紹介していきます。比較して参考にしてみて下さい。

楽天カード

楽天カードは会員数2000万人、10年以上連続で顧客満足度1位を獲得しているクレジットカードです。

申込が簡単で、比較的と折り易いと評判。

一般カードは年会費永久無料なのでメインのカードは勿論、「念のために一枚持っておく」カードにもおすすめです。

楽天カードの還元率は常時1%。楽天サービスの利用や楽天ペイとの紐付けで、更にお得に使うことができます。

クレカの還元は独自のポイントで分かり難いこともありますが、楽天カードの還元は楽天スーパーポイントで行われます。

楽天関連のサービスで使えますし、楽天ペイを併用すればそのまま買い物に使うことも可能です。

お得な入会キャンペーンやサービスが行われている事も特徴。カード管理アプリが使い易いなど、関連サービスも充実しているのもおすすめポイントです。

また、他のクレカに比べてもデザインが豊富なのも嬉しい点です。

おすすめポイント

  • 会員数2000万人
  • 10年以上顧客満足度1位
  • 永久年会費無料
  • 還元が楽天スーパーポイントなので使いやすい
  • 楽天ペイとの紐付けで更にお得
  • キャンペーンも充実
  • カード管理アプリなども使い易い
  • カードのデザインが豊富

イオンカード

イオンカードのオススメポイント!!

  • イオン銀行の普通預金金利が最大年0.15(税引後0.119%)(変動金利です)
  • 全国約55.000台のATMで、入出金手数料が365日24時間無料!!!
  • 振り込み手数料0円!!!
  • 電子マネーWAONのオートチャージ

以外にもお得な特典が盛りだくさん!!しかもなんとシネマ映画料金もいつでも300円引きです!

↑詳細や登録は上記から出来ます

バンドルカード

おすすめポイント

  • 簡単にクレジットカード代わりのカードを発行できる
  • 年会費・月額料金は無料
  • 紛失した際は一時停止すれば利用を停止できる(再開も同様)
  • VISA加盟店ならどこでも使える
  • 通販に強い!リアルカード発行で現実でも使える
  • 手元にお金がないときにおすすめ!
  • クレジットカードのように使い過ぎることがない

どんな人でも作成可能なVISAのプリペイドカードであるバンドルカードは、スマホアプリで簡単登録できます!

年会費や月額料金等、普通のクレジットカードにあるような要素はありません。登録しておくだけならタダで、緊急でお金が必要だけどお金がない時等に役立たせることが可能です。

登録後すぐに発行されるのは「インターネット専用」のバーチャルカードですが、リアルカード発行で現実のお店でも使えるようになります。

バンドルカードの「ポチっとチャージ」はあらかじめバンドルカードに残高を入れておくことができる機能ですが、入れた金額は完全後払いで、お金がない時にでも制限付きでチャージを行えます!

後払いでないと支払うことができないけどどうしても今すぐ商品が欲しい時等に活用してください!

 

-paypay(ペイペイ)

Copyright© SNSデイズ , 2021 All Rights Reserved.