解説、アプリの使い方

SNSデイズ

オリンピックチケットの抽選にハズレた!追加でチケットを入手する方法を徹底解説

投稿日:

先日、オリンピックチケットの当落が発表されました。

今回は、この抽選に外れてしまった方が、チケットを買う方法がまだあるのか、徹底解説していきます。




オリンピックのチケット抽選結果が発表

6月20日にオリンピックの抽選結果の発表が行われました。

SNS上では当選した方や落選した方の喜びや悲しみの声が見られます。

チケットの抽選は厳正に行われていると言われ、鈴木五輪相が全てのチケットが外れてしまったなんて話もあります。

せっかくの自国開催のオリンピックなのに、外れてしまって諦めきれないという方も少なくないようです。

そんな方にも、まだまだオリンピックのチケットを手に入れるチャンスは存在します

チケットが買えなかった方も買う方法


オリンピック公式HP

下記では、抽選に外れてしまった方のために、オリンピックチケットを手に入れる方法を紹介していきます。

2019年秋から先着方式で販売

2019年の秋頃に、チケットが再度販売されることが発表されています

一次販売のチケットがの支払い期限が7月2日で、その後5日から購入方法の検討が行われ、7月前半には購入方法が発表されるようです。

その方法は、公式HPで発表されます。

注意点として、チケットが先着順での販売に変わっているところです。

一次販売は抽選制だったので、期間内のいつでも申し込みができましたが、こちらでは販売開始直後に争奪戦になってしまう可能性があります

予め、どの競技のチケットを買うのかなどを決めておきましょう。

また、下記の記事でサーバーが混み合ってチケットが買いにくい場合の対処法などにもふれています。参考にしてみて下さい。

eストアの不具合で「オケコン」が買えない!次のチケット販売や買うコツを徹底解説

2020年春にはリセールサービス開始

2020年の春には、リセールサービスが開始されるとなっています。

販売時期などのリセールサービスの取り扱い詳細については、公式サイトで後日発表されるとされています。

リセールサービスとは、チケットを売りたい人と買いたい人がそれぞれ登録し、その需要と供給が合致したときに、サイトを通じてチケットの売り買いができるサービスです。

チケットは定価で売り買いできますが、取引が成立した場合、販売者は手数料を払う必要があります。

購入者多数の場合は抽選制になり、購入者がいない場合は取引は成立されません。

「せっかく買えたチケットを売る人なんているの?」と考える方がいるかもしれませんが、オリンピックのチケット販売システムの都合上、販売する人は少なくないと思われます。

オリンピックのチケットは、抽選に当たった分は全て購入しなければいけません。

https://twitter.com/WOHZxixjQdr34zy/status/1141655043709399041

例えば「予算は1万円くらいだけど、抽選だし30万円分申し込んだ」として、「20万円当たってしまった」場合、このチケットは購入して、こっちチケットは買わないという方法はできません。

「全て買う」か「全て買わないか」のどちらかです。

「どうせ当たっても少しだけ」と思って多数応募して、思った以上に当たってしまった方がリセールサービスで販売する可能性は十分あります。

オリンピックのチケットは厳しく転売を禁止されています。

正規にユーザー同士の売買ができるのはこのリセールサービスだけになります。

開催直前には公式チケット販売所開設

オリンピック開催の直前には、公式のチケット販売所が開設されるとされています。

東京都内に設置され、窓口での販売が行われるとされています。

どういった販売内容になるかは告知されていませんが、チケットの直前販売や当日券販売が行われる可能性があります。

知人から譲ってもらう

オリンピックのチケットを知人から譲ってもらうのも、1つの方法になります。

オリンピックチケットの売買は禁止されていますが、譲渡は可能になっています。

譲渡とは、購入金額までの値段で他人に譲る事を言います。

つまり、友人に定価でチケットを販売することは禁止されていません。

仕事の都合で観戦に行けなくなった友人などに尋ねてみると、チケットを譲ってくれるかもしれません。

ただし、オリンピックチケットでは、名前などの情報が一致しないと入場することができません。

この登録した名前は、競技の当日までマイページにて変更することがでるので、忘れずに変更を頼んでおきましょう。

購入者情報は、チケット購入サイトの「マイページ」→「購入履歴」→「チケット情報」で変更できます。

懸賞に応募する


パナソニック公式HP

現在、様々な企業でオリンピックチケットの当たる懸賞が行われています。

  • パナソニックで2020人
  • VISAで240人

あたりが当選人数の多い懸賞になります。

また、

  • 近畿日本ツーリストからは2泊3日の観戦ツアー
  • p&gからは体操決勝のチケット

など、高額なツアーやなかなか手に入らない決勝チケットなど懸賞で出ていたりします。

公式ツアーに参加する


JTB公式HP

旅行会社から、観戦チケット付きのオリンピックツアーなどが販売されています。

中には33競技全てを観戦したり、40会場全てを巡ったりするツアーなんかもあります

少額のツアーも用意されています。

元々ホテルや移動手段を探さないといけなかったという方は、こちらの方法を使ってみるとお得かもしれません。

海外から応募する

国内販売でチケットを買えなかった場合、海外の知り合いに頼んでチケットを買ってもらうというのも1つの方法になります。

ただし、購入には海外の携帯番号入力などの身分証明が必要な可能性があります。

出張で海外に短期滞在している方ではなく、居住している方の協力が必要になるので注意が必要です。

スポンサー枠を確認する

オリンピックチケットが、スポンサー企業に割り振られていて申し込みができる場合があります。

自身や家族の方がスポンサー企業に勤めている場合は確認してみて下さい。

ただし、あくまでも一般的なスポンサー枠の取り扱いの話であり、オリンピックチケットが割り振られているかは確定ではありません。

ホスピタリティパッケージを購入する

オリンピックのチケットは公式施設と提携した公式ホスピタリティパッケージで販売されると発表しています。

恐らくはホテルなどとセットになっているチケットで、地方から観戦に行く予定で、元々ホテルが必要だという方にはお得な方法になると思われます。

これは7月以降に発売するとされていますが、詳細は出ていません

公式サイトなどでチェックしてみましょう。

学校連携観戦チケットに申し込む

未成年の方であれば、「学校連携観戦チケット」を申し込むことで、チケットを手に入れられる可能性があります。

これは子ども達にオリンピックの競技を見て貰って、財産にして欲しいという想いが込められた制度です。

一般への販売や告知はないので、各学校や自治体に問い合わせて見て下さい。

詐欺メールに注意

https://twitter.com/Iwate_cyber/status/1141555321464348672

警察から、URLの記載された当選メールは詐欺であると注意喚起がされました

また、本物のメールは「tokyo2020」のドメインであり、電話や手紙でのお知らせもありません

不審に思うお知らせがあった場合は、オリンピック公式サイトか警察に相談しましょう。

下記の記事では、オリンピックの詐欺メールについて、更に詳しく解説しています。

東京オリンピックの詐欺メールについて詳細と対処法を徹底解説

今後もオリンピックに便乗した詐欺は行われる可能性が高いので、注意しておきましょう。

東京オリンピック2020のチケットが購入できない!エラーやアクセス出来ない場合の対処法を徹底解説

 

-その他

Copyright© SNSデイズ , 2019 All Rights Reserved.